ささくれ 理由。 ささくれは親不孝が原因と言われる意味は?地域や方言が関係していた

指のささくれ(さかむけ)の原因は?親不孝と言われるのはなぜ?治し方は?

ささくれ 理由

できると面倒なささくれ! ささくれができると気になってしょうがなくなりませんか? ささくれは服に引っかかりやすくて、引っかかると痛い! 冬場セーターになんか引っかかると、ささくれ部分がめくれてひどくなることもありますよね。 女性の場合は、ストッキングに引っかかると伝線しちゃうし、髪にも引っかかったりしやすいでしょうし、いろいろ面倒なささくれです。 ささくれになると取らないと気が済まないのはなぜでしょう。 でも、無理やり取ると痛いし、血が出ることもある。 私は絆創膏がないといられなくなります。 ところで、ささくれってなんでできるのでしょうか? ささくれができる原因 ささくれになる原因として考えられるのは、水仕事などでの手の乾燥や炎症を起こしているとき、食生活の乱れ、体調不良、血行不良、除光液が原因になることもあります。 主婦の場合は、水仕事をすることも多いでしょうし、こどもがいたら手を洗う回数も増えますよね。 仕方ないと思うのですが。。。 私は手洗いを異常なくらいします。 妻には「アライグマによりも手を洗ってる」といわれています。 私がこんなに手を洗うようになったのは、子どもが生まれてからです。 それまでは普通だった思うのですが、子どもが生まれてからはミューズをガンガン使うようになりました。 妻はミューズを使うと手が荒れるというので、家族で私だけがミューズを使っているのですが、週に1個くらいのペースで使っています。 自慢じゃないですが、日本一ミューズを愛用していると自負しています!!! だから私の手はいつも乾燥状態で、特に冬場は指先がカサカサになり、しょっちゅうささくれになってしまいます。 いつもなんとかしたいと思っているのですが。。。 ささくれになってしまった場合の対策 ささくれになると、なんとか早く取っちゃいたくなりますが、無理に引っぱったりすると血が出たりして悪化します。 傷口ができるとバイ菌が入って炎症を起こす原因になるので、爪切りなどを使って切るようにしてください。 私のように歯で噛みちぎるのもよくないです。 ささくれになってしまった場合の対策は、手の乾燥を抑えることです。 手が乾燥しているとささくれになりやすいので、保湿効果のあるハンドクリームをぬったり、爪の生え際にキューティクルオイルをぬるようにするといいです。 それでは、年中ささくれになっている私のような人は、ささくれにならないようにするにはどうすればいいのでしょうか? ささくれにならないための対策 ささくれは手が乾燥したときになりやすいので、普段からハンドクリームをこまめにぬり、保湿するのが効果的です。 とはいっても、ハンドクリームをぬると手がべたつきますよね。 だから、なるべく効果が持続するハンドクリームがあればいいと思っていました。 最近私が使いはじめたハンドクリームは「ロコベースリペアクリーム」というもので、少し硬めのクリームなのですが、これは防腐剤無添加を実現するために水分量を極力減らしているためなのだそうです。 はじめて使ったときは、肌になじみにくいのではと思ったのですが、寝る前にぬるだけでうるおいが続き、水にも強く、長時間保湿効果が続くため、ささくれにもなりにくくなってきました。 また、ささくれが出ているときは、栄養が足りていない場合もあるので、食生活にも気をつかうようにして、バランスのよい食事をとるようにすることもささくれ対策には必要です。 普段から栄養をしっかり取るようにし、食事のバランスには気をつけ、適度な運動や睡眠もしっかりとるように気をつけましょう。 最後に 私がこどものころ、ささくれができると「親不孝」といわれましたが、最近ではあまり聞かなくなりましたね。 また、ささくれのことを「さかむけ」と呼ぶ地域もあります。 「ささくれ」と「さかむけ」は同じ意味なのですが、 「ささくれ」は東の方で、「さかむけ」は西の方でいうようです。 どっちにしてもできればもうなりたくないので、普段から気をつけるようにしましょうね。

次の

ささくれができると親不孝?言われる由来とささくれの原因!

ささくれ 理由

ささくれができやすい方って 偏った食生活をおくっている人が多いみたいです。 爪や爪の周りの皮膚は「 」というタンパク質からできているので、お肉やお魚などのタンパク質が豊富なものが不足している時に出来やすいです。 そして、肌や皮膚の再生に必要なのが、 ミネラルや ビタミンです。 この2つも不足しているとささくれになりやすくなります。 私はかなりの偏食なので、ささくれによくなる原因がこれだと思います。 すぐにできるささくれの対策とは? 毎日の保湿 ささくれができにくくする為に、毎日保湿することが大切です。 ハンドクリームや ワセリンを使用して、保湿を行うようにしましょう。 中にはベタベタするものは使いたくないと思う方もいると思います。 もし仮に水に触れてしまった場合はその都度でいいので、 ハンドクリームやハンドジェルで保湿を行うことで、 乾燥・ カサつきから肌を守ることができますよ。 お風呂はシャワーだけでなく湯船に浸かる 忙しい方やお風呂に浸かることが嫌いな方は少なからずいらっしゃると思います。 もし、ささくれに悩んでいるのであれば、 どんなに忙しい日でもどんなにお風呂に浸かるのが嫌いでも ささくれになりたくないのであれば、湯船に浸かることをおすすめします。 まとめ いかがだったでしょうか? ささくれに悩んでいる方!原因として当てはまるものがいくつかあったかもしれませんね。 こんにちは、ブログ運営者のにゃははです。 サブとして、実際に体験して楽しかったことや話題のニュースについてお伝えしていきます。

次の

指の爪の近くにささくれが出来る原因は実は10つあった!

ささくれ 理由

できると面倒なささくれ! ささくれができると気になってしょうがなくなりませんか? ささくれは服に引っかかりやすくて、引っかかると痛い! 冬場セーターになんか引っかかると、ささくれ部分がめくれてひどくなることもありますよね。 女性の場合は、ストッキングに引っかかると伝線しちゃうし、髪にも引っかかったりしやすいでしょうし、いろいろ面倒なささくれです。 ささくれになると取らないと気が済まないのはなぜでしょう。 でも、無理やり取ると痛いし、血が出ることもある。 私は絆創膏がないといられなくなります。 ところで、ささくれってなんでできるのでしょうか? ささくれができる原因 ささくれになる原因として考えられるのは、水仕事などでの手の乾燥や炎症を起こしているとき、食生活の乱れ、体調不良、血行不良、除光液が原因になることもあります。 主婦の場合は、水仕事をすることも多いでしょうし、こどもがいたら手を洗う回数も増えますよね。 仕方ないと思うのですが。。。 私は手洗いを異常なくらいします。 妻には「アライグマによりも手を洗ってる」といわれています。 私がこんなに手を洗うようになったのは、子どもが生まれてからです。 それまでは普通だった思うのですが、子どもが生まれてからはミューズをガンガン使うようになりました。 妻はミューズを使うと手が荒れるというので、家族で私だけがミューズを使っているのですが、週に1個くらいのペースで使っています。 自慢じゃないですが、日本一ミューズを愛用していると自負しています!!! だから私の手はいつも乾燥状態で、特に冬場は指先がカサカサになり、しょっちゅうささくれになってしまいます。 いつもなんとかしたいと思っているのですが。。。 ささくれになってしまった場合の対策 ささくれになると、なんとか早く取っちゃいたくなりますが、無理に引っぱったりすると血が出たりして悪化します。 傷口ができるとバイ菌が入って炎症を起こす原因になるので、爪切りなどを使って切るようにしてください。 私のように歯で噛みちぎるのもよくないです。 ささくれになってしまった場合の対策は、手の乾燥を抑えることです。 手が乾燥しているとささくれになりやすいので、保湿効果のあるハンドクリームをぬったり、爪の生え際にキューティクルオイルをぬるようにするといいです。 それでは、年中ささくれになっている私のような人は、ささくれにならないようにするにはどうすればいいのでしょうか? ささくれにならないための対策 ささくれは手が乾燥したときになりやすいので、普段からハンドクリームをこまめにぬり、保湿するのが効果的です。 とはいっても、ハンドクリームをぬると手がべたつきますよね。 だから、なるべく効果が持続するハンドクリームがあればいいと思っていました。 最近私が使いはじめたハンドクリームは「ロコベースリペアクリーム」というもので、少し硬めのクリームなのですが、これは防腐剤無添加を実現するために水分量を極力減らしているためなのだそうです。 はじめて使ったときは、肌になじみにくいのではと思ったのですが、寝る前にぬるだけでうるおいが続き、水にも強く、長時間保湿効果が続くため、ささくれにもなりにくくなってきました。 また、ささくれが出ているときは、栄養が足りていない場合もあるので、食生活にも気をつかうようにして、バランスのよい食事をとるようにすることもささくれ対策には必要です。 普段から栄養をしっかり取るようにし、食事のバランスには気をつけ、適度な運動や睡眠もしっかりとるように気をつけましょう。 最後に 私がこどものころ、ささくれができると「親不孝」といわれましたが、最近ではあまり聞かなくなりましたね。 また、ささくれのことを「さかむけ」と呼ぶ地域もあります。 「ささくれ」と「さかむけ」は同じ意味なのですが、 「ささくれ」は東の方で、「さかむけ」は西の方でいうようです。 どっちにしてもできればもうなりたくないので、普段から気をつけるようにしましょうね。

次の