マオ 先生 バイオリン。 G線上のあなたと私【最終回感想】キュンキュンする仲直りでロス続出!

G線上のあなたと私第7話感想〜つべこべ言わず黙って俺に愛されとけ!〜

マオ 先生 バイオリン

いよいよスタートした、火曜ドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)。 波瑠、中川大志、松下由樹と実力俳優が、元OL、大学生、主婦という年齢も環境もバラバラな3人を演じ、大人のバイオリン教室を舞台に友情を育んでいくさまを描く。 彼らが、バイオリンを手に取るきっかけを作るのが、桜井ユキ演じる久住眞於の存在だ。 真於がショッピングモールの広場で披露した「G線上のアリア」。 その演奏を聞いて主人公の也映子(波瑠)、幸恵(松下由樹)は「自分も弾けるようになりたい」とバイオリン教室へと足を運ぶ。 そして、理人(中川大志)と真於の間には何やら過去がありそうで……。 そんな物語のキーパーソンとなる眞於役の桜井ユキにインタビューを行った。 「行きたくなったら1人でも焼肉に行く」という男気あふれる桜井に対して、今回演じる眞於は女性要素の強いキャラクター。 その違和感を楽しんでいる様子が伝わってきた。 過去の出来事を経たことで、今の眞於が形成されたと思うので、そこを感じられるように演じていきたいと思っています。 正直、自分の中ではすごく違和感がありますね。 私が今まで演じてきたキャラクターとは、ちょっと雰囲気が違うので(笑)。 でも、処世術じゃないですけど、眞於自身そうやって生きてきたんじゃないかって思うようにしたら、少しずつ馴染んできました。 ーー新鮮な感じですか? 桜井:そうですね。 ファッションも、自分では1枚も持っていないような服ばかりです。 お話をいただいたとき、「私で大丈夫ですか?」って聞いたくらいでしたから(笑)。 ーーバイオリンの先生役として、初回から「G線上のアリア」を披露されていました。 桜井:あのシーンが1番大変でしたね、もうひたすら練習しました(笑)。 「G線上のアリア」は小さいころから耳にする曲ではあったんですけど、じっくり聞いたことはなかったので楽しかったですね。 「エモーショナルな曲ですよね」っていうセリフがあるんですけど、まさにそのとおりで。 弾いてみたら、より一層哀愁を感じて、この作品にぴったりだなと思 いました。 ーー桜井さんはピアノも得意なんですよね? 桜井:4、5歳から中学ぐらいまでやっていました。 でも、バイオリンを手にしたのは、今回が初めてで。 このお話をいただく直前、ギターを買ったんですよ。 友人のギターを触らせてもらったら、ちょっと音が出たのがうれしくて。 バイオリンもギターも、すごく素敵な楽器なので、これからも続けていきたいなと思っています。 私、あまり趣味っていう趣味がなくて。 興味が湧いたものは、とりあえず手を出してみるんですけどなかなか続かないんですよね。 だから、これを機にバイオリンは続けたいなって(笑)。

次の

一流のバイオリンの先生に習う時のレッスンマナー

マオ 先生 バイオリン

也映子が理人の未来を考えて「人間愛でいたい」って考えた気持ちもわかるけど、結局は自分が将来傷つきたくないだけっていうアラサーの余裕のなさが切なかったです。 でも理人が若さを全面に出して"面倒くさい"と言いながら抱きしめて"全部なんとかするから"と言ったのにはキュンとしました!やっぱり恋愛に勢いって大事だし、しっかり顔を見て気持ちを言葉にしなきゃ伝えたいことは伝わらないんだなと改めて思わされました。 幸恵に対して冷たかった由美子が意外にもちゃんと嫁の気持ちを理解していて息子に嫌味を言っていたのは笑えました。 こっちもちゃんと言葉にしなかったことで気持ちが伝わってなかったので、恋愛だけじゃなく人間関係すべてに言えることなんだなと思いました。 幸恵と由美子が仲良くなれる未来もありそうな感じがよかったです。 結婚直前までいった女性とは思えないくらい 知恵熱を出してしまう也映子が可愛かったです。 あそこまでお互い仰々しい接し方だったので自分に気持ちがある理人の思いも也映子は薄っすら気付いてるのかなと思ってました。 「もしかして…」聞いたあと違ったら恥ずかしいだろうなとか考えてしまいました。 眞於一途だったから付き合うこと自体に免疫無さげな理人のおどおどした態度も初々しくて「恋してる」感が出てるなぁと気持ちは幸恵と同じ感情で見てました。 2人を見守る幸恵のキャラが一気に弾けていたなぁと、こんなキャラだったっけ?と思ったところです。 「誰かー!」と叫ぶ声に家族大丈夫?と思わず心配してしまいましたが。 侑人の奥さん芙美の軽く誘導尋問のような聞き方が上手かったです。 しっかりと色んなことを考えているタイプだなと感じます。 お姉さんと間違われて微妙な空気になる也映子と「彼女」と訂正する理人にそれぞれの思いが自然に出ているところだったと思います。 8歳も年下、しかも20前前半の子と付き合うとこんなにも心配事が増えるのかと思ってしまう内容がリアルでした。 眞於が也映子たちが付き合っていることを知っていた以上に庄野と連絡を取り合ってることも意外でした。 眞於のこれまでの庄野との関係性から考えると絶対ないと思えた展開でした。 眞於に「彼にはその先がある」と早々と別れる前提で話していた部分が気になってしまいましたが。 確かに理人も今の勢いだけで突っ走ってる感は見えてしまいますが、そこもちょこちょこカッコいいから憎めないです。 正直2人の意見を聞くとバイオリンが中にあった方が楽なのかなと思います。 言い合っていても多実ちゃんからの電話だとふっと仲間の顔に戻ってた2人の顔が分かった感じでした。 家出をした幸恵とある程度やりとりして答えも分かっているんだろうけど放っておけない也映子の優しさが良かったです。 3コンをするからには生半可な気持ちでは出来ないと思うけど耳栓レベルの一言で気落ち気味の理人に少なくとも以前のように「眞於がいたから」の気持ちはもうないんだろうと思いました。 本当にバンド名になってたら面白いです。 そんな話をしながら理人が笑顔に戻っていたのがホッとした瞬間でした。 也映子が就職して一気に2人のシーンも少なくなって寂しかったです。 カラオケ店でのすれ違いも虚しかったです。 弓を郵送で送られて電話で話すシーンはいちばん好きなシーンでした。 眞於の思いを直前に聞いてなかったら即理人にも反応してたと思います。 也映子の優しさが止めちゃった…と思いました。 同時に2人の思い合う気持ちもわかってキュンキュンでした。 結愛の告白もあれで終わりなのかな?理人の頭が也映子に向かってるとは言え告白さえも拒否された冒頭がちょっと可哀想でした。 子供の反抗期は成長の証でもあるけど、幸恵の嬉しそうな顔が意外でした。 テンション下がってしまう事柄をポジティブに考えられる幸恵が羨ましくもありますが。 家族揃ってのお出かけにそれぞれがゴネてしまいのもリアル過ぎて笑えました。 何だかんだあってもこのざわざわ感が幸せなんだろうなと思います。 也映子が貰おうとしているバイオリンは買うんですね。 弓を買って貯金少々になっている感じだったので働き出したとは言え心配してしまいました。 也映子の「人間愛」の判断は凄く良かったと思います。 でも心の内を思うと辛いなと也映子自身より早く感じてしまいました。 物凄く言葉を選びながら自分の心を落ち着かせながら理人に言い聞かせてる姿が良かったです。 理人との関係に幸恵がやんわりと聞いた時に「付き合います」の言葉があっさりとカミングアウト状態でしたね。 ここまでくると「言ってしまえ」の気持ちが分かる気もします。 徐々に「行かせてしまった」後悔にも気付き始める也映子の「痛い」って凄くわかりやすくて切なかったです。 理人が也映子を抱き寄せるシーンはどんなシチュエーションなのか楽しみでしたが、ただの妄想の一つだったのでちょっと残念でした。 コンタクトに変えた也映子に、理人の「忘れもの」の例えがぴったりで笑ってしまいました。 「眼鏡がいい」と言う理人は、也映子の中身を知ってるからこその言葉ですもんね。 同じく眼鏡が好きで也映子を気に入った白鳥との対比が効いてました。 せっかくご縁がある相手でも白鳥みたいにあそこまで独り善がりに先走る人は確かに引いてしまうかもしれません。 理人の働くお店で朦朧としてた也映子の顔は「わかるわかる」と思えた場面でした。 酔っ払い也映子の喋り方がたどたどしくて良かったです。 白鳥とのデートを「時間を無駄にした」という強烈な言葉で表していましたが、傷癒してる最中の理人にとったら痛すぎる言葉で、こっちがドギマギしてしまうほどでした。 でも、本当にその通りだよなぁとも思いました。 えなりくんには可哀想ですが。 そして、夫についての、幸恵の「時間」は良い話でした。 人を心から憎むことなんて結局出来ないんだと思います。 いつも飄々とあまり会話もなさそうな夫の一言を忘れずにいる幸恵の可愛い部分が見えました。 姑・由実子のバイオリンを再び勧める言葉が気遣いもあって素敵なシーンでした。 也映子の元婚約者の再会のイメージには笑ってしまいましたが、前回の予告の理人の「こいつは俺のもんだ」のシーンがここだったのは、完全に詐欺だと思いました。 婚約者の相手が去っていったのは、也映子に不義理をしたバチが当たったんだと、ちょっとスッキリしてしまいましたが、幸恵さんの言っていた「(旦那は)全てを嫌いになる事は出来ない人」というのが言い得て妙で、也映子にとっての元婚約者も、まさにそんな相手だったんでしょうね。 それでも也映子がちゃんと過去に決別できた感じで、良かったです。 そして幸恵さんとお義母さんさんとのやりとりが印象的でした。 お義母さんの事をほめ言葉で"化け物"と言ってのけるのは、やはりそれまでの紡いだ時間があればこそです。 お義母さんが化粧をした時の嬉しそうな顔、それで幸恵さんがバイオリンを許してもらえたのは本当に嬉しかったです。 今回は、中川大志演じる理人に全部持ってかれましたね。 理人が也映子に送った長文メールが切なかった。 眞於先生への思いが溢れていて、でも報われる余地が全く無いと思える現実、そんな中で藁をもつかむ気持ちでバイオリン教室に通った理人の心中を思うと、本当に切なくなった。 そしてキツかったのが、発表会が終わった後の勢いで唐突に告白した理人に対する眞於先生の返事。 「時間を・・・」と言った時、もしかして「考える時間を下さい」的な事を言うの?え?まだワンチャン残ってるの?と一瞬思わされたのは、脚本家の思惑なんでしょうね。 理人も一瞬そう思ったんじゃないかな?そこからの、もう、1㎜も望みが無いと分かる「時間を無駄にすると思います」という言葉は、理人をどん底に突き落とすだけの破壊力があり、震えた。 発表会を終えた2人をねぎらう時の満面の笑みと、理人をふったときの氷のように冷たい表情、桜井ユキはマジで凄いと思った。 也映子が、理人の恋を面白がって茶化した事を後悔して心の中で謝るシーン、また理人がフラれた後、理人の努力が一切報われない、容赦のない現実に号泣するシーン、自分のためではなく理人のために流した涙がとても良かった。 そして何より最後の理人の壁ドン。 あれはヤバすぎた。 中川大志史上、最もかっこよかったのではないか。 「G線上のアリア」って曲(バッハ)が好きなのですが、このドラマは今回(2話で)初めてみました。 分かった事は「G線上のアリア」はまだ演奏出来そうにないな、って事と、也映子(波留)は婚約者に振られている、との事です・・ 也映子と話している時の理人は暗い感じですが、姑が当然泊まりに来て練習を邪魔され泣いてた幸恵に優しくて。 也映子の『置いてけぼりな感じ』って激しく共感です! でも幸恵と飲んでいる時に「置いてけぼりに感じて」と言える也映子って可愛い。 その言葉で幸恵との距離が縮まり仲良くなって良かったね。 理人に「人間、止まってたら駄目。 (相手に)気持ちを伝えた方がいい」って、自分も元婚約者に久々に会って満身創痍なのに・・・也映子って応援したくなります!.

次の

『G線上のあなたと私』の感想と評価

マオ 先生 バイオリン

06 ID:N2yvhyg40. 06 ID:6IISIj2K0. 82 ID:v0SE2Jf10. 15 ID:nEsXF1lW0. 99 ID:HCRMWDSP0. 18 ID:KLyv5id20. 12 ID:FhXtKzp20. 96 ID:NL3YtF2K0. 98 ID:w95zZqwm0. 20 ID:IP8RlKtx0. 43 ID:gHNfhY9R0. net 松下由樹と小池栄子が似てるなって思って、だったら俺の話の母親役に松下由樹でも面白そうと思った。 23 ID:3ZN1zee90. 10 ID:y5be4zPp0. 99 ID:NrXIPj8P0. 96 ID:T7d1iGoF0. 59 ID:GL16DdHq0. 49 ID:y5be4zPp0. net G線やっと録画見た 就職してからのやえこの服可愛い!!あと、最後のカラオケのシーンで松下さんが理人くんと付き合う?って聞いたあとやえこの返答からのおっおう…みたいなのが良かった。 84 ID:NL3YtF2K0. net まお先生くらいならバイオリンなんて何本か持ってて音楽教室用の安いやつを使っててそれをやえこに譲るって言ってんのかと思ってた。 02 ID:KeTKv77P0. net 最新 20. 1|スカーレット 18. 6|ドクターX 15. 0|相棒18 12. 2|同期のサクラ 11. 8|グランメゾン東京 11. 76 ID:ByZjjgG60. 52 ID:4XIg0akC0. 42 ID:zIe4PXtk0.

次の