梅雨明けいつ 2020。 梅雨明けはいつ?2020の予測は?梅雨を決める方法や目安を解説☆|mamagirl [ママガール]

2020年今年の梅雨入りと梅雨明けはいつ?集中的な豪雨に注意が必要!|Surf life

梅雨明けいつ 2020

東北・仙台の梅雨明け2020年の時期を予想しようと、気象庁の過去のデータを元に傾向を考えました。 気象庁には昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積され、それを私たちも見ることができるので活用できるのですね。 そこから出た 東北・仙台の梅雨明け予想は7月下旬になります。 ただ、東北と言っても 北部と仙台付近の南部では、少し梅雨明け時期も変わってくるのですね。 そしてその中で、 東北・仙台の 梅雨明けの平年の時期や、観測が始まって 過去最速の梅雨明け日。 もしくは、過去最も遅かった梅雨明け日などもわかりました。 東北・仙台の地域は沖縄が梅雨明けしてから1ヶ月ほどでやってくることが多く、2020年もそこまで変わらないと思います。 では、具体的に東北・仙台の梅雨明けはいつごろになるのか、その予想をご覧ください。 スポンサードリンク 気象庁の東北の梅雨明け区分 ちなみに気象庁が公表している区分は、普段の私たちの感覚とは少し違う場合があります。 今回の表なども気象庁の区分を参考にしているので、それに当てはめて見るようにしてくださいね。 東北北部 青森県、秋田県、岩手県 東北南部 山形県、宮城県、福島県 このようになっていますので、注意してください。 東北・仙台の梅雨明け時期は平年いつから? 気象庁のホームページには、昭和26年(1951年)から現在までの過去データが蓄積されています。 それは私たちも自由に見ることができます。 そのデータには、東北南部の仙台から北部にかけての梅雨明け時期が平年いつからかも出してくれています。 それを2000年以降でまとめました。 data. jma. html この表をまとめると、 東北南部【2000年~2019年】 スポンサードリンク あとがき 2020年東北・仙台の梅雨明けの時期の予想ですが、これまでの結果を表にしてまとめました。 東北の梅雨 東北南部 東北北部 梅雨明け予想 7月22日~8月1日頃 7月25日~8月4日頃 平年 7月25日頃 7月28日頃 過去最も早い日 1978年7月5日頃 1978年7月8日頃 過去最も遅い日 1987年8月9日頃 1991年8月14日頃 あくまで予想ですので、その年の気象状況によっても大きく変化します。 ただ、毎年のデータからの予想ですが参考にはなると思います。 また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。 そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。 梅雨の時期はうっとおしい日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折り畳み傘など備えはしておくようにしてくださいね。

次の

【九州北部の梅雨明け予想】2020年はいつ?平年との比較を気象予報士が解説

梅雨明けいつ 2020

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の

2020年の梅雨入り、梅雨明けはいつ?関東、関西、沖縄など地域ごとに傾向を解説

梅雨明けいつ 2020

Contents• 今までの徳島県の梅雨明けまとめ 予想の前にまずは過去の梅雨明け日を振り返りたいと思います。 徳島県を含む四国地方の梅雨明け日は以下となります。 徳島県の過去69年の梅雨明け日の推移 移動平均の値は、7月16日ごろとなります。 さらに平年、昨年の時期をまとめると、 徳島県の梅雨明け 平年 去年(2019年) 移動平均 時期 7月18日ごろ 7月25日ごろ 7月16日ごろ となります。 徳島県の梅雨明け予想!2020年の時期はいつ?【最新版】 次に、高松地方気象台より5月25日発表された四国地方の6~8月の天候の見通しを確認したいと思います。 気象庁の3カ月予報 予報のポイント 【予報のポイント】 1:向こう3か月の気温は、暖かい空気に覆われやすいため、高いでしょう。 2:向こう3か月の降水量は、ほぼ平年並ですが、6月は前線や湿った空気の影響 を受けやすいため、平年並か多いでしょう。 3:期間の後半は高気圧に覆われやすい時期もあるため、8月は平年に比べ晴れの 日が多いでしょう。 月別の天候 【月別の天候】 6月:前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。 7月:期間の前半は平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 期間の後半は平年と同様 に晴れの日が多い見込みです。 8月:太平洋高気圧に覆われやすく、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。 データ参照元: 上記より、徳島県の梅雨中である6月~7月前半はじめじめした天候が多くなりそうです。 一方で、7月後半から晴れの日が多くなるようで、 平年と同様、 過去の傾向と同じような時期に梅雨が明ける可能性が高いと解釈 いたします。 よって、過去の定量的データ、最新の気象庁の情報を踏まえて、 徳島県の2020年の梅雨明け時期の予想としましては、 7月18日前後の梅雨明けとなりそうです。 徳島県の梅雨明け予想!【2020最新】まとめ 今回は2020年の徳島県の梅雨明けがいつごろになりそうなのかを、 過去のデータと、最新の気象庁発表の3カ月予報を確認しながら予想してみました。 平年同様の傾向が強いということを頭に入れつつ、 最新の情報は適宜気象庁など専門機関発表の情報を取得するようにしてください。

次の