西野カナ妊娠。 西野カナを活動休止に追い込んだ3つの理由!復帰時期は6年後?

西野カナ旦那(夫)元マネージャーの結婚相手画像!子供妊娠やフライデー?

西野カナ妊娠

西野カナの結婚相手とは? 報道によると、2016年11月にFlashが報じた元男性マネージャーが相手でした。 その男性の名前も正体も一切明らかにはなってはいませんが、 噂のある人物を紹介しましょう。 松尾共祥さんという人物です。 ちなみに2014年にTwitterでは、 元ソニー・ミュージックアーティスツ所属の片平里菜さん の担当マネージャーが松尾共祥さんでした。 松尾共祥さんは、 関西大学の社会学部メディア専攻を卒業した人物です。 2009年頃にソニーミュージックに就職しすぐに西野カナさんのマネージャーになったそうです。 現在は30才前半とみられており、年齢的にも話が合いそうです。 また、松尾共祥さん以前に雑誌・音楽主義の中の 「現場マネージャー物語」 でインタビューにこう答えています。 「僕も1年前までは大学生でしたけど、彼女には頭が下がる思いです。 」 あくまでこのマネージャーが結婚相手というわけではなく 噂です!! 西野カナさんロスでショックを受けている方も多いと思いますが、 20代はとにかく忙しかったかと思いますので、 30代は旦那様とゆっくりと愛を育んで行っていただきたいですね。 それでは!!.

次の

西野カナ結婚式はいつ?妊娠はしていないの?

西野カナ妊娠

歌詞のめちゃくちゃっぷりに難癖をつけられるのは、西野カナあるあるだ。 難癖をつけられるのは、西野カナが傑出した活躍を見せていたからだ。 10代20代の恋愛ソング、そして乙女心を歌う歌手で、西野カナよりも有名なシンガーソングライターをはいない。 ちなみに、「会いたくて」は、歴代2位速度で100万DLを達成。 「トリセツ」は年間印税分配ランキング8位を獲得している。 どちらもとんでもない曲だ。 西野カナの現在にいたる伝説:カラオケ印税 西野カナの凄さが、1番よくわかるのが、カラオケだ。 平成カラオケアーティストランキングにおいて、西野カナは28位。 重要なことは、西野カナは平成20年にデビューしたってこと。 1位ミスチルは平成元年デビュー、2位浜崎あゆみは平成11年デビュー、3位GLAYは昭和63年。 全体を見ても浜崎あゆみでさえかなり遅い方だ。 平成カラオケレースで、すでに後半にさしかかって途中参加の西野カナは、一気にぶっちぎった。 カラオケ印税は、年間2000万ぐらいはありそうだ。 西野カナの現在にいたる昔:どういう歌手だったか 、、、と、台風並みの影響力を持つ歌手たちがいた。 彼女たちの地位をついで、西野カナが平成生まれの歌姫として、新アイコンとなったというのは過言ではないと言っても良さげ。 数字が証明しているんだし 【平成カラオケランキング比較】• 2位 (平成11年デビュー)• 9位 (平成4年デビュー)• 16位 (平成13年デビュー)• 20位 (平成11年デビュー)• 28位 西野カナ(平成20年デビュー) どれほど歌われているかは、良い指標になる。 西野カナの活躍は、伝説を作ってきたソロシンガーと遜色が無いだろう。 西野カナの現在:引退【活動休止】 2019年1月、西野カナが無期限の活動休止を発表した。 「吉本興業は、島田紳助、さんま、ダウンタウンらトップ10人で、全体収入の80%を占める」なんて話も聞いたことが有るし、あながち嘘じゃないだろう。 浜崎あゆみの全盛期はエイベックスの半分を占めていた。 引退理由は不明。 twitterらSNSも更新が止まっている。 プライベートとSNSは完全に分けるタイプの芸能人だ。 ネットではいろいろ噂を立てられているが、話はすごくシンプルな気がする。 もともと歌手を目指していたわけじゃないし、恋愛ソングの人だし。 つまり若いうちに稼ぎまくって休息したいと思うのは、ごくごく自然のことと思う。 なんなら、休止2ヶ月後に結婚した。 「恋愛ソングの人が、プライベート、もしくは家庭を優先した」まったく矛盾がない 西野カナの現在:結婚【旦那】復帰時期 西野カナの旦那に関する詳細は発表されていない。 が、西野カナの元マネージャーだということはわかっている。 熱愛の噂もなく、30歳を目前にして、活動休止をして、元マネージャーと結婚。 点と点が線でつながった感がある。 上記を手がかりに復帰時期について推理すると、子供をひとりぐらいプリっと産めば、戻ってきそうではある。 西野カナは「戻ってくるまでは、日常の中で音楽を楽しみたい」とコメントしている。 西野カナの現在:人気っぷり.

次の

西野カナの結婚した旦那・夫は誰?活動休止の理由や結婚は復帰のための戦略!?

西野カナ妊娠

歌手の西野カナさんが妊娠しているとの記事は事実ではなく、誤報だったとスポーツ新聞『デイリースポーツ』がお詫びと訂正の記事を1月8日に発表しました。 1月1日に「西野カナさん第1子妊娠」と報道。 7日後に訂正 誤報が発表されたのは「西野カナが第1子妊娠 すでに安定期…今夏には念願のママに」というタイトルの記事で、1月1日にデイリースポーツが一部地域の芸能紙面とデジタル記事にて配信しました。 西野カナさんは2019年2月から歌手としての活動を休止しており、そんななかでの初夏には出産するとの内容からネット上では多くのファンが「おめでとう」の声を挙げていました。 しかし、その後の取材で「妊娠は事実ではない」と分かったとのことです。 訂正は最初の報道から7日後の1月8日でした。 ポータルサイトも訂正報道を伝えるべきでは? 個人的に引っかかっているのは、この訂正報道がポータルサイトから配信されていない点です。 筆者は『』、『』、『』、『』で妊娠報道が大きく取り上げられたことを確認しています(記事の掲載だけであればより多くのポータルサイトで配信されていました)。 各ポータルサイトから妊娠報道のトピックスはすでに消えています(『Yahoo! ニュース』はも削除済み)。 しかし、訂正記事はトピックスなどで取り上げられていません。 各社が「記事の内容に関する責任は配信元にある」という理屈で運営しているのは理解できます。 しかし、それならば配信元が訂正するなりお詫びをするなりした段階でそちらも大きく取り上げて欲しいものです。 トピックスに取り上げる、ツイートをするなどで多くの読者に伝えておきながら、誤報は伝えないというのは良くないと思うのですよね。 「誤報は大きく、訂正は小さく」では訂正報道は誤報ほど広まりません。

次の