コロナ 終息宣言。 「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

コロナ緊急事態宣言、5月6日GW明けには終息しているはずだが・・・恐ら

コロナ 終息宣言

1 COVID-19による緊急事態宣言下の自粛要請はいずれ終わる。 その出口は、早いか遅いかの違いで必ずやってくる。 本稿をまとめている2020年5月なかばにおいては、日本の39県ですでに緊急事態宣言が解除されており、残りの8都道府県でのみ継続中だ。 遠からず感染の収束が確認されたら、すべての都道府県で解除されることになるだろう。 しかし自粛要請が終わったからといって、すぐにかつての日常が戻ってくるわけではない。 当面、ぼくたちは、行動を変容させた「新しい日常」の中で、「コロナ禍」と付き合っていくことになる。 では、それはいつまでだろう。 答えは、多くの人が気づいているように、「最短でも1年以上」だ。 「ワクチンか画期的な治療薬が開発されて、広く使われるようになれば、究極的な解決、といえるかもしれません。 でも、それには最短でも1年半から2年かかります。 それに、ワクチンができない感染症も多いので、COVID-19のワクチンができる保証はないんです」 ワクチンができれば病気にかかることなく免疫をつけることができるので、ぼくたちは一気に集団免疫(herd immunity)を確立することができる。 しかし、ワクチンの開発は、時間がかかるだけでなく、病原体によってはワクチンができないこともある。 例えば、マラリアには効果的なワクチンがないし、2014年に日本で流行したデング熱も初回の感染より2度目の感染の方が重症化することがあり安全なワクチンの開発が難航している。 COVID-19がそのような厄介な性質を持たず、ワクチンが十分な免疫を与えてくれるものだとしても、臨床試験(治験)を終えて、ゴーサインが出るのは1年以上先の話だろう。 また、よく効く治療薬が開発されて、COVID-19が「怖い病気」ではなくなれば、それも状況を一変させる力を持つだろう。 しかし、既存薬の中にそのようなものがなければ、新しく開発される薬に期待するしかないし、それがうまく見つかったとしても、やはり慎重な臨床試験を経て承認されるので、それが市中の病院で安心して使えるようになるはずっと先の話だ。 それによると、最短で終息する場合というのは、1年間で世界人口の40から70パーセントが感染して、集団免疫がついて、Rが1未満になって終息する場合です。 1年以内に全世界の半分ぐらいの人が感染すれば終息すると。 でもこれ、世界人口を考えたら、控えめに見ても900万人が死亡することになりますし、医療的対処の許容量を超える『オーバーシュート』が起こるとIFRも上がるので、最悪5250万人が死亡という計算ができてしまうんですよ。

次の

終息宣言の条件は「新しい感染者がウィルスの潜伏期間の2倍経っても出ないこと」とのこと

コロナ 終息宣言

韓国紙・朝鮮日報は21日、が終息した後の世界に起こる10の変化について分析する記事を掲載した。 環球時報が22日付で伝えた。 記事は、野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミストの木内登英氏や、ベルギーのブリューゲル研究所のウォルフ所長など、世界の著名な学者24人にインタビューを行った結果を基に、新型コロナウイルスの終息後に世界で起きる10大変化についてまとめている。 この変化は、人類社会の各分野のルールを完全に変えるものとなる可能性があるという。 以下はその10の変化。 1.世界全体が停止し、人や資本が国をまたいで流れることがなくなり、それぞれが生き延びることが時代の主流となる。 将来的に世界的な産業チェーンは再編され、反グローバルが新たな国際秩序の特徴となるかもしれない。 2.大政府が主流となり、戦時基準で厳格に新型コロナの感染をコントロールすることが普遍的な現象となる。 これは、全体主義への回帰を予示している。 3.世界経済が日本化する。 欧米は経済衰退を阻止するため金をばらまくが、日本が経験したような失われた20年を経験し、国の債務が増加して最終的に長期の低迷に陥る。 4.欧州連合(EU)が存亡の危機に陥る。 新型コロナはイタリアやスペインなどの南欧国家の経済危機を深刻なものとし、EU内部の不均衡という問題がさらに深刻になる。 5.中国の国際的な地位が「米国を上回る」、もしくは「世界中から疑問視される」。 新型コロナ後の中国の地位については専門家の意見が一致しておらず、楽観的な学者は米国より早く危機から脱したので国際的な影響力が増すと考えているが、悲観的な学者は世界の中心と見なされるのは非常に難しいと見ている。 6.ポピュリズムの台頭。 新型コロナは多くの国における両極化をより深刻なものとし、これがポピュリズムの土壌となる。 感染拡大阻止のため、多くの国がホテルや飲食店などのサービス業を停止したが、大量の低収入労働者が失業すれば貧富の差がさらに大きくなる。 7.在宅勤務が主流となり、これが家事の再配分をもたらし、女性の社会経済活動への参加が増える。 8.握手は過去の歴史となり、社会的距離を保つことが新基準となるかもしれない。 以前は直接会って解決していた問題も、オンラインなどの新たな方式に取って代わる可能性がある。 9.「新型コロナ世代」が誕生するかもしれない。 20代の若者は長期にわたって就職難となる可能性があり、かつての世界恐慌の世代が節約の習慣を持ち続けたのと同様、新型コロナも新たな世代に生涯にわたる烙印(らくいん)を押すことになるかもしれない。 10.環境をより重視するようになる。 新型コロナは環境や科学に対する人類の認識を変化させ、人と自然との調和の必要性を意識するようになる。

次の

英語で「終息する」や「終息宣言」は何ていう?豊富な例文で紹介

コロナ 終息宣言

SARSの収束までの期間は? まずは、2002年に大流行したSARSから見ていきます。 期間、収束にむかった理由、また患者数、死者数についてまとめていきます。 SARSはいつからいつまで流行した? SARSは2002年11月16日の中国広東省仏山市報告での症例に始まり、台湾の症例を最後に、2003年7月5日にWHOによって終息宣言が出されています。 経過を見ると、2003年3月12日にWHOは、全世界に向けて異型肺炎の流行に関する注意喚起を発し、本格的調査を開始。 2003年3月15日には、原因不明の重症呼吸器疾患としてsevere acute respiratory syndrome(SARS)と名づけ、「世界規模の健康上の脅威」と位置づけ、異例となる旅行勧告を発表する措置をとっています。 このときには、ウイルスの特定はされておらず、2003年4月16日に新型のSARSコロナウイルスであると特定されました。 特定から、約2ヶ月半経過した7月5日に終息宣言が出されて、SARSの流行が終わりを迎えました。 SARSの収束理由はなぜ?どうやって収束した? なぜ収束したのか根本的な理由は、感染源を特定して、排除したことにあるとされています。 SARSの感染源は、中国の一部で食用として狩猟されている ハクビシンが感染源であったと推定され、ハクビシンを市場から取り除いた途端に感染が止まり、SARSは収束したとされています。 そして、既に 感染している患者を隔離することによって、最後の患者となった方が隔離されてから、平均の潜伏期の2倍にあたる20日が過ぎても新たな症例が発生しなかったことから、WHOが世界的な流行が終息したと宣言してSARSの流行は終わりを迎えています。 SARSの潜伏期間と患者数・死者数 SARSの潜伏期間は、2~10日。 そして発症前の患者からの感染が広がるといことはないとされています。 ここが、武漢から始まった、 新型コロナウイルスとの大きな違いであると言われています。 SARSは、最終的に8,098人の感染者数と774人の死亡者が報告されています。 スポンサーリンク MERSの収束までの期間は? MERSは、SARSや武漢の新型コロナウイルスと違い、発生から数ヶ月で一気に広まったというものではなく、 発見から数年経ってからじわじわと広がってきています。 そして、2020年現在もMERSがなくなっているわけではなく、依然として存在するウイルスです。 特徴的な流行となったのは、2015年の韓国における感染と言えますので、韓国でのMERSの流行から収束までの期間を見ていきます。 MERSはいつから始まって、いるまで流行したのか? MERSが初めて発見されたのは、 2012年9月の報告。 この報告によると、 感染者はサウジアラビアのジェッダで2012年6月13日に入院。 2012年6月24日に死亡しています。 その翌年2013年5月に、Middle East respiratory syndrome coronavirus(MERS)と名付けられています。 2013年7月17日にWHOは、「感染拡大が懸念される状況ではないが、十分な警戒が必要である」と発表しています。 その後ジワジワと感染は広がっていきますが、 感染が一気に拡大したのは、2015年、韓国です。 2015年5月20日にMERSコロナウイルスの感染が確定されていますが、入院していた京畿道平沢市の病院でエアコンを通じ院内感染が発生し韓国国内で感染が広がりました。 韓国政府は2015年7月28日にMERSの終息宣言を発表しましたが、10月12日に完治した患者が再び陽性判定を受けたので、世界保健機関(WHO)による終息宣言は延期。 2015年12月23日、韓国政府はWHO基準に基づく 終息宣言を出して、韓国におけるMERSの流行は終わりを迎えています。 MERSの収束理由はなぜ?どうやって収束した? 感染源とされているのは、 ヒトコブラクダ。 MERSに感染しているヒトコブラクダとの直接的または間接的な接触を通して感染します。 そして、ヒトからヒトへと感染が広がっています。 MERSは患者を隔離させ管理することでヒトからヒトへの感染を防ぐことができ、時間の経過ととも収束期間を迎えています。 MERSの潜伏期間と患者数・死者数 MERSの潜伏期間は2~14日(中央値は5日程度)とされており、WHOによる終息宣言は、ウィルス患者がいなくなってから28日間経過したときに発表しています。 韓国におけるMERSの感染者数は、186人。 死亡者は、38人でした。 世界での感染者数を見てみると、2020年1月27現在で約2,490人が感染して約850人が死亡しています。 スポンサーリンク 武漢の新型コロナウイルスとSARS・MERSを比較すると・・・ 最後に 武漢の新型コロナウイルスについて見ていきます。 そして、SARSおよびMERSと比較してみてみます。 新型コロウイルスはいつから始まった? 武漢の新型コロナウイルスは、2019年12月30日に中国のインターネット上で現地の保健機関が作成した「原因不明の肺炎」に関する公文書が出回り多くの人が関心を寄せるようになったのがスタート。 翌日、 2019年12月31日に最初にWHOに報告されました。 その一週間後、 2020年1月7日に、この肺炎の原因が新種のコロナウイルスと特定されます。 最初の死者が出たのは、2020年1月9日。 2020年1月13日、初めての中国域外の陽性事案がタイで確認されています。 そして、またたく間に世界ひ広がりを見てせており、 WHOは2020年1月31日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)を宣言しています。 最初に日本上陸したときの状況は下記にまとめております。 >>> 新型コロナウイルス(武漢)の患者数と死亡者数 新型コロナウイルスでは30日に死者が170人を超えています。 そして 感染者数では、2020年1月31日現在に世界で8100人を超えて既に、SARSを上回っています。 SARSに比べて早い速度で感染が拡大しているのは、SARSは潜伏期間中に感染が広がることはありまんでしたが、武漢の新型コロナウイルスでは、潜伏期間中に感染が広がってしまいます。 その為、知らず知らずのうちに感染が広がってしまうことが大きな理由と言われています。 まとめ SARSとMERSのはじまりと終わりと収束理由について紹介してきました。 最後にSARSとMERSの収束までの期間をまとめておきます。 ・2012年6月13日に入院。 2012年6月24日に死亡。 (2012年9月の報告) ・2013年5月にMERSと命名 ・2013年7月17日にWHOは、「感染拡大が懸念される状況ではないが、十分な警戒が必要である」と発表。 【韓国における流行】 ・2015年5月20日にMERSコロナウイルスの感染が確定 ・2015年7月28日にMERSの終息宣言を発表したが再度陽性判定 ・2015年12月23日WHO基準に基づく終息宣言 韓国における流行期間:7ヶ月間 流行が始まって終わるまでは、SARSとMERSの期間を見てみると、7ヶ月~8ヶ月かかっています。 同様な7~8ヶ月という時間で、武漢からの新型コロナウイルスが収束までの期間を迎えるとすると、そのタイミングは2020年7月~8月。 ちょうど東京五輪と重なるタイミング。 SARSのときと比較してみると、原因のウイルスの特定にSARSは、5ヶ月かかっています。 特定から終息宣言までを見ると、3ヶ月かかっていません。 武漢からの新型コロナウイルスは、WHOへの報告から1週間で特定されています。 5ヶ月に対して1週間で原因となるウイルス特定されたのは良いことなのではないでしょうか。 SARSとは、感染する速さも違いますし、人の動き方も違いますので同様に収束を迎えるとは言えないですが、過去の経験を踏まえて一刻も早い収束をむかえて欲しいですね。 予防のためのマスクの販売状況とおすすめの除菌スプレー マスクの販売状況を見ていると、まだまだ在庫切れの状況ですね。 楽天では、あることはありますが、通常時に比べると高めの印象です。 高いものであれば在庫があるという状況なのは、釈然としなくもないですが、背に腹はかえられないということであれば、それもありかと思います。

次の