ロト6 予想 期待値。 次回数字の無料予想

ロト6 次回数字無料予想 TOP

ロト6 予想 期待値

基本的には当たった人が少なければ、その分当選金額が上がるのですが、5等だけは例外です。 5等については当選金額は1,000円に固定されていますので、配当金からその分を引き算します。 一等 二等 三等 四等 25. 過去の結果から計算した結果、こういう事になっている らしい、ということです。 なぜこのような半端な数字になっているかというと、見込み当選金の額をキリのいい数字にするため。 この式を? について解くと、? 25427985485996.... なので、25. 最後に各等級に割り振られた当選金を、当選した口数で割り、 100円未満を切り捨てれば当選金額が求まります。 ただし、ここにも例外があります。 それは一等の賞金が高くなりすぎた場合や、当選者が一人もいなかった場合です。 キャリーオーバーが発生していなかった場合、当選金の上限は2億円と決まっています。 発生していた場合には4億円です。 これを越えた部分については、当選者には払われず、次回へとキャリーオーバーされます。 一等当選者がいなかった場合には、 一等に払われるはずだったお金がすべてキャリーオーバーされます。 ミニロトについても、ほとんど同じ仕組ですので期待値は同様です。 サマージャンボや年末ジャンボなどの宝くじとたいして変わらない数字ですね。 また、キャリーオーバーが十分にある場合の期待値は、 一等賞金を4億円として計算すれば、約69. あとは44. 一等 8. ロト6を買う人の大半は一等を当てることを目標にしているわけですから、この配分はちょっといかがなものかと思ってしまいます。 極端なはなし、二等以下を廃止してしまえば、一等の当選金額を5倍以上にすることが出来るわけです。 そうすれば、一等20億円!!とかいうことになるわけで、これは魅力的ですよね。 しかし、当たり前のことですが、ロト6に必勝法などありません。 これがロト6の仕組みです。 必ず勝てる方法があるとすれば、それは胴元の仲間になることぐらいです。 でも、諦めるのはちょっと待って下さい。 必勝法はありませんが、期待値をアップさせる買い方は存在します。 ロト6の特徴は、客が好きな数字を選べることと、当選口数によって当選金額が変わってくることです。 つまり他の人から人気のない数字を買えばいいのです。 例えば、 8 13 18 22 29 40 というような数字の組合せと、 1 2 3 4 5 6 という組合せ、あなたならどっちを選びますか? ほとんどの人は前者を選ぶと思います。 しかしながら、この2つの組合せが一等に当選する確率はまったく同じなのです。 だとしたら、みんなが買いそうもない数字の組合せを買った方が得に決まっています。 もちろん、キャーリーオーバーの影響も忘れてはいけません。 キャリーオーバーが発生しているときには、いつもより明らかに期待値が高いのです。 ということで、賢いロト6の買い方は、 キャリーオーバーが発生しているときに、人気のなさそうな数字の組合せを買うこと、 です。 このページに対するご意見ご感想は (ara999 あっと gmail. com ) までお願いします.

次の

ロト6生活(LOTO6の総合情報サイト)

ロト6 予想 期待値

投資やギャンブルにおける期待値とは簡単に言うと、掛け金(支払ったお金)に対して戻ってくる見込みの金額の平均値のことです。 更にザックリ言うと平均してどれぐらい儲かるかを示す数値のことです。 株・債券・FX・先物取引・不動産などといった投資に限らず、競馬・競輪・競艇・オートレースの公営ギャンブル、宝くじ・ toto(トト)といった公営くじなどを含め、 投資やギャンブルといった勝負の世界では、期待値をひとつの判断材料にする事がひじょうに重要です。 ミニロトの期待値 等級 当選金額(理論値) 当選確率 期待値 1等 約1,000万円 1/169,911 58. 9円 2等 約15万円 5/169,911 4. 4円 3等 約1万円 125/169,911 7. 4円 4等 約1,000円 3,250/169,911 19. 1円 89. 8円 ミニロトの期待値は約89. 8円となります。 ロト6の期待値 等級 当選金額(理論値) 当選確率 期待値 1等 約2億円 1/6,096,454 32. 8円 2等 約1,000万円 6/6,096,454 9. 8円 3等 約30万円 216/6,096,454 10. 6円 4等 約6,800円 9,990/6,096,454 11. 1円 5等 1,000円(原則固定) 155,400/6,096,454 25. 5円 89. 8円 ロト6の期待値はミニロトと同じく約89. 8円となります。 ロト7の期待値 等級 当選金額(理論値) 当選確率 期待値 1等 約6億円 1/10,295,472 58. 3円 2等 約730万円 14/10,295,472 9. 9円 3等 約73万円 196/10,295,472 13. 9円 4等 約9,100円 9,135/10,295,472 8. 1円 5等 約1,400円 142,100/10,295,472 19. 3円 6等 約1,000円 242,550/10,295,472 23. 6円 133. 1円 ロト7の期待値は約133. 1円となります。 ロト6、ロト7でキャリーオーバーがあるときの期待値 なお、 ロト6とロト7では当選金が繰り越しされるキャリーオーバーがあった販売回には、1等当選金がロト6の場合で最高6億円、ロト7の場合で最高10億円となります。 で、 キャリーオーバーがあり1等当選金が最高の6億円の場合は、 ロト6の期待値は約155. 4円となり、 キャリーオーバーがあり1等当選金が最高の10億円の場合は、 ロト7の期待値は約171. 9円となります。 1000万円ぐらいを狙うならどのロトが確率的に当たりやすいのか? 宝くじで高額当選を狙っている時点で現実的と本気で思ってるの? といった厳しめの意見はひとまず置いといて・・・ 1000万円くらいの当選金を当てるなら、どのロトくじを購入するのが当選確率が高いのかをザックリですが計算し比較してみました。 等級/当選金額 当選確率 当選確率の比較 ミニロト 1等/約1000万円 1/169,911 約1/17万 ロト6 2等/約1000万円 6/6,096,454 約1/100万 ロト7 2等/約730万円 14/10,295,472 約1/74万 結果的に 1000万円あたりの当選金を狙うならば、ミニロトが当選確率的に一番良いです。 ロト6はミニロトと比較しておよそ6倍も当選確率が低くなっており、 ロト7は1枚300円ですし理論値による当選金額も約730万円とやや少なめで、なおかつミニロトと比較して4倍くらい当選確率が低くなっています。 ロト6やロト7はやはり一発逆転場外ホームラン的な億超えの当選金狙いで購入するのがイイかもしれません。 末等の約1000円の当選確率を比較してみると 等級/当選金額 当選確率 当選確率の比較 ミニロト 4等/約1000円 3,250/169,911 約1/52 ロト6 5等/約1000円 155,400/6,096,454 約1/39 ロト7 6等/約1000円 242,550/10,295,472 約1/42 ちなみにロト系宝くじの末等全てに共通する約1000円の当選確率を比較してみると、 さほど違いはないもののロト6が一番当たりやすいということになってます。 ぅ〜ん、かなり割の悪い感じがしますが、最初から末等狙いで宝くじを買ってる人はほぼほぼいないと思いますんで・・・.

次の

ロト6で高配当を狙える抽選数字が判明

ロト6 予想 期待値

過去の珍事件 海外人気ドラマ「LOST」の話の中で謎の数字の暗号が頻繁にでてきます。 その数字は「4 8 15 16 23 42」です。 ちょうどロト6にも使える6つの数字です。 世の中にはこの数字を選び続けている人もいるでしょう。 そして、事件は2012年6月9日に起こりました。 そのときの結果がこちら! 2等が57100円!? しかも3470口も!! ロストに出てくる数字の暗号「4 8 15 16 23 42」を選んでいれば2等が当たる現象が発生ししました!やはりこの数字を選んだ人は多いですが、配当金は平等に分配されるため、通常1000万円前後の配当金が57100円になってしまっています。 さらに3等の方が当せん人数が少ないため、 3等の配当の方が2等の配当よりも多いという結果になっています。 当選するときのことを考えるならば、他の参加者ができるだけ選ばない数字を選びたいところですよね。 次の章から選ばれにくい数字の検証結果の説明をしたいと思います。 期待値 ロト6の数字の検証をする前に、まず期待値の計算方法の復習をしておきましょう。 例えばサイコロを振って、出た目の数に応じて報酬がもらえるケースを考えてみます。 以下の2つのケースの場合どちらがお得でしょうか?• 出た目が4以下なら1200円• 出た目が5以上なら1800円 どちらがお得かを議論する場合は 期待値を計算することで判断できます。 期待値が高い方を選択するほうが、 長期的には有利な選択肢になります。 この話をロト6に置き換えたときに、 確率は抽選数字の出やすさを表し、 報酬は抽選数字のお得度を表します。 抽選数字の出やすさを検証することと、抽選数字のお得度(みんなが選ばない数字)を検証することで期待値を計算していきます。 出やすい数字 それではまず出やすい数字から検証していきます。 抽選に使用されるボールは計量を行い、しっかりシャフルしているので、基本的にはどの数字も同じ確率で選出されるようになっています。 出やすい数字の検証方法は簡単です。 単純に出た回数の統計を取り確率を計算するだけで算出できます。 データは約1250回分の抽選結果の中から本数字に選出された数字のみを使用しています。 結果はこちらです。 横軸が抽選数字で縦軸が確率です。 棒の高さが低いほど出にくく、棒の高さが高いほど出やすい数字になります。 このデータによると6や27が出やすく、9が最も出にくい結果となっています。 報酬が高い数字 次に報酬が高い数字の検証です。 これはどのように考えるかというと、ある数字が抽選数字に表れたときに、その時の配当金の平均を計算することで算出できそうです。 例えば7番の数字が過去に3回的中したとして、その配当金が800円,1200円,700円だったなら、平均を計算し900円になります。 これをそれぞれの抽選数字ごとに計算することで、報酬が高い数字、つまり他の参加者が選ばないお得な数字を算出することができます。 今回配当金の計算に使用した数字は4等の数字になります。 4等は当選者の数が多く、最もばらつきが少ないと考えられるので4等を選択しました。 ちなみに5等の場合は一律1000円なので、今回の計算に使用することはできません。 報酬が高い数字の検証結果はこちらになります。 この結果を見ると43が最も報酬が高い数字で、8が最も報酬が少ない数字になります。 誕生日の日付を選ぶ人が多いのかもしれませんが、誕生日の日付がない32以降の数字は、やや他の数字よりもお得な数字になっているようにも見えます。 期待値が高い数字 それでは最後に期待値が高い数字の確認です。 いくら報酬が高い数字を選んでも、その数字の出る確率が低いと意味がないですよね? そこで、最初に話した期待値を計算します。 ロト6で出やすい数字(確率)とお得な数字(報酬)が分かったので、これらを掛け算することで期待値を計算します。 結果はこちら! この結果から見ると20,31,43が期待値が高い数字になります。 逆に期待値が低い数字は7,9になっています。 イメージしやすくすると、7や9は出やすい数字でもあるし、みんなが選びやすい数字ということにもなります。 適当に選ぶにしても7,9は避けた方が良いでしょう。 逆に20,31,43を積極的に選ぶことで高配当が期待できます。 ただし、注意点があります。 もし仮にこの情報が拡散されたりすると20,31,43は 逆に人気の数字になるので、報酬が低くなる可能性があります。 このことは認識しておいた方がよいでしょう。 まとめ いかがでしょうか?宝くじはやはり運が必要です。 しかし、自分で数字を選ぶロト6の場合はわずかですが、配当金や当選確率を上げることが可能です。 ここでの情報(特に期待値のグラフ)を有効活用して6つの数字選びに利用してみてはいかがでしょうか? 数字の組み合わせに関する記事もにまとめました!.

次の