冷凍あさり 解凍。 【みんなが作ってる】 冷凍あさりのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

冷凍のあさりが開かない、死んでいないか心配な時に読む記事

冷凍あさり 解凍

スポンサーリンク 冷凍アサリの失敗しない解凍方法は? 冷凍アサリの解凍方法は、 「殻付き」、「むき身」、冷凍してある方法によって異なり、 それぞれに合った方法で解凍する必要があります。 汁物やダシ汁を活用する料理に使う場合は熱湯でボイル解凍し、 その他の料理の場合は、フライパンやレンジで解凍します。 殻付き冷凍アサリの解凍の最重要ポイントは、 冷凍庫から取り出したら、すぐに急速で熱を加えることです。 そうしないとうまく口が開きません。 したがって、 自然解凍や、ゆっくり加熱などは厳禁です。 殻付き冷凍アサリの解凍での失敗は、大抵このパターンです。 【汁物などダシ汁を活用する料理の解凍方法】 まずは鍋に湯を沸かしてグラグラと沸騰させます。 その中に冷凍庫から取り出したばかりの冷凍アサリを入れ、 アサリの口が開くまで強火で加熱し続ければOKです。 乾燥対策として水とともに氷漬けで冷凍した殻つきアサリも、 この方法で解凍し、口が開いたらそのまま調理してください。 一度にたくさん入れるとお湯の温度が一気に下がってしまい、 口が開かなくなってしまうので、入れ過ぎに注意してください。 また、一気に加熱することがきれいに口を開けるコツですから、 口が開くまで火を弱めず、最大火力で加熱し続けることが大切です。 【酒蒸し、パスタなどで使う時の解凍方法】 フライパンで蒸し焼きにする方法と、レンジを使う方法があります。 フライパンの場合は、まず日本酒を適量入れて沸騰させます。 そこに、冷凍庫から出してすぐの冷凍アサリを入れて蓋をします。 そのまま口を開くまで強火で加熱します。 レンジの場合は、深めの耐熱皿に凍ったアサリをのせてラップをかけ、 すぐに加熱をします。 w数の強弱切替があれば最強にしておきます。 そのまま口が開くまで加熱してください。 ポイントは、アサリの口が開いたらすぐに火やスイッチを止めること。 やり過ぎると身が固くなって美味しさが半減してしまいます。 そのため、フライパンの蓋はガラス製の中が見えるものを使用する、 レンジの場合は目の前でジッと中を見張っている、これがコツです。 ご自宅で冷凍したものについては、自然解凍でもOKですし、 お急ぎの場合には、フリーザーバックのまま流水で解凍したり、 レンジを使ってもOKです。 市販の冷凍食品の場合は、鮮度を保つため氷の膜で覆う加工が されているものが多いので、1%の塩水(水500mlに塩小さじ1) に浸けて解凍します。 よく水気を拭いて使用してください。 どちらもポイントは、 完全に解凍せずに半解凍で調理すること。 旨味が逃げてしまいますので、解凍のし過ぎは厳禁です。 スポンサーリンク 冷凍アサリの解凍で口が開かないのは食べられる? 冷凍アサリの解凍の失敗で一番多いのが、 口が開かなかった、または 半開きになってしまったなどの、 「口がきれいに開かなかった」パターンです。 そうなってしまったアサリは、食べられるのでしょうか? 【完全に閉まったままのもの】 まず、完全に口が閉まったままのものについては、 冷凍時の状況が分かっているかいないかで違ってきます。 もし元気に生きていた状態から自分の手で冷凍したものであれば、 素性が確かで安心できますし、1ヶ月は鮮度も保たれていますので、 開けて嫌な臭いがしない限りは、食べても問題ありません。 しかし、お裾分けで冷凍状態のものをもらった場合や、 市販の冷凍食品など、冷凍時の素性や鮮度が不明な場合には、 食べるのはやめておいた方が無難です。 万一、殻の中で痛んで腐ってしまっていた場合には、 口を開けると悪臭が漂いますし、もし腐敗汁がこぼれてしまうと、 他の貝もすべて食べられなくなる危険があるからです。 【半開き状態のもの】 次に半開き状態になってしまったものについてですが、 これは自然解凍や冷蔵庫解凍をしてしまった場合において、 よく発生する状態です。 こうなったアサリが食べられるかどうか判断する時には、 口の開き具合に注目せずに、まずは臭いを嗅いでみてください。 アサリは痛むとすぐに悪臭を放ちはじめます。 したがって、 悪臭を放っているものはすでに痛んでいますので、 絶対に食べてはいけません。 逆に言えば、解凍に失敗して口がきれいに開いていなくても、 悪臭さえしていなければ、食べても大丈夫ということです。 臭いをよく確認して判断してください。 ただし、食べられるとは言っても、当然ながら味は落ちます。 また、半開きのアサリは貝柱が上下とも強固にくっついてるため、 食べるのに相当な苦労を必要とします。 したがって、食べるのにイラつくことは必至ですので、 イライラしてまで食べるのはちょっと・・・という方については、 身は諦めて、ボイルしてダシだけ利用するといいですよ。 まとめ 冷凍アサリの解凍方法については、 「殻付き」、「むき身」のどちらで冷凍してあるかによって違い、 また使う料理によってもそれぞれ異なります。 特に殻付きについては、失敗すると口が開かなくなるので、 必ず冷凍庫から出したらすぐに、口を開けるまで一気に加熱する、 これが大切なポイントであり、最大のコツです。 解凍に失敗して口がきれいに開かなくても、 食べられるものものありますので、この記事をよく読んで 無駄なくアサリを味わってください。 アサリの冷凍方法については、この記事で紹介しています。

次の

【あさりの冷凍】旨みアップで3週間長持ち!凍ったまま料理に使える

冷凍あさり 解凍

もくじ• でも、温めなおしたら・・・ 身が固くなって美味しさ半減です。 グルタミン酸って何?という方 代表的なものは、昆布の旨み。 アミノ酸の一つで他には トマトや、生ハムやチーズといった ものにも多く含まれます。 イノシン酸は動物性食品に 多く含まれる旨み成分です。 たとえば、豚肉とかかつおぶしですね。 冷凍しておけば 保存期間が延びるので 食べたいときに必要な分のみを 取り出し調理することができますよ。 これだけあさりの冷凍のメリットを あげて、デメリットだってあるでしょ?! と思いますよね。 冷凍後の調理方法は冷凍したまま行います。 必ず砂抜きと塩抜きを行ってください。 あさりの砂抜きは生きている状態でしか出来ません! 冷凍後はそのまま調理してしまうため 砂抜きは下処理として必ず行ってください。 A:冷水に浸して冷凍 この冷凍方法は味噌汁のように あさりのだしを多く欲しい調理法に最適! できれば 氷水と一緒に冷凍すると 冷凍時間が短縮されGoodです。 まずよく洗ったあさりをZIPロックの 袋に入れ氷水を注ぎます。 水の量はあさりの隙間がうまるヒタヒタ程度で十分。 アルミトレイの上で冷凍します。 アルミトレイは熱伝導率がよく 早く冷凍されます。 これまたアルミトレイで平らにして 早く冷凍出来るようにしましょう。 これだけ ^^簡単ですよね。 しかし美味しいあさり料理にするには むしろ 解凍方法が大事だったんです! スポンサーリンク ふっくら美味しい殻付き冷凍アサリで味噌汁や酒蒸し方法 冷凍の殻付きアサリは、 冷凍したままで調理します。 そのとき冷凍アサリの場合は ゆっくりした温度変化になると 殻を開く部分の蝶番(ちょうつがい)の たんぱく質が殻を開けようとする力が弱まり 過熱しても貝の口が開かなくなってしまいます。 沸騰させ、アルコール分を飛ばします。 沸騰しているところに、 凍ったあさりを投入。 味噌で調味しネギを加え盛り付けます。 強火のまま、ふたをしてあさりの口が開くのを待ちます。 醤油で味を調え、皿に移し刻んだねぎを散らします。 火加減を強火にして酒大さじ2を足し ふたをして口が開くのを待ちます。 醤油で味付けをし、さらに移します。 お好みでねぎを散らしましょう。 少し水分量を減らしてください。 必ず冷凍のまま調理してくださいね!! 【新鮮な 食材宅配サービス】 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために『不要不急の外出』を控えることが大切です。 もちろん買い物にでかけることが禁止されている訳ではありません。 ですが、できる限り安全に美味しいものを食べたいという欲求は消えません。 そこでお薦めなのが 『有機野菜や新鮮野菜の宅配サービス』 食材宅配サービスのメリットは、• スーパーや混雑したお店に行くのを避けられる• 買い物かごやカートなどを触らなくてもよい• 多数の人が触った商品を買わなくてもよい• レジや狭い店内で人との接触を避けられる• 有機野菜のため値段がスーパーより高い• セット売りで野菜を選べない•

次の

タコの解凍方法を大解剖!簡単・早くて・失敗しないコツを教えます!

冷凍あさり 解凍

さらに生のまま冷凍すると、調理時に旨み成分が出やすくなるといわれています。 冷凍したあさりは使いたい分ずつ凍ったまま調理できるので、とっても便利! 【あさりの冷凍方法】殻付きのまま冷凍で3週間保存可能! 冷凍方法 1 砂抜きをし、水けを拭き取る あさりは砂抜きし、ペーパータオルなどで水けをしっかり拭き取る。 2 冷凍用保存袋に入れる 冷凍用保存袋に重ならないよう平らに入れて、空気を抜いて(ストローを使って空気を吸うと、抜きやすい)袋の口を閉じる。 3 トレイやバットの上に置き、冷凍する アルミやステンレスのトレイやバットの上に置き、冷凍庫で急速冷凍する。 3週間程度保存可能。 【あさりの解凍/使い方】凍ったまま料理に使える! 殻付きで冷凍したあさりは自然解凍すると、加熱しても殻が開かなくなってしまうので、必ず凍ったまま調理しましょう。 一気に加熱するのがポイント。 鍋に湯を沸かし、沸騰したところに冷凍あさりを入れて一気に火を通す。 殻が開いたら、味噌などで調味する。 酒蒸しを作る場合、耐熱容器に冷凍あさりを並べ、酒をふりかけ、ふんわりとラップをする。 あさり200gにつき電子レンジ(600W)で3分加熱する。 途中で取り出し、全体を混ぜ、ふんわりとラップをして電子レンジでさらに1分加熱し、殻が開いたらできあがり。 フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れ、弱火にかける。 香りが立ってきたら冷凍あさりを加え、白ワインを回しかけてふたをしてさらに加熱。 殻が開いたらゆでたパスタを加え、全体を絡めて完成。 【番外編】あさりのむき身も冷凍できる! あさりはあらかじめ加熱して、むき身にしてから冷凍する方法も。 天ぷらや炊き込みごはんなど、殻の必要ない料理を作るとき重宝します。 あさりの汁も旨みいっぱいなので、捨てずに冷凍しておくと便利! むき身、汁ともに冷凍庫で約3週間保存可能。 冷凍方法• フライパンに砂抜きしたあさりを並べ、酒を回しかける。 中火にかけ、ふたをして2分ほど蒸し煮にする。 あさりの殻が開いたら火を止めて、ザルを重ねたボウルにあける。 スプーンなどを使って、あさりの身を殻から取り出す。 粗熱がとれたら1食分ずつラップで包み、冷凍用保存袋に入れて、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 あさりの汁は冷凍可能なシリコンカップや、小さめの冷凍用保存容器に入れ、ふたをして冷凍する。 解凍方法/使い方 凍ったままスープやパスタに加えたり、冷蔵庫で解凍して天ぷらや炊き込みごはんに加えたりして使う。 旨みいっぱいのあさりのゆで汁も捨てずに活用して。 【あさりの砂抜き】常温なら2〜3時間で完了 基本のあさりの砂抜き方法を紹介します。 目安として水1カップに対し、塩小さじ1(6g)を溶かすとちょうどいい。 4 アルミホイルをかぶせて、そのまま置く ふたをするかアルミホイルをかぶせて暗くし、常温の場合は2〜3時間(ただし夏場など、室温が高くなる場合は冷蔵庫に入れて4〜5時間)、そのまま置く。 5 最後に真水で洗えば、砂抜き完了 砂抜きしたあさりはザルにあげて水を捨て、真水で軽く塩分を流す。 そのまま調理に使う。

次の