ホット ビスケット レシピ。 成城石井のホットビスケットとは?カロリーや美味しい食べ方を紹介!

成城石井のホットビスケットのアレンジレシピ|食べ方や温め方は?

ホット ビスケット レシピ

成城石井のホットビスケットとは? 成城石井の自家製のホットビスケット。 年間で50万個以上も売れており、成城石井のパンの中では売り上げ1位の話題のパンになっています。 ビスケット、という名前がついていますが見た目はパンやドーナッツに近いパンです。 ドーナッツのように真ん中が空いている形をしていて、さわると少しかため。 1袋に4個のホットビスケットが入っており、味はプレーンでシンプルな味わいになっています。 値段は300円で、1つあたり100円以下とお買い得なパンなのではないでしょうか。 原材料は、小麦粉、牛乳、植物油、砂糖、調味酢、食塩、ベーキングパウダーとなっています。 原材料を見てわかる通り、ホットビスケットには卵が使われていません。 通常のお菓子やパンには、卵が使われていることが多いため卵アレルギーの方でも安心して食べることができるパンになっています。 また、成城石井のホットビスケットの消費期限はおよそ5日なのでそれほど長持ちはしません。 すぐに食べきることができない場合は、冷凍すると1ヶ月ほど持つようです。 成城石井の「ホットビスケット」の商品概要 内容量 4個 値段 335円(税抜) 原産国 日本 原材料 小麦粉、牛乳、植物油、砂糖、調味酢、食塩、ベーキングパウダー 注意事項 直射日光・高温・多湿を避けお早めにお召し上がり下さい。 成城石井ホットビスケットのおすすめの食べ方 そのままでもおいしいホットビスケットですが、アレンジするとさらにおいしさが倍増します。 ここでは、成城石井のホットビスケットのおすすめの食べ方をご紹介します。 メープルシロップをかける• エッグベネディクト風にアレンジ• メープルシロップをかける前に、電子レンジで少し加熱するとしっとりとした食感になりメープルシロップとの相性も良くなります。 温めるときは500W20秒を目安にして、温めすぎると固くなってしまうので注意しましょう。 ほんのり温まったホットビスケットにメープルシロップの甘さが混ざって、甘いデザートになりますよ。 そのままだとパサついてしまいがちなホットビスケットですが、 メープルシロップと合わせるとろりとした食感で食べることができます。 まず、成城石井のホットビスケットのくぼみの部分に温泉卵を入れます。 温泉卵の周りをぐるっとマヨネーズで囲みます。 その上にピザ用チーズを散らして、オーブントースターでチーズがとろけるまで焼き上げましょう。 卵とチーズが絡まって、エッグベネディクト風のホットビスケットの完成です。 さらにアレンジをしたい場合は、ブラックペッパーを振りかけたり、焼いたベーコンを添えるとより本格的なエッグベネディクトに近づきますよ。 ジャムはブルーベリー、イチゴ、マーマレードなどなんでも合います。 ジャムをつけることで、プレーン味のホットビスケットにアクセントが加わりますよ。 また、少し温めたホットビスケットにアイスをのせて食べるのもおすすめ。 温かいホットビスケットとひんやりしたアイスが相性がよく、パンケーキのような組み合わせです。 バニラアイスとメープルシロップの組み合わせも人気が高くおすすめですよ。

次の

【楽天市場】成城石井自家製 ホットビスケット 4個:成城石井 楽天市場店

ホット ビスケット レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の

ケンタッキーのホットビスケットの再現レシピ! 外はサクッ、中はふわっのアレは自分で作っても最高だった(2019年6月28日)|BIGLOBEニュース

ホット ビスケット レシピ

ちいさなレシピ4つ目はホットビスケットです。 まず、ホットビスケットって何? って思った方もいらっしゃったかもしれません。 よくわからない謎のおやつも、 みんなでせーので作るのは、たのしいですよね。 ホットビスケットの正体は、 アメリカの素朴なスコーンといったところでしょうか。 本来スコーンがイギリス生まれの、 紅茶に合わせたくなるような ちょっぴり品のあるおやつだとしたら、 ホットビスケットはもっと気軽でラフな感じ。 スコーンより油脂が少なめなので、ふんわり軽い食感です。 わたしにとってはじめてのホットビスケットは、 みなさんご存知のファストフードショップにある、 チキンとセットになったあの「ビスケット」でした。 メープルをたっぷりかけて食べると なんともしあわせなきもちになって、 姉と競争して食べた記憶があります。 作り方のポイントは、油を粉全体に行き渡らせ、 ヨーグルトで生地をまとめるというところ。 両手で手早くさらさらになるまですりまぜることで、 外はかりっと、ヨーグルトでまとめることで、 中はふんわりとした食感に焼き上がります。 ヨーグルトの酸が生地にプラスされることで、 さらにふくらみもよくなるんですよ。 そして、今回はヨーグルトを入れたら生地が べたべたになったという声をちらほら聞きました。 これは、みなさんそれぞれ使う粉やヨーグルトが違うこと、 あとはすり混ぜ方によっても、 まとまるまで加える水分の量が変わってくるからです。 最初はレシピ通りに作ってみることで適量が分かるので、 2回目はなめらかにまとまるよう、 ヨーグルトの量を加減してみてくださいね。 ただ、生地が堅いと膨らみにくくなるので、 多少やわらかい方がふんわりふくらむということも 覚えておいてください。 もし生地のまとめ方がわからなくなったら、 黒ごまスティックやメイプルビスケットのページを おさらいしてみると、よいかもしれません。 おやつや朝ごはんに、たくさん作ってみてくださいね。 【材料】 薄力粉 80g 全粒粉 20g 砂糖 大さじ1. 5 ベーキングパウダー 小さじ1 塩 少々 油 20g ヨーグルト 50g 【材料や道具のこと】 薄力粉は日清の「フラワー」を使いました。 全粒粉は薄力タイプを使いました。 今回は少量なので強力タイプでもかまいません。 わからなければ袋に書いてある用途(パン用かお菓子用か)を 見てください。 全粒粉は小麦を丸ごとひいたもので、 少量混ぜることで香ばしい粉の風味が広がります。 *グラハムは胚芽部分のことで、 全粒粉と同じではありません。 砂糖はきび砂糖、油は太白ごま油、 ヨーグルトはブルガリアヨーグルト(無糖)の 開けたてを混ぜずに使っています。 塩はひとつまみより、少し少なめの量です。 ボウルは直径20cmくらいで、深さのあるものがおすすめ。 【準備】 オーブンは180度に予熱します。 天板にオーブンシートを敷きます。 【作り方】 1. ボウルに粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩を加え、 お米をとぐようにぐるぐるっとよく混ぜます。 こうすることで全体が均一になって粉や砂糖のダマがなくなり、 あとは粉に空気がふくまれることで、 油や水分がなじみやすくなるからです。 ふるう必要はありません。 ここに油を加え (ボウルをはかりに乗せて、直接油を計量するとラクです)、 同じように手でぐるぐるっと軽く混ぜます。 そうすると油と粉がかたまりのようにできるので (そぼろといいます) これをほぐすように、両手ですり混ぜます。 力を入れすぎると逆にかたまりができるので、 力を抜いて両手ですり混ぜ、粉をどんどん下に落としていきます。 そうすると白っぽかった粉に油がなじんで、 全体が少ししっとりした感触になります。 ここにヨーグルトを加え、 手早くお米をとぐようにぐるぐるっと混ぜて、 水分を粉全体に行き渡らせます。 手の付け根で練ったり、強くぎゅっと押し付けると、 生地が堅くなったりふくらみが悪くなるので注意します。 ざっとなじんだところで (具材を入れる場合はこのタイミングで加え、軽くなじませます) ボウルから台の上に取り出します。 この状態でひとつにまとまっていたらこのままで、 べたべたしていたり、生地をもっと均一にしたい場合は、 生地を軽くぽんぽんと手の平でのばし、 カードなどで半分に切ってふたつを重ね、 またぽんぽんと軽く押して元の厚さにのばします (べたべたする場合は手の甲の部分でぽんぽんと押すとよい)。 これを2〜3度繰り返すとべたべたした生地の水分が落ち着き、 質感も均一になって成形しやすくなります。 また重ねることで層になるので、 真ん中から割れてふくらみやすくなります。 *ただしこれをやりすぎると、 粉のグルテンが引き出され堅くなったり、 膨らみにくくなるので、2〜3回を目安にほどほどに。 生地を2cm厚さにのばし、 4等分して間隔をあけて天板にならべます。 この時も複雑に成形すると生地を傷めるので、 なるべくさわらずシンプルな成形にした方が、 ふくらみやすくなります。 もしべたべたして成形が難しい場合は、 スプーンで落としたり、ラップをあててのばしても。 そして、この分量で4等分以上に分割すると、 ひとつひとつが小さくなり、 生地のふんわり感も少なくなってしまうので、 あまり小さく成形しない方がおすすめです。 これを180度に熱したオーブンで18分焼いて、 網にとって冷まします。 熱々だと生焼けっぽく感じたり、 味が出てこないので、 ほんのりあたたかいくらいの冷めたてがおすすめです。 ( DollyRamone)さん 米軍で料理人してた父の大好物ホットビスケ。 亡くなってから存在さえ忘れてた。 でも、作ってみたら手が覚えてる。 「さらさらになるまですり混ぜて、 パイじゃないが折るようにまとめるんだぞ」 思い出させてくれて、ありがとう。 2013-02-07-THU ・完成したおやつをパシャッと撮影、 写真付きでツイートします。 140文字以下のちいさいレシピに想像をふくらませて、 それぞれのおやつをつくりましょう! ・おやつの画像は、翌週水曜日の午前11時が締め切りです。 ・おやつの画像をツイートしたのに、掲載されないな、 という時は、をどうぞ。 ・翌週の木曜日には、ツイートされたおやつ画像のなかから、 なかしまさんが「なかしま賞」を選定します。 「なかしま賞」には、 フードムードのクッキーBOXをプレゼント! (海外の方には、別のものをご用意いたしますね。 ) ・同じく木曜日、そのレシピでできるおやつのことを、 なかしまさんがじっくり解説してくれます。 ・ツイッターのことがよくわからない方は、 で画像とメッセージをどうぞ。 宛先は、lr1 1101. comです。

次の