インフルエンザ 予防 接種 消費 税。 インフルエンザ予防接種の領収証の新たな使い道

%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%8c%e8%b2%a0%e6%8b%85%e3%81%99%e3%82%8b%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%8e%a5%e7%a8%ae%e8%b2%bb%e7%94%a8%e3%81%ab%e3%81%a4

インフルエンザ 予防 接種 消費 税

企業コンサルティング• ・組織再編支援• ・M&Aプロセス支援• 税務コンサルティングサービス• ・相続対策、申告 など• 株式会社エスネットワークスアセットマネジメント 不動産投資及び資産の運用・管理・売買• ベトナム進出支援• ・会計・税務コンサルティング• ・人事・労務コンサルティング• ・会社設立支援他• 給与計算の代行 アウトソーシング• その他アジア進出支援•

次の

社員のインフルエンザ予防接種費用を経費で落とす方法

インフルエンザ 予防 接種 消費 税

インフルエンザの予防接種についての消費税の取り扱い インフルエンザの予防接種は、これからの寒い時期に備えて既に済ませている方も多いことと思います。 インフルエンザの予防接種に限らず、たとえば海外に赴任したり、旅行に行く場合にも、行く地域の事情に合わせて各種予防接種を行うことがあります。 会社としては、従業員が罹患したことにより一定期間就労できないことを回避するために、従業員の意思を尊重しつつも、半ば強制的な雰囲気をもって予防接種を受けさせるところもあるかもしれません。 今回は、インフルエンザの予防接種をはじめとして、各種予防接種を受けたときの消費税の取り扱いについて見てみたいと思います。 消費税では原則、「治療」は非課税、「予防」は課税 消費税は、国内において事業者が事業として対価を得て行う取引を課税の対象としています。 しかし、これらの対象取引であっても、消費に負担を求める税としての性格から課税の対象とすることになじまないものや、社会政策的な配慮から課税しない「非課税取引」が定められています。 非課税となる取引はいくつもの項目存在します。 その中の一つとして、社会政策的な配慮を理由として、 「健康保険法、国民健康保険法などによる医療、労災保険、自賠責保険の対象となる医療など」 については非課税とされています。 治療や、医療、療養については非課税とされているのです。 (ただし、美容整形や、病院の差額ベッド代、市販薬など一定のものは非課税とはされていません。 ) 病気やけがをしたときには、基本的には健康保険証を使って治療することができますよね。 一方で、インフルエンザの予防接種に行かれた方はご存じのことと思いますが、健康保険証が使えません。 これは、インフルエンザの予防接種は、「治療」ではなく「予防」と考えられており、よって、消費税の非課税とされる取引には当たらず、課税取引とされています。 会社負担とすれば、勘定科目は「福利厚生費」などで処理 会社として、インフルエンザの予防接種を受けた人には、予防接種した従業員にその費用を補助するところもあります。 健康保険組合などからの給付がある場合にはその給付を差し引いた残額が補助の対象となっていたりします。 この場合には、会社は「福利厚生費」などで処理するのですが、消費税の取り扱いは「10%課税扱い」にすることとなります。 一見、病院の領収書を見ると、3,000円とか、3,500円とかのように、金額が丸数字になっていて消費税が課税されていないのではないかと戸惑うかもしれませんが、 内税として消費税が課税されている取り扱いとなっています。 まとめ インフルエンザの予防接種は、消費税の課税取引である。 治療ではなく予防になるものは、消費税は非課税とならない。 ご覧いただきまして誠にありがとうございました。

次の

インフルエンザの予防接種と税金のポイント

インフルエンザ 予防 接種 消費 税

2016-10-17 21:52 また、社員が会社の福利厚生の一環でインフルエンザ予防接種をうける場合、全社員を対象とし、希望者全員が接種を受けることができるのであれば、接種費用は福利厚生費として経費処理することができます。 では、その接種代金、消費税は課税されているのでしょうか。 消費税は課税 経理担当者が頭を悩ませることの多い、消費税の課税/非課税区分。 消費税は、商品の販売やサービスの提供などの取引に対して、広く課税されます。 しかし、消費税の性格や社会政策的な配慮などから 非課税となる取引が決められています。 このうち、医療機関に関連するものとしては、 療養、医療、施設療養又はこれらに類するもの 介護保険法に基づく居宅・施設・地域密集型サービス、社会福祉法に基づく社会福祉事業等として行われるもの 医師、助産師などによる助産に係るもの これらは、社会政策的な配慮に基づき、 消費税は課税されていません。 逆にいうと、これらに該当しないものは、消費税の課税対象となります。 さて、インフルエンザの予防接種代金は…上の太字の3つのいずれかに該当するでしょうか。 一般的には該当しません。 医療費控除の対象となるか否かの判定でインフルエンザの予防接種の目的は「予防」と考えられ、 「診療や治療」ではないため、原則的には医療費控除の対象外となりません。 同様に、任意の予防接種は、消費税法上の「療養、医療、施設療養に係るもの」には該当せず、 消費税の課税対象となります。 もちろん、入院中の患者に 治療の一環として行う予防接種のように社会保険の対象となって非課税となるケースもあります。 なぜ領収証の消費税は0円なの? 任意でうけたインフルエンザの予防接種。 この場合、消費税の課税対象となります。 しかし、受け取った領収証(書)の消費税額の欄は0円です。 領収証(書)の消費税額の記載の有無に関係なく、支払った金額の中に消費税が含まれているものとして経理処理しましょう。 今日のインフルエンザ予防接種の領収書に消費税額は「¥0」と記載があり、アレアレ?と思いましたが… 先週子どもが接種したときの領収証をみても、「内消費税」は0円となっていました。 しかしながら、インフルエンザの予防接種は消費税の課税対象となる取引です。 医療機関の領収証発行システムの関係でしょうか…窓口で聞いてみればよかった….

次の