野田 琺瑯。 野田琺瑯 鍋の通販・価格比較

野田琺瑯

野田 琺瑯

ほうろう(琺瑯)について ほうろう(琺瑯)は、金属の表面にガラス質の釉薬を焼き付けた素材です。 強いけれどサビやすい鉄と、美しいけれどもろいガラスを結合させ、 強くて美しい両者の長所を活かした複合材料と言えます。 その歴史は、紀元前1300年頃につくられた古代エジプト・ツタンカーメン王の黄金マスクが最初期のものといわれ この時代のほうろうは、現在一般的に使われている鉄ほうろうとは異なり、 金・銀の金属にガラスを加工したもので、いわゆる金細工工芸に類似した一種の七宝でした。 日本での実用品化は明治時代とされています。 ほうろう(琺瑯)の長所 耐熱性・冷却性 金属の素地をガラス質で覆っている為、熱伝導が良く、お湯沸かしや料理に活用できます。 冷却性も高いので保存に適しています。 耐食・耐酸 ほうろうは、酸、塩分に強い耐久性を持っています。 その為、貯蔵や醸造用に容器が使われることが多く、耐薬品性に優れている為、化学薬品などの製造時にも使われます。 美しい色合い ガラス質に着色ができるので、美しい色合いと光沢を楽しめます。 焼き付けているので、変色することもありません。 非吸着 ほうろうの表面はガラスなので、非吸着性に優れています。 ガラス質は内容物と化学反応を起こすことがありません。 硬度が高く、汚れやにおいがつきにくい為、雑菌が繁殖しにくく清潔に保てます。 洗いやすくお手入れがしやすいのも特徴です。 安全性 鉄とガラスで出来ており、有害なものは含まれていない為、安心してお使いいただけます。 ほうろう(琺瑯)の短所 衝撃・落下に弱い 表面がガラス質なので、衝撃や落下がありますと欠けや割れが生じます。 サビ 工程上、全てをガラス質で覆いきれない為、水分や塩分等で鉄サビが生じる可能性があります。 鉄サビですのでご安心いただけますが、お手入れにより防ぐ事も可能です。

次の

野田琺瑯

野田 琺瑯

70年間以上、琺瑯づくり一筋に歩み続けてきた伝統ある野田琺瑯。 道具は人の手助けになり、心がやすらぐ、安心して使えるものでなければならないという考えのもと、様々な道具がつくり続けられています。 野田琺瑯の歩み 野田琺瑯は昭和9年、東京に設立。 昭和16年に勃発した太平洋戦争の企業整備令に基づき、一旦工場は閉鎖されましたが、昭和22年に再開。 再開当時は病院で使う洗面器等の衛生用品、理化学用品を中心に生産していました。 その後、琺瑯は清潔で耐久性に優れているところから、キッチン用品としても生産するようになりました。 それにより多くの料理研究家などに認められ、「日本の琺瑯といえば野田琺瑯」という信用を確立し、現在に至ります。 野田琺瑯の想い 70年以上の伝統ある野田琺瑯は、エジプト時代に発祥したと言われている琺瑯の長い歴史に培われ、進化してきた琺瑯の火を消してはならないという思いのもと、創業以来、琺瑯づくり一筋に取り組んでいます。 また、人々が健全な生活を送るためには、人間の根源である「食生活」を見直すことが大切という考えのもと、数々の食生活を育む道具たちが生みだされています。 熟練した野田琺瑯の職人たち 小ロット、多品種で作業を行う野田琺瑯の製品は、長年の経験でつちかわれた職人さんたちの手仕事により、ひとつひとつ丁寧に作り出されています。 また、野田琺瑯の製品は難しい作業を要するため、一流の職人しかつくることが出来ません。 野田琺瑯のつくる月兎印 月兎印は、大正15年に株式会社フジイが藤井商店であった時代に作られたブランドです。 月兎印は琺瑯製品のブランドとして認知され、今日に至ります。 昔ながらの製法で、野田琺瑯の職人さんの手仕事により、ひとつひとつ丁寧に仕上げられています。

次の

daily

野田 琺瑯

もくじ• 野田琺瑯のぬか漬け美人と無印良品の容器を比べてみた 無印良品の「バルブ付き密閉保存容器」はぬか漬け専用の容器ではありませんが、フタをしたまま電子レンジで使えるプラスチックタイプの他に、液体とニオイが漏れないホーロー製があります。 ぬか漬けには電子レンジは不要ですので、ホーロー製の容器を使います。 5cm)ですが、幅が大きすぎますので、深型・中(幅11. 5cm)を使います。 野田琺瑯の方は、ぬか漬け容器 (幅25. フタはプラスチック製、容器はホーロー製で、見た目のデザインはシンプルで、ほとんど変わりません。 違う点は、 無印良品の方のフタにバルブが付いている点です。 ぬか漬けを簡単に作るために、今回は捨て漬け不要の「漬けもん屋のぬか床」を使います。 買ったらすぐに漬けられるのです! ぬか床2kgにみかんの皮や昆布、塩や鷹の爪などの調味料が一緒にセットになっていて、とても便利なのでおすすめです。 リンク 2つの容器にたくさんの野菜を入れてぬか漬けを作ってみた 大根やきゅうりやなす、かぶやおくらなど、多くの野菜を漬けてみます。 野菜を洗ったら、包丁で切っていきましょう。 きゅうりはそのまま、大根と人参は縦に4分割、かぶは縦半分に切ります。 野田琺瑯はサイズが大きい分、たっぷりの野菜が漬けられます。 どちらの容器もやや詰めすぎかも・・。 ぬか床をかぶせて平らにさせます。 粘土みたいで楽しい〜! 冷蔵庫に保存します。 2つの容器ともに、 庫内にすっぽり入るのがいいですね。 冷蔵庫がすっかりオシャレに変わりました。 漬けた日付をポストイットに書いて貼っておくと、とてもわかりやすいです。 丸1日経ち、それぞれの野菜を切ってみることに。 どちらの容器でも同じように漬かりました。 同じ野菜とぬか床を使い、同じ日に漬けたのですから当たり前ですね(笑) 漬かり方に関しては、容器の差はほとんどありません。 きゅうりとおくら以外はまだ早いですね。 もう1日漬けてみることにしましょう。 こちらが2日目です。 1日長く漬けただけで、とてもおいしくできました。 完成量の違いはありますが、どちらもおいしく漬けることができました。 2つの容器を使って比較してわかった!ココがメリット・デメリット 野田琺瑯と無印良品の容器を使ってみて、「ココがいいな!」「イマイチだな!」と思うところがわかってきました。 2つを比較してわかったメリットとデメリットはこんな感じです。 1.野田琺瑯の容器は「水取器」がついていて便利 長く漬けていると、野菜から水分が出てきます。 水分でぬか床が軟らかくなったときのために「水取器」が付属としてついています。 これがあるかないかで、お手入れのラク度が断然変わってきます。 2.野田琺瑯の容器は深いためかき混ぜやすい 昔ながらの陶器のツボほどの深さはありませんが、野田琺瑯の容器は深さが12cmあることで、ラクにかき混ぜることができます。 かき混ぜていても途中でこぼれることなく、 しっかりかき混ぜられる点がポイント高いです。 無印良品の方はかき混ぜていると、途中でぬかがこぼれてしまうことが多く、ぬか漬けをするにはちょっとストレスが・・。 ストレスなく使うとなると、野田琺瑯の方が使いやすいでしょう。 3.無印良品の方はきゅうりが丸ごと1本入らない ぬか漬けで最も手軽に漬けられるのがきゅうりです。 できれば丸ごと1本入れたいものですが、野田琺瑯は洗ったらすぐに漬けることができます。 しかし、無印良品の方はきゅうりを切らないと入れられません。 これが1つの手間に・・。 きゅうりをよく漬ける人は、野田琺瑯の方がおすすめです。 4.無印良品はバルブを開けるのが大変だけれどニオイ漏れなし 無印良品はバルブが付いているため、上に持ち上げて開栓してからじゃないと開かないし、反対に閉まらないので、バルブを上下に動かす手間があります。 これが結構めんどくさい・・。 しかし、このバルブがあるおかげで、冷蔵庫内がぬか臭くなくなります。 野田琺瑯の容器でもニオイはほとんどしませんが、 ニオイが気になる方は無印良品の方がおすすめです。 漬け物をストレスなく楽しむなら「野田琺瑯」がおすすめ! 2つの容器を比べながら漬けてみましたが、やはり漬け物のために作られた「野田琺瑯」の容器の方が断然使いやすかったです。 冷蔵庫で使えることや、容器の高さや深さ、フタの開け締めのしやすさなど考えると、最適な大きさであると思いました。 2つを比較してみた結果、私は 「野田琺瑯 ぬか漬け美人」を今後も使っていきたいと思います。 でも、無印良品には他にもたくさんの容器があるため、冷蔵庫内に置く場所が許されるのであれば、深型大の容器でもいいかと思います。 私も無印良品が大好きですので、無印良品の容器はたくさん持っています。 自分がお気に入りの容器を使うことで、ぬか漬けライフも楽しくなってきます。 自分が思った通りのぬか漬けができたときは、最高においしいですよ。 まだぬか漬けを作ったことがない方は、あなたにぴったり合った容器を使って、おいしいぬか漬けをぜひ食べてみてくださいね。 野田琺瑯 ぬか漬け美人入り!樽の味カンタンぬか床セットはこちら.

次の