ヒルトン 東京 デザート ブッフェ。 【神7確定】ヒルトン東京 スイーツビュッフェの攻略法|マーブルラウンジ

【公式】マーブルラウンジ|東京・新宿のホテルなら【ヒルトン東京】

ヒルトン 東京 デザート ブッフェ

マーブルラウンジ 東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京 1F TEL. 03-3344-5111(代表) \今月のお得なプランはこちら/ ヒルトン東京のスイーツビュッフェ|マーブルラウンジ【スイーツ】 ヒルトン東京では、12月26日(木)より毎年恒例いちごのデザートビュッフェ 「ストロベリー・プリマ」を開催。 うっとりするようなピンク&ホワイトの舞台で、おんなのこの憧れ、バレリーナのロマンティックな世界をスイーツで表現しています。 ヒルトン東京で大人気の猫たちも、登場しますよ! いちごのデザートビュッフェといえば、欠かせないのはフレッシュいちご。 今回もビュッフェ台には甘酸っぱいいちごが山盛りになっていました! ラズベリーとライムのムースを苺のゼリーシートでコーティングした ロマンティック・チュチュ。 ストライプのスポンジや上にあしらわれた苺のマリネがアクセントになっています。 眠れる森の美女(別名いばら姫)をイメージしたストロベリーショートケーキ、 Wake-up Kiss。 ほんのりと薔薇が香るスポンジや、なめらかなローズピンクの生クリームなど、姫気分を盛り上げてくれる絶品スイーツです! レッスン後のご褒美パフェは、生チョコレートやフレッシュいちご、ホイップクリームの黄金マリアージュに、 ライスクリスピーとベリーコンポートがアクセントになったひと品。 口いっぱいに広がる贅沢な美味しさが魅力です。 大粒の苺が目を引くタルト、 ストロベリー・プリマも、必食! 生クリームは繊細なピーチ風味になっており、この時期ならではスペシャルな味わい。 マンゴーや苺などを使った インターバルのフルーツスープは、甘酸っぱくて爽やかな美味しさ。 甘さの調整にピッタリのデザートです。 ピンク色がとってもキュートな ストロベリー・スワンは、トップにココナッツフレークとマシュマロを飾り、 白鳥の髪飾りをイメージしたいちごのムース。 しっとりとしたチーズケーキでバレリーナのチュチュを表現した チーズ・チュチュ。 中にはマンゴーソースを隠し、とろけるような食感を味わえます。 ほかにも、マシュマロやクラッシュストロベリーが入った割りチョコなど、プティスイーツも勢揃い! ピスタチオマドレーヌも、春の訪れを感じさせる優しい甘さになっていました。 \今月のお得なプランはこちら/ ヒルトン東京のいちごデザートビュッフェ|マーブルラウンジ【セイボリー】 セイボリーのコーナーには、いちごのデザートビュッフェにピッタリなメニューが並んでいました。 こちらはホテルメイドのパンに具をたっぷり詰めた、コールスローやハム、タマゴのロングサンドイッチ。 ふわふわのパンもとっても美味しいです。 日替わりで提供されるトマトパスタも人気のひと品。 チキンナゲットは、デザートの合間にもってこいのアイテム! そのほかにも、ピラフやスープもラインナップしています。 ヒルトン東京のスイーツビュッフェ|マーブルラウンジ【ドリンク】 いちごのデザートビュッフェには、コーヒーや紅茶、烏龍茶など約20種類のドリンクが含まれています。 ポイントは、ドイツの高級紅茶ブランド「ロンネフェルト社」の紅茶を10種類もビュッフェで楽しめること! 風味豊かな紅茶はスイーツとの相性も抜群です。 ヒルトン東京のいちごデザートビュッフェ|マーブルラウンジ【料金】 最後に料金を確認しましょう。 通常料金 スイーツビュッフェの通常料金は、 平日 5,034円(税サ込) 土休日 6,774円(税サ込) でした。 プランは時期によって変わってくるので、定期的にチェックしてみてください! \今月のお得なプランはこちら/ グルメシュラン!! ここで、グルメシュランのコーナー! 感想 ヒルトン東京のデザートビュッフェは、とにかく 世界観が素晴らしいです! スイーツで可愛らしさを表現するだけでなく、ビュッフェ台を彩るオブジェや壁面に映し出されるプロジェクションマッピングに至るまで、細部にこだわり抜かれており、ひとつのエンターテイメントとして確立しています。 マーブルラウンジのデザートビュッフェは、 別格の素晴らしさです。 ロビーフロアを贅沢に使った店内は天井も高く、とっても豪華。 にも関わらず気取っていないので、女子会やデートはもちろんのこと、子どもを連れての来店もOK! ヒルトン東京で、お腹いっぱいいちごのデザートビュッフェを満喫してみてはいかがでしょうか? まとめ いかがでしたか? 今回は、ヒルトン東京『』をご紹介しました。 自分好みのお店なのかお分かりいただけましたか? 気になる方のために、サイトの比較をもう一度。 赤坂エクセルホテル東急 ・ 浅草ビューホテル ・ ANAインターコンチネンタルホテル東京 ・ ・ ・ ・ ・ ウェスティンホテル東京 ・ ・ ・ グランドニッコー東京 台場 ・ ・ グランドハイアット東京 ・ グランドプリンスホテル新高輪 ・ 京王プラザホテル ・ ・ コンラッド東京 ・ ・ ・ サンシャインシティプリンスホテル ・ ザ ストリングス表参道 ・ 品川プリンスホテル ・ ・ ・ ・ ・ シャングリラホテル ・ ・ 新宿プリンスホテル ・ ・ ストリングスホテル東京インターコンチネンタル ・ 第一ホテル東京 ・ 第一ホテルアネックス ・ 第一ホテル東京シーフォート ・ 帝国ホテル ・ 東京ドームホテル ・ ・ 東京プリンスホテル ・ ハイアットリージェンシー東京 ・ ヒルトン東京 ・ ・ ・ ヒルトン東京お台場 ・ ・ ・ ・ ・ フォーシーズンズホテル丸の内 東京 ・ ・ プリンスギャラリー東京紀尾井町 ・ ペニンシュラ東京 ・ ホテルイターコンチネンタル東京ベイ ・ ・ ・ ホテル雅叙園東京 ・ ホテルグランドパレス ・ ホテルニューオータニ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ホテルメトロポリタン ・ ホテルメトロポリタンエドモント ・ マンダリンオリエンタル東京 ・ 三井ガーデンホテル銀座プレミア ・ ミレミアム三井ガーデンホテル東京 ・ リーガロイヤルホテル ・ ロイヤルパークホテル ・ ・ ロイヤルパークホテル 東京汐留 ・.

次の

マーブルラウンジ ヒルトン東京

ヒルトン 東京 デザート ブッフェ

23 TEL• 残1-3:即予約可(残りわずか)• TEL:要問い合わせ• 休:定休日 () 東京都 新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京1F 地下鉄丸ノ内線西新宿駅 C8出口 徒歩2分/地下鉄都営大江戸線都庁前駅 徒歩3分/JR新宿駅 西口 徒歩10分 月~金、日、祝日、祝前日: 06:00~23:00 (料理L. 22:30 ドリンクL. 22:30) 土: 06:00~翌0:00 (料理L. 23:30 ドリンクL. 23:30) 当面の間、以下の時間帯にて営業しております。 営業時間 月~金、日、祝日、祝前日: 06:00~23:00 (料理L. 22:30 ドリンクL. 22:30) 土: 06:00~翌0:00 (料理L. 23:30 ドリンクL. 23:30) 当面の間、以下の時間帯にて営業しております。 7:00~22:00 お問い合わせ時間 9:00~22:00 このお店は営業時間外でも できます。 ネット予約受付時間 即予約 来店日の当日20時まで受付 キャンセル規定• 定休日 無休 平均予算 3000円~6000円 ネット予約のポイント利用 利用方法は 利用可 クレジットカード 利用可 :VISA、マスター、アメックス、DINERS、JCB 電子マネー 利用不可 QRコード決済 利用不可 料金備考 表示料金に別途税金とサービス料が加算されます。 掘りごたつ なし :掘りごたつのご用意はございません。 カウンター あり :お1人様でもご利用いただけるカウンター席を12席ご用意しております。

次の

【公式】マーブルラウンジ|東京・新宿のホテルなら【ヒルトン東京】

ヒルトン 東京 デザート ブッフェ

マーブルラウンジ(ヒルトン東京) クラス:middle おすすめ:アフタヌーンティーセット ヒルトン東京のマーブルラウンジは、毎回大人気のデザートブッフェはもちろん、ランチ&ディナーブッフェもおすすめ。 家族や友人との会食、女子会、デート、ビジネスの打ち合わせなど幅広く使えます。 マーブルラウンジは、東京・新宿にあるホテル「ヒルトン東京」の1階ロビーフロア、正面エントランスを入ってすぐのところにあるラウンジです。 中央にらせん階段を配したマーブルラウンジは、2階まで吹き抜けの開放感あふれる空間。 内装はダークブラウンを基調としたモダンなテイストです。 全席ソファー席で座り心地がよく、一人用のカウンター席もあるので、家族やグループ、カップル、あるいはビジネスの打ち合わせやノマドワークなど幅広い用途に適します。 ヒルトン東京のマーブルラウンジといえば、朝食ブッフェやスイーツブッフェ、ランチ&ディナーブッフェなど、ブッフェが評判です。 時期によっては予約でいっぱいになることもあるほどの人気ぶりで、シーズン毎に通うファンも少なくありません。 実際にホテルラウンジに行ってみて、ラウンジの雰囲気やアフタヌーンティセットを食べてみた正直な感想をご紹介しています。 Contents Menu• 西新宿駅と都庁前駅からは地下通路で直結しており、雨の日でもアクセスが便利。 マーブルラウンジの入っている「ヒルトン東京」は、東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅、都営地下鉄大江戸線「都庁前」駅と地下通路で直結しており、日差しの強い日や雨の日にもアクセスが便利です。 また、新宿駅からは徒歩10分、無料シャトルバスで5分ほど。 羽田空港と成田空港からは、ヒルトン東京行きのリムジンバスが運行しています。 (羽田空港からは80分、成田空港からは120分) グループ向け、2人がけ、1人用カウンター席など、さまざまなタイプの座席があります。 コンセント付き席もあり、ビジネスの打ち合わせやノマドワークにもおすすめ。 マーブルラウンジの座席数は208とかなり多いです。 大人数で座れる席から2人がけの席、そして1人でも使いやすいコンセント付きのカウンター席など、さまざまな種類の席があるので、いろいろなシーンで利用できます。 バーカウンター形式の席。 マーブルラウンジにはバーカウンター席が2か所あります。 電源コンセントがついた席は、スマートフォンやパソコンの充電をしながら作業ができ、ビジネスの打ち合わせやノマドワークにぴったりです。 ラウンジ内には2人がけの席が多いですが、すべてが同じタイプというわけではなく、その種類はさまざま。 どれも肘置きつきのソファータイプのチェアで座り心地が良いです。 ただ、お客さんの数が多いこともあって、一人ひとりのスペースはやや狭めといえるでしょう。 くっつけてグループ席としても、離して2人がけの席としても使えるタイプのお席。 こちらは丸テーブルを4つのチェアで囲んだお席です。 ナプキンが2人分で精一杯なところを見ると、4人で使うにはちょっと狭いかもしれません。 こちらも4人がけの席です。 2パターンあり、イスが向かい合っているものとそうでないものがあります。 半円状のソファーとチェア2脚で丸テーブルを囲んだお席は、女子会などグループでの利用や、小さな子ども連れのファミリーでの利用によさそうです。 シーズンごとにテーマが変わるデザートブッフェが大人気! ブレックファストブッフェ、ランチブッフェ、ディナーブッフェも展開しています。 ヒルトン東京のマーブルラウンジの人気メニューは、何といってもデザートブッフェ。 特に、毎年12月下旬から5月頃に行われる、イチゴをテーマにしたブッフェは大人気で、ヒルトン東京の名物になっているほどです。 マーブルラウンジでは、スイーツブッフェ以外にも、ブレックファストブッフェ、ランチブッフェ(月~土曜)、ブランチブッフェ(日祝日)、ディナーブッフェなど、さまざまなブッフェを展開しています。 各種ブッフェの内容は以下のページよりご確認ください。 食べるだけではなく見て楽しめるデザートブッフェ。 テーマごとに楽しめます。 ヒルトン東京のマーブルラウンジのデザートブッフェは、シーズン毎に変わるテーマに沿って凝った盛り付けをしており、食べるだけではなく、見ても楽しめると評判です。 マーブルラウンジのデザートブッフェの内容はテーマごとに変わりますが、デザートブッフェなので、基本的にはスイーツが多めです。 各種ケーキ、シュークリーム、焼菓子、生菓子、揚げ菓子、フルーツピザ、チョコレートファウンテン、スコーン、アイスクリーム、果物などのスイーツのほか、サンドウィッチやパスタ、揚げ物などの軽食も並びます。 ドリンクは、コーヒー、紅茶、ウーロン茶。 まずはこれらを撮ってみました。 左奥はイチゴのパチパチマシュマロ 右奥はマカロン・ストロベリー、右中段はイチゴのショットグラス、中央はイチゴの板チョコレート、左手前はシュークリーム、右手前はイチゴのチョコレートコーティングです。 マシュマロを棒付きキャンディーの形に加工したものと、フレッシュストロベリーがのったいちごのマカロン。 見た目もかわいらしく、味も甘酸っぱくて美味しいです。 チョコレートのコクのある甘さとイチゴの甘酸っぱさがミックスされたイチゴの板チョコレートは、中にはクランチやドライベリーが入っていて食感も楽しめます。 イチゴのショットグラスは、オレンジジュースとパッションジュースのミックスにイチゴが入っています。 酸味が強くイチゴで甘さを補う感じですが、口直しにはピッタリです。 をサイケデリックをテーマにした今回のデザートブッフェには、虹色のスポンジのケーキもありました。 味は普通でしたが、写真映え抜群で目を引きます。 種類は少ないものの、イカリングなどのおかず系メニューもいくつかありました。 甘みばかりが続くと飽きてしまいますが、途中で塩気のあるものを食べると口が変わって、また甘いものを楽しめます。 ヒルトン東京のマーブルラウンジのデザートブッフェの内容はシーズンにより異なるので、最新のブッフェの情報は以下ページよりご確認ください。 公式サイトや一休. com、オズモールから予約可能。 ランチのみ電話での予約もできます。 マーブルラウンジの予約は、ヒルトン東京の公式サイトや電話、また一休. comなどの予約サイトから可能です。 ストロベリーデザートブッフェの開催期間中(毎年12月下旬~5月)は、予約で満席になり、ブッフェ以外の通常利用でも入店できないことが多いので、予約してから行くことをおすすめします。 ランチブッフェ、デザートブッフェ、ディナーブッフェの予約は、一休. comやオズモールからネット予約が可能です。 comにはお得な一休限定プランがあり、メニューによって割引率は変わりますが、 通常価格の18%~48%OFFとなります。 デザートブッフェはとても人気があり、予約なしで行くと入店できない場合もあるので、必ず予約していくようにしましょう。 なお、ランチブッフェに限り、ヒルトン東京に直接電話でも予約可能です。 ストロベリーデザートブッフェのシーズンは毎年すぐ予約が埋まってしまうので、通常のカフェ利用もままなりません。 その時期に普通にラウンジとして使うなら、同じヒルトン東京の2Fにある「」に行くほうがいいでしょう。 デザートブッフェは大人で4,500円〜 アラカルトではソフトドリンクが1,100円〜。 ヒルトン東京のマーブルラウンジのブッフェは大人と子供で料金体系が違いますが、大人はデザートブッフェで4,500円〜となっています。 アラカルトではソフトドリンクが1,100円〜、紅茶が1,331円〜、コーヒーが1,452円〜となっています。 東京都内高級ホテルのブッフェの値段としては、決して高くないでしょう。 また、アラカルトではソフトドリンクが1,100円程度で、紅茶が1,331円〜、コーヒーが1,452円〜。 こちらも都内のホテルラウンジの値段としては、平均的な値段といえます。 女子会やデートでブッフェを楽しむのにおすすめですが、人気のため混雑するのがネック。 ヒルトン東京のマーブルラウンジは、さまざまな用途に使うことができ、味も接客も良く、話題性もあるのが魅力ですが、ストロベリーデザートブッフェのシーズンはとても混雑し、通常利用すらままならないのはマイナスポイントといえるでしょう。 個人的には、女子会やデートには特におすすめで、ノマドワークやビジネスの打ち合わせにはやや不向きかなと思います。 (人気があり予約しなければ入れない時期があるのと、ひとりひとりの席スペースが少し狭いこと、人の話し声がけっこうすることが理由。 ) マーブルラウンジのデザートブッフェは数ある東京のデザートブッフェの中でもかなり人気があり、話題のスポットのひとつにもなっているので、女性グループやカップルで出かければ盛り上がること間違いなしでしょう。 普通のデートでふらっと入ってもいいですが、特に毎年12月下旬から5月の時期は予約で満席ということが多いので、気をつけてくださいね。 デザートブッフェやディナーブッフェの予約はネットからのみ可能です。 お得にブッフェを楽しみたい方は、一休. comの一休限定プランがおすすめ! メニューによって割引率は変わりますが、 通常価格の18%~48%OFFとなります。 割引プランの詳細は以下ページよりご確認ください。 com、ホットペッパー、オズモール) クレジットカード Master、VISA、UC、アメックス、ダイナーズ、DC、NC、JCB、UFJ 駐車場 あり。 3,000円以上の利用で3時間30分まで無料。 延長の場合、30分ごと300円。 子供同伴 可 マーブルラウンジ(ヒルトン東京)フォトギャラリー.

次の