高須先生 ツイッター。 高須院長 怒り!心配の声をツイッターで発信。がん治療あるも警鐘を

愛知リコールの会(略称)

高須先生 ツイッター

オカルト好きなら一度は耳にしたことがあるだろう、謎の多い組織「フリーメイソン」。 書籍やネットで「世界を裏で操っている」「国家転覆を狙っている」と怪しげに書かれることの多い組織ですが、実は一人の著名人が会員に名を連ねています。 高須クリニックの高須克弥院長です。 入会したワケ、そして組織の実態について聞きました。 「秘密のある結社」 「フリーメイソンには、余生のスリルとサスペンスを求めて入りました」 高須クリニック東京院(港区)の応接室で、高須院長は語り始めました。 部屋には数々の賞状や写真に混ざり、フリーメイソンが特集された古い米ライフ誌や、儀式の際にまとう装飾品が飾られています。 近代フリーメイソンは1717年に英国で発足し、世界に数百万人の会員がいると言われます。 ただ、公式サイトには「世界最古・最大の友愛団体の一つ」とはあるものの、活動の詳細は書かれていません。 さらに「秘密結社ではなく、秘密のある結社」とも記してあります。 戦後買い上げたという日本のグランドロッジ(本部)のビルは、なんと東京タワーの足元の一等地に位置しています。 こうした存在感も、謎めいた組織に見せる一因になっています。 高須院長が2012年11月に入会したのも、最初はこうした謎に引かれてのものでした。 「28歳のとき故郷・愛知のロータリークラブに入会して、社会奉仕活動を始めたの。 メンバーから、世界初のロータリークラブの創立者がフリーメイソンの会員だったという説を聞いてね。 『日本を支配している』『地震も起こせる』『宇宙人とも交信している』といろいろな話も出てきて、どんな組織なんだと、いつかは入会したいとずっと気になっていた」。 インタビューに答える高須院長 全国に会員2000人 しかしクリニック経営で多忙を極め、ようやく入会へ動けたのは2012年夏。 国内に15カ所ある「ロッジ」と呼ばれる拠点に電話をしました。 しかし、なかなか連絡がつかなかったうえ、入会手続きは会員2人の推薦を集め、数人の面接を受ける必要があるハードルの高いものでした。 「会員は日本全体で2000人弱。 ただ、在日米軍の関係者が大半を占めていて、日本人は200人くらいだと思います。 紹介者が必要なんて、まるで老舗のゴルフクラブみたいでしょ」 「東京や神奈川、愛知のロッジに連絡をとり、会員に会って協力者をつくっていきました。 そうしてようやく、出来たばかりだった京都の御門(みかど)ロッジへ入会が認められました」 入会してみると、活動は会議と儀式の連続でした。 ただ、儀式の内容は外部に明かせないといいます。 「儀式の中身をメモしてはダメで、暗記しないといけない。 不用意に外に漏らすと、裁判にかけられて追放とか除名とかいろいろあるみたいです」 儀式は寓話(ぐうわ)の形をとっていて、古めかしい言葉が使われます。 「メンバー間で使う応答の言葉は、ほとんど意味が分からない。 年をとると、覚えるのが苦痛になってくるしね。 でも暗記術を使って覚えましたよ。 ずっと読んでいるとね、これが語り継がれてきた伝承なんだと分かってくる部分もある」 フリーメイソンは、中世イギリスで宮殿や教会を建てるため集められた石工職人の組合が起源といわれます。 設計や建築技術を伝え、各地を歩く職人を見分けるため、様々な秘密が生まれました。 例えば「ライオンの握手法」などと呼ばれる独特の握手ができるかで、会員かどうかはすぐ分かるといいます。 「本当はどんなやり方かは言えないけどね」。 会員に与えられるバッジ=高須院長のツイッターより フリーメイソンは何か陰謀をたくらんでいるのでしょうか。 高須院長も入会前は、さまざまな予想をしたといいます。 「たとえばアメリカ政府と通じていて、日本で諜報活動をおこなっているのではないか・・・とかね」 しかし、実際のフリーメイソンでは政治や宗教の話をしてはいけないと、厳密に決められていました。 「我々は凄く虐げられているから立ち上がろうではないか、なんていうのもダメ。 だから組織として良からぬ陰謀を進めるなんてことはありえない」 では単なるメンバーの親睦団体と言い切っていいのでしょうか。 高須院長は言います。 「フリーメイソンは様々な秘密を抱えていることが、力になっている。 えたいの知れないすごい組織らしいと。 例えるならタイガーマスクなんです。 決してマスクをとっちゃいけないんですよ」 児童養護施設での清掃活動=高須院長のツイッターより(一部画像を加工しています) 愛される存在にしたい 一方、高須院長は自身のツイッターなどで、フリーメイソンの活動を積極的に発信しています。 児童養護施設での清掃ボランティアや、海外のフリーメイソンとの交流など地道な活動が紹介されています。 昨年4月の熊本地震直後には、高須院長も救援物資を自腹で運ぶヘリコプターに、フリーメイソンのシンボルマークを貼りました。 高須院長の願いは、日本に広まったフリーメイソンへの偏見を解くことだといいます。 「秘密を守りながら、フリーメイソンを愛される存在にしていきたい。 やりすぎて、偉い人に苦い顔をされることもありますけどね」.

次の

ドクター・スタッフのご紹介・評判

高須先生 ツイッター

高須克弥院長 高須クリニックの高須克弥院長(75)のエールに、河村たかし名古屋市長(71)が応えた。 高須院長は5日、自身のツイッターに、河村市長からもらった名古屋市内で製造している有松絞りのマスクを着けた写真を添えて「名古屋はええで。 市長がやる気になっとる。 捨て身の名古屋市長。 こういう人がこれから天下をとるでよ」と投稿。 これは、河村市長のコロナ対策に対するもので、同市長の「宣言延長『努力努力努力、新しい生活様式』感染防止全力継続 当然。 ほんだけど『絶対商売助ける 守る』これを強く言ってまわないかん。 日本財政危機はウソ。 貯蓄を借りる人がおらんだけ。 『商売やる皆さんの資金繰り 絶対支える』政府が強くちゃんと言わないかん。 ナゴヤはやる」というツイートも添付している。 これに河村市長は「さんきゅう 河村たかしより。 捨て身。 はげまされると、どえりゃあうれしいですは」と感謝のツイート。 「ほんだけど高須先生。 先生のその有松マスク写真 イギリス ボリスジョンソン 首相 そっくり。 どえりゃあheartfull わんぱくムード」とユーモアを交えて付け加えた。 このやりとりに、コメント欄は河村市長の奮闘ぶりを評価する声であふれたが、対照的に大村秀章愛知県知事のコロナ対策を不安視する声も殺到した。

次の

高須克弥院長「大村知事リコールが成立したら、竹田恒泰先生に愛知県知事になっていただきたい」「 三顧の礼を持ってお迎えし支えたい 」

高須先生 ツイッター

いつから、というのはわかりませんが、何年も前から高須先生はtwitter上で右寄りの発言に終始しておられ、フォロワーも、あえて言いますと典型的な「ネトウヨ」ばかりです。 その思想自体は、年齢考えると別段おかしな事では無いので、元々右方向の思想ではあったのでしょう。 私個人も、基本的に首相の靖国参拝などはやるべきという立場ですし、韓国に対しても言うべきことは言い、嘘は嘘と言い、仏像を返せ、と言うのも必要だと思っているものですが、ただ、ネトウヨ特有の、決して頭の良くない、品位に欠ける様な、極論・物言い、そして攻撃性には残念な思いがあります。 で、本題。 >高須さんが西原さんと付き合っています。 西原さんって自分のイメージではリベラルなのですが、右寄りの高須さんと左寄りの西原さんは合うのでしょうか? 大前提として、西原さんはあくまでカテゴリーはギャグ、エッセイであるため、ご自身の思想などを作品上でアピールされることは少なく、私は決して古いファンでは無いので、過去西原先生がどの様な発言をされてどの様な政治スタンスなのかは存じません。 ただ間違いなく、高須先生のツイッターのありようを良くは思ってなく、それで少なくとも過去3度、破局の危機を迎えておられます。 それは、西原先生の「ダーリンは70歳」シリーズに詳しいです。 前述の通り、3回破局の危機があったのですが、それはこの作中で語られています。 原因は、右向きの発言だからでは全く無く、単純にツイッター上の発言があまりにも見苦しく痛々しいからです。 一度は完全な言いがかりで有田芳生氏を訴えるとした時。 二度目は虫尾緑なる人物を訴えるとした時。 これら一年以上前ですね。 で、三度目は現在発売中のスペリオールに掲載されています。 現在は高須先生をフォローしてませんので、何の発言が引っかかったのか存じませんが、全身がんである高須先生に 「あなたはなぜ残り少ない時間を、その小さな箱(スマホ)の向こうの、誰とも分からない人たちとの言い争いに使うの?」 と、西原先生の記号である「りえくま」が語るシーンがあります。 ツイッターで、民進党の大西議員を訴える、とした時はまだ西原先生も「ネタ」にできる余裕がありましたが、上記挙げた三件は漫画家がネタにできないレベルで見苦しかった。 これらの件を扱った回にははっきりとツイッターが原因だと描かれています。 高須先生は自分に正義があると信じてやってるのか存じませんが、客観的に見たらあまりにも痛々しいのですね。 しかもそれを馬鹿な取り巻きのネトウヨフォロワーが盲目的に持ち上げている。 二番目の虫尾緑なる人物を訴える、とした時は、「西原は高須の慰安婦」と書いて、高須氏が訴えると息巻いたのですね。 それで虫尾氏は完全降伏したのですが、高須先生は、自分の求める答えではないからダメ、として訴えるとし、虫尾氏がどれだけ謝罪し、DMを送っても無視、と言う態度で、取り巻きによる虫尾氏のツイッターリンチが発生しました。 単純に虫尾氏を諌めるものならまだしも、同じ日本人と思いたくないレベルでネトウヨが個人攻撃を始め、それは「人のやらかしはメシウマ」と言う以外の何者でもありませんでした。 中には「西原先生もこのかっちゃんの男気にきっと惚れ直すに違いありません!」とか言うものもありました。 が、結果は破局の危機です。 西原さんに限らず、彼氏が自分のことであんな見苦しい騒動を演じたら、いい気分なんかする訳がないと言うのに。 この時、高須先生は「西原が怒ってるから許す」と拳をおろしたのですが、そこに至ってもフォロワーは虫尾氏への攻撃を止めませんでした。 こんなのに担がれてると言うのがあまりにも痛々しかったので、もうこの人を見るのはよそう、とツイッターのフォロワーを外しました。 そのようなツイッターの発言さえなかったら、右巻きだろうが左巻きだろうが、残りの人生を共に歩むパートナーとして最適と思えるのに、もったいないことだ、と思いますねー…。 前にメディアでご本人が発言してらっしゃったと記憶していますが、本人は至って右翼ではないと言っていました。 人道的に間違っていること、矛盾していると思ったことは、右左関係なく是正していくと。 発言をまとめている方がいましたので、リンク貼ります。 これによると、最古は2012年ですが、これ以前はSNSが普及していなかったので呟かなかっただけかもしれません。 左右夫婦は合うのかということですが、以前見かけた記事で、夫婦ラブラブと書いてありました。 今ソース探しましたが見つからなかったので貼れませんが、上手くいく秘訣は、お互い家庭に持ち込まない、仕事と割り切る、熱くならない、恨まない、双方のノルマ・顧客には手を出さない、だったと思います。 私は中道なので、宗教や団体のことはまったくの無知でしたが、左右であっても、紅白歌合戦や運動会みたいなもので、意見が食い違ったとしても一過性のものだと安直に捉えていました。 高須先生や、この左右夫婦も、ひょっとしたら同じ考え方 割り切る、ニュートラル なのかもしれません。

次の