電話 英語 会話。 英語の電話応対なんて怖くない!これだけ知っておけば安心の定番フレーズまとめ

【無料で英会話ができるアプリ】HelloTalkで1ヶ月間外国人と電話してみた感想

電話 英語 会話

英語での会話に少しずつ慣れてきた! という方でも、電話応対になるとまだあたふたしてしまう人は多いのではないでしょうか? 特に電話越しの男性の声はただでさえ聞き取りづらいのに、しどろもどろ話されたら話の内容が全く伝わらないなんてことも。 電話応対で使う英語は意外にもパターンは多くありません。 いくつかの使えるフレーズを頭に叩き込み、場数を踏むことで、すぐに問題なくこなせるようになるでしょう。 今回は、そんな 電話応対の際にすぐに使える、便利な英語フレーズをご紹介します。 これは、江戸時代に電話交換手が相手に失礼のないよう「申し上げます」と伝えていたことが由来と言われています。 英語で「もしもし」にあたる表現は、誰もが知っている「こんにちは」という挨拶を使います。 Hi!• Good evening. Good morning. などの挨拶表現も使えるように思うかもしれませんが、受話器を取った瞬間には言わないのが常識です。 そして 若干語尾を上げ、疑問文のように「ハロー?」という感じにすると、ネイティブっぽい受話器の取り方になります。 話したい相手がいる時は? 自分から会社やお店などに電話をする場合は、担当者と代わってもらえるようお願いをする必要があります。 そんな時は次のように言ってみましょう。 May I speak with Mr. Sato? May I speak with Mr. Sato, please? 電話に出たのが誰か分からないときは? Who am I speaking with? 「私は誰とお話しているのでしょうか?」 電話に出た声が知らない人で、「一体誰と話しているの?」という時は、わかったフリをせず正直に上記のように伝えましょう。 This is Michael. 「マイケルです」• This is Michael speaking. 「マイケルが話しています」 より丁寧に言いたい場合は、• 「誰とお話をしているのか聞いてもよろしいでしょうか?」 と言えば、相手を嫌な気持ちにすることなく伝えることができるでしょう。 コールセンターなどに電話をかけると…… Hello, this is Bob speaking. How may I help you? 「もしもし、こちらはボブですが、どのようなご用件で?」 問い合わせの電話をかけた時などは、このような一連の流れで応対される場合もあります。 でも、ここでひるんではいけません。 自分宛の電話ではない時に使えるフレーズ Hold on, please. 難しい発音もないので、たいていの場合は問題なく通じます。 他にも、こんなフレーズを使うことも可能です。 One minute, please. 「一分ほどお待ちください」• Wait a moment, please. 「しばらくお待ちください」• Could I have you wait for a moment? 「しばらくお待ちくださいますか?」 指名された人が不在のときは? 相手が話したがっている人が周りにいない時には、次のように伝えましょう。 Can I take a message? 「彼は今ここにいません。 何かメッセージを残しますか?」 伝言をしっかりと預かることも、できるビジネスマンの条件の1つ。 「どなたからの電話なのか尋ねてもよろしいですか?」 と聞いて、誰からの電話なのかをしっかりと把握しておきましょう。 折り返したいとき/もう一度電話をかけてほしいときは? I will tell him to call you back. 「あなたに折り返し電話をするように彼に伝えておきます」 同僚に折り返しの電話をしてもらう時には、上記のフレーズが使えます。 「折り返しの電話をさせましょうか?」と聞きたい時のためにも、• Should I tell him to call you back? 「あなたに折り返し電話をするように彼に伝えましょうか?」 という表現も覚えておくといざという時に役に立つでしょう。 Could you call back in half an hour? 「30分後にまたかけてもらえますか?」 相手にもう一度かけてもらう必要がある際には、このように伝えてお願いしましょう。 他にも時間を指定する場合の表現はいくつかあります。 in an hour 「1時間後」• in 3 hours 「3時間後」• Could you call back tomorrow? この表現には 2パターンありますので、皆さんの好みに応じて使い分けてみてください。 〈男性〉This is he. 〈女性〉This is she. これは電話でのみ使われる、ちょっと特殊でかっこいい言い回し。 ここでしか使えないというレア感を噛みしめて言ってみましょう。 Speaking. 「今まさにその張本人が電話で話しております」というシチュエーションを、手短かに伝える方法です。 まとめ いかがでしたか? 英語が苦手な方にとって海外からの電話応対はハードルが高く感じるかもしれません。 最初のうちは聞き取れなくて落ち込むこともあるかもしれませんが、基本的なパターンさえ押さえておけば、すぐに簡単な受け答えくらいはできるようになるでしょう。 今回ご紹介したフレーズをポストイットやメモなど残しておけば、いざという時にきっと役に立つはずです。 ぜひご参考にしていただけましたら幸いです。

次の

電話対応を英語でするときに使える簡単フレーズ38個まとめ

電話 英語 会話

英語で 電話に出るのを上手になりたい方は多いと思います。 「 英語だと尚更苦労する」と、よく生徒さんに言われます。 相手の顔もジェスチャーも見えないため感情は伝わり辛いですし、何より 言葉の選び方に苦戦しますよね。 その上、 英語では相手が言っていることが聞き取れないことも多いです。 実は、 基本的な電話の会話の場合、国関係なく表現のパターンは決まっています。 フォーマルもカジュアルな表現もパターンは決まっているので、覚えてしまえば 英語で 電話に出ることも、かけることも恐れることはありません。 May I help you? 「はい、こちらはAlter-E-Go社です。 「おはようございます。 こちらはAlter-E-G社のマイケル・シートベルトです。 」 Thank you for calling Alter-E-Go Corporation. Michael speaking. How can I help you? 「お電話ありがとうございます。 Alter-E-Go社のマイケルです。 May I help you? 「はい、こちらはスズキ・タケシさんのオフィスです。 (ご用件をどうぞ)」 Hello, Mr. John speaking. 「はい、こちらはスズキさんのオフィスのジョンです。 」 カジュアル編: Hello? 「もしもし?」 Hello, Michael speaking. 「こちらマイケルです。 「はい、こちらマイケルの電話です。 Hello, this is the Yamada residence. Hello, Yamada residence. 「もしもし、ヤマダ家です。 」 Yes? 「はい。 」 Hey! 「やあ!」 2 電話で相手の名前を聞く時の英語 フォーマル編: May I have your name please? 「すいません、名前をもう一度お願いします。 」 Whom am I speaking to? Sorry, who is this? 「どちらさまでしょうか?」 3 英語で電話をかける時の挨拶 フォーマル編: This is Michael Helps speaking. I am calling from Alter-E-Go Corporation. Hello, this is Michael Helps calling from Alter-E-Go Corporation. 「マイケル・ヘルプスと申します。 Alter-E-Go社から電話をしています。 」 Hello, this is Michael Helps from Alter-E-Go Corporation. 「もしもし、Alter-E-Go社のマイケル・ヘルプスです。 」 Hello, this is Michael Helps calling. 「もしもし、マイケル・ヘルプスです。 」 This is Michael Helps speaking. Yamada. 「もしもし、マイケル・ヘルプスです。 ヤマダさんの代理でお電話させていただきました。 」 This is Michael Helps speaking. Yamada asked me to call you. This is Michael Helps speaking. Yamada asked me to get in touch with you. 「もしもし、マイケル・ヘルプスです。 ヤマダさんに(あなたと)連絡を取るように勧められました。 」 Hello, am I calling Mr. 「もしもし、吉田さんの携帯電話ですか?」 カジュアル編: Hi John! Hey John. 「やあ母さん。 」 Hi, how are you? 「やあ、元気?ケンだよ。 」 Hi, is this Michael? Hi, Michael? 「もしもし。 「やあ、マイケルの携帯電話ですか?」 4 電話を転送してほしい時の英語 フォーマル編: May I speak to Mr. Yamada , please? May I please speak with Mr. Yamada? May I talk to Mr. Yamada , please? 「ヤマダさんをお願いいたします。 」 I would like to speak to Mr. Yamada , please. 「ヤマダさんとお話をしたいのですが。 Yamada. Yamada. 「ヤマダさんにお電話を差し上げていますが、こちらの番号でよろしいでしょうか?」 Could I speak to Will Kinson , please? 「ウィル・キンソンさんをお願いいたします。 」 Could you put me through to Will Kinson , please? Could you connect me to Will Kinson , please? 「ウィル・キンソンさんに繋げていただけますか?」 Could I speak to someone in Sales? 「営業部の方と繋げていただけますか?」 カジュアル編: Can I speak to Will , please? Can you put me through to Will , please? 「ウィルをお願いします。 」 Can I talk to John? 「ジョンと話してもいいかな?」 Can I speak to someone who speaks Japanese? 「日本語が話せる方をお願いします。 」 I am trying to get in touch with Will. 「ウィルはこの番号でよろしいですか?」 This is Michael calling for Saya. 「マイケルですが、サヤ宛の電話です。 」 Is Will there, please? Is Will in? 5 電話を転送する時の英語 注: waitは失礼に聞こえるので使わないようにしましょう。 フォーマル編: Would you mind holding please? Do you mind holding please? May I put you on hold? 「少々お待ちいただけますか?」 Could you hold for a moment please? Just a moment please. One moment please. 「少々お待ちください。 」 Could you hold while I check? 「ただいま確認いたしますので、少々お待ちを。 「少々お待ちください。 ただいまお繋げいたします。 「彼女のアシスタントににおつなぎいたします。 」 カジュアル編: Just a sec. Hang on a second. 「ちょっと待ってて。 」 Let me put you through. 「今つなげるね。 「今代わるね。 」 Just a sec. 「ちょっと待って。 今代わるね。 」 Hang on a sec. Let me see if he is in. 「ちょっと待ってて。 今いるかどうか確認するね。 「〜の件で折り返し電話をさせていただきました。 「スミスさんからお電話を折り返しさせていただきました。 」 Mr. Smith called me earlier. 「先ほどスミスさんからお電話をいただきました。 」 Mr. Smith asked me to call him. 「スミスさんに電話するようにと本人に言われました。 」 I was told to return your call. 「そちらかの電話を折り返すようにと言われました。 」 カジュアル編: Sorry I missed your call earlier. 「さっきは電話でれなくてごめん。 」 Did you call? で大丈夫です。。 フォーマル編: Goodbye Mr. Tanaka. Thank you for calling. 「田中さん、お電話ありがとうございました。 「申し訳ありません、別の回線に電話が入ってきています。 「申し訳ありません、別の電話が入ってきています。 」 It was nice talking to you Mr. Yamada. Goodbye! 「ヤマダさんとお話できてよかったです。 では失礼いたします!」 Thank you, goodbye! 「ありがとうございました!」 I am looking forward to meeting you Mr. Tanaka. Bye. 「では田中さん、お会いするのを楽しみにしています。 」 カジュアル編: Thanks for calling. Bye for now. Bye! I have to let you go now. Bye. 「また近いうちに話そう!それじゃ!」 Okay then! Talk to you soon! Well, I guess I better get going. Talk to you soon! 「それじゃ!また話そう!」 Okay, bye! Cheers! Ciao! 「それじゃ!」 The takeaway: 電話で使われる基本的な 英語の表現は場面によって色々ありましたね!まずは、自分がよく出会う場面から使ってみましょう! それらに慣れたら、他の表現も覚えていきましょう。 とりあえず、一度目にしておけば、聞き取れる確率は上がります。 英語で 電話をかける場合は、事前に何を伝えたいのかをメモることを勧めます。 最後に、スマイルを忘れずに!ある出前ピザのお店のカウンターの裏にこう書いてありました: Smile, because the customer can hear it. 「笑顔はお客さんに聞こえます(伝わります)。 」 不思議なことに、たとえ表情は見えなくても、気持ちは伝わっちゃうのです。 感情とボディ・ランゲージは常に関連しているからだそうです。 つまり、不安も伝わってしまいます!ですので、本日紹介した 電話で使われる 英語の表現を一日でも早くマスターしてしまいましょう! Thanks for reading! I have to go, someone is calling me!

次の

英語での電話の問い合わせが解決!状況別にネイティブが作ったフレーズと例文集

電話 英語 会話

まずはゆっくり話しましょう もしも会社に英語で電話がかかってきたら、どう対応すれば良いでしょうか? まずはゆっくり話しましょう。 よく英語の電話の出だしは練習して暗記していたりして、緊張から、そこだけ早口でしゃべってしまいがちです。 すると相手は、英語ができる相手だと思い、ナチュラルスピードをはるかに超える速度の英語で、まくし立ててくるケースがよくあります。 気持ちを落ち着けて簡単な挨拶(Hello. や Good morning. )と会社名を。 そのあとに、 "Could you speak more slowly? (もう少しゆっくり話せますか?)"と伝えてみましょう。 それではとっさの電話対応に役立つ英語表現を場面ごとにみていきましょう。 <目次>• 英語で電話を受ける もしもし、ABC会社です。 "Hello. This is ABC company. " ご用件を承ります。 "How can I help you? "/"Can I help you? " どなたにお掛けでしょうか? "Whom would you like to speak to? " ~におつなぎします。 "I'll connect you with Mr. " 相手の名前や会社名を確認 どちら様でしょうか? "May I ask who is calling? /Whom may I say is calling? " もう一度お名前を伺っても宜しいですか? "May I have your name again, please? " もう一度会社名をお願いいたします。 "May I have your name of your company, again, please? " 名前のスペルを確認させてください。 "Could you please spell your name? " 自分では対応不能と判断した場合 ・電話を保留にする Hold on, please. /One moment, please. /Would care to hold? /Would you hold a second, please? ・英語の出来る人にバトンタッチする "I'll get someone who speaks English. " 担当者が不在の理由 担当者の名前を言うとき、日本語では「佐藤は」「田中は」と呼び捨てにしますが、英語では Mr.やMs.の敬称を付けて呼びます。 その後は、He、Sheの代名詞で受けて会話します。 " 本日、既に退社いたしております。 " 不在時の対応 明日またお電話いただけますでしょうか? "Would you mind calling again tomorrow? " 後ほどお掛け直しいただけますか? "Could you call again later? " 伝言は必ずお伝えいたします。 " 電話を切る Thank you for calling. /Thank you for your call. /Thank you. Good-bye. 【関連記事】•

次の