妊婦 股関節 の 痛み。 股関節の痛みの原因と改善ストレッチ〜太ももの付け根の痛みを緩和する方法

横向きで寝ると股関節が痛い?横寝と股関節の痛みの関係、原因と対策

妊婦 股関節 の 痛み

産後の股関節痛の原因と対処法 股関節痛の原因は? 妊娠をすると「リラキシン」というホルモンが体の中で分泌され始めます。 この「リラキシン」は、骨盤の周りのじん帯を緩めて、骨盤を開きやすくする効果があるのです。 赤ちゃんがスムーズに産道を通り、出産しやすいように体が自然に準備を始めているのですね。 「リラキシン」の効果で、出産時には骨盤がとても開きやすくなっています。 実際に妊娠中から出産にかけて骨盤がとても緩く感じたママさんは多いのではないでしょうか。 しかしいい面ばかりではありません。 骨盤が緩くなると骨盤が安定しないために、 股関節にも負担がかかってきてしまいます。 先輩ママの体験談を見ても、妊娠中から股関節が痛くなったという方がたくさんいます。 妊婦さん・産後のままにとって、股関節痛はある意味仕方がないことでもあるのですが、出産後いつまでも股関節痛が続くと、育児や日常生活にも悪影響が出てきてしまいますよね。 産後の股関節痛はいつまで続くものなのでしょうか。 また自然に治るものなのでしょうか。 股関節痛はいつまで続く? 股関節の痛みがいつまで続くかは、かなり個人差があります。 ひどい場合だと1年以上股関節の痛みが続くということも珍しくありません。 出産後は緩んだ骨盤が徐々に元の状態に締まってくるのですが、この時に座り方が悪かったり、姿勢が悪かったりすると骨盤が歪んでしまうことがあります。 骨盤が歪んでしまうと、股関節に負担がかかる状態がなくならないので、股関節の痛みも続いてしまうということになります。 重要なことは、産後に骨盤が歪まないようにしてあげるということなのですね。 骨盤さえ歪まなければ、産後しばらくすると股関節の痛みも徐々に和らいできて、その後自然に股関節痛が解消されるでしょう。 股関節痛を解消するためには、 骨盤を歪まないように予防する、もしく は歪んでしまった骨盤を元の位置に戻してあげることが大事になるということです。 では、骨盤を歪まないように予防したり、歪んでしまった骨盤を戻すにはどうすればいいのでしょうか。 骨盤ベルトや骨盤矯正で股関節痛を解消 予防には骨盤ベルトが有効 まずは骨盤が歪まないように予防することが一番いい方法です。 骨盤が歪みさえしなければ、通常股関節の痛みはしばらく経つと自然に治まります。 骨盤を歪まないように予防するためには、 トコちゃんベルトのような骨盤ベルトを使用することが最も効果があります。 緩んだ骨盤を締めて固定することで、歪みを防止するのですね。 先輩ママの体験談を見ても、トコちゃんベルトを産前・産後に使用することで、産後1か月ほどで股関節の痛みがなくなったというものがあります。 トコちゃんベルトは産婦人科でも推奨しているところが多い効果のある骨盤ベルトなので、利用することをお勧めします。 歪みを解消するには骨盤矯正が有効 一度歪んでしまった骨盤を元に戻すには、やはり骨盤矯正が有効です。 骨盤ベルトでも歪んだ骨盤を矯正することはできるのですが、産後半年ほど経つと骨盤も締まってきてしまうので、骨盤ベルトを使うなら、産後半年以内に利用したいですね。 半年以上経っても股関節の痛みが続く時は、骨盤が歪んでしまっている可能性が高いです。 整骨院で骨盤矯正というと痛いイメージがありますが、 最近は無痛でゆっくりと骨盤矯正をしてくれる整骨院も増えてきています。 痛い整体が苦手だという方は、無痛で骨盤矯正をしてくれる整骨院を探してみてはいかがでしょうか。 先輩ママの体験談とアドバイス 足の付け根からグルグルと足を回すストレッチをすると、すこし痛みが軽減するように感じます こんにちは。 私も産後の股関節痛に悩んだ者です。 私の場合、もともと股関節が弱かった事もあり、産前から痛みがあり、お腹が膨らみだした7か月くらいから歩いていると痛くなる事がありました。 当然産後も痛みはありましたが、私の場合は産んでからの方が痛い頻度は減ったかもしれません。 今でもたくさん歩いたり走ったりした時は痛みを感じる時があります。 そんな時は足の付け根からグルグルと足を回すストレッチをすると、すこし痛みが軽減するように感じます。 外でそんな動きは恥ずかしいという時は、膝を曲げ伸ばしする屈伸運動でも楽になるように感じました。 痛みを感じるタイミングは、長時間同じ姿勢でいる時や、長時間歩いたりした時が多いと思います。 産後の体はゆっくり直していくしかないと思いますが、大丈夫だと思っても無理をしないように気を付けてくださいね。 あまりに酷い場合は骨盤のゆがみも原因かもしれませんので、専門医に相談するのも手です。 どんなストレスも早めに撃退しちゃいましょう!(静岡県 Y. O) 整体で診てもらうと、私の場合は骨盤の歪みからくる股関節痛と言うことでした 私の場合、妊娠期から股関節に違和感がありました。 それが出産後痛みに変わり、産後直後からスムーズに歩くこと、階段の上り下り 特に下りは支えがないと不安定になり怖かった が困難になりました。 一過性のものではないようで、痛みはなかなか消えず、動くだけで苦痛になるまで悪化してしまいました。 産後1ヶ月が経ち、悪露も落ち着き、病院の検診で許可がでてから整体に駆け込みました。 整体で診てもらうと、私の場合は骨盤の歪みからくる股関節痛と言うことでした。 原因もわかり数回整体に通いしっかり治療をしてもらい、先生の指導を受けて正しい骨盤の位置を心がけるようにしています。 体の歪みは万病につながるとのことですので、同じように痛みに悩まされている方は産後の戻りがいい時期に一度専門の方に相談することをお勧めします。 (奈良県 H. M) 産後一年近く痛みは続き、酷い時は立ち上がること、歩くこともままなりませんでした 一人目出産前から、股関節部に痛みがあり、産後も続きました。 初めは、産前の恥骨のあたりが痛いなー?程度でしたが、産後一年近く痛みは続き、酷い時は立ち上がること、歩くこともままならず子供を抱いて生活することが大変でした。 子どもが1歳の頃位まで続き、二人目、三人目も同様でした。 痛みの程度、期間も同じくらいでした。 産後の母親健診の時に相談したところ、産前産後の骨盤のゆるみが原因だろうと言われました。 コルセットやガードルはうっ血しやすいことから緩いものしか使用できず、痛みが長続きしたのはそれが原因だったかもしれません。 大丈夫だろうと高をくくらず、専門医 整形外科等 にかかるべきだったと、今なら思います。 特に初めての出産のときは、出産そのものとわが子のことに気を取られがちですが、母親が健康でいて初めて、育児に集中することができます。 私は出産まで、自身が大きなけがも病気もしたことがなく、まさか自分が這って生活するなんて想像もつきませんでした。 普段健康であっても思わぬひずみが体に出たりするので、症状が出た後でもなるべく早く、遠慮なく周りに相談、対処してほしいと思います。 産後1ヶ月になりますがまだ少し痛みます 私の産後の股関節痛は産後すぐではなく、しばらく経った産後1日目ぐらいからはじまりました。 普通に歩けずがに股になる感じで恥骨の部分まで痛く、沐浴をするのにも股関節が痛く膝をついてしています。 でも足を閉じる感じを心掛け、骨盤ベルトをすると少し楽になります。 産後1ヶ月になりますがまだ少し痛みます。 産後は妊娠の時とは別の大変さがあり、体のそこらじゅうが痛いのに育児に追われヘトヘトになります。 でも、赤ちゃんの成長は毎日すごく楽しみで日に日に顔も変わってきて楽しいです。 出産を控えてる方はお産が怖いと思うかも知れませんが絶対終わりはあるし、赤ちゃんの顔を見たらそんな痛みすぐ吹っ飛びます! 出産直後から約1か月ほど股関節痛がありました 出産直後から約1か月ほど股関節痛がありました。 出産時にずっと足を開いていて、普段そんなに長い時間足を開くことがなかったので、関節を痛めたようです。 当初は歩くのも痛いくらいでしたが、退院時の診察では、特に問題がないと言われたので、骨盤ベルトをするくらいで様子見をしていました。 徐々に痛みは小さくなり一か月検診のころには痛みはなくなっていました。 私は軽いほうだったと思います。 トコちゃんベルトを妊娠中、産後すぐに巻くようにしたのも股関節痛の軽減に役立ったように感じています。 出産時は骨盤が開き、腰や股関節に痛みが出やすいので、助産師さんや産婦人科の先生に相談して悪化しないよう注意してくださいね。 (新潟県 H. I) まとめ 産後に股関節の痛みが出ることはある意味仕方がありません。 妊娠をすると骨盤が開きやすくなるホルモンが分泌されるので、どうしても股関節に負担がかかってしまうのですね。 この負担が股関節痛の原因なのですが、出産後は開いた骨盤も徐々に締まってきます。 この時に、横座りなど座り方が悪かったり、姿勢が悪かったりすると骨盤が歪んでしまい、股関節に負担がかかり続けてしまいます。 股関節の痛みを解消するには、骨盤が歪まないようにすることが大事なのですね。 骨盤が歪まないようにするにはトコちゃんベルトなどの骨盤ベルトが有効です。 また歪んでしまった骨盤は、整骨院などで骨盤矯正をすることで元通りに戻すことができます。 股関節の痛みを和らげたり解消するには、骨盤のゆがみを矯正することが必要なので、まずは骨盤が歪まないように座り方や姿勢に注意して出産後は過ごす必要があるということですね。

次の

妊婦の股関節痛や腰痛の原因は?歩けなくなる前に改善を!

妊婦 股関節 の 痛み

もくじ• 横向き寝と股関節の痛みには深い関係が 横向きに寝ることと関節の痛みには、深い関係があります。 今回この記事では、具体的に横向きに寝ると股関節が痛むという方が 疑うべき病気や、股関節に 負担のかかりにくい寝方について、ご紹介していきます。 私自身、肩こりや首こりはもちろんのこと、寝起きの腰痛や股関節の痛みに悩まされたことがありました。 マットレスや枕、寝方を変えることで随分と改善されましたが、寝るときに生じる身体の痛みの辛さは、よくわかります。 横寝をすると股関節が痛いという方、股関節の痛みで夜中に目が覚めてしまう!という方は、ぜひ参考にしてみてください。 この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。 横向きで寝ると股関節が痛い方が疑うべき疾患 体を横にして休みたいはずなのに、 横向きで寝ると股関節が痛くなかなか気が休まらない、寝ていても途中で痛くなって、目が覚めてしまうという方は意外と多く、 股関節や腰痛で悩んでいる方は、少なくないのです。 実は、股関節の痛みというのは、我慢して良くなるものではありません。 それで、横向きで寝ると股関節が痛いという特徴的な症状が出ているのであれば、 今どんな症状病気にかかっていて、取り入れられるどんな対策があるのか?を、正しく見極めていくことが大切です。 股関節が痛む三大原因 なんだか足の付け根が痛い、動かしにくい、痛みがあると感じている方は多いのですが、股関節が痛むという場合には、大きく分けて 三つの原因が考えられます。 これは、 横向きで寝ると股関節が痛いという症状とも深い関係があるため、少し触れておていきたいと思います。 1 病気 股関節に痛みを引き起こしてしまう原因の一つは、 病気です。 横向きで寝ると股関節が痛いというケースでは一般的ではありませんが、難病指定もされている 大腿骨頭壊死症という病気も、可能性として考えられるでしょう。 2 ケガ 股関節が痛む他の原因の一つは、怪我です。 怪我による股関節の痛みは、 股関節の使い方を間違ってしまったり、酷使した場合に起こります。 具体的には、 股関節唇損傷などが、考えられるでしょう。 この場合、横向きで寝ると股関節が痛いという症状はもちろんのこと、何をしていなくても痛くなる特徴的な症状が起こることが多いので、寝る体勢との関係は、それほど深くありません。 しかし、股関節の怪我が軽症の場合は何もしていないときは痛くならず、 寝ているときに体温が下がり、痛みが起きることがあります。 また、片方の股関節だけを痛めている場合には、 痛めているほうの股関節を下にして横向きで寝ると股関節が痛い、と感じることもあります。 3 臼蓋形成不全 股関節の痛みの中で実は最も多い理由となるパーツが、 股関節の屋根と言われている臼蓋です。 股関節の屋根が小さくなっている臼蓋形成不全ということが、原因となった変形性股関節症です。 なお、こちらでは足の付け根や大転子の痛みと横向き寝の関係について説明していますので、興味がある方はご覧ください。 ほとんどは、 臼蓋形成不全が原因で発症します。 通常は、この臼蓋という受け皿のような部分が、大腿骨の先に収まるようになっているのですが、これが 小さすぎたり不完全になることで、股関節に痛みを生じます。 この状態そのものは、若い頃から始まっていても、関節の隙間が空いているために、通常は痛みを感じにくく、年齢を重ねるごとに痛みが出るという場合が多いんです。 大腿骨の軟骨に摩擦が生じることで、段々と軟骨がすり減っていき、炎症を起こします。 横向きで寝ると股関節が痛い場合はすでに進行が始まっているかも 変形性股関節症は、 年齢を重ねれば重ねるほど、また体重が重ければ重いほどその痛みが、早く発症しやすいのです。 横向きで寝ると股関節が痛いという場合には、 関節の変形がすでに始まっているという可能性が考えられます。 横向きで寝ると股関節が痛いという方は、少し前に歩き始めや立ち上がる時などにも痛みがなかったか、考えてみましょう。 その時の痛みは股関節ではなく、 太ももの横や前部分に出るという特徴があります。 安静にしていても股関節が痛い、横向きで寝ると股関節が痛いという場合には、 レントゲンを撮影し、専門医に診てもらうことで、すぐに診断がつくでしょう。 横向きで寝ると股関節が痛い症状が起きる前に太ももの前か横部分に痛みが出ていたという場合には、この病気が考えられます。 股関節の痛みは我慢しても良くなりません。 痛みが出ているときに我慢せず、 原因を突き止め、症状を改善・悪化を防止するということが、大切なんです。 治療方針や対策方法 横向きで寝ると、股関節が痛いことの原因になりがちな変形性股関節症は、その症状がどれほど進んでいるかに合わせて、治療方針が決められます。 痛みが強く、寝ている時まで気が休まらないという場合には、 薬物療法によって、痛みを抑えることができるでしょう。 残念ながら、この変形性股関節症は、 手術以外に根本的に治す方法はありません。 年齢によっては、 痛みや炎症を抑えて日常生活を送りやすくするだけで、良い場合もあります。 症状が強すぎる場合には注射を使うこともありますが、 強い痛みは悪化のサインですので、軟骨のすり減りを早めないためにも、 早めに医師に横向きで寝ると股関節が痛いということを伝えましょう。 初期段階では痛みを感じにくい病気という特徴ゆえに、横向きで寝ると股関節が痛い、関節が動かしづらくなってきたなどの自覚症状が出た時には、かなり進行していることが考えられますので、 放置するのは危険です。 股関節に負担のかからない寝方を では、横向きで寝ると股関節が痛いという変形性股関節症の方は、どのようにしたら、ぐっすり眠ることができるのでしょうか? まず覚えておきたいのは、変形性股関節症は、 片側だけに生じるケースもあるということです。 片側だけに症状が起きている場合には、 傷んでいるほうの股関節を下にして横向きで寝ると股関節が痛くなります。 股関節の痛みの種類によっては、多少の痛みを我慢してでも、ストレッチなどが必要なケースもありますが、ほとんどの変形性股関節症の場合は、 痛みを抑えながら生活していくことがメインになります。 横向きで寝ると股関節が痛いのなら、 寝る体勢を変えることも、必要です。 変形性股関節症の方が避けたい寝るときの体勢 変形性股関節症の患者さんが、してはいけない寝方は主に二つあります。 それは、 うつ伏せで片方の足を曲げるという状態です。 これは疲れた時に、よくしてしまう寝方ですが、 股関節に負担がかかると言われています。 また、横向きで寝ると股関節が痛いという場合に多い、 悪い方を下に寝るというのも、できるだけ避けたい体勢です。 悪い方を下にすると楽に感じる場合もありますが、 全身の体重が股関節や肩、首などピンポイントでかかってしまうので、横向きで寝ることは、股関節に負担の多い寝方と言えるでしょう。 変形性股関節症の方におすすめの寝方 変形性股関節症の方におすすめの寝る体勢は、やはり 仰向けです。 全身にバランスよく体重がかかり、一点に集中しないため、リラックス出来にくいという方も多いのですが、やはり仰向けが理想的です。 股関節への負担を少なくするためには、 小さめの枕やバスタオルなどを、膝の下に入れると良いでしょう。 股関節にかかる負担を避け、膝の痛みや腰痛にも効果を発揮してくれます。 また、どうしても横向きで寝たい!でも、横向きで寝ると股関節が痛い!という方にオススメなのは、 横向き寝用の抱き枕などを取り入れることです。 横向き寝をする時専用の横向き寝用枕は、 体への負担を軽減して、快適な横向き寝を実現させることができます。 横向き寝用の枕などは特に首や肩こりに良いのですが、腰痛や股関節の痛みで悩まされているという場合には、横向き寝専用の抱き枕やマットレスを取り入れるのが、オススメです。 スポーツをしている方は要注意股関節唇損傷 横向きで寝ると股関節が痛いという時に考えられる他の理由は、 股関節唇損傷という病気です。 特に、この症状はスポーツなどをしていて、 股関節を酷使している方に注意が必要な病気と言えるでしょう。 原因のわからなかった股関節痛の多くは、この股関節唇損傷だと言われていて、比較的新しい病気です。 それで、診断や治療の技術が、今でも進歩し続けています。 この病気は 自然と治ることもあるため、一時的に横向きで寝ると股関節が痛いと感じていたけれど、いつの間にか治ってしまったという場合もあります。 股関節唇損傷症の対処法 基本的には保存療法、つまり手術をしないで、痛みをコントロールする治療が一般的ですが、 どうしても痛みが取れないという場合には、手術を取り入れることもあります。 いずれにしても、この股関節唇損傷によって、関節の痛みが生じている場合、痛みが起きる体勢はすべて避けるのが良いと言われています。 横向きで寝ると股関節が痛いという場合には、 他の寝方を考えることが大切です。 横向きが好きだからといって、痛みを我慢してでも横向き寝をすることは、 股関節に大きな負担となります。 可能性は低いが危険性の高い大腿骨頭壊死症 横向きで寝ると、股関節が痛いという場合に考えられる病気の一つとして、メジャーではありませんが、危険性が高いため取り上げておきたいのが、 大腿骨頭壊死症という難病です。 これは 大腿骨頭の一部が血流が低下することにより、壊死してしまう病気のことです。 血が通わなくなってしまうので、 骨の組織が死んだ状態に陥ってしまうのです。 この骨の壊死が起こるタイミングと、 痛みが生じ始めるタイミングにはラグがあるため、注意が必要です。 骨が壊死していく時には痛みがないのですが、この壊死した部分が潰れていく際に、痛みが生じていきます。 大腿骨頭が壊死してしまう角度や範囲などによって、痛みの出方には個人差があります。 また、 特定の体勢のみ痛みが生じ始めることもあります。 それで、横向きで寝ると股関節が痛いという症状が起きることも、考えられるでしょう。 股関節に負担をかけないことが重要 股関節の痛みの原因によっては、少しの負担をかけながら、 可動範囲を広げていくという治療も効果的です。 しかし、この病気では、日常生活で大腿骨頭が潰れてしまわないように、 股関節に負担をできるだけかけない意識が必要なんです。 それで、横向きで寝ると股関節が痛い場合や、特定の体勢でのみ痛みが生じる場合には、その体勢を避けることが、徹底的に指導されます。 寝るときに痛みが軽減される体勢を見つけ、その体勢で寝ることを、おすすめします。 痛みの原因を見極めて正しいケアを なぜ、横向きで寝ると股関節が痛いのだろう?とお悩みの方は、まずその 原因をきちんと見極めて、正しい対処法を取り入れることが大切です。 悪化を防止し、症状を改善していくためには、 正しい診断が最も重要でしょう。 一言に、横向きで寝ると股関節が痛いという症状でも、骨が壊死しているというケースもあれば、軟骨がすり減って症状が起きているという場合も、あるからです。 いずれにしても、痛みが生じる体勢を続けることは股関節に良くないため、 他の体勢を見つけるか、股関節に負担のかかりにくい横向き寝専用の抱き枕を取り入れることが、大切です。 必要な対策を取り入れて、股関節の痛みを軽減し、夜はぐっすり眠れるようにしたいものですね。

次の

産後の股関節痛はいつまで続くの?原因は?痛みを和らげる方法は?

妊婦 股関節 の 痛み

概要 股関節炎とは、股関節内に炎症を生じる病気や怪我のことです。 その原因はさまざまで、や感染、などが挙げられます。 股関節炎の主な症状は股関節部の痛みですが、痛みは 大腿 だいたい の内側や前面、膝にまで広がるケースも多々あります。 また、痛みが強い場合には股関節運動が制限されたり、関節に体重がかかることで激しい痛みが誘発されたりするため、歩行や立位が困難になることも少なくありません。 股関節炎には原因によっていくつかの種類がありますが、原因がはっきりわからない「単純性股関節炎」、股関節内に細菌感染が生じる「化膿性股関節炎」などが挙げられます。 股関節炎は小児に多く発症しますが、などの股関節疾患との鑑別が必要となります。 また、高齢者などでは、を背景として股関節を構成する大腿骨や骨盤の微小や閉鎖孔などでも同様の症状が生じるため、鑑別が困難になることも少なくありません。 原因 股関節炎は大きく分けると、感染が原因ではない「非感染性股関節炎」と股関節内への病原体感染が原因である「感染性股関節炎」があります。 それぞれの原因は以下の通りです。 非感染性股関節炎 非感染性股関節炎でもっとも多い病気は、「単純性股関節炎」です。 3~8歳ごろの男児に好発しますが 、発症メカニズムは明確には解明されていません。 やによるものなどさまざまな原因が考えられていますが、はっきりとした原因はいまだ不明であり、非特異的な滑膜炎であるとされています。 また、ほとんどの例では、経過観察のみで治ります。 感染性股関節炎 感染性股関節炎でもっとも多い病気は、「化膿性股関節炎」です。 生後一か月未満の新生児から乳児に多く見られますが 、免疫機能が低下したや先天性疾患の児が発症しやすいとされています。 また、成人でも免疫力の低下する病気や薬剤を服用中の人で発症することもあります。 原因菌は黄色ブドウ球菌がもっとも多く、直接股関節内に感染するのではなく、やなどの病巣から血行性に感染することがほとんどです。 また、成人では人工股関節に感染が生じて発症することもあります。 感染性股関節炎はこの他にも、関節内へのや淋菌、、マイコプラズマなどの感染症が波及することが原因となることもあります。 症状 股関節炎の主な症状は、炎症による股関節痛です。 しかし、特に幼い子供さんでは正確に痛みの部位を訴えることができないので注意が必要です。 なんとなく痛がる・膝あたりを痛がる・動かしたがらないなど、さまざまな症状がありえます。 股関節は歩行などによって体重の負荷が大きい関節であるため、関節に負荷がかかると非常に強い痛みが生じて立位や歩行が困難になるケースも少なくありません。 また、痛みは股関節に留まらず、 大腿 だいたい の前面や内側、膝にまで及ぶこともあります(股関節自体の痛みは全く訴えないことも珍しくない)。 股関節内では炎症によって液体貯留が見られることがあり、関節運動が制限されることがあります。 特に単純性股関節炎では外転・外旋位をとるのが特徴で、患肢が長く見えます。 一方、化膿性股関節炎では、悪い方の股を開いた状態であり、オムツ交換時などに股関節を異なる方向に動かそうとすると激しく泣くのが特徴です。 また、発熱や不機嫌、食事量 哺乳量 低下などの全身症状が見られることもあります。 症状が進行すると、股関節に発赤や腫脹が現れるようになり、関節可動域は著しく制限されます。 股関節を構成する大腿骨に骨破壊が及ぶと、病的や成長障害を引き起こすことも多々あり、発症した場合には正確で迅速な診断と適切な早期治療が必要となります。

次の