アフリカ 豚 コレラ 韓国。 アフリカ豚コレラ、韓国でも発生 拡散懸念で豚肉価格3割上昇 (写真=ロイター) :日本経済新聞

韓国でも拡大する「アフリカ豚コレラ」、非武装地帯のイノシシが感染源?「養豚業が崩壊」と危機感|レコードチャイナ

アフリカ 豚 コレラ 韓国

ASF アフリカ豚熱 について 更新日:令和2年6月11日 担当:消費・安全局動物衛生課 ASF アフリカ豚熱 は、ASFウイルスが豚やいのししに感染する伝染病であり、発熱や全身の出血性病変を特徴とする致死率の高い伝染病です。 本病は、ダニが媒介することや、感染畜等との直接的な接触により感染が拡大します。 本病に有効なワクチンや治療法はなく、 発生した場合の畜産業界への影響が甚大であることから、我が国の家畜伝染病予防法において「家畜伝染病」に指定され、患畜・疑似患畜の速やかな届出とと殺が義務付けられています。 我が国は、これまで本病の発生が確認されておらず、本病の清浄国ですが、アフリカでは常在的に、ロシア及びアジアでも発生が確認されているため、今後とも、海外からの侵入に対する警戒を怠ることなく、 に努めることが重要です。 なお、ASFは豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。 注目情報• (外部リンク)• 日本の空海港でのASFウイルス遺伝子検出事例は ASFの侵入防止に関する関係省庁との連携について• (参考) 海外におけるASFの発生状況 アジアにおけるASFの発生状況 韓国におけるASFの発生状況 アジアにおけるASFの発生について• 2018年(平成30年)8月3日、中国の農場において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(平成31年)1月9日、モンゴルの農場において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(平成31年)2月1日、ベトナムの農場において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(平成31年)3月22日、カンボジアの農場において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(令和元年)5月2日、香港のと殺場において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(令和元年)5月23日、北朝鮮の村において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(令和元年)6月2日、ラオスの村において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(令和元年)7月25日、フィリピンの農場において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(令和元年)8月1日、ミャンマーの村において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(令和元年)9月4日、インドネシアの農場において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(令和元年)9月9日、東ティモールの農場において、初めてASFの発生が確認されました。 2019年(令和元年)9月17日、韓国の農場において、初めてASFの発生が確認されました。 2020年(令和2年)1月26日、インドの村において、初めてASFの発生が確認されました。 ASFに関する国際会議に関する情報は• OIEによる広報資料は• ASFに関する情報リンク集は 畜産関係者の方がASFの発生国に行かれる場合の留意事項• アフリカのサハラ砂漠以南及びロシア、グルジア等の国々は、ASFの発生国であり、我が国はこれらの国からの動物及びそれに由来する肉の輸入を原則として禁止しています。 これまでもお願いしてきましたが、畜産に関係する仕事に従事している方々が、これらの国々を訪問した際には、家畜を飼育している農場などへの立入りは極力避けるようにしてください。 また、やむを得ず農場などの畜産関連施設へ立ち入ったり、家畜に接触した場合には、病原体が人や物に付着しているおそれがありますので、帰国時に動物検疫所のカウンターにお立ち寄りください。 我が国への病気の侵入を防止するため、皆様方の御理解と御協力をお願いいたします。 また、過去の事例から、清浄国においてASFが発生する原因は、ウイルスに汚染された航空機や船舶から出る厨芥残渣を豚に給餌したことによるものです。 このため、動物検疫所は定期的に、厨芥残渣が適切に処理されているかどうかの立入検査をしています。 発生国からの肉製品等の持込みは、機内食も含め堅く禁じられていますので、これらの国々を訪れた際には、十分に御注意ください。 関連通知及び事務連絡• ASFに関する特定家畜伝染病防疫指針 ASFに関する特定家畜伝染病防疫指針は ASF関連リンク ASFに関する情報については、下記の機関でも公表されております。 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門• 〔外部リンク〕• 〔外部リンク〕• 〔外部リンク〕.

次の

韓国でアフリカ豚コレラ拡大 軍事境界線越えて北から?:朝日新聞デジタル

アフリカ 豚 コレラ 韓国

アフリカ豚熱は二本鎖 DNA をゲノムに持つアスフィウイルス属のアフリカ豚熱ウイルス(ASFウイルス)の感染を原因とする。 宿主はブタとイノシシであるが、、、では一般にを示す。 このウイルスの感染細胞は赤血球を吸着し、細胞質内が観察される。 疫学 [ ] 、での発生が最初の報告である。 アフリカ大陸の以南およびので常在している。 イボイノシシではダニの媒介なしに感染環は成立しないが、ブタでは経口、経鼻、による吸血による感染が起こる。 また、ブタは感受性が高く、ブタからブタへの感染が成立する。 アフリカではダニの間でASFウイルスが保有され、ブタに感染する。 イタリアではダニを媒介して豚から豚に感染する。 また、アフリカ豚熱ウイルスは死亡した豚の血液や、各種の臓器ならびに筋肉で3 - 6ヶ月間残存し、冷凍豚肉で110日間以上、スペイン産生ハムで 140日間以上、燻製や塩漬のハム等で300日間以上にわたり活性を保つとの報告があり、汚染された豚肉や豚肉加工品が他のブタ等への感染源となりうる。 日本では2019年現在、発生の報告はない。 2018年10月1日に北京からに到着した旅客の携帯品の豚肉ソーセージ(1. 5kg)について遺伝子検査(PCR)を実施したところ陽性の結果が出たため改めて水際対策を徹底している。 日本は本病の清浄国であるが、アフリカでは常在的に、ロシア及び中国やその周辺諸国でも発生が確認されているため、今後とも、海外からの侵入に対する警戒を実施し、発生予防に努めることが重要である。 農林水産省は2019年1月25日、、の両空港に12~16日に到着した中国からの旅客が持ち込んだ豚肉ソーセージ計4品から、ASFウイルスの遺伝子が検出されたと発表した。 同省は訪日中国人観光客が増加する2月のに備え、水際対策を強化する。 2019年2月18日には冷凍食品において、 () の冷凍餃子にアフリカ豚熱ウイルス(発表時の名称は「アフリカ豚コレラウイルス」)(ASFウイルス)の遺伝子が検出されたと発表した。 河南省に隣接していない2省でも検出が確認され、店舗に出荷されているために開封の自粛呼びかけや当局の捜査協力に乗り出している。 また、中国国内の他社製品でも同様の検出がなされていることが懸念されている。 同年9月には、中国でアフリカ豚熱が猛威を振るい飼養頭数が4割近く減少していた。 このため中国国内豚肉価格は急騰し、中国への食肉輸入量が大きく増加して世界の肉の供給を圧迫し、世界経済に波紋を広げていた。 中国政府が豚肉の代わりに鶏肉や他の肉を食べることを奨励したことも影響して、同年5〜7月の豚肉・鶏肉・牛肉・羊肉の中国への輸入量は70%増加した。 これが世界中の食肉価格を押し上げ、(FAO)の世界食肉価格指数は年初から10%も上昇した。 伝播 [ ] 日本国外では、59か国・地域で確認され、サハラ砂漠以南のアフリカ、東ヨーロッパ、ロシアのほかアジアでも拡大している。 初頭までは、やイタリアのサルジニア島に封じ込められていたアフリカ豚熱であるが、11月からの地方で突然発生。 これはの船舶内から生じた食品の残渣が豚の給餌に使われたか、食品廃棄物をイノシシが捕食したかの原因で発生したものと考えられている。 その後、発生地域はロシア国内から外へ広がり始めには、には、には、、、と初発国が拡大した。 2018年8月にはでも初めてアフリカ豚熱の発生が確認。 2019年現在、にも拡大しており、では感染した野生のがを越えて侵入しないよう注視していたが 、9月17日、軍事境界線に近いの養豚場で初めて感染が確認された。 韓国当局は、発生した養豚場の豚を処分するとともに、京畿道からの豚の搬出を一時禁止するなど緊急措置を実施 したが封じ込めに失敗。 感染例は、次第に増加した。 同年11月現在、約38万の豚が殺処分されたが、処分方法はずさんでに豚の血が流れ込み、感染をさらに拡散させかねない状況となっており、当局の対応が後手後手にとなっている。 症状 [ ] 病型により甚急性 、急性、亜急性、慢性に区別される。 甚急性型、急性型では発熱、食欲不振、粘血便を示し、、の腫大、出血性病変がみられる。 慢性型では皮膚病変、関節炎などがみられる。 診断 [ ] 細胞などを用いてのウイルス分離、によるウイルス遺伝子の検出、、などによる抗体検出を行う。 臨床症状、病理所見は豚熱と類似するため類症鑑別の必要がある。 治療 [ ] 治療法はない。 予防 [ ] は実用化されておらず、対策としては摘発淘汰が最も一般的である。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 農研機構. 2020年2月18日閲覧。 農林水産省. 2018年10月22日閲覧。 時事ドットコム. 時事通信 2019年1月25日. 2019年1月26日時点のよりアーカイブ。 2019年1月25日閲覧。 AFPBB News. 2019年2月18日. の2019年2月18日時点におけるアーカイブ。 2019年2月19日閲覧。 niftyニュース. 2019年2月17日. の2019年2月18日時点におけるアーカイブ。 2019年2月19日閲覧。 2019年9月26日閲覧。 2019年9月27日. 農研機構 2018年8月27日. 2019年11月25日閲覧。 AFPBB News. 2018年11月23日. の2018年11月23日時点におけるアーカイブ。 2018年12月16日閲覧。 AFP 2019年6月1日. 2019年6月22日閲覧。 NNA ASIA 2019年9月18日. 2019年11月23日閲覧。 AFP 2019年11月13日. 2019年11月23日閲覧。 参考文献 [ ].

次の

アフリカ豚コレラ、殺処分の血で川が赤く染まる…韓国 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

アフリカ 豚 コレラ 韓国

アフリカ豚コレラウイルス ASFV について ASFVは、 アスファウイルス科アスフィウイルス属 Asfarviridae Asfivirus に分類される唯一のウイルスです。 ウイルスの抗原型 血清型 は単一だが、塩基配列の違いに基づいた遺伝子型別が可能で、 22種の遺伝子型が知られている。 この遺伝子型を識別することで、どの地域から侵入してきたか判別できます。 例えば、南東アフリカで流行するウイルスはII型に属しており、2007年のコーカサス地方への侵入は南東アフリカからと推定されています。 ウイルスの潜伏期間は、接触感染の場合の 5~21日といわれているが、ダニによる吸血や創傷部から直接血液中に侵入した場合はこれより短いです。 肉、血液、糞便などの蛋白質を含むものの中では、長い期間感染性が維持されます。 高 pH ・低 pH・温度の大きな変化・消毒剤に 抵抗性があります。 そのため、 ワクチンが未だに開発されていないウイルスです。 アフリカ豚コレラに感染した際の症状 アフリカ豚コレラに感染した際の症状は、感染経路・ウイルス株・年齢・健康状態などによって異なり、• 甚急性型• 急性型• 亜急性型• 慢性型• 不顕性型 と病態が違います。 高い感染能力・高い致死性を持つのが特徴です。 甚急性型 甚急性型は、症状として以下がでます。 元気消失• 食欲不振• 急性型 急性型は、 最もよく発症する型で、症状として以下がでます。 元気消失• 食欲不振• 皮下出血や出血• 耳翼に紅斑を示し、紫斑 チアノーゼ に変化• 腹式呼吸• 流産(母豚の場合)• 脾臓のうっ血性脾腫(解剖時)• 胃の周囲のリンパ節と腎門リンパ節の暗赤色化(解剖時)• 赤色透明の腹水や胸水の増量、扁桃の出血(解剖時)• 腎臓の点状出血もしくは暗赤色化(解剖時)• 腸間膜リンパ節の腫大と暗赤色化(解剖時)• 消化管粘膜の出血(解剖時)• 亜急性型 亜急性型は、急性型と 同じ症状を表しますが、進行が緩やかで感染後7~20日に死亡します。 出血量は、急性型よりも多いです。 感染7日目以降の血小板減少症は急性型より強く、粘膜を傷つけると容易に出血します。 慢性型 慢性型は、顕著な症状を表しません。 呼吸器症状や下痢など症状が出たような報告があるが、細菌の二次感染によるものです。 過去にポルトガルなどで発生が報告されているが、近年では慢性型は確認されていません。 不顕性型 不顕性型は、アフリカのイボイノシシやカワイノシシ類に見られるもので、無症状で感染が長期間持続します。 保菌するのみで、死亡もしないので、菌を遠方まで運びます。 アフリカ豚コレラと豚コレラの症状の違い 外貌の症状からアフリカ豚コレラと豚コレラを鑑別することは不可能であり、鑑別にはウイルス学的検査が不可欠です。 脾臓の病変 黒色化と腫大 が発症した場合アフリカ豚コレラが強く疑われ、脾臓の出血性梗塞が発症した場合豚コレラが強く疑われる傾向はありますが、二次感染によって鑑別は難しくなります。 アフリカ豚コレラに類似の症状を示す感染症としては、以下のようなものがあります。 豚コレラ• トキソプラズマ症• 豚丹毒• サルモネラ症 外部からの感染ルート 感染ルートとして• 精肉や非加熱の豚肉加工品の食品残渣による伝播• 野生のイノシシ間の伝播• ヒメダニ属 軟ダニ soft tick Ornithodoros属 による伝播• サシバエによる伝播 があげられている。 精肉や非加熱の豚肉加工品による伝播 ASFVは、死亡した豚の血液・臓器・筋肉内に 3~6か月間残存します。 ウイルスに汚染された豚肉や豚肉加工品が 食品残渣として豚に給餌することで感染します。 ウイルスは冷凍された豚肉内で110日間以上、スペインの生ハム中で140日間以上、燻製や塩漬のハム等の中でも300日間以上感染性を失わないという報告があります。 死亡した豚を他の豚がかじったり食べたりすることによっても伝播する可能性があり、中国などにおいては 野外に廃棄された豚や病死した野生のイノシシが感染源の1つだと言われています。 ASFVは血液中にも大量に含まれるため、解剖の際には周辺環境への血液を介したウイルス汚染も問題となり、感染豚が血便や鼻血を呈している場合には同居豚へも容易に感染します。 糞便中のウイルスは室温で数日間生存するため、消毒が不十分な器具や車両等を介しても拡散します。 野生イノシシ間の伝播 ASFVは、家畜の豚 Sus scrofa domestica やヨーロッパイノシシ S. scrofa scrofa に対して高い病原性を示す。 一方、アフリカの イボイノシシ Phacochoerus aethiopicus ・ カワイノシシ類 Bush pig : Potamochoerus larvatus, P. porcus は、感染しても無症状であり、 中間宿主と考えられています。 水浴びや泥浴びをする水場が感染拡大の温床となる可能性が高いです。 イボイノシシでは唾液や鼻汁中へのウイルス排泄は少なく、イボイノシシ間あるいはイボイノシシと豚との間では接触による直接伝播は成立せず、 媒介者 ベクター であるダニを介して間接伝播します。 ヒメダニ属 軟ダニ soft tick Ornithodoros属 による伝播 感染ダニの吸血により家畜の豚にウイルスが伝播します。 媒介ダニを介して感染した豚は、経口経鼻的に感染した豚よりも早期に重篤な症状を示して死亡します。 ヒメダニ属 軟ダニ soft tick Ornithodoros属 は 媒介者 ベクター になりますが、 マダニ属は媒介者になりません。 ヒメダニ属は、普段は地中にいて、吸血する際に地上に出てきます。 吸血が済んだらすぐに地中に戻るという性質があるため、このダニがヒトの体や服について国内に持ち込まれる可能性は非常に低いが、感染地での拡大の主な要因になっています。 また、ダニ間で、卵を介しての感染・成虫間での交尾によるウイルスが広がります。 サシバエによる伝播 サシバエは、媒介者として働き、感染豚を刺咬後少なくとも 23時間は他の豚を感染させることができます。 家畜豚での伝播の仕方 外部からもたらされたASFVにより、家畜豚内で感染が拡大します。 感染した動物は感染後 4~5日から唾液や鼻汁中に大量のウイルスを排泄するようになり、その後糞便中にも排泄する。 口や鼻孔からウイルスが侵入することで感染します。 粒子径が大きいためか空気感染はしませんが、短い距離で飛沫感染します。 アフリカ豚コレラの診断方法 ウイルスDNAの検出用の材料として、生きている豚であれば、 全血・血清が最も有効です。 死亡した豚では採血ができませんが、 脾臓・扁桃・下顎リンパ節・腎臓を用いた検査・診断ができます。 鼻腔スワブや口腔スワブからのウイルス検出も可能です。 流産胎子からはウイルスは検出されないため、流産の場合は母豚の採血が薦められます。 アフリカ豚コレラウイルス(ASFV の検出方法 国際標準となる診断手法を収録した国際獣疫事務局 OIE マニュアルには推奨されるASFVの検出手法として、以下が挙げられています。 アフリカ豚コレラの防疫対策 アフリカ豚コレラに係る防疫対策については、家畜伝染病予防法第3条の2に基づく 「アフリカ豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」(農水省)に従って、飼養衛生管理基準の遵守・早期発見・早期通報等の徹底・埋却・焼却等の防疫措置などを行っています。 細かな防疫対策については、以下でまとめさせていただいております。 発生予防対策• 衛生管理区域、豚舎への出入りの際の洗浄・消毒の徹底• 衛生管理区域専用の衣服、靴の設置と使用の徹底• 人・物の出入りの記録• 飼料に肉を含み、又は含む可能性があるときは、あらかじめ摂氏70度・30分間以上又は摂氏80度・3分間以上の加熱処理を徹底• 飼料保管場所等へのねずみ等の野生動物の排せつ物等の混入防止• 豚舎周囲の清掃、整理・整頓• 死亡家畜の処理までの間、野生動物に荒らされないよう適切に保管 アフリカ豚コレラの有効な消毒方法について アフリカ豚コレラウイルスは、• ヨード系消毒薬 で 30分間処理することが有効です。 豚舎の汚泥・糞便などの消毒には、• 豚・飼料・敷材などについては 焼却もしくは 埋却する。 pH3. 9未満の酸または pH11. 5を越えるアルカリでの処理も有効です。 アフリカ豚コレラの最新情報の取得方法 アフリカ豚コレラは、現在中国で拡大しておりますが、それが他国に侵入する可能性もあり、様々な角度での情報収集が必要になります。 そのための情報収集先を調べてみました。 ProMEDに掲載されたアフリカ豚コレラに関連する情報 ProMEDとは、the Program for Monitoring Emerging Diseasesの略称で、世界からメールで発信された最新の感染症情報が集約されています。 新興・再興感染症の監視を目的としたメーリングリストです。 英語で情報を得なければなりませんが、最新の情報が最速で手に入ります。 下記の農研機構のHPにてアフリカ豚コレラについて情報を絞っていただけてますので、英語に抵抗がなければここから情報を入手しましょう。 農水省HPに掲載されたアフリカ豚コレラに関連する情報 正確で安全な情報を手に入れるには、官公庁が提示している情報を入手するのが一番です。 農水省HPにて、アフリカ豚コレラについて広範囲に渡って情報が集約されています。 ProMEDに掲載される情報よりはタイムラグが少々あるかもしれませんが、日本で情報収集するにはここから入手しましょう。 まとめ アフリカ豚コレラについて勉強したのでまとめさせていただきました。 不勉強なところもあるかと思いますので、今後も勉強を続けてブラッシュアップしたいです。 参考文献等• 「舛甚ら 2018 ロシア及び東欧諸国におけるアフリカ豚コレラ ASF 発生とその現状について」 豚病研究会報72:1-7• 「山田ら 2018 東欧強毒株を用いたアフリカ豚コレラウイルス感染実験について」豚病研究会報72:8-15• 「アフリカ豚コレラの歴史とリスク分析」小澤義博(2014)獣医疫学雑誌• 「アフリカ豚コレラの知識: 野外応用マニュアル」FAO Animal Health Manual No. 「アフリカ豚コレラ ASF の防疫要領策定マニュアル」FAO Animal Health Manual No. 11 HP•

次の