兄弟の孫 呼び方。 「続柄」「あなたとの続柄」の意味と書き方一覧!両者の違いも解説

親族の呼び方(続柄)

兄弟の孫 呼び方

続柄の書き方は? 続柄とは? 続柄とは、血縁関係あるいは婚姻関係を指す語で、 親族間の関係という意味で使います。 続柄の読み方は? 「続柄」は、現在では 「ぞくがら」と読む方も多く一般的にもなっていますが、本来は 「つづきがら」と読みます。 辞書によっても、「ぞくがら」でも出てきますが、 「つづきがらに同じ」など「つづきがら」を参照するように書かれてあったり、また 「ぞくがらは誤用」と書かれてある辞書もあります。 「つづきがら」は、昭和48年(昭和56年改正)内閣告示第2号の「送り仮名の付け方」の通則6に従えば 「続き柄」と表記されるべきですが、 送り仮名を省いた表記の「続柄」を役所の内部用語として使用するようになり、それを 「ぞくがら」として誤った読み方が広まり、慣用的な表現になっていったともいわれています。 現在では「続柄」に「ぞくがら」の読み仮名が振られていたりもするほどで、「ぞくがら」の読み方が誤りであるとは言い難いものになってきています。 言葉は、時代とともに変化するものです。 本来は 「つづきがら」が正解で 「ぞくがら」は誤用ですが、現在の傾向でいけば、近い将来圧倒的多数な読み方「ぞくがら」が辞書にも表記されるようになるかもしれません。 本来の読み方「つづきがら」を理解したうえで、 「つづきがら」や「ぞくがら」を状況に応じて使い分けられるようにするのがおすすめです。 続柄ってどう書くの? 続柄は、その書類の作成者、 「本人」から見てどんな関係にあるのか?を、記入するようにします。 父が会社に提出用の書類に書く場合 父=本人 母=妻 祖父=父 祖母=母 長女、長男=子 母が届出書類を書く場合 母=本人 父=夫(世帯主) 祖父=義父 祖母=義母 長女、長男=子 長女がバイト先に提出する履歴書に書く場合 長女=本人 父=父(世帯主) 母=母 祖父=祖父 祖母=祖母 長男=弟 上記のように、状況によって 「本人」は変化します。 その 本人によって続柄は変わります。 続柄を間違いやすい人は、 「誰から見て」の部分がよくわからなくて間違った続柄を書きやすいので注意が必要です。 提出書類によっては、 「世帯主」から見た場合が多いようですが、 「あなたとの続柄」などと書かれてある場合があります。 誰が「本人」なのかをしっかりと理解してそれぞれの関係を書くようにすると書きやすいかもしれません。 履歴書や一般的な書類の場合は、上記のように 「義父、義母」、「祖父、祖母」などの表記でも問題ありませんが、住民票などでは下記の表記が正式となりますので下記の「続柄一覧表」をご参照ください。 【本人から見た続柄】• 本人の父や母 父、母• 本人の兄弟姉妹 兄、弟 姉、妹• 本人の父方母方の祖父母 父の父、父の母 母の父、母の母• 本人の父母の兄弟姉妹(おじ・おば) 父の兄、父の弟、父の姉、父の妹 母の兄、母の弟、母の姉、母の妹• 一般的には、 「子」で大丈夫です。 本人の子供の夫や妻 子の夫 子の妻• 本人の孫 子の子• 本人の兄弟姉妹の夫や妻 夫の兄、夫の弟、夫の姉、夫の妹 妻の兄、妻の弟、妻の姉、妻の妹• 本人の兄弟姉妹の子供(おい・めい) 兄の子、弟の子 姉の子、妹の子 【夫の親族】 【その他】• 同棲の場合など。 「未届」は内縁の配偶者を指す。 夫(未届)の子 内縁の夫の子• 「未届」は内縁の配偶者を指す。 妻(未届)の子 内縁の妻の子• 夫の子 夫の連れ子。 再婚相手の子供と養子縁組をしない場合。 妻の子 妻の連れ子。 再婚相手の子供と養子縁組をしない場合。 続柄に関しては、 個人情報やプライバシー保護の観点から「世帯主との続柄の記載方法」の改正が行われて以降、「長男」や「長女」などの表記は廃止されすべて 「子」と表記されるようになりました。 また、これにより 養子も「子」で統一されています。 改正内容については下記もご参照ください。

次の

親族の呼び方と親等の数え方まとめと問題

兄弟の孫 呼び方

親族の呼び方と関係は? 実家への帰省時や冠婚葬祭の時など、ふと親族の呼び方がわからなくなる時はありませんか? 例えば、 いとこの子供の呼び方。 答えは 「従甥(じゅうせい)」「従姪(じゅうてつ)」なのですが、なかなかこんな言葉は出てきませんよね。 なお、 自分の子供といとこの子供は、お互いに「再従姉妹・再従兄弟(はとこ)」の関係です。 親族の呼び方は、近い関係であってもよくわからないことが多いもの。 例えば、普段何気なく使っている 「おじ」「おば」という呼び方も、実は自分の親より年上か、年下かで漢字の書き方が違うんです。 親族の集まりなどで恥ずかしい思いをしないよう、一度正しい呼び方・書き方をチェックしておきたいところ。 意外と知らない親族の呼び方と関係をまとめました。 スポンサーリンク 親族の呼び方一覧 会ったり話したりする機会が多いのに、どう呼ぶのかわかりにくい… そんな身近な親族の呼び方一覧です。 関係 呼び方 読み方 両親の兄弟(年上) 伯父・伯母 おじ・おば 両親の兄弟(年下) 叔父・叔母 おじ・おば 兄弟の子供(男) 甥 おい 兄弟の子供(女) 姪 めい おじ・おばの子供 従兄弟・従姉妹 いとこ 祖父母の兄弟(年上) 大伯父・大伯母 おおおじ・おおおば 祖父母の兄弟(年下) 大叔父・大叔母 おおおじ・おおおば いとこの子供(男) 従甥 or 従兄弟違 じゅうせい・いとこちがい いとこの子供(女) 従姪 or 従姉妹違 じゅうてつ・いとこちがい 両親のいとこ(男) 従祖父 いとこおじ 両親のいとこ(女) 従祖母 いとこおば 両親のいとこの子供 再従兄弟・再従姉妹 はとこ 「おじ」「おば」は、話し言葉では同じですが、漢字では違う字を書くというのは、知らなかった人も多いのでは? いとこの子供を意味する従甥・従姪は、初めて聞いた人もいるかもしれませんね。 さて、ここにあげた親族は、みんな近かれ遠かれ血のつながった人たち。 親族には、自分とのつながりの近さによって 「親等(しんとう)」というものがあり、それにより相続や結婚の法律上のルールが定められています。 例えば、自分のいとこや、おじと結婚できるかどうかも、この親等がいくつかによって決まっているんですよ。 次は、親族の親等とその意味について見ていきましょう。 6親等内の血族• 配偶者• 3親等内の婚族(義実家側の血族のこと) このうち 配偶者、つまり自分の夫や妻は、親族の中でも特殊な扱いで、親等の設定はありません。 少しでも血がつながっている人のことを「親戚」と呼びますが、 「親族」という場合は、6親等内という定義があるんですね。 でも、6親等ってどれくらい離れているんでしょう…? 先ほどの親族の呼び方が、それぞれ何親等にあたるのかを確認してみましょう。 親族と親等の一覧 親族の親等は次のようになっています。 関係 呼び方 親等 両親の兄弟(年上) 伯父・伯母 3親等 両親の兄弟(年下) 叔父・叔母 3親等 兄弟の子供(男) 甥 3親等 兄弟の子供(女) 姪 3親等 おじ・おばの子供 従兄弟・従姉妹 4親等 祖父母の兄弟(年上) 大伯父・大伯母 4親等 祖父母の兄弟(年下) 大叔父・大叔母 4親等 いとこの子供(男) 従甥 or 従兄弟違 5親等 いとこの子供(女) 従姪 or 従姉妹違 5親等 両親のいとこ(男) 従祖父 5親等 両親のいとこ(女) 従祖母 5親等 両親のいとこの子供 再従兄弟・再従姉妹 6親等 法律上の親族である6親等というのは、この表で見ると、両親のいとこの子供。 両親のいとこというのは、自分から見るとおじいちゃん・おばあちゃんの兄弟の子供。 ですから、両親のいとこの子供というのは、自分の視点で見ると、 「おじいちゃんのお兄さんの息子の娘」「おばあちゃんの弟の娘の息子」となりますね。 親族には相続や婚姻における法律上のルールが生じ、それらは民法で定められています。 例えば、親族同士はどこから結婚OKで、どこからが結婚NGなのか、ちょっと気になりませんか? これも、親等によって決められているんです。 親族同士は、どこから結婚OK? 日本の法律では、結婚が可能なのは4親等以降から。 3親等以内は結婚不可なので、3親等である甥・姪、おじ・おばとは結婚はできません。 いとこは4親等ですから、いとこ同士は結婚可能です。 いとこ同士で結婚OKかどうかは、国によって違うのも興味深いところ。 結婚可能な親族が5親等の中国や、9親等である中国では、いとこ同士は結婚できません。 アメリカは州ごとに違い、全50州のうち、ちょうど半数にあたる25州がいとことの結婚を禁止しています。 アメリカだと、ある州では結婚できない2人が、別の州に引っ越したら結婚できる、なんてこともあるかもしれないんですね。 まとめ ややこしい親族の呼び方や、親等について説明してきました。 普段の生活では、親族との関係や呼び方を意識することは少ないもの。 呼び方にしても、いとこ・はとこあたりまでは付いて行けても、いとこの子供である従甥(じゅうせい)、従姪(じゅうてつ)あたりになると、咄嗟に意味がわからなくても不思議はないと思います。 親族の集まる場に行く時は、誰がどんな関係の親族なのか、あらかじめ復習しておくといいかもしれませんね。 参考文献) 図解夫婦・親子・家族の法律がわかる事典(三修社) すぐに役立つ結婚・離婚・親子のトラブル解決マニュアル(三修社) 家系図を作ろう(エイ出版社) これは使える!

次の

親族の呼び方と意味

兄弟の孫 呼び方

この記事を読むと、 「葬儀において 祖母をなんと呼べばいいの?」 「葬儀において、 親族をなんと呼べば失礼にならない?」 「 敬称を付けるときって、 自分から見たその人でいいの?」 「 弔電を送る方法について知りたい!」 「弔電を送るときの 金額の相場っていくら?」 などの悩みや疑問を解決できますよ。 「とにかく早く弔電を送りたい!」「インターネットで弔電を送るためのオススメはないの?」という方には、当日配達も可能な弔電サービスをご紹介致します。 併せて供花も送れますので、葬儀に参列できなくても弔意を示すことができます。 葬儀における祖母の呼び方 葬儀における祖母の呼び方は 「ご祖母様 ごそぼさま 」「おばあ様」などと呼ぶことが多いです。 要するに敬称を付けるべきということですね。 このときの祖母は 喪主から見たときの祖母のことを呼ぶようにしましょう。 弔電を送る方法は 「電話」「郵便局」「インターネット」の3種類の方法があり、このページでオススメしているのは、金額が安い 「インターネット」です。 弔電の金額の相場は 1,500~10,000円で、供花や線香を併せて贈ると上記の金額よりも高くなります。 このページを読むことによって、読者の皆さんが得られる知識を、このページの流れとともにまとめておきます。 祖母の呼び方は 「ご祖母様」もしくは 「おばあ様」でしたね。 このページを読むことによって、得られる知識についても理解ができたと思いますので、 親族の呼び名も併せて確認しておきましょう。 葬儀における親族の呼び方 親族の呼び方も同様で、 「喪主から見たときの関係」ということを忘れないでくださいね。 例えば、ご自身が喪主の甥だとして、喪主の母が亡くなったとします。 そのときに、 「ご祖母様」と言うのは間違いです。 このとき、喪主から見ると故人は母になるので、 「ご母堂様 ごぼどうさま 」などと敬称を付けて呼ぶ必要があります。 葬儀における一親等の親族の呼び方 一親等の親族は、喪主の父母・子供・喪主の配偶者・配偶者の父母が当てはまります。 一親等の親族の敬称 父 ご尊父様 ごそんぷさま ・お父上様・お父様 母 ご母堂様 ごぼどうさま ・お母上様・お母さま 子 息子 ご子息様 ごしそくさま ・ご令息様 ごれいそくさま 子 娘 ご息女様 ごそくじょさま ・ご令嬢様 ごれいじょうさま ・お嬢様 配偶者 夫 ご主人様 ごしゅじんさま ・旦那様・ご夫君様 ごふくんさま 配偶者 妻 ご令室様 ごれいしつさま ・奥様・ご令閨様 ごれいけいさま 配偶者 夫 の父 義理の父 お舅様 おしゅうとさま ・お父上様・お父様 配偶者 妻 の父 義理の父 ご外父様 ごがいふさま ・ご岳父様 ごがくふさま ・お父上様・お父様 配偶者 夫 の母 義理の母 お姑様 おしゅうとさま ・お母上様・お母様 配偶者 妻 の母 義理の母 ご外母様 ごがいぼさま ・ご岳母様 ごがくぼさま ・お母上様・お母様 夫の父母・妻の父母によって呼び名が変わるのは驚いたかもしれません。 ですが、共通して 「お父上様」「お父様」「お母上様」「お母様」としておくことによって、この間違えやすい敬称を回避することができます。 息子や娘に関しては、 「長男」「次男」「長女」「次女」などの序列によって、呼び方が変わることはありません。 ですので、子供は全て同じ扱いをします。 葬儀における二親等以上の親族の呼び方 二親等は、 「兄弟姉妹 義理の兄弟を含む 」「祖父母」「孫」が当てはまります。 それ以上で、呼ぶ可能性がある人物は、「伯父・叔父」「伯母・叔母」でしょう。 1つずつ確認していきましょう。 二親等以上の親族の敬称 兄 義理の兄も含む ご令兄様 ごれいけいさま ・兄上様・お兄様 弟 義理の弟も含む ご令弟様 ごれいていさま ・ご弟様 ごおとうとさま 姉 義理の姉も含む ご令姉様 ごれいしさま ・姉上様・お姉様 妹 義理の妹も含む ご令妹様 ごれいまいさま ・お妹様 孫 ご令孫様 ごれいそんさま 伯父 父母の兄 伯父様 おじさま ・伯父上様 おじうえさま 伯母 父母の姉 伯母様 おばさま ・叔母上様 おばうえさま 叔父 父母の弟 叔父様 おじさま 叔母 父母の妹 叔母様 おばさま 一親等の親族のときと比べて、呼びやすい敬称が多かったと思います。 使用頻度に関しても一親等の方が圧倒的に多いです。 親族を敬称で呼ぶときの呼び方について理解ができたと思います。 このページを見ている皆さんは、故人に対して弔電を送ろうとしている方が多いと思います。 ですので、 弔電の送り方についてもこちらのページで解説していきます。 葬儀の弔電を送る方法 弔電は、通夜や葬儀に参列することができない場合に、 お悔やみの言葉を伝えるために行うものです。 通夜や葬儀に参列して、遺族の方に直接お悔やみの言葉を伝えることができる場合は、弔電を送る必要はありません。 弔電を送る方法は3つありまして、 「電話」「郵便局」「インターネット」の3つです。 電話は時間がなく、 「緊急事態」のときに使うのに適しています。 郵便局であれば 手書きの文字を送ることもできます。 インターネットは 電話をする時間のない方や、供花も併せて送りたい方にはオススメです。 「とにかく早く弔電を送りたい!」「インターネットで弔電を送るためのオススメはないの?」という方には、当日配達も可能な弔電サービスをご紹介致します。 併せて供花も送れますので便利なサービスとなっています。 「NTTで送ることのできるサービスがあるからそっちにしたい!」という方もいると思います。 弔電を送るにはどうすればいいのかお分かり頂けたでしょうか? 「弔電を送る際に気を付けたいことはないの?」と気になる方もいると思いますので、注意点を解説します。 葬儀の弔電を送るときに気を付けたいこと 弔電を送るときに気を付けたいのは 「言葉」です。 葬儀の場では 縁起の悪い言葉は嫌われます。 このページでは葬儀の場で言う言葉としてふさわしくないものを紹介します。 避けるべき言葉は 「忌み言葉 いみことば 」 「縁起が悪いとされている言葉」 「宗教上好まれない言葉」 の3つです。 この言葉を使用して弔電を送ると「常識のない人」と思われるので気を付けるようにしましょう。 葬儀の弔電で避けるべき忌み言葉 忌み言葉 いみことば とは、 同じ言葉の繰り返し ますます・重ね重ねなど や、 「生」や 「死」を直接連想させてしまう言葉や数字 4や 9 などを指します。 言い換えるのであれば「よん、よっつ」「きゅう、ここのつ」と言い換えるべき 生存や死亡などは直接的でよくない表現ですので、 「生前」や 「逝去」と言い換えるようにしましょう。 葬儀の弔電で避けるべき縁起の悪い言葉 「浅い」「薄い」「終わる」「壊れる」「辛い」「大変」などの縁起の悪いとされている言葉を弔辞で話すのはよくないとされています。 葬儀の弔電で避けるべき宗教上好まれない言葉 遺族の宗教や宗派によっては使わない方が良い言葉があります。 このページのまとめ ・葬儀における祖母の呼び方は 「ご祖母様」「おばあ様」など ・敬称は 喪主から見た立ち位置の人に対して付ける ・弔電を送る方法は、 「電話」「郵便局」「インターネット」の3種類 ・弔電は 通夜や葬儀の開始前までに到着するように送る。 直前すぎてもダメ ・弔電の金額の相場は 1,500~10,000円程度で、これに併せて供花などを贈るともっと高額になる ・弔電を送るときに、避けておきたい言葉は 「忌み言葉」「縁起の悪い言葉」「宗教上避けておきたい言葉」がある いかがでしたでしょうか。 「葬儀における祖母の呼び方」についてしっかりと理解出来ましたか? 「敬称」や 「弔電」にはたくさんのマナーがあったと思います。 「呼び方が難しい」「少し面倒かも…」と思った方もいると思います。 葬儀で大事にしたいのは参列者の気持ちではなく、 遺族の気持ちです。 故人の死を遺族と参列者の皆さんでしっかりと受け止めて、故人との最後のひと時を良いものにして頂きたいです。 葬儀・仏壇・お墓・相続には色々なルールがあります。 皆さんが葬儀等で困るであろう状況を解決するために 有益な情報を発信していますので、気になる方は他の記事もご覧ください。

次の