プロミスの審査。 プロミスのメリット・デメリット※審査に申し込みする前に確認!

プロミスの即日借り入れ方法と金利、審査、口コミまとめ

プロミスの審査

簡易審査掲載カードローン・キャッシング一覧• 匿名簡易審査に登録されている企業一覧となります。 銀行カードローンの金利、審査を一覧で比較しています。 貸金業を専業としている企業の金利、審査を一覧で比較しています。 ビジネスローンを扱っている企業の金利、審査を一覧で比較しています。 銀行傘下の貸金業者の金利、審査を一覧で比較しています。 地方銀行などの金利、審査を一覧で比較しています。 女性専用サービスの金利、審査を一覧で比較しています。 おまとめローンとして利用できるサービスの金利、審査を一覧で比較しています。 申込から借入までをネットで行える企業の金利、審査を一覧で比較しています。 即日融資を扱っている企業の金利、審査を一覧で比較しています。 無利息期間サービスを設けている企業の金利、審査を一覧で比較しています。 パートやアルバイトの方も申込しやすい企業の金利、審査を一覧で比較しています。 土日や夜間でも振込み等を行う企業の金利、審査を一覧で比較しています。 一定額まで収入証明の提出が不要とするローンの金利、審査を一覧で比較しています。 口座が無くても融資を行うローンの金利、審査を一覧で比較しています。 一括返済に対応しているローンの金利、審査を一覧で比較しています。 プロミスは1962年 昭和37年 創業の消費者金融の大手です。 プロミスを会社名だと思っている人が多いようですが、実はプロミスは会社名ではなく、金融サービスの名称。 2012年にSMBCグループの子会社になったため、現在の社名は「SMBCコンシューマーファイナンス」です。 それでも、やっぱり「プロミス」の名称で親しまれているようです。 SMBCグループといえば、日本のトップクラスの企業の一つ。 信頼感と安心感は言うまでもありません。 また、テレビCMもよく流れているので、親しみやすさがあるかもしれませんね。 そして、プロミスのサービスで特徴的なのは、 なんといっても「 30 日間無利息」サービスでしょう! キャッシングに利息はつきものですが、30日間の利息がかからないのですから、これはぜひ利用したいサービスです。 ネット申込&審査通過後に最寄の『プロミス自動契約機』にいけば、すぐに借りられます。 しかもプロミス自動契約機でカードを受け取れば、基本的に「自宅に郵送物は届きません」。 お近くにプロミス自動契約機ない場合は『三井住友銀行(SMBC)ローン契約機』でもカード受け取りできます。

次の

プロミスで増額したい人必読!増額審査の時間や申請方法、増額案内から注意点まで徹底解説

プロミスの審査

インターネット上の口コミや体験談を見ると、「プロミスの審査の甘さは?」「プロミスの審査は通りやすい?」「プロミスの審査は緩い?」「プロミスは借りやすい?」など、プロミスのカードローン審査が気になっている人が多いです。 しかし、 大手消費者金融会社のプロミスの審査は甘くないです。 プロミスの公式サイトに「キャッシングの審査は甘い」とは一言も記載されておらず、審査担当者が申込者に返済能力がないと判断した場合には、プロミスの審査に通ることはできないのです。 それではなぜ、プロミスは借りやすいという噂が立つのでしょうか。 そもそもプロミスでは、どれだけの人が申し込みを行い、どれだけの人が審査に通過しているのでしょうか。 当記事では、「プロミスの審査は甘くない」というテーマで解説していきます。 プロミスの審査について知りたい人は、ぜひ参考にしてください。 プロミスの審査に通る人の特徴 プロミスの審査は決して甘くはないですが、 公式サイトの申込条件である「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」を満たす人は審査に通過できる可能性があります。 プロミスの安定した収入とは、「1つの職場から2か月以上給料を受け取っている」ことです。 つまり、年齢基準を満たし毎月安定した給料またはアルバイト代を受け取っている人であれば、パートやアルバイト、フリーター、学生でもプロミスから借り入れができます。 さらに、すでに他社からの借り入れが1社~3社ある人でも、 他社借入の総額が年収の3分の1を超えておらず、返済の延滞もない場合はプロミスの審査に通る可能性が高いです。 そのため、年収の低い人や他社借入がある人でも、条件を満たしていればプロミスの審査に通ります。 プロミスの審査は甘くない 結論から言うと、プロミスの審査は甘くないです。 なお、プロミスで借りやすいと言われているのは、以下の理由からだと推測されます。 【プロミスが借りやすいと言われている理由】• 消費者金融会社だから• 即日融資に対応しているから• パートやアルバイトでも申し込めるから プロミスが借りやすいと言われているのは、上記の理由からだと推測されます。 それでは、それぞれの項目について解説していきましょう。 消費者金融会社だから プロミスが借りやすいと言われているのは、「消費者金融会社だから」という点が挙げられます。 なぜなら、インターネット上の情報では、 「銀行カードローンよりも消費者金融カードローンのほうが借りやすい」と言われているからです。 まずは、下記の表を確認しましょう。 【各金融機関のカードローンの金利】 各金融機関のカードローン 金利(実質年率) 審査 消費者金融カードローン 高い(3. 銀行カードローンが金利を低めに融資を行っているということは、利用者が貸倒れた場合のリスクが高いということになります。 一方、銀行カードローンと比較した場合、消費者金融カードローンの金利は高めに設定されています。 消費者金融カードローンが金利を高めに融資を行っているということは、利用者が貸倒れた場合のリスクが低いということになります。 つまり、銀行カードローンを比較対象にした場合、消費者金融カードローンは金利が高めに設定されており、貸倒れのリスクが低いことから「審査に通りやすいのではないか」と言われているのです。 しかし、低金利で融資を行っていることがカードローン審査を厳しく行っている理由にはならず、同様に、高金利で融資を行っていることがカードローン審査を甘くしている理由にもなりません。 情報に根拠がない以上、「消費者金融会社が提供しているカードローン会社だからといってプロミスの審査は甘くない」ということを覚えておきましょう。 即日融資に対応しているから プロミスが借りやすいと言われているのは、「即日融資に対応しているから」という点も挙げられます。 実際、プロミスの公式サイトでは、申し込みから審査・契約・融資までの時間を 「Webなら最短1時間融資も可能」と明記されています。 審査にかかる時間は最短30分であり、契約内容の確認が完了次第、プロミスは原則24時間最短10秒で振込による融資を受けられます。 とはいえ、審査時間や審査結果の回答が早いからと言って、プロミスの審査は甘くありません。 プロミスは申込者の情報を入念に確認していないのではなく、 コンピューターによる属性スコアリングシステムを導入し、審査にかかる時間を短縮しているのです。 属性スコアリングシステムとは、申込者の属性(年齢・年収・職業・勤続年数など)を自動的に点数化してくれる審査方式のことです。 属性スコアリングシステムで計算された点数の合計点が一定基準に満たなかった場合には、その時点でプロミスの審査に落ちます。 つまり、プロミスは審査の合否に関係なく、最短30分で審査回答が得られるようになっているのです。 そのため、即日融資に対応している点や審査時間が早い点が、プロミスの審査の甘さにつながるわけではないので注意しましょう。 パートやアルバイトでも申し込めるから プロミスが借りやすいと言われているのは、「パートやアルバイトでも申し込めるから」という点も挙げられます。 実際、プロミスの公式サイトには、申込条件として 「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。 主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。 」と記載されています。 とはいえ、パートやアルバイトでも申し込みからと言って、プロミスの審査は甘くありません。 プロミスは正社員だけでなく、派遣社員や契約社員、パート、アルバイトなどの非正規雇用でも融資を受けられるように借入限度額を調整しているからです。 たとえば、アルバイトをしている学生がプロミスの審査に通過した場合、初回契約時の借入限度額は10万円程度の少額融資に設定される傾向があります。 いつでも辞められる状況にある学生アルバイトに高額融資を行ってしまうと、貸倒れのリスクが高くなるからです。 また、パートやアルバイトでも申し込めるとはいえ、申込者本人に安定した収入(目安:毎月1回以上の収入が2か月連続している)がない場合には、返済能力がないものと見なされるため、プロミスの審査には通りません。 パートやアルバイトでも申し込めるという点が、プロミスの審査の甘さにつながるわけではないので注意しましょう。 借入可能か気になる人は「お借入れ診断」を試してみる プロミスの審査難易度が気になっている人は、無料診断サービス「お借入れ診断」を試しましょう。 お借入れ診断を利用すれば、 「生年月日」「年収」「現在の他社お借入金額」の3項目を入力するだけで、借入可能かすぐに結果が分かります。 ただし、お借入れ診断には信用情報(金融事故の有無など)に関する項目がないため、プロミスの審査を受ける前の目安程度にしかなりません。 「ご融資可能と思われます。 」と表示されても、プロミスの審査に落ちる可能性があります。 とはいえ、プロミスの審査の甘さを気にしている人のなかには、すでに複数の金融機関から融資を受けている方も多いです。 成約率とは、申込者に対してどれだけの人数が契約までに至ったのかを表す割合のことであり、カードローン会社の審査難易度を推測するのに利用できます。 まずは、下記の表を確認しましょう。 【大手消費者金融各社の成約率】 消費者金融名 2020年3月 2020年2月 2020年1月 アコム 42. アコム・アイフル・プロミスの審査では、10人中4人が契約を結び、残りの6人がカードローン審査に落ちている計算です。 つまり、大手消費者金融会社のカードローン審査において、プロミス・アコム・アイフルに関しては、アイフルの審査難易度は同程度と推測できます。 成約率が最も高いのはアイフル 前途したように、大手消費者金融会社のなかでも、プロミス・アコム・アコムに関しては、審査難易度は同程度であると推測しました。 とはいえ、審査に通りやすいカードローン会社を探している人は、プロミスよりも成約率の高いカードローン会社を選択することもひとつの方法です。 なお、 大手消費者金融会社のなかで最も成約率が高いのはアイフルです。 アイフルはプロミス同様、「30日間金利0円サービス(通称:無利息期間)」に対応しており、無人契約機(てまいらず)で ローンカード発行すれば、土日祝日でも即日融資も受けられます。 そのため、カードローン審査に不安のある人は、成約率が最も高いアイフルへの申し込みを検討してみてください。 プロミスの審査に通らない人たち プロミスの審査の甘さを気にしている人は、まずは下記の条件を確認しましょう。 下記の条件に該当している人は、プロミスの審査には通りません。 【プロミスの審査に通らない条件】• 在籍確認が取れない• 信用情報に傷がある• 他社借入件数が多い• 無職・無収入である それでは、それぞれの項目について解説していきましょう。 在籍確認の電話が取れない プロミスは在籍確認なしで通るほど、審査は甘くありません。 在籍確認は本人確認とも呼ばれており、申込者の返済能力を確かめるための事実確認のことを言います。 プロミスの在籍確認では、原則申込者の勤務先への電話連絡によって行われ、申込者の都合だけで拒否することはできません。 なぜなら、申込内容の申告だけでは入力ミスや虚偽申告も考えられ、申込者に返済能力があるのか分からないからです。 ただし、「個人情報に厳しい会社なので電話連絡が難しい」「勤務先の上司や同僚が電話連絡に応じるか分からない」など、申込者にやむを得ない事情がある場合には、プロミスは電話連絡以外の方法で在籍確認を行ってくれる可能性もあります。 とはいえ、在籍確認の電話連絡を行うかどうかは審査担当者の判断に委ねられるため、やむを得ない事情があるからと言って、必ず電話連絡なしにできるとは限らないので注意しましょう。 なお、プロミスの在籍確認が不安な人は、を参考にしましょう。 電話連絡のないSMBCモビット SMBCモビットのWEB完結申込はプロミスと違い、 電話連絡が行われません。 消費者金融の中で、「電話連絡なし」を公言しているのはSMBCモビットだけです。 なお、SMBCモビットのWEB完結申込を利用するには、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っている方です。 また、「社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)」もしくは「組合保険証」の提出が必要になります。 信用情報に傷がある 信用情報に傷がある人は、審査担当者に返済能力がないものと見なされるため、プロミスの審査には通りません。 信用情報とは、「申込履歴」「契約内容」「借入・返済状況」「金融事故の有無」など、個人の金融取引に関する履歴のことです。 そして、信用情報に傷がある状態で通過できるほど、プロミスの審査は甘くありません。 なお、金融事故に該当する項目は、下記の通りです。 【金融事故の種類と保管期間】 金融事故の種類 JICC CIC KSC 長期延滞(2か月~3か月以上) 解消日から5年間 解消日から5年間 解消日から5年間 債務整理(自己破産・個人再生) 発生日から5年間 記載なし 発生日から5年間 代位弁済 発生日から5年間 記載なし 発生日から5年間 強制解約 発生日から5年間 記載なし 発生日から5年間 申込者の信用情報は、消費者と金融機関の信用取引を支える機関である個人信用情報機関で管理されています。 日本国内には「日本信用情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」という3つの個人信用情報機関があり、プロミスはJICCとCICの2社に加盟しています。 また、個人信用情報機関は「Credit Information Network(通称:CRIN)」と呼ばれる相互交流ネットワークを通し、信用情報を各金融機関に共有しています。 つまり、クレジットカードなどのキャッシングを利用し、長期延滞などの金融事故を起こしている人は、その事実がプロミス側にも知られているのです。 そのため、 金融事故の事実を担当者に隠し通すことはできず、プロミスの審査に通るのは厳しいと言えるでしょう。 とはいえ、審査に通りやすいカードローン会社を探している人のなかには、「自分がブラックリストに入っている」と勘違いしている方も多いです。 たとえば、 他の金融機関で2か月未満の短期延滞があった程度であれば、ブラックリストに入っておらず、プロミスの審査に通る可能性もあります。 開示請求をすると自分の信用情報を調べられる 自分の信用情報に不安がある人は、プロミスに申し込む前に信用情報の開示請求を行いましょう。 個人信用情報機関に信用情報の開示請求を行えば、自分の信用情報を確かめられます。 ただし、 信用情報の開示請求は、3社すべての個人信用情報機関(JICC・CIC・KSC)で行う必要があります。 プロミスが加盟している個人信用情報機関はJICCとCICの2社ですが、カードローン審査では、KSCに記録されている信用情報も確認されるからです。 なお、信用情報の開示請求の方法については、で解説しています。 他社借入件数が多い 他社借入件数が多い人は、審査担当者に返済能力がないものと見なされるため、プロミスの審査に通りません。 申込者の他社借入件数が多いと、審査担当者に多重債務者であると判断され、プロミスの審査に通るのが厳しくなる傾向があります。 つまり、他社借入件数の多い人が通過できるほど、プロミスの審査は甘くないのです。 ただし、プロミスは他社借入件数に関する明確な基準を公表しておりません。 しかし、多重債務者に関するデータを参考にすることで、プロミスの審査に落ちる他社借入件数の目安を推測することが可能です。 まずは、下記の表を確認しましょう。 【多重債務相談者の平均借入先の推移】 実施時期 平均借入先の推移 平成27年3月 4. 4件 平成28年3月 4. 2件 平成29年3月 4. また、多重債務に悩む人は「他社のローン審査に通らなくなったことで返済が追いつかなくなり、最終的に弁護士に相談することにした」という方々が多かったです。 つまり、他社借入件数が4件以上ある人は、審査担当者に多重債務者と判断され、カードローン審査に落ちやすくなる傾向があるのです。 ということは、 他社借入件数が4件以上ある人はプロミスでも多重債務者と判断される可能性が高く、カードローン審査が厳しくなると推測できます。 他社借入件数が4件以上ある人は、これ以上借入先を増やしてしまうと毎月の返済に追われ、生活そのものが破綻してしまう恐れがあります。 プロミスからの借入を諦め、まずは弁護士に相談しましょう。 法テラスであれば、借金に関する悩みを無料で相談することが可能です。 経済的に余裕のない人が利用できる法律扶助サービスを整えているため、まずはから問い合わせてみることをおすすめします。 なお、プロミスと他社借入の関係については、で詳しく解説しています。 他社借入残高が多い人も審査に落ちる プロミスは他社借入件数だけでなく、他社借入残高が多くても審査に落ちます。 なぜなら、プロミスは貸金業法で定められている総量規制の対象だからです。 総量規制とは、貸金業者からの借入を個人の年収の3分の1までに制限する法律のことです。 なお、貸金業者に含まれるのは、消費者金融会社、信販会社、クレジットカード会社(キャッシング枠のみ)なので覚えておきましょう。 たとえば、年収450万円の人が貸金業者から融資を受けられる借入額は、3分の1の金額である150万円までとなります。 つまり、年収450万円の人が貸金業者から50万円を借入していた場合には、プロミスで100万円以上の借入希望額で申告しても審査には通りません。 つまり、他社借入残高の多い人が通過できるほど、プロミスの審査は甘くないのです。 貸金業者からの借入が年収の3分の1を超えている人(またはそれに近い金額を借入している人)は、プロミスなどの金融機関から融資を受けようとするのではなく、まずは家計管理や家計収支を見直しましょう。 たとえば、お金の専門家であるFP(ファイナンシャル・プランナー)に相談すれば、家計管理や家計収支に無駄がないかを考えてくれるため、他社借入残高の完済が早まる可能性があります。 なお、日本FP協会に公式サイトでは、定期的に無料体験相談のスケジュールが公開されています。 無料体験相談は完全予約制となるため、FPに相談したい方は、定期的に日本FP協会の公式サイトを確認することをおすすめします。 無職・無収入である 無職・無収入の人が通過できるほど、プロミスの審査は甘くありません。 申込者本人が定職に就いておらず、安定した収入がない場合には、確実にプロミスの審査に落ちます。 プロミスの審査に通るには、 「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」という申込条件を満たしていることが絶対条件です。 そのため、申込者本人に収入がない専業主婦や年金受給者は、プロミスの審査に通ることは不可能です。 無職・無収入の人は、プロミスなどのカードローン会社から融資を受けようとするのではなく、別の方法を検討する必要があります。 なお、無職・無収入の方は、を参考にしてください。 審査に通過しても少額の利用限度額に設定される場合がある プロミスの審査に通過しても、申込者が申告した借入希望額が必ず借りられるわけではありません。 下記に該当する人は、初回契約時の利用限度額が10万円以下の少額融資に設定される可能性があります。 【利用限度額が少額に設定される人の特徴】• 勤続年数0か月(例:転職したばかりの会社員)• 年収100万円以下(例:アルバイトをしている学生)• 給与形態が歩合給(例:個人事業主や自営業者)• 65歳以上の高齢者(例:定年退職間近である会社員)• そのため、100万円以上の高額融資を希望する人は、親や親族などに頼むなど、プロミス以外から融資を受ける方法を検討してみてください。 プロミスレディースキャッシングの審査も甘くない 大手消費者金融会社のプロミスは、女性専用のキャッシングサービス「プロミスレディースキャッシング」というカードローン商品を展開していますが、通常のプロミス同様、審査は甘くありません。 なぜなら、プロミスレディースキャッシングも通常のプロミスと同じ審査基準を採用しており、「女性専用のカードローン商品だから審査を甘くしている」ということはないからです。 そのため、プロミスレディースキャッシングの利用を検討している女性の方は、ここまで解説してきた内容を参考にし、申し込みを考えるてみましょう。 なお、プロミスレディースキャッシングについて知りたい方は、を参考にしてください。

次の

プロミスの一次審査完了メールはどれくらいで来る?二次審査との違いも紹介 | プロミスぷろ

プロミスの審査

当サイトはプロミスに特化したサイトになります。 プロミスの様にお金を借りることが出来る消費者金融は他にもたくさんありますが、その中でもプロミスはお金を借りる側からしてメリットが多いのが特徴です。 ですので、お金を借りるのならプロミスが良いでしょう。 そこで、当サイトではプロミスについて徹底解説したいと思います。 お金を借りる前というのはいろいろ不安が付きまとうでしょうが、当サイトで不安に思っている点を解消して申し込みするといいでしょう。 プロミスはお金を借りる側からしてメリットが大きいとは言いましたが、あくまでお金を借りるという事は借金するという事です。 ですので、当たり前のことではありますが返済計画を立てたうえで利用するようにしましょう。 お金を借りているとついつい借りすぎてしまって、返済が大変なことになってしまうという事はよくあることですからね。 当サイトを確認してプロミスを利用する以上、お金を借りすぎてしまい借金地獄に陥らないようにして、上手にプロミスを利用するようにして下さい。 最短1時間での融資が可能• 原則24時間振込可能• 初めての方は30日間利息0円• 初めての契約なら最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドがもらえる• 郵送物なし・カードレスのWeb完結で利用できる• 基本的に運転免許証などの本人確認書類のみで利用できる• 女性専用のレディースキャッシングがある 細かいメリットはもっとあるのですが、目立つ大きなメリットとして挙げられるのが上記になります。 この中でも融資スピードの速さは凄いものがありますね。 最短1時間での融資が可能で、24時間振込が可能という事は他の消費者金融と比べてもメリットが大きいです。 振込に関しては200ほどの銀行で原則的にですが24時間振込が可能となっていますからね。 銀行が休みの時間帯でも振込できるという事なのです。 あともう一つ大きなメリットとして、30日間無利息というのがありますが、これはプロミスと初めて契約する方でEメールアドレスを登録し、書面の受け取り方法で「プロミスのホームページにて書面 Web明細 を確認」を選択するだけで、初回利用時の翌日から30日間無利息なのです。 給料が入ったら全部返済できるという場合など、30日以内に完済できるのならば利息を支払うことなくお金を借りれることになりますからね。 一方でメリットを上げますね。 簡単に借りれてしまう• 銀行カードローンに比べて金利が高い 正直お金を借りる方からすれば、プロミスはメリットは少ないです。 まず、プロミスはスマホで申し込みできて、審査が通ればすぐに銀行口座に振込などで借りることが出来ます。 あまりにも簡単に借りれてしまうので、借金をしているという意識が薄くなってしまう可能性があります。 簡単に借りれるというのはメリットでもあるのですが、借金をしているという事を忘れてしまってはデメリットになってしまいますので、あくまで借りているお金という事を忘れないようにして下さいね。 あと、プロミスの最高金利は17. 8%となっていて、銀行カードローンの多くが15. 0%前後となっているので多少銀行カードローンの方が金利が低くなってしまいます。 ただ、あまり高額な金額を借りない限りそんなに気になる金利差ではないのも事実です。 あと、銀行カードローンは月々の返済をかなり少額にしていて、トータルの支払利息で計算すると銀行カードローンの方が多くなるというカラクリもあるので一概に銀行カードローンの方が金利が低くて良いという訳ではないのです。 怖い取り立ての人は来ない? 30代後半以降ぐらいの年代になると、消費者金融と聞くとあまり良いイメージがなく、もし支払うことが出来なけらば怖い取り立てが来るのでは?と思っている人もいるかもしれません。 でも今の消費者金融に関して言えばそんなことはあり得ません。 もし、怖い取り立てなんかをしてしまったら金融庁から貸金業免許の取り消しをされ、一瞬で営業できなくなってしまうのです。 ただ、プロミスのような優良な消費者金融ならば絶対にありえませんが、闇金ウシジマくんのような闇金融やソフト闇金といわれる所なら怖い取り立てはあります。 そもそも違法業者であり、経営しているのが暴力団県警者であったり所謂半グレといわれる集団なので、間違いなく危険といえるでしょう。 ですので闇金からは絶対に借りないでください。 プロミスは数ある消費者金融の中でもトップクラスの規模を誇るしっかりとした企業ですので、怖い取り立てがあるという事はまずありません。 プロミスからの借金を滞納してしまった時のプロミスの取り立ての流れですが以下のようになります。 電話・メール・郵送などで支払い遅れの連絡が来る• それでも滞納が続くことにより、最終の支払い期限の通告が来る• さらに対応してしまうと強制解約されて、在学全額の一斉返済要求が来る• 民事訴訟・支払い督促といった法的措置が取られる• 給料などの差し押さえといった強制執行となる このようになり、法律にのっとった取り立てとなり、誰か怖い人が取り立てに着たり、電話で脅されるという事は一切ありません。 もちろん、借りたお金はちゃんと返さないといけないというのが当たり前ですので、借りたお金はちゃんと返済していくようにしましょう。 誰にもバレずに借りれるのか? お金を借りる人が一番気になるのが、家族など「誰にもバレずに借りれるか?」という事なのですが、プロミスはいくつかポイントを押さえておけばバレない可能性は高いでしょう。 そのポイントというのが、• ネットで申し込みする• Web完結を利用する• 在籍確認は自分が電話をとれるようにする• 返済に送れない という事になります。 ネットで申し込みする プロミスは全国にたくさんの自動契約機があり、この自動契約機で契約してカードを受け取ることが出来ます。 でも、この自動契約機に入っているのを誰かに見られてしまうと、その時点で見た人にバレてしまうという事になります。 ですので、自動契約機で申し込みするのではなく、スマホやパソコンなどのネットから申し込みするようにしましょう。 ネットだと24時間365日いつでも申し込みできますし、誰かに見られるという事がないのでバレません。 Web完結を利用する 郵送物から家族にバレるという可能性もありますよね。 ですが、プロミスにはWeb完結することが出来るようになっていて、ローンカードなどの郵送物も無しで借り入れすることが出来るのです。 ローンカードなしでどうするの?と思うかもしれませんが、自分の銀行口座に振込したり、スマホアプリをダウンロードしてセブン銀行ATMでキャッシングすることもできるのです。 ですので、郵送物が気になる方はこのWeb完結で申し込みするようにして下さい。 どうすればいいかというとネットで申し込みして「口フリ 口座振替 」による返済と「カード不要」を選択するだけで大丈夫です。 在籍確認は自分が電話をとれるようにする 在籍確認は申し込みの際に記入した職場に、本当に働いているのか?という事を確認するために電話がかかってきます。 ですのでバレるという可能性は低いので気にしなくていいと思うのですが、家族で経営している会社とかの場合だと、誰からなのかちうのを問い詰められる可能性も0ではありません。 ですので、なるべくこの在籍確認の電話を自分でとれるようにしておくと安心ではないかと思います。 返済に送れない 返済に遅れてしまうと督促状などが家に送られてくるようになります。 すぐに送られてくるという訳ではないですが、連絡も取れないままにしておくとプロミスから督促状が届きます。 この督促状を家族が見てしまうとバレてしまいますよね。 ですので、当たり前のことではありますが返済には遅れずに返済していくようにしましょう。 また、ついうっかり返済を忘れてしまったことに気づいたら、すぐに自らプロミスに連絡するようにして事情を伝えるようにして下さい。 プロミス側からかかってきた時も必ず取るようにしたり、その時にとれない時は折り返し連絡するようにしましょう。 年収の3分の1までしか借りれない プロミスは消費者金融ですので総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借りることが出来ません。 年収600万円のサラリーマンだったとすると3分の1の200万円、年収300万円のOLだったとすると100万円、年収90万円のアルバイト学生だったとすると30万円という感じになります。 ただ、あくまでこれはマックスで借りれる金額という事になり、プロミスの審査によってはもっと低い金額になる可能性も十分にあります。 また、他社から借入している場合はその金額も含まれます。 他社から100万円借りている年収600万円のサラリーマンだとあとは100万円だけという事になります。 プロミスに申し込みできる条件 プロミスはだれもが申し込みできるという訳ではありません。 以下の2つの条件を満たした人のみが申し込みできます。 年齢20〜69歳の方 安定した収入のある方 この2つの条件を満たさないとダメで、1つだけ満たしているというのではだめです。 ですので、未成年の方は利用することが出来ませんし、70歳以上の方も利用できません。 あと、安定した収入というのは正社員という訳ではなく、パートやアルバイトでの収入でも大丈夫なので、主婦や学生の方でも申し込みすることが出来ますよ。 プロミスの申し込みに必要な書類 本人確認書類 プロミスに申し込みするには本人確認書類は必須となります。 印鑑や保証人、担保は不要です。 本人確認書類は以下のうちどれかになります。 運転免許証 運転免許証を持っていない方は、• パスポート• 健康保険証+住民票 となります。 運転免許証を持っている方は運転免許証で、持っていない方に関してはパスポートか、健康保険証ならばプラス住民票が必要になるのです。 外国籍の方に関しては「在留カード」または「特別永住者証明書」も必要になります。 あと、上記の書類に記載された自宅住所と現在の住所が異なる方は以下のいずれかの書類が必要になります。 以下の書類は発行日から6か月以内のものが必要です。 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書• 社会保険料の領収書• 公共料金の領収書 電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの• 住民票の写し又は住民票の記載事項証明書 収入証明書 次の条件に当てはまる場合は収入証明書類が必要になります。 希望の借入額が50万円を超える方• 希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える方 これに当てはまる方は収入証明書類が必要になり以下の書類の中から1点必要となります。 源泉徴収票 最新のもの• 確定申告書 最新のもの• 給与明細書 直近2か月+1年分の賞与明細書•

次の