航空券 株主優待。 JAL,ANA一番お得な航空券株主優待はどこ!? [株主優待] All About

株主優待割引運賃/小児株主優待割引運賃

航空券 株主優待

もくじ• また、フジドリームエアラインズ(FDA)、天草エアライン(AMX)が運航するコードシェア便も株主優待券を利用することができます。 株主優待券を入手するためには、JALが発行している株式を所有していると半年に一回 3月末と9月末 所有している株式の総数に応じて株主優待券を優待特典として付与されます。 2019年5月28日現在、JALの株式は1株当たり、3,523円です。 株主優待券を獲得するためには最低JALの株式を100株所有する必要があるので、約35万円分の株式を所有する必要があります。 そして、主に獲得できる株式優待券の総数は以下の表の通りです。 また、9月30日付けで配布される株主優待券に関しては最低200株以上保有していなければ優待券を入手することはできません。 株式を保有していなくても株主優待券は購入することができる 多くの方がご存知かと思いますが、金券ショップやヤフーオークションを見てみるとJALの株主優待券が販売されています。 株主優待券はJALの株式を所有している人じゃないと利用できないんじゃないかと思う方も多いと思います。 しかし、JALの公式サイトを見てみると、 株主割引券は無記名式ですので、株主様以外の方でもご利用いただけます。 と記載されているので、金券ショップやオークション等で購入しても問題なく利用できます。 ヤフーオークションをのぞいてみると、5500円で株主優待券が販売されていました。 有効期限が迫っている株主優待券は、約3,000円程度で購入することができるようです。 優待券を獲得するだけの目的であれば、JALの株式を取得するよりも、金券ショップやオークション等で入手した方が良いかもしれません。 JAL株主優待券の使い方 ここでは株主優待券の使い方の手順を簡単にご紹介。 はじめに、JAL公式サイトの空席照会で予約したい便の株主割引を選択。 予約が完了すると、このような画面が表示されるので、「株主割引発券用コードを登録する」をクリック すると、このような画面が表示されるので、発券用コードを登録して、予約した航空券のお支払いを済ませます。 発券コードとは、株主優待券のスクラッチ部分に表示されている番号のことです。 JAL株主優待券のメリット オールシーズン利用することができる。 JALの株主優待券は、ゴールデンウィークお正月に関係なくオールシーズン利用することができます。 ゴールデンウィークやお盆、お正月に株主優待券を利用するとかなりお得に航空券を予約できますよ。 ただ、繁忙期になると、ピーク期の料金になるので、普通運賃が若干高くなる傾向があります。 クラスごとのマイル積算率は以下の通りです。 通常だと、当日の航空券購入は、最も値段の高い通常運賃を支払わなければ航空券を購入することは出来ないので、優待券をあらかじめ所有していると、助かりますよ。 JAL株主優待券のデメリット 時期によって優待割引を使うと航空券が高くなる場合がある 繁忙期に優待券を利用して航空券を予約すると割引率が高く、優待券を使う意義はあります。 しかし、オフシーズン等に優待割引を利用してしまうと航空券が高くなってしまう場合があるので注意が必要です。 優待券は必ずしも、お得に航空券を予約できるわけではありません。 時期とタイミングに注意しながら活用していきましょう。 予約できるのは2ヶ月前の同一日09:30から 優待券を利用した航空券の予約は2ヶ月前の09:30以降でないと予約できません。 できれば、半年後、1年後の予約などができると便利なんですが.... もちろん株主優待割引の座席は限られているのでお正月やゴールデンウィークなど需要が高い時期になると、即売り切れとなる可能性が高いので、絶対にこの日に航空券を押さえたい!という方は、2ヶ月前の同一日09:30に即予約するようにしましょう。 小児には株主優待割は適用されない 残念ながら小児料金に株主優待割を適用することはできません。 JAL株主優待券の有効期限はいつまで? 株主優待券には有効期限が存在します。 優待券が配布される時期によって有効期限が異なるので注意してください! 特に、9月30日基準日に発行される優待券の 有効期限は半年間と短いので有効期限が切れるまでに利用するようにしましょう! 発行時期 有効期限 3月31日基準日発行分 5月 6月1日~翌5月31日 1年間 9月30日基準日発行分 200株以上所有者限定 11月 12月1日~翌5月31日 6ヵ月間 JALとANAの株主優待券結局どっちがお得? JALとANAの株主優待券ぶっちゃけどっちがお得なのかというと、一概に結論付けはできません。 JALもANAも金券ショップやオークションで売られている優待券価格はほとんど差がありませんし、両者共に搭乗日当日も優待券割引を利用して航空券を購入することが出来ます。 JALに強いこだわりがない人はANAの株主優待券を利用して航空券を予約した方が良いかもしれません! ANA株主優待券の詳しい情報は以下の記事をチェック!.

次の

飛行機の株主優待割引の使い方|飛行機旅行研究所

航空券 株主優待

もくじ• また、フジドリームエアラインズ(FDA)、天草エアライン(AMX)が運航するコードシェア便も株主優待券を利用することができます。 株主優待券を入手するためには、JALが発行している株式を所有していると半年に一回 3月末と9月末 所有している株式の総数に応じて株主優待券を優待特典として付与されます。 2019年5月28日現在、JALの株式は1株当たり、3,523円です。 株主優待券を獲得するためには最低JALの株式を100株所有する必要があるので、約35万円分の株式を所有する必要があります。 そして、主に獲得できる株式優待券の総数は以下の表の通りです。 また、9月30日付けで配布される株主優待券に関しては最低200株以上保有していなければ優待券を入手することはできません。 株式を保有していなくても株主優待券は購入することができる 多くの方がご存知かと思いますが、金券ショップやヤフーオークションを見てみるとJALの株主優待券が販売されています。 株主優待券はJALの株式を所有している人じゃないと利用できないんじゃないかと思う方も多いと思います。 しかし、JALの公式サイトを見てみると、 株主割引券は無記名式ですので、株主様以外の方でもご利用いただけます。 と記載されているので、金券ショップやオークション等で購入しても問題なく利用できます。 ヤフーオークションをのぞいてみると、5500円で株主優待券が販売されていました。 有効期限が迫っている株主優待券は、約3,000円程度で購入することができるようです。 優待券を獲得するだけの目的であれば、JALの株式を取得するよりも、金券ショップやオークション等で入手した方が良いかもしれません。 JAL株主優待券の使い方 ここでは株主優待券の使い方の手順を簡単にご紹介。 はじめに、JAL公式サイトの空席照会で予約したい便の株主割引を選択。 予約が完了すると、このような画面が表示されるので、「株主割引発券用コードを登録する」をクリック すると、このような画面が表示されるので、発券用コードを登録して、予約した航空券のお支払いを済ませます。 発券コードとは、株主優待券のスクラッチ部分に表示されている番号のことです。 JAL株主優待券のメリット オールシーズン利用することができる。 JALの株主優待券は、ゴールデンウィークお正月に関係なくオールシーズン利用することができます。 ゴールデンウィークやお盆、お正月に株主優待券を利用するとかなりお得に航空券を予約できますよ。 ただ、繁忙期になると、ピーク期の料金になるので、普通運賃が若干高くなる傾向があります。 クラスごとのマイル積算率は以下の通りです。 通常だと、当日の航空券購入は、最も値段の高い通常運賃を支払わなければ航空券を購入することは出来ないので、優待券をあらかじめ所有していると、助かりますよ。 JAL株主優待券のデメリット 時期によって優待割引を使うと航空券が高くなる場合がある 繁忙期に優待券を利用して航空券を予約すると割引率が高く、優待券を使う意義はあります。 しかし、オフシーズン等に優待割引を利用してしまうと航空券が高くなってしまう場合があるので注意が必要です。 優待券は必ずしも、お得に航空券を予約できるわけではありません。 時期とタイミングに注意しながら活用していきましょう。 予約できるのは2ヶ月前の同一日09:30から 優待券を利用した航空券の予約は2ヶ月前の09:30以降でないと予約できません。 できれば、半年後、1年後の予約などができると便利なんですが.... もちろん株主優待割引の座席は限られているのでお正月やゴールデンウィークなど需要が高い時期になると、即売り切れとなる可能性が高いので、絶対にこの日に航空券を押さえたい!という方は、2ヶ月前の同一日09:30に即予約するようにしましょう。 小児には株主優待割は適用されない 残念ながら小児料金に株主優待割を適用することはできません。 JAL株主優待券の有効期限はいつまで? 株主優待券には有効期限が存在します。 優待券が配布される時期によって有効期限が異なるので注意してください! 特に、9月30日基準日に発行される優待券の 有効期限は半年間と短いので有効期限が切れるまでに利用するようにしましょう! 発行時期 有効期限 3月31日基準日発行分 5月 6月1日~翌5月31日 1年間 9月30日基準日発行分 200株以上所有者限定 11月 12月1日~翌5月31日 6ヵ月間 JALとANAの株主優待券結局どっちがお得? JALとANAの株主優待券ぶっちゃけどっちがお得なのかというと、一概に結論付けはできません。 JALもANAも金券ショップやオークションで売られている優待券価格はほとんど差がありませんし、両者共に搭乗日当日も優待券割引を利用して航空券を購入することが出来ます。 JALに強いこだわりがない人はANAの株主優待券を利用して航空券を予約した方が良いかもしれません! ANA株主優待券の詳しい情報は以下の記事をチェック!.

次の

ANAの株主優待券とは?使い方やメリット、入手方法までご紹介します

航空券 株主優待

広告 株主優待割引のしくみ 株主優待割引は、株主優待券(株主特別優待券)1枚で、1人の片道1区間が株主優待割引で利用できる制度です。 割引率はおおむね50%割引です。 国内線のみの制度で、国際線にはありません。 株主優待券を持っていれば、誰でも利用できます。 株主限定ではありません。 株主優待割引は、空席があれば出発当日に予約することもできます。 予約変更可能な運賃で、キャンセル時の払戻手数料もかかりません(取消手数料は必要)。 株主優待割引のある航空会社 株主優待割引を設定している会社は、 JAL、ANA、エアドゥ、スターフライヤー、ソラシドエアの5社です。 株主優待割引の使い方 株主優待割引は、通常の航空券の予約と同様に、インターネットや電話でチケットの予約をし、割引後の運賃を支払います。 そして、搭乗当日の搭乗手続(チェックイン)時に、自動チェックイン機に株主優待券を挿入します。 カウンターで搭乗手続をする場合は、カウンターで株主優待券を渡します。 株主優待券は1回1人の割引につき1枚必要です。 1枚の株主優待券で2人分の割引を受けることはできません。 株主優待券は金券ショップで購入することも可能です。 ANAは、予約時に株主優待券を持っていなくても、搭乗時までに用意すれば問題ありません。 JALは、購入時に株主優待券が必要です(購入期限は予約日より3日以内)。 広告 ANAではプレミアムクラスにも使える ANAには「プレミアム株主優待割引」という制度があります。 プレミアムクラスに乗るのにはとてもお得な運賃です。 JALはファーストクラス、クラスJにも使える JALは、株主優待割引でファーストクラス、クラスJの予約ができます。 ファーストクラスに乗るにはお得な運賃です。 販売座席制限がある JALでは株主優待割引で利用できる座席数に制限があります。 詳細は公表されていませんが、他の事前割引運賃と座席数を共有しているようで、事前割引運賃が売り切れると、株主優待割引も売り切れになるようです。 ANAの株主優待割引には、通常期は販売座席制限がなく、普通運賃で販売している座席があれば、株主優待割引で予約・購入できます。 ただし、ピーク時には株主優待用の座席数を一部便で制限しています。 このため、 JAL、ANAとも、ピーク時に株主優待割引では席が取りにくくなっています。 ただ、株主優待券を持っていないなら、金券ショップなどで購入しなければいけません。 となると、金券ショップでいくらで調達できるかが、どれだけ安く乗れるかにつながります。 JALやANAでは株主優待券の流通相場が異なりますし、最近はANAで株主優待券のほうが安く買えます。 株主優待券の相場をたしかめた上で、他の事前割引運賃の金額も確認したうえで購入するといいでしょう。 一般的には、 遠距離のローカル路線になるほど、株主優待割引は高い効果を発揮します。 羽田~稚内や、羽田~石垣などでは、株主優待割引のコストパフォーマンスは高いでしょう。 一方、LCCなどが競合する東京・大阪~札幌、福岡、那覇路線などでは、株主優待券を使う前に、他の割引運賃や、格安航空会社の価格とも比較するといいでしょう。

次の