岡山 市 コロナ。 「月のあかり」でクラスター発生か 岡山市で20代男性4人が新型コロナウイルスに感染【岡山・岡山市】

新型コロナウイルス感染症に係る新型コロナウイルス受診相談センターについて

岡山 市 コロナ

岡山市中小企業体質改善資金融資認定申請書(様式第7号その3) 2枚• 岡山市中小企業体質改善資金融資認定申請書(様式第7号その3)別添書類 1枚• 最近1か月間の売上高を証明するもの (例)試算表、売上台帳等• 3の前年同月の売上高を証明するもの (例)試算表、売上台帳等• の別添書類に記入して下さい)• 5の前年同月の売上高を証明するもの (例)試算表、売上台帳等• 申請先(受付窓口)• 中小企業信用保険法第2条第5項第4号の規定による認定申請書 2枚• 中小企業信用保険法第2条第5項第4号 別添書類 1枚• 最近1か月間の売上高を証明するもの (例)試算表、売上台帳等• 3の前年同月の売上高を証明するもの (例)試算表、売上台帳等• の別添書類に記入して下さい)• 5の前年同月の売上高を証明するもの (例)試算表、売上台帳等• 決算書又は確定申告書の写し 決算書の場合は、表紙、貸借対照表、損益計算書~個別注記表まで• (令和2年3月13日改訂) A 以下のいずれかの基準に該当する場合、認定が可能です。 直近1か月の売上高等が、直近1か月を含む最近3か月間の平均売上高等と比較して、各基準以上に減少していること。 直近1か月の売上高等が、令和元年12月の売上高等と比較して各基準以上に減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が令和元年12月の売上高等の3倍と比較して各基準以上に減少することが見込まれること。 直近1か月の売上高等が、令和元年10月から12月の平均売上高等と比較して、各基準以上に減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が令和元年10月から12月の売上高等と比較して各基準以上に減少することが見込まれること。 Q 創業後1年を経過しておらず、前年の売上高等を比較できない場合は、認定可能か。 (令和2年3月13日改訂) A 認定を可能とする 業績3ヶ月以上1年1ヶ月未満の場合は、原則として以下のいずれかの基準に該当する場合、認定が可能です。 直近1か月の売上高等が、直近1か月を含む最近3か月間の平均売上高等と比較して、各基準以上に減少していること。 直近1か月の売上高等が、令和元年12月の売上高等と比較して各基準以上に減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が令和元年12月の売上高等の3倍と比較して各基準以上に減少することが見込まれること。 直近1か月の売上高等が、令和元年10月から12月の平均売上高等と比較して、各基準以上に減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が令和元年10月から12月の売上高等と比較して各基準以上に減少することが見込まれること。 Q 上記3の最近1か月間の売上高の考え方について例をお示しください。 A 原則、1か月を単位として考えますが、月の途中から売上高に影響が出ている場合などは以下の例を参考にして下さい。 (もしくは前年2月後半の2週間分の売上高等との単なる比較でも可。 なお、令和2年4月以降については既に令和2年2月以降の売上高については1ヶ月分の実績が把握できるものと考えられることから、原則として最近1ヶ月の売上高等の実績を使用してください。 セーフティネット4号の申請書のダウンロードはこちら 経済産業省は、民間金融機関による実質無利子・無担保・据置最大5年の融資において、セーフティネット保証や危機関連保証の利用を要件としていることから、業種が限定されているセーフティネット保証5号について、令和2年5月1日から令和3年1月31日まで全業種(一部例外業種を除く)を指定することと致しました。 なお、今時拡充前の指定は従前日本標準産業分類(平成25年改定版)の「細分類」を基準としており、4月30日までの指定業種数は738業種でしたが、拡充後は同分類上の「中分類」を基準にすることとしたため、業種数が85業種(細分類基準で1145業種)となっております。 対象となる業種の中小企業については、一般保証と別枠の限度額で融資額の80%が保証されます。 当制度を利用し融資を受けようとする中小企業は、下記の事項を確認し岡山市へ申請して下さい。 指定業種 内外の金融秩序の混乱その他の事象が突発的に生じたため、全国的な資金繰りの状況を示す客観的な指標である資金繰りDI等が、リーマンショック時や東日本大震災時等と同程度に短期かつ急速に低下することにより、我が国の中小企業について著しい信用の収縮が全国的に生じていることが確認でき、国として危機関連保証を実施する必要があると認める場合に、実際に売上高等が減少している中小企業者を支援するための措置です。 今般の新型コロナウイルス感染症の影響に関して、市から中小企業信用保険法第2条第6項の規定に基づく認定(危機関連保証の認定)を受けた方は、一般保証やセーフティネット保証とは別枠の保証を受けることができます。 危機関連保証の主な認定要件• 中小企業信用保険法第2条第6項の規定による認定申請書 2枚• 最近1か月間の売上高を証明するもの (例)試算表、売上台帳等• 3の前年同月の売上高を証明するもの (例)試算表、売上台帳等• の別添書類に記入して下さい)• 5の前年同月の売上高を証明するもの (例)試算表、売上台帳等• 決算書又は確定申告書の写し 決算書の場合は、表紙、貸借対照表、損益計算書~個別注記表まで• 申請先(受付窓口).

次の

事業継続支援金のご案内(中小・小規模事業者向け)

岡山 市 コロナ

新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね 20%以上減少していること。 一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。 (市税を納期限までに納付することにより、事業の継続または生活の維持を困難にするおそれがあると認められること。 納税について誠実な意思を有すると認められること。 法施行日から2か月後、または、納付すべき市税の納期限までに申請書が提出されていること。 申請書提出後、岡山市において所定の審査を行います。 猶予が認められると…• 1年の納税の猶予が認められます。 猶予期間中の延滞金が免除されます。 財産の差押が猶予されます。 対象となる市税.

次の

岡山市、発生キャバクラの店名を公表 新型コロナ、2例目のクラスター(中国新聞デジタル)

岡山 市 コロナ

岡山市は11日、新型コロナウイルス対策で40億6千万円増額する2020年度一般会計補正予算案を発表した。 消費喚起のため、市内の飲食・小売店などでスマートフォン決済サービスを利用した場合に料金の20%を還元する独自のキャンペーン費用として8億円を計上。 開会中の6月定例市議会に追加提案する。 キャンペーンは8月1~31日に予定。 還元ポイントは1回千円分を上限とし、1人当たり5千円分まで。 連携するサービス業者の選定を進めている。 市は、商品券などと比べて簡略で早期にスタートできるとしており、約40億円の消費効果を見込む。 浜松市などが取り入れるが、西日本では初めてという。 中小企業の販売促進広告などに最大20万円を助成する事業に5億円、ホテルや旅館への宿泊や飲食料金の割引クーポンを発行する観光支援に1億円を充当。 バス、タクシーなど公共交通事業者の運行支援には4億2千万円を振り向けた。 コロナ対策の補正は本年度2回目、計817億9800万円となった。 記者会見で大森雅夫市長は「この時期の補正予算としては異例の規模だが、このままでは市民生活や事業活動を継続できないとの思いから組んだ」と述べた。

次の