山田大記。 山田 大記|Hiroki Yamada|スポーツコンサルティングジャパン

山田大記

山田大記

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] では最速143のを武器に1試合23奪三振を記録した。 3年生だった夏のでは10ながら 県内ナンバーワン左腕と評され 、チームのの二枚看板としてベスト8進出に貢献した。 なお、高校時代にはのスカウトも視察に訪れたという。 にてから1位指名を受けた。 大学進学も検討していたが 、支度金300万円、年俸240万円(いずれも推定)で入団。 プロ入り後 [ ] ソフトバンク時代 [ ] に左肘の手術を行った影響などもあって伸び悩み、育成選手の在籍期限となる3年間で通算24試合に登板して計3勝4敗と二軍で十分な成績を残せず 10月30日に一度となった。 しかし、テスト生として参加したソフトバンクの秋季キャンプで、視察に訪れた球団会長のから素質を高く評価され 、11月12日に改めて育成選手として契約を結んだ。 同じ長身左腕ののようになってほしい、という王の期待もあって背番号は 34になった。 の8試合でリーグトップの5勝を挙げ、も同2位の2. 76という投球内容が評価され、6月10日に初の一軍昇格。 同日のでの対戦に先発した。 その後はに入り、先発3試合目となった6月24日の対戦で9回途中まで1失点に抑えて、パ・リーグの育成出身選手として初の勝利投手になった。 その後一軍のローテーションを守り、4勝を挙げた。 に投げ勝つ試合もあった。 オフにに派遣された。 は開幕からローテーションに定着、5月20日の対戦では4安打完封勝利で、早くも自己最多タイとなる4勝目を挙げる。 また、これがパリーグの育成出身投手としては初の完封勝利となった。 最終的に規定投球回に到達しなかったが17試合に登板して7勝を挙げリーグ優勝に貢献した。 11月17日のに先発登板し、6回無失点で勝利投手となりパリーグの育成出身選手として日本シリーズ初勝利を挙げるなど8年ぶりに日本一にも貢献した。 またでは、予選リーグの韓国代表戦に先発し、7回無失点で勝利投手となった。 は自己最多の8勝を挙げ、初めてにも到達した。 育成選手としてプロ入りした投手で規定投球回に到達したのは山田が初めてである。 またホークスの高校から入団した左腕投手の規定投球回数クリアは、1972年南海ホークス時代の以来であり、ホークスのドラフト指名選手としては初の選手となった(村上が入団した時はまだドラフト制度が無かった)。 契約更改では、1000万円増の4000万円で更改した。 はわずか9試合の登板で3勝3敗、防御率4. 58の成績で終わった。 オフにに派遣された が、2試合に先発し0勝2敗、防御率12. 60と炎上し、途中からへの派遣に異動になった が、ここでも2試合に登板し、0勝1敗、防御率10. 13と残念な結果に終わっている。 はでは16試合に登板し、8勝1敗、防御率2. 86の成績をあげていたが 、一軍では1試合の先発に終わった。 は好調な先発投手陣に割って入ることができず、支配下選手登録後では初めて一軍登板なしでシーズンを終了した。 なお、ウエスタン・リーグでは16試合に登板し、5勝2敗、1完封、防御率3. 42の成績だった。 はウエスタン・リーグでは、9勝1敗、勝率. 900、防御率1. 93の成績だった。 は一軍では先発で2試合に登板し1勝0敗、防御率3. ウエスタン・リーグでは、22試合に登板し、10勝5敗、防御率2. 35の成績で、2年連続のウエスタン・リーグ最多勝を挙げるが 、に来シーズンの編成の構想外であることを通告された。 戦力外の選手ながら、 、 、 の3球団から獲得調査がされている報道がなされ、最終的にはにでヤクルトへ移籍。 同じ苗字の選手であるが在籍しているため、スコアボード上の表記は「 山田大」となる。 なお、背番号はヤクルトでも「 34」。 翌週29日の阪神タイガース戦にも先発したが、3回で降板した。 結局このシーズンはこの2試合のみの登板に留まり勝ち星を挙げることはできなかった。 は中継ぎでの3試合で結果を残して6月下旬から先発ローテーションに加わると、7月8日の対横浜戦で6回途中3失点でヤクルト移籍後初勝利を挙げた。 その後4連勝を記録するなど 、ほぼ先発ローテーションを守りチーム3位タイの5勝を挙げた。 年俸は700万円増となる2000万円となった。 人物 [ ] 2016年11月08日、同年7月に婚姻届を提出し、年末に挙式の予定と報じられた。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 13 12 0 0 0 4 4 0 0. 500 266 58. 2 59 6 33 0 7 44 3 1 33 30 4. 60 1. 57 17 17 1 1 0 7 7 0 0. 500 446 110. 2 88 7 33 0 5 67 2 0 38 35 2. 85 1. 09 24 24 1 0 1 8 10 0 0. 444 623 148. 2 129 10 57 0 9 83 1 0 51 46 2. 78 1. 25 9 9 0 0 0 3 3 0 0. 500 164 35. 1 42 2 20 0 1 17 0 0 19 18 4. 58 1. 75 1 1 0 0 0 0 1 0 0. 000 26 5. 0 5 0 6 0 0 0 0 0 3 3 5. 40 2. 20 4 3 0 0 0 1 1 0 0. 500 63 13. 2 17 1 8 0 1 9 1 0 9 9 5. 93 1. 83 2 2 0 0 0 1 0 0 0 1. 000 32 7. 1 7 1 4 0 0 4 2 0 3 3 3. 68 1. 50 2 2 0 0 0 0 1 0 0. 000 33 5. 2 10 2 4 0 1 3 0 0 11 10 15. 88 2. 47 14 11 0 0 0 5 4 0 0. 556 268 62. 1 70 10 16 1 1 45 1 0 29 27 3. 90 1. 38 :9年 86 81 2 1 1 29 31 0 0. 483 1921 447. 1 427 39 181 1 25 272 10 1 196 181 3. 64 1. 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2010 ソフトバンク 13 0 5 1 0. 833 2011 17 2 17 1 1. 950 2012 24 3 28 1 0. 969 2013 9 1 2 0 0 1. 000 2014 1 0 2 0 0 1. 000 2016 4 1 1 0 0 1. 000 2017 2 0 2 0 0 1. 000 2018 ヤクルト 2 1 0 0 0 1. 000 2019 14 5 3 1 2. 889 通算 86 13 60 4 3. 948• 2019年度シーズン終了時 記録 [ ] 投手記録• 初登板・初先発登板:2010年6月10日、対3回戦()、6回3失点• 初奪三振:同上、1回表にから見逃し三振• 初勝利・初先発勝利:2010年6月24日、対9回戦(福岡Yahoo! 初完投勝利・初完封勝利:2011年5月20日、対1回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、4被安打7奪三振 打撃記録• 初安打:2011年6月6日、対4回戦()、5回表にから左前安打• 初打点:同上、5回表にから押し出し四球 ウィンターリーグでの投手成績 [ ] 球 団 - 6 6 0 0 0 2 2 0 --. 500 149 33. 0 36 4 21 0 1 32 2 0 18 18 4. 90 1. 73 - 2 2 0 0 0 0 2 0 --. 000 27 5. 0 9 1 4 0 0 3 0 0 7 7 12. 60 2. 60 2 1 0 0 0 0 1 0 --. 000 14 2. 2 3 0 2 0 0 2 0 0 3 3 10. 13 1. 88 :1年 6 6 0 0 0 2 2 0 --. 500 149 33. 0 36 4 21 0 1 32 2 0 18 18 4. 90 1. 73 :1年 2 2 0 0 0 0 2 0 --. 000 27 5. 0 9 1 4 0 0 3 0 0 7 7 12. 60 2. 60 :1年 2 1 0 0 0 0 1 0 --. 000 14 2. 2 3 0 2 0 0 2 0 0 3 3 10. 13 1. 88 背番号 [ ]• 121 (2007年 - 2010年3月16日)• 34 (2010年3月17日 - ) 登場曲 [ ]• 「Burning Heart」(2010年)• 「Good Feeling」(2012年)• 「Turn up the music」(2013年)• 「Myself... feat. 大地」MUROZO(2014年)• 「The Beginning」(2015年)• 「BANG BANG BANG 日本語Ver. 」(2016年)• 「GOOD BOY」(2017年)• 「Stand Out Fit In」ONE OK ROCK(2019年 - ) 脚注 [ ]• 日刊スポーツ. 2020年1月12日閲覧。 毎日新聞、2006年7月6日付朝刊、茨城地方面• 朝日新聞、2006年11月22日付朝刊、茨城地方面• 2006年11月23日 日刊スポーツ九州• 読売新聞、2006年11月28日付朝刊、西部版、P. 2006年11月28日 日刊スポーツ九州• 朝日新聞、2010年6月9日付朝刊、P. 福岡ソフトバンクホークス株式会社 2010年10月21日. 2018年1月25日閲覧。 スポーツニッポン 2011年5月20日付記事• 福岡ソフトバンクホークス株式会社 2013年10月19日. 2018年1月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2013年11月13日. 2018年1月25日閲覧。 , Baseball-Reference. com• 2020年3月25日閲覧。 2020年3月25日閲覧。 日本野球機構 NPB 公式サイト 2016年12月21日閲覧。 2017年11月2日閲覧。 2017年10月30日. 2017年11月2日閲覧。 2017年10月31日. 2017年11月12日閲覧。 日刊スポーツ新聞社. 2017年11月1日. 2017年11月12日閲覧。 2017年11月6日. 2017年11月12日閲覧。 福岡ソフトバンクホークス公式サイト 2017年11月11日. 2017年11月11日閲覧。 東京ヤクルトスワローズ公式サイト 2017年11月11日. 2017年11月11日閲覧。 ソフトバンクで金田正一のようになってほしい、とつけられた背番号34だが、金田は元々ヤクルトの前身の国鉄スワローズに在籍していた。 サンケイスポーツ 2018年6月22日. 2019年8月30日閲覧。 スポーツニッポン 2018年6月22日. 2019年8月30日閲覧。 東京ヤクルトスワローズ 2018年6月29日. 2019年8月30日閲覧。 www. sponichi. 2019年10月5日閲覧。 nikkansports. com. 2019年10月5日閲覧。 www. sanspo. com. 2020年1月2日閲覧。 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、142頁。。 西日本新聞 2016年11月8日掲載。 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年6月3日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、•

次の

山田 大記:ジュビロ磐田:Jリーグ.jp

山田大記

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] では最速143のを武器に1試合23奪三振を記録した。 3年生だった夏のでは10ながら 県内ナンバーワン左腕と評され 、チームのの二枚看板としてベスト8進出に貢献した。 なお、高校時代にはのスカウトも視察に訪れたという。 にてから1位指名を受けた。 大学進学も検討していたが 、支度金300万円、年俸240万円(いずれも推定)で入団。 プロ入り後 [ ] ソフトバンク時代 [ ] に左肘の手術を行った影響などもあって伸び悩み、育成選手の在籍期限となる3年間で通算24試合に登板して計3勝4敗と二軍で十分な成績を残せず 10月30日に一度となった。 しかし、テスト生として参加したソフトバンクの秋季キャンプで、視察に訪れた球団会長のから素質を高く評価され 、11月12日に改めて育成選手として契約を結んだ。 同じ長身左腕ののようになってほしい、という王の期待もあって背番号は 34になった。 の8試合でリーグトップの5勝を挙げ、も同2位の2. 76という投球内容が評価され、6月10日に初の一軍昇格。 同日のでの対戦に先発した。 その後はに入り、先発3試合目となった6月24日の対戦で9回途中まで1失点に抑えて、パ・リーグの育成出身選手として初の勝利投手になった。 その後一軍のローテーションを守り、4勝を挙げた。 に投げ勝つ試合もあった。 オフにに派遣された。 は開幕からローテーションに定着、5月20日の対戦では4安打完封勝利で、早くも自己最多タイとなる4勝目を挙げる。 また、これがパリーグの育成出身投手としては初の完封勝利となった。 最終的に規定投球回に到達しなかったが17試合に登板して7勝を挙げリーグ優勝に貢献した。 11月17日のに先発登板し、6回無失点で勝利投手となりパリーグの育成出身選手として日本シリーズ初勝利を挙げるなど8年ぶりに日本一にも貢献した。 またでは、予選リーグの韓国代表戦に先発し、7回無失点で勝利投手となった。 は自己最多の8勝を挙げ、初めてにも到達した。 育成選手としてプロ入りした投手で規定投球回に到達したのは山田が初めてである。 またホークスの高校から入団した左腕投手の規定投球回数クリアは、1972年南海ホークス時代の以来であり、ホークスのドラフト指名選手としては初の選手となった(村上が入団した時はまだドラフト制度が無かった)。 契約更改では、1000万円増の4000万円で更改した。 はわずか9試合の登板で3勝3敗、防御率4. 58の成績で終わった。 オフにに派遣された が、2試合に先発し0勝2敗、防御率12. 60と炎上し、途中からへの派遣に異動になった が、ここでも2試合に登板し、0勝1敗、防御率10. 13と残念な結果に終わっている。 はでは16試合に登板し、8勝1敗、防御率2. 86の成績をあげていたが 、一軍では1試合の先発に終わった。 は好調な先発投手陣に割って入ることができず、支配下選手登録後では初めて一軍登板なしでシーズンを終了した。 なお、ウエスタン・リーグでは16試合に登板し、5勝2敗、1完封、防御率3. 42の成績だった。 はウエスタン・リーグでは、9勝1敗、勝率. 900、防御率1. 93の成績だった。 は一軍では先発で2試合に登板し1勝0敗、防御率3. ウエスタン・リーグでは、22試合に登板し、10勝5敗、防御率2. 35の成績で、2年連続のウエスタン・リーグ最多勝を挙げるが 、に来シーズンの編成の構想外であることを通告された。 戦力外の選手ながら、 、 、 の3球団から獲得調査がされている報道がなされ、最終的にはにでヤクルトへ移籍。 同じ苗字の選手であるが在籍しているため、スコアボード上の表記は「 山田大」となる。 なお、背番号はヤクルトでも「 34」。 翌週29日の阪神タイガース戦にも先発したが、3回で降板した。 結局このシーズンはこの2試合のみの登板に留まり勝ち星を挙げることはできなかった。 は中継ぎでの3試合で結果を残して6月下旬から先発ローテーションに加わると、7月8日の対横浜戦で6回途中3失点でヤクルト移籍後初勝利を挙げた。 その後4連勝を記録するなど 、ほぼ先発ローテーションを守りチーム3位タイの5勝を挙げた。 年俸は700万円増となる2000万円となった。 人物 [ ] 2016年11月08日、同年7月に婚姻届を提出し、年末に挙式の予定と報じられた。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 13 12 0 0 0 4 4 0 0. 500 266 58. 2 59 6 33 0 7 44 3 1 33 30 4. 60 1. 57 17 17 1 1 0 7 7 0 0. 500 446 110. 2 88 7 33 0 5 67 2 0 38 35 2. 85 1. 09 24 24 1 0 1 8 10 0 0. 444 623 148. 2 129 10 57 0 9 83 1 0 51 46 2. 78 1. 25 9 9 0 0 0 3 3 0 0. 500 164 35. 1 42 2 20 0 1 17 0 0 19 18 4. 58 1. 75 1 1 0 0 0 0 1 0 0. 000 26 5. 0 5 0 6 0 0 0 0 0 3 3 5. 40 2. 20 4 3 0 0 0 1 1 0 0. 500 63 13. 2 17 1 8 0 1 9 1 0 9 9 5. 93 1. 83 2 2 0 0 0 1 0 0 0 1. 000 32 7. 1 7 1 4 0 0 4 2 0 3 3 3. 68 1. 50 2 2 0 0 0 0 1 0 0. 000 33 5. 2 10 2 4 0 1 3 0 0 11 10 15. 88 2. 47 14 11 0 0 0 5 4 0 0. 556 268 62. 1 70 10 16 1 1 45 1 0 29 27 3. 90 1. 38 :9年 86 81 2 1 1 29 31 0 0. 483 1921 447. 1 427 39 181 1 25 272 10 1 196 181 3. 64 1. 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2010 ソフトバンク 13 0 5 1 0. 833 2011 17 2 17 1 1. 950 2012 24 3 28 1 0. 969 2013 9 1 2 0 0 1. 000 2014 1 0 2 0 0 1. 000 2016 4 1 1 0 0 1. 000 2017 2 0 2 0 0 1. 000 2018 ヤクルト 2 1 0 0 0 1. 000 2019 14 5 3 1 2. 889 通算 86 13 60 4 3. 948• 2019年度シーズン終了時 記録 [ ] 投手記録• 初登板・初先発登板:2010年6月10日、対3回戦()、6回3失点• 初奪三振:同上、1回表にから見逃し三振• 初勝利・初先発勝利:2010年6月24日、対9回戦(福岡Yahoo! 初完投勝利・初完封勝利:2011年5月20日、対1回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、4被安打7奪三振 打撃記録• 初安打:2011年6月6日、対4回戦()、5回表にから左前安打• 初打点:同上、5回表にから押し出し四球 ウィンターリーグでの投手成績 [ ] 球 団 - 6 6 0 0 0 2 2 0 --. 500 149 33. 0 36 4 21 0 1 32 2 0 18 18 4. 90 1. 73 - 2 2 0 0 0 0 2 0 --. 000 27 5. 0 9 1 4 0 0 3 0 0 7 7 12. 60 2. 60 2 1 0 0 0 0 1 0 --. 000 14 2. 2 3 0 2 0 0 2 0 0 3 3 10. 13 1. 88 :1年 6 6 0 0 0 2 2 0 --. 500 149 33. 0 36 4 21 0 1 32 2 0 18 18 4. 90 1. 73 :1年 2 2 0 0 0 0 2 0 --. 000 27 5. 0 9 1 4 0 0 3 0 0 7 7 12. 60 2. 60 :1年 2 1 0 0 0 0 1 0 --. 000 14 2. 2 3 0 2 0 0 2 0 0 3 3 10. 13 1. 88 背番号 [ ]• 121 (2007年 - 2010年3月16日)• 34 (2010年3月17日 - ) 登場曲 [ ]• 「Burning Heart」(2010年)• 「Good Feeling」(2012年)• 「Turn up the music」(2013年)• 「Myself... feat. 大地」MUROZO(2014年)• 「The Beginning」(2015年)• 「BANG BANG BANG 日本語Ver. 」(2016年)• 「GOOD BOY」(2017年)• 「Stand Out Fit In」ONE OK ROCK(2019年 - ) 脚注 [ ]• 日刊スポーツ. 2020年1月12日閲覧。 毎日新聞、2006年7月6日付朝刊、茨城地方面• 朝日新聞、2006年11月22日付朝刊、茨城地方面• 2006年11月23日 日刊スポーツ九州• 読売新聞、2006年11月28日付朝刊、西部版、P. 2006年11月28日 日刊スポーツ九州• 朝日新聞、2010年6月9日付朝刊、P. 福岡ソフトバンクホークス株式会社 2010年10月21日. 2018年1月25日閲覧。 スポーツニッポン 2011年5月20日付記事• 福岡ソフトバンクホークス株式会社 2013年10月19日. 2018年1月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2013年11月13日. 2018年1月25日閲覧。 , Baseball-Reference. com• 2020年3月25日閲覧。 2020年3月25日閲覧。 日本野球機構 NPB 公式サイト 2016年12月21日閲覧。 2017年11月2日閲覧。 2017年10月30日. 2017年11月2日閲覧。 2017年10月31日. 2017年11月12日閲覧。 日刊スポーツ新聞社. 2017年11月1日. 2017年11月12日閲覧。 2017年11月6日. 2017年11月12日閲覧。 福岡ソフトバンクホークス公式サイト 2017年11月11日. 2017年11月11日閲覧。 東京ヤクルトスワローズ公式サイト 2017年11月11日. 2017年11月11日閲覧。 ソフトバンクで金田正一のようになってほしい、とつけられた背番号34だが、金田は元々ヤクルトの前身の国鉄スワローズに在籍していた。 サンケイスポーツ 2018年6月22日. 2019年8月30日閲覧。 スポーツニッポン 2018年6月22日. 2019年8月30日閲覧。 東京ヤクルトスワローズ 2018年6月29日. 2019年8月30日閲覧。 www. sponichi. 2019年10月5日閲覧。 nikkansports. com. 2019年10月5日閲覧。 www. sanspo. com. 2020年1月2日閲覧。 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、142頁。。 西日本新聞 2016年11月8日掲載。 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2017年6月3日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、•

次の

元日本代表MF山田大記が結婚「夫婦としての歩みも大切に」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

山田大記

・読みやすくするためにニュアンスは変わらない程度にあえて一言一句正しく書き起こしていない部分があります。 ・書き起こしはコンテンツがあるからできることなので、動画を見た後に書き起こしは読んでください(書き起こし部分だけでもいいので)。 (書き起こし部分:1:18:43~1:21:05) (サポーター)去年、少し苦い経験の話ではなくて、去年急にチームの雰囲気が変わって、負けないジュビロに変わって、すごい強い雰囲気というか、これはいけるぞという雰囲気にどんどん変わっていったんですよね。 あれは、特に山田選手、小川選手中心にやったと思うんですけど、何がきっかけというか、急に変わっていったのは、どういうきっかけていうかねぇ、ところから変わったのって少し生の声で教えてほしいなと思って質問します。 (誠也)気になりますねぇ。 (昨シーズンは岡山に期限付き移籍) (大記)どう大貴? (大貴)いや…ちょっと山田さん(先にお願いします) 大記の考える変わった要因 (大記)1つは戦術的なところで、ピッチ内のルールをかなり設定する監督なので、名波さんとかに比べて。 こうなったらこうしようっていうのは、かなり明確に指示があって、そこで1つ選手が頭を整理してプレーしていたっていうのはあったんじゃないかなと風に思います。 その戦術的なところと、あとはあの状況で、状況的に追い込まれている中で、完全に弱いチームのサッカー、まず守備から入って、カウンターでどうにかていう。 とにかく粘り強く相手にボール持たれても、ていう割り切るところをかなり割り切れたのがよかったんじゃないかなていう。 フベロのそこの強さだと思いますけど、追い求めすぎず、理想なり自分のやりたいサッカーを今はこうでこうだから、自分たちの今の立ち位置、メンタリティでできることにフォーカスしようっていう風にうまくやれることやれないことにちゃんと線を引いて「やれることはこれだよ」っていうのは選手に提示したのが1つの要因だったんじゃないかなって僕は個人的に分析します。 <書き起こしおわり>.

次の