三井住友カード メリット。 【SMBCデビット】三井住友VISAデビットのメリット・デメリット!海外での使い方まとめ!

三井住友カードのETCカードのメリット・デメリット!

三井住友カード メリット

プラチナカードを持つなら年会費がある程度かかったとしても、よりスペックが充実したものを選びたい。 年会費5万円(税別)の三井住友カード プラチナは、年会費以上のスペックを持つ1枚と考えていいのか検証してみた。 「三井住友カード プラチナ」はVISAとMasterCardのデュアル発行でより便利 三井住友カードは、三井住友カードが発行するクレジットカードの中でも最上位に位置するカードだ。 年会費は5万円(税別)と高額だが、特典・サービスが充実しており、使い方次第では年会費以上の価値がある。 ちなみに「三井住友カード プラチナ」では国際カードブランドをVISAだけでなくMasterCardも選べる 三井住友カード プラチナの基本情報 年会費 本会員5万円(税別)、家族会員無料 国際カードブランド Visa・MasterCardとのデュアル発行可能 申し込み対象 原則として満30歳以上で本人に安定継続収入のある方 利用可能枠 総利用枠原則300万円~ 注目すべき点はデュアル発行といってVISAとMasterCardの両ブランドで2枚のカードを発行することも可能だ。 三井住友カード プラチナの場合、1枚目は通常の年会費5万円(税別)で、2枚目は年会費5,000円(税別)となり、家族カード会員は1枚目、2枚目ともに年会費無料だ。 デュアル発行のメリットは使える加盟店が増えることのほか、三井住友カードが提供するものとは別に各カードブランドが提供する特典・サービスについて、そのどちらも利用できることが挙げられる。 三井住友カード プラチナの特典・サービスについて紹介するが、デュアル発行でMasterCardブランドのカードも作ると、特典・サービスをさらに充実させられるということは覚えておきたい。 ポイント還元率は0. 5% ポイントアップの仕組みも紹介 三井住友カード プラチナの利用で貯まるポイントは「Vポイント」で、プラチナ会員の場合、ポイントの有効期限は獲得月から4年間となる。 ポイントはクレジット利用1,000円(税込)ごとに1ポイント(5円相当)が付与され、ANAマイルに交換した場合は0. 還元率は低いが、獲得ポイントをアップさせる方法もある。 6ヵ月間のカード支払い金額合計が50万円以上の場合に、その金額の0. 5%相当額(2,000円以上最高3万円まで)の「三井住友カードVJAギフトカード」が年2回プレゼントされるのだ。 さらに前年度のクレジット利用累計金額に応じて当年度の利用時にボーナスポイントが付与。 ボーナスポイント 前年度クレジット利用累計金額 当年度利用額50万円到達時ボーナスポイント 当年度利用額50万円到達以降のボーナスポイント 300万円以上 300ポイント 10万円ごとに60ポイント 100万円以上300万円未満 150ポイント 10万円ごとに30ポイント 50万円以上100万円未満 100ポイント 10万円ごとに20ポイント なお、プラチナ会員だけに限らないが、自動リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の利用により、リボ払い手数料の請求がある月のカード利用代金についてポイント2倍になるほか、ポイントサイト「ポイントUPモール」経由でのネットショッピングで2~3倍のポイントアップとなる。 プラチナカード定番の特典「プライオリティ・パス」は選択希望制 一般的にプラチナカードの多くが世界の主要空港のラウンジを無料利用できるプログラム「プライオリティ・パス」へ無料登録できるのだが、この三井住友カード プラチナでは希望選択制となっている。 カード会員には「メンバーズセレクション」として、複数の特典・サービスの中から1つを選んで受け取る特典が付帯しており、その中にプライオリティ・パスがあるわけだ。 メンバーズセレクションでは以下のプレゼントから選べる。 「海外空港ラウンジサービス」=プライオリティ・パス 世界140ヵ国1,200ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスがもらえる。 「名医によるセカンドオピニオンサービス」 各専門分野を代表する医大教授クラスの医師によるセカンドオピニオンにより、症状・病状に応じた専門臨床医を紹介してもらえる。 「上質なビジネスアイテム」 高品質と機能性を兼ね備える洗練されたビジネスアイテムをプレゼント。 「暮らしを彩るライフアイテム」 ライフスタイルを華やかに演出する選りすぐりの品をプレゼント。 「毎日を愉しむコレクション」 一級品のゴルフボールや好きな花などを選べるカタログギフトをプレゼント。 「食の逸品プレゼント」 各地の名産品など食の逸品をプレゼント。 プライオリティ・パスを選ばない場合は、国内主要空港のラウンジサービスしか利用できない。 利用においては本会員のほか同伴者1名まで無料利用でき、家族カード会員の同伴者も1名まで無料となる。 空港ラウンジの一覧は以下の通り。 割引率は初回10%オフ、2回目以降7%オフ。 また、VISA提供の特典として「VisaプラチナKaligo」専用ページからホテルを予約すると、「Kaligo. com」で通常付与されるマイルやポイントが30%追加される。 そのほか、国内外の旅行商品・航空券・ホテルにプラチナ会員優待価格が適用される「Visaプラチナトラベル」、高品質な旅を提案する銀座並木通り「JTBロイヤルロード銀座」でのポイント6倍付与などの特典も提供。 さらに、ゴールド会員と共通の特典となるが、宿泊予約サービス「Hotels. com」での優待割引も付帯する。 「Visaプラチナ空港宅配」:自宅・空港間の宅配が優待価格になる• 「Visaゴールド国際線クローク」:国際線利用時に空港での手荷物一時預かりが20%オフになる• 「Visaプラチナ海外Wi-Fiレンタル」:海外モバイルWi-Fiルーターのレンタルが優待価格になる• 海外レンタカー優待:「ハーツGoldプラス・リワーズ・ファイブスター会員」のステータス利用• 「プレミアムカーレンタル」:プレミアム輸入車のレンタル15%オフになる• 「Visaプラチナ ホテルダイニング」:ホテル内レストランで使える3,000円相当の割引クーポンをプレゼントする• 「Visaプラチナ空港送迎ハイヤー」:羽田空港か成田空港と自宅との間を優待価格で送迎する など、プラチナカードにふさわしい特典が用意されている。 グルメの特典・サービスはコース料理1名分無料やワインの特別販売も プラチナカードにはコース料理を2名以上で利用すると、1名分が無料になる特典がついたものが多いが、三井住友カード プラチナにも「プラチナグルメクーポン」が付帯しており、東京・大阪を中心に約100店舗のレストランで利用できる。 そのほか、 レジャー・イベントの特典ではゴルフの優待価格、宝塚歌劇の貸切公演優待など レジャー・イベント関連に関しては、ゴルフと観劇の特典のほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの特典も用意されており、一人のシーンでも、家族のおでかけでも、便利でお得に活用できそうだ。 特に注目したい優待を下記にピックアップする。 名門ゴルフコースが優待価格で利用できる 国内外の名門コースを優待価格でプレーできる「Visaプラチナゴルフ」のほか、「三井住友VISA太平洋マスターズ」のペア観戦入場券がプレゼントされる。 来場した会員には食事券・飲み物券と大会記念品も進呈 宝塚歌劇優先販売 三井住友カード貸切公演にてプラチナ会員用のSS席を用意し優先的に販売。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの三井住友カードラウンジが利用できる 人気アトラクションの待ち時間を短縮するユニバーサル・エクスプレス・パスを、1人につき1日1枚プレゼント。 さらに事前予約によりUSJ内三井住友カードラウンジを利用でき、ソフトドリンク無料サービスやアトラクション「JAWS」への優先搭乗が提供される プラチナオファー プラチナ会員限定のイベントやプロモーションを案内。 過去のイベントとしては、男子プロゴルファー・深堀圭一郎プロとのラウンド、高級時計ブランド「ロジェ・デュブイ」試着会、洋館でフレンチとシャンソンを楽しむイベントなどがあった。 特典・サービスを積極活用すれば、年会費以上の価値がある トラベル・グルメ・レジャーの各分野におけるハイクラスなサービス・特典の数々、海外・国内最高1億円の旅行傷害保険などを総合的に考えるのなら、5万円(税別)と高額な年会費ではあるものの、積極的にカードを活用するのであればリーズナブルなカードだろう。 今回はVISAブランドのみ説明したが、5,000円(税別)をプラスしてMasterCardブランドのカードのデュアル発行にすれば、VisaとMasterCard両方の特典を利用でき用途はさらに広がる。 気になる審査難易度についてだが、申し込み自体はインビテーション(招待)なしでも可能で、年収条件としては最低でも500万円以上、できれば700~800万円以上は欲しいところだ。 もしくは三井住友カード ゴールドを取得し、毎年200万円以上の利用を2年以上続けてクレジットヒストリー(クレジット利用履歴)を積むとインビテーションが届きやすいともいわれている。 一般論としてインビテーションが届いてからの申し込みだと審査を通る可能性が高くなるといわれるので、年収条件が気になる人は先にゴールドカードの取得をするといいだろう。

次の

使って分かった三井住友カードのメリットとデメリット

三井住友カード メリット

しかも!海外でのショッピング手数料がVISAよりもマスターカードのほうが安いことが多いんです! マスターカードは、VISAに次ぐ世界シェアNo. 2の国際ブランド。 だから海外旅行に行ってもクレジットカードが使えるお店であれば、ほぼ三井住友カード ゴールド(マスターカード)で支払いできることが多いです。 実は、選ぶ国際ブランドによって加盟店数…つまりその国際ブランドのクレジットカードを使えるお店の数に天と地の差があります。 例えば日本発の国際ブランドであるJCBは日本国内では、もちろんクレジットカードとして普通に不自由なく使えます。 ただし海外、日本人のよく行く観光地 以外では、JCBは…そもそもクレジットカード扱いしてもらえなかったりします。 原因はJCBが、国際ブランドの世界シェアで言えば5位…パーセントにすれば、たった1. 2%のシェアにすぎないから。 その点、世界シェアNo. 2の三井住友カード ゴールド(マスターカード)を選択すれば、マスターカードが地球の隅々まで張り巡らせた加盟店ネットワークをフル活用できるから海外旅行にも安心して持っていけます。 さらに三井住友カード ゴールド(マスターカード)の隠れた長所は、海外でショッピングした際の換算レートがVISAより安いことが多いんです! 換算レートは、カード会社の決める海外ショッピングの 海外事務手数料と、国際ブランドが決める 基準レートの掛け算で決まります。 式は以下の通りです。 00% 2. 00% マスターカードもVISAも同じ 2. 00%ですので 海外事務手数料では優劣はありません。 では次に国際ブランドごとに決まる 基準レートを見てみましょう。 ですので代表例として基軸通貨であるアメリカのドルと円、世界通貨のユーロと円、2019年1月1日時点で比較してみます。 2019年1月1日時点 国際ブランドの基準レート マスターカード VISA ドル$ 110円45銭 110円47銭 ユーロE 126円41銭 126円43銭 今度はマスターカードとVISAで差が出ました。 ご覧のようにドルもユーロもマスターカードの基準レートのほうが安いんです! でも基準レートは確かにVISAよりマスターカードのほうが安いけど…たった数銭しか違わないよ。 これはライバルで世界シェアNo. 1のVISAがオリンピックのスポンサー契約をしているため。 だからオリンピック会場では使えるのはVISAだけなんです。 世界シェアNo. smbc-card. visa. mastercard. visa.

次の

三井住友トラストカードはプラチナ以外持つメリットが無い!その理由とは

三井住友カード メリット

三井住友銀聯カードとは 「三井住友銀聯カード」とは名前の通り、三井住友カードが発行する銀聯ブランドのクレジットカードです。 日本で発行される銀聯カードとしては初めての、歴史のあるカードブランドです。 三井住友カードはVISAカードの発行元としては日本最大級のカード会社ですから、安心してカードを作ることができます。 単独で発行できる日本で唯一の銀聯カード 日本で発行できるカードには他にも何種類かあるのですが、他のカードは既に持っているカードに追加する「追加カード」としての発行で、単独で発行できるのはこの三井住友銀聯カードだけとなっています。 それで、銀聯カードが初めてという方にはまずこの三井住友銀聯カードが選択肢になると思います。 中国で買い物をひんぱんにするならかなり便利 中国では、VisaやMaster、JCBと言った海外カードに対応しているお店は未だに少なく、大都市中心部のデパート・ショッピングセンター・空港を除いてほとんどのお店は「カード対応」と言っても銀聯カードしか使えないことが良くあります。 そんな時、この三井住友銀聯カードがあれば、中国でもカードでショッピングができるので、現金を取り扱う煩わしさがなく非常に便利です。 特に中国では銀聯カードに対応している店舗は約1200万店以上、三井住友銀聯カードがあればかなり便利そうですね。 日本の銀行口座から引き落とされるので両替不要 そして、この三井住友銀聯カードの特長は、中国でショッピングをした金額が、日本の銀行口座から引き落とされるといことです。 例えば、中国に頻繁に出張する人や、中国で生活しているが生活費は日本の銀行口座にある場合など、いちいち両替して中国の銀行口座にお金を移すのも面倒ですから、この三井住友銀聯カードを使えば、中国でショッピングした金額が、自動的に日本円に換算されて引き落とされるので、非常に便利です。 カードデザインは2種類 三井住友銀聯カードのカードデザインは2種類から選ぶことができます。 デザインによって機能に違いはないので好みで選んでよいでしょう。 家族カード発行可能 三井住友銀聯カードは家族カードの発行ができます。 お子さまの留学や、ご両親の中国旅行に持たせるなどの使い方も考えられますね。 ワールドポイントが貯まる 三井住友銀聯カードを1000円利用するごとに「ワールドポイント」が1ポイント加算されます。 特に大きいポイント率ではありませんが、中国では使えるクレジットカードが少ないことを考えると貴重なポイントですね。 また、現在入会プレゼントとして200ポイントプレゼントキャンペーンを実施しているので、この機会に入会するのも良さそうです。 困った時は銀聯コールセンターに日本語で相談 中国国内から95516にかけ、「ジャパニーズ エージェント プリーズ」と伝えると、日本語のコールセンターに繋がり、カードの紛失・盗難の相談や、お店に「このカードは使えない」と言われた時の説明などもしてもらえます。 何かと不安な中国旅行でもこのサービスが利用できるのは助かりますね。 中国の高級日系ホテルが優待料金で利用できる 三井住友銀聯カードを持っていると、中国の日系ホテルが優待料金で利用できるサービスがあります。 優待利用できるホテルは次の通りとなっています。 オークラガーデンホテル上海• ホテルニッコー上海• ホテルニッコー天津• ホテルニューオータニ長富宮(北京)• ホテルニッコー無錫• ホテルニッコー大連 それぞれ三井住友銀聯カードでの宿泊で、ラウンジ利用やジム利用などの特典がついてくるので、中国でも安心の日系ホテルに泊まれるのは安心と言えます。 実は日本でも使える この三井住友銀聯カード、実は日本でも「銀聯」マークのあるお店では使えるそうです。 一部のお店では銀聯カードの優待をしているところもありますので、うまく行けばオトクに買えるかも?しれませんね。 18歳から発行できる 三井住友銀聯カードは本会員も家族会員も18歳以上から作成できます。 ATMキャッシングはできない 色々と便利な三井住友銀聯カードですが、中国のATMでのキャッシングには利用できないようです。 銀聯カードを持ってはいても、やはりある程度は現金も必要ですので、海外キャッシングができるカードも併せて持っていくといいですね。 通信販売では利用できない 三井住友銀聯カードでは通信販売では利用できないので注意が必要です。 分割・リボ払いは利用できない 三井住友銀聯カードの支払い方法は一括払いのみとなっているため、分割・リボ払い等の支払い方法は選択できません。 三井住友銀聯カードのメリットとデメリット 三井住友銀聯カードのメリットとデメリットについてまとめるとこうなります。 三井住友銀聯カードのメリット• 中国の圧倒的に多くの店で使えるカード• 日本で単独発行できる唯一の銀聯クレジットカード• 日本の銀行口座から引き落とされるので両替不要• 現金払いでは貯まらないポイントが貯まる• 年会費無料• 家族カードOK• 審査がある• ATMでのキャッシングができない 総合的に見ても、初めての銀聯カードとしては悪くないように感じます。 発行手数料無料キャンペーン中 現在、三井住友銀聯カードは通常2000円(税別)の発行手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。 カードの有効期間は5年で、5年の更新ごとに1000円の更新料がかかりますが、年会費は無料です。 中国に頻繁に旅行する方などは作っておいて損はないカードと言えるでしょう。

次の