大阪 ライブ ハウス arc。 大阪のライブハウスで新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)発生|「大阪京橋ライブハウスArc」はどこにある?誰のライブ?感染者は誰?

2月15日 「大阪京橋ライブハウスArc」出演者は?

大阪 ライブ ハウス arc

CONTENT• 2月15日に大阪ライブハウスでコンサート・ライブをしたのは誰? 「高知県で新型コロナウイルスの感染が確認された30代女性が、15日に大阪市都島区のライブハウスで開催されたコンサートに参加」「このコンサートには、25日に札幌市で感染が確認された府内在住の40代男性と、27日に感染が判明した40代の男性会社員も参加していたという。 」 —. 大阪府は大阪市内で2月15日に開催されたライブコンサートにておよそ100人が参加したライブコンサートが、小規模な感染者の集団「クラスター」が発生している可能性がある、との見方を示しました。 しかし、大阪市はすやかに情報公開と迅速な対応で現時点では 大きな混乱は見られていないようです。 府によると、会場は大阪市都島区の「大阪京橋ライブハウスArc(アーク)」。 高知県と高知市が29日、市内の整形外科医院に勤務する30代の女性看護師の感染を確認したと発表し、この女性が大阪市のライブに参加していたことを明らかにした。 15日午後5時半から午後10時ごろまで会場に滞在し、マスクはつけていなかったという。 報道によると、ライブには札幌市が25日に感染を確認した40代男性と、大阪府が27日に確認した40代男性もライブ関係者として参加していたとのこと。 2人は大阪府在住で、翌16日にも同じ会場で別のライブに観客ではなくライブ関係者として参加したということです。 大阪府の速やかな情報公開に称賛の声 新型コロナウイルスの感染が確認された3人が、2月15日に大阪のライブハウスにいたことが分かりました。 大阪府はライブ参加者で発熱などの症状がある人は相談するよう呼びかけています。 — 日経関西 nikkeikansai 現在、政府の場当たり的な対策と進まない情報公開によって国民の不安が広がっている中で、大阪府の速やかな情報公開に称賛の声が挙がっています。 吉村知事は29日夕に開いた会見で、速やかな情報公開について次のように語っています、 ライブハウスの名前を公表したことなどについて「15日のライブでコロナの感染が広がったとみるべきだ。 密閉された空間で多くの人が身近にふれあう。 さらに感染クラスターが広がらないように発表する」と説明。 「(ライブに参加した心当たりがある人は)症状が出たら速やかに連絡を頂きたい。 不要不急の外出も控えてほしい」と、府内の保健所などへの連絡を呼びかけた。 取り急ぎご報告させて頂きます。 速やかな情報提供にファン以外の方々からも多くの感謝の声が挙がっています。

次の

大阪のライブハウスで新型コロナウイルスの集団感染(クラスター)発生|「大阪京橋ライブハウスArc」はどこにある?誰のライブ?感染者は誰?

大阪 ライブ ハウス arc

nikkei. 高知県でも新たに1人の感染が判明した。 いずれも複数の感染者が確認された大阪市都島区のライブハウス「Arc」を訪れた人か、感染者と接触歴のある人だという。 大阪府の40代女性は2月16日、ライブハウスで行われたコンサートに参加した。 同じ場所で15日に行われたコンサートの参加者4人の感染が判明しており、うち2人は16日も参加していた。 女性は24日に発熱し、25日に府内の医療機関を受診。 29日に同じ医療機関を受診し、3月1日に新型コロナ受診相談センターに連絡した。 2日に陽性が判明した。 同じく2日に感染が判明した50代男性はこの女性と頻繁に接触。 2月25日に札幌市で感染が確認された府内在住の40代男性とも18日に接触したという。 高知県で新たに確認されたのは高知市の30代女性で病院職員。 大阪市のライブハウスを訪れた後に感染が判明した女性看護師の友人だが、2人が接触したのはライブ前日の2月14日で県内で感染した可能性もあるという。 国立感染症研究所(東京・新宿)は大阪市保健所に薬剤師を派遣。 「クラスター」と呼ばれる小規模な集団感染の可能性があるとみて、大阪府・市と協力して感染源や感染経路の解明に取り組む。 nikkei. また、 JR環状線 京橋駅からも近く、約徒歩11分の場所にあります。 大阪城からも近く、都心に近いアクセスのよい場所にありますね。 ライブハウスは100人ほどの収容人数とのことです。 2月15日について 日付 2020年2月15日(土)「カツオコレクション vol. 9」 時間 開場 17:30 開演 18:00(閉館 23:00頃 ホストバンド Ba. asahi. html ライブ参加者の感染者について報道をまとめました。 この女性は大阪府在住の40代女性で、2月16日のライブに参加されていたとのこと。 こちらのライブハウスに参加されていた全員とはまだ連絡がとれていないとのことなので、心配ですね。 ライブハウスアークのホームページには、このように記載されています。 該当期間に当ライブハウスを利用された方で、呼吸器症状、発熱等があり感染の不安がある方は 各区保健福祉センターへご連絡ください。 なお、大阪市以外にお住まいの方は管轄の保健所にご相談ください。 今後もライブハウスからの感染者がでてくるのではないかと予想されますね。 3月4日放送の、 「ひるおび」によりますと、現在 ライブハウスに訪れていた方の感染者は8人確認されているとのことでした。 yahoo. このライブハウス参加者の感染した方から、家族や同僚、親戚、知人へと広がっています。 また、ライブハウスアークに参加した方が、大阪梅田にあるソープオペラクラシックにも参加されていることがわかっていますので、 小規模感染集団(=クラスター)が発生している可能性があるとのこと。 現時点で、ソープオペラクラッシックにて感染が確認されたのは 3名(全て大阪府在住)ということです。 このうちの60代女性は、堺税務署の職員であることがわかっています。 内部事務のため確定申告には携わっていないとのこと、このため堺税務署は5日に消毒作業のため、確定申告の会場を閉鎖しました。 堺税務署の府庁内の消毒や清掃を行い、濃厚接触者の21人の職員は自宅待機を行うとのこと。 窓口業務は6日から再開するようです。 ライブハウス参加者で現時点では症状もない方もいらっしゃるかもしれませんので、今後も大阪府としては、 参加者全員に検査をしたいと呼び掛けています。 スポンサーリンク おわりに 今回は、最新[大阪コロナライブハウスアーク Arc ]場所とアーティストは誰? 参加者や経路は!? と題して記載いたしました。 大阪のライブハウスの観客から、毎日感染者が確認されているので、今後も増えていくのではないでしょうか。 ライブに参加された方はご本人はわかっていらっしゃるので、一度管轄の保健所に相談されたほうがよいかもしれないですね。

次の

感染3人、100人規模のライブ参加 2週間前、大阪で:朝日新聞デジタル

大阪 ライブ ハウス arc

感染が相次いで判明したのは大阪市都島区のライブハウス「Arc」で2月15~16日に行われたコンサートの参加者。 高知県の30代女性看護師や大阪府の40代男性ら計8人の感染が3日までに確認された。 ライブハウス側は前売りチケットの購入者名簿を府に提供。 両日の参加者のうち連絡先が分かった47人について、大阪市保健所が2日以降、順次連絡している。 発熱やせきが出ないかなどを確認し、症状がない場合も2週間は毎日電話。 異変があれば保健所や専門の医療機関を受診するよう要請する。 吉村氏は3日、2月15~16日にライブハウスを訪れた人は症状にかかわらず全員を検査対象とする方針を明らかにした。 ただ、小規模なコンサートは当日券で入場するケースも多く、参加者の捕捉が難しい。 15日の参加者はスタッフを含め約150人で、このうち90人は連絡先が分からない。 16日に至っては参加者数すら判明していない。 大阪府は国立感染症研究所などの専門家でつくる「クラスター対策班」に協力を要請。 2日から大阪市保健所に派遣された専門家が指揮を執り、ライブ参加者や接触者の情報を全国の保健所と連携して調べている。 府・市も所在の分からない参加者について、連絡のつく参加者から情報を聞くなどしているが、参加者の把握は難航。 府の担当者は「自ら保健所に名乗り出てもらうしかない」と悩む。 ライブ参加者の知人や家族の感染も相次いで判明しており、府幹部はさらなる拡大に危機感を強めている。 3日に感染が確認された府内在住の40代女性保育士は、2月26~28日に大阪市内の大規模認可保育所に出勤しており、府は100人以上の園児や職員の健康観察を実施する構えだ。 3日までに79人の感染が確認された北海道。 国内外から200万人が訪れた「さっぽろ雪まつり」(札幌市)が2月11日に閉幕した後に感染者の確認が相次いだ(「」参照)。 会場周辺のテントやプレハブ小屋などの空間で感染した可能性がある。 同月13~15日に北見市で開催された展示会でも複数の感染が確認された。 タクシー運転手ら約70人が参加した東京都の屋形船では11人が感染。 大半の窓を閉めたまま2時間半ほど会が行われたという。 千葉県市川市のフィットネスクラブでは3日までに利用者4人の感染が判明し、名古屋市のスポーツジムでも複数の感染者が出た。 厚生労働省の分析では感染者の8割は周囲に感染させていないとみられ、クラスターを封じ込められれば急激な感染拡大は防げるとみる。 専門家会議は若年層の行動が重要と強調する。 10~30代は重症化リスクが低い半面、感染に気づかないうちに他の地域に移動して、高齢者に感染させてしまう恐れがあるという。 地域医療機能推進機構の尾身茂理事長は若年層に対し「風通しが悪く、人が密集する場所を避けることで多くの人の感染を防げる」と指摘する。 専門家会議は避けるべき場所としてライブハウスやカラオケボックス、自宅での飲み会などを例示している。

次の