ノーサイドゲーム ネタバレ 最終話。 ノーサイドゲームあらすじネタバレ!原作・最終回ラストはどうなる?

【ノーサイドゲーム】ネタバレと原作の結末あらすじ。黒幕はまさかのあの人!

ノーサイドゲーム ネタバレ 最終話

ドラマ【ノーサイド・ゲーム】の最終回10話あらすじ カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂 石川禅 は、これまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。 次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するという。 これが可決されればアストロズ は廃部に追い込まれてしまう。 君嶋 大泉洋 は日本蹴球協会の専務理事・木戸 尾藤イサオ にプラチナリーグの改革案を持ち込むが…。 一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。 ブレイブス戦で膝を負傷し た浜畑 廣瀬俊朗 も懸命なリハビリを続けていた。 そんな時、君嶋は練習グラウンドに怪しい男性がいる との知らせを受ける。 その男・赤木 櫻井翔 はいったい何者なのか。 そして、ついに決戦の日を迎える。 アストロズのファンイベントに見慣れないスーツ姿の男がうろうろしていた。 サイクロンズのスパイではないかと、君嶋に報告が入り声をかける。 その人物はブルズの新GMになった人物で、アストロズを見本にしてチーム改革をしようと思っていた。 君嶋は日本蹴球協会へ行き木戸と話しをする。 木戸はかつてラグビーワールドカップの誘致を、周りの反対を押し切って決めたという一面もあった。 このままで本当にいいのかと詰め寄る君嶋に、自分だって何とかしたいが一人だけの力では無理だという。 脇坂がどこから風間社長の銀行口座のコピーを入手したのか、君嶋は探っていた。 すると、 脇坂と風間社長は高校の同級生であることがわかった。 取締役会議前の晩、アストロズの部員がグラウンドで横になる君嶋のところへ来た。 今までの感謝とサイクロンズ戦への勝利を誓い、君嶋にも会議を頑張れとエールを送る。 君嶋は部員とファンのため、自分の命を賭けてやってみせると約束した。 取締役会議当日、 脇坂はアストロズの予算半減を提案する。 さらに、日本蹴球協会が変わらなければ、今後も今まで通り金をむしり取られるだけだと主張する。 対する君嶋は2年前から比べての成長を語り、地域住民との交流など数字で見えない部分の貢献を語る。 だが、脇坂は赤字であるアストロズを切り捨てるため、採決をさっさと取ろうとする。 メッセージで木戸から連絡が入り、 蹴球協会の理事会で富永解任が決定したという。 これで蹴球協会の改革も始まる。 だが、引き下がらない脇坂に社長が、会社は営利目的と社会的繋がりを持つためにあるという。 アストロズがその役割を担っているならいいじゃないかと押す。 結果、 アストロズは今まで通りの予算で運営することになる。 会議ではさらにコンプライアンス問題についても語られる。 カザマ商事の隠ぺい工作には、わが社の社員が関わっていると君嶋は言う。 その人物は脇坂だと名指しで言い、 証人として風間社長を君嶋は呼んでいた。 会議の前に君嶋と滝川、そして風間社長は3人で会って話していた。 この買収問題でたった1人得をした人物、それは脇坂だけだと。 脇坂は風間を友人だとは思っていない、単なる捨て駒に使われたんだと説得していた。 会議に現れた風間社長は何でも話すと言う。 君嶋は脇坂に正々堂々とぶつかってこないあなたに、会社の未来を語る資格などないと言い、 会社から出て行くよう通告する。 脇坂はその場で崩れ落ちるしかなかった。 アストロズとサイクロンズの優勝決定戦が始まる。 控え室で君嶋は選手への感謝、そしてラグビーへの愛を語りみなを奮起させる。 スタメンで出場した七尾がラックに入れるのか、それが柴門は心配だった。 一瞬ためらう七尾、だが浜畑の声を聞いてラックの中に入る。 七尾にはもう恐怖がなくなり始めていた。 だがサイクロンズは七尾の研究をし尽くしていた。 さらに佐々のパスも読まれ、攻撃が通用しない。 それどころか里村が攻撃に加わり、 アストロズは翻弄され前半大差をつけられる。 選手たちが控え室に戻る前、観客席ではアストロズの応援歌を歌う。 その声はスタジアム全体を包み、選手たちの心に強く響いた。 控え室で後半の選手交代を告げる柴門、浜畑に出場を要請し浜畑はそれに応える。 七尾と交代かと思いきや、 七尾と浜畑のダブルスタンドオフでいくという。 浜畑のケガの状態が心配だった君嶋は声をかける。 完全には治っていないという浜畑に、今後の選手生命にかかわるのではと心配する君嶋。 浜畑は今後なんてない、俺の選手生命は今日で終わりですといい、君嶋に深く感謝をする。 君嶋は浜畑をもう一度呼び止め、きつく抱き締めてから送り出す。 アストロズの逆襲が始まる。 七尾と浜畑のダブルスタンドオフに翻弄されるサイクロンズ、浜畑が七尾にキックパスをし七尾が開いたスペースからドロップゴールをする。 そうして 2トライ差まで詰め寄る。 それを警戒したサイクロンズは、ディフェンスが早めに動きキックパスを阻止しようとする。 浜畑は七尾にではなく普通にパスをし、その隙をついてトライを決める。 残り2分、1トライで逆転となるところまで追いつく。 時間をギリギリまで使うサイクロンズから、ボールを奪い取り浜畑がサイドを走る。 だが、タックルで捕まり倒れそうになる前、膝が悲鳴をあげる中、七尾を信じてボールをパスする。 もうダメかと思った時、七尾の足がボールにタッチし上がったそれを取る。 そしてタックルをされ倒れこみながら、 ボールはトライを決めた。 ノーサイドの笛が鳴り 31対32でアストロズは優勝した。 試合後、チーム関係なく握手をする選手たち、里村は佐々と、浜畑は全ての選手に拍手で迎えられた。 柴門と津田も互いに健闘を称えて握手をした。 その後、 君嶋は本社に戻り浜畑が新GMに就任する。 滝川を見かけた君嶋は声をかけ、ジュニアラグビーを見ながらラグビーの未来の話をするのだった。 ドラマ【ノーサイド・ゲーム】最終回10話の感想 池井戸作品なのである意味結果は想像できると思います。 わかっていてもやっぱり感動する、それが池井戸作品というものです。 スカっとする脇坂との話と、本格的なラグビーシーンを入れた試合部分の話、それがこの最終回の構成となります。 散々浜畑の話を語っていますが、やっぱり浜畑が格好よくてたまりません。 君嶋が浜畑を送り出すシーンは、演出もあってか心震わせられます。 言葉で語るよりも試合を見て感動して欲しい、そんな意気込みが伝わる試合のシーンです。 1つのボールをトライするまで、どれだけの人がタックルをしパスを回すのか、迫力ある試合をドラマでも再現してくれます。 このドラマを見てラグビーに興味を持った人が、そろそろ始まるラグビーワールドカップの視聴にも繋がり、ラグビーが日本で盛り上がったらよいなと、ドラマに携わった人たちの思いも強く感じました。 TBSと日本テレビ、局を越えてエールを送るという、ラグビーという題材のせいか清々しい関係性です。 最終回なのでアストロズ、カザマ商事買収の件、登場人物のその後について全話を通してまとめました。 アストロズについてのまとめ 君嶋がGM就任する前としてからの比較を表にしました。 就任前 就任後 順位 リーグ最下位 1年目リーグ2位 2年目リーグ優勝 観客動員 まばら ホームゲームは満員 チケット売り上げ 0 1億5000万 ファン 皆無 ファンクラブ発足 地域交流 なし ボランティア活動 地域イベント参加 ジュニアチーム なし 発足 たった2年でこの劇的変化は驚きです。 君嶋がどれだけ優秀なGMかわかります。 それも部員のみんなが協力してくれたからできることで、君島1人の力ではここまで達成することは無理だったでしょう。 最初は監督も決まらず柴門にお願いすることから始まります。 予算が足りない分、佐倉たちにも手伝ってもらいコーチの予算を省きます。 途中で里村が抜けてしまい困りますが佐々が成長して補い、さらに七尾という新戦力も入ります。 足りないものは常に知恵を使って補い、選手もちゃんと成長します。 それもこれも、 心の支えとして浜畑がいたからという部分が大きいです。 蹴球協会の改革も決まりこれからよくなる分、ライバルチームももっと成長するでしょう。 敵はサイクロンズだけではなくなりそうです。 それでも、改革しなければラグビー自体なくなってしまうと君嶋は頑張りました。 来期も廃部にならずアストロズは存続するようなので、よかったです。 カザマ商事買収についてのまとめ 一転二転したこのカザマ商事買収の話ですが、結局のところ何がどうなって、なぜこんなことになったのか?全話を通してみたまとめです。 白水商船の船が座礁し炎上• カザマ商事のバンカーオイルが不良品だと発覚• 風間社長は会社を手放すことを決断• 脇坂に相談をして隠蔽して売りぬくことを計画• 滝川に買収を打診• 風間から会社を奪いたい滝川飛びつく• 君嶋に買収を阻止• 君嶋が左遷されたのでもう一度買収にチャレンジ• 君嶋が隠蔽に気づき会議の場で暴露• こっそりと脇坂は風間の銀行口座のコピーも資料につける• 滝川左遷され脇坂が出世• 君嶋が脇坂と風間社長の仲に気づいて探る• 滝川と君嶋で風間社長を説得しに行く• 会議で風間社長を証人として呼び脇坂の不正を暴露 そもそも、カザマ商事に問題があるということを忘れてはいけません。 ここが不良品のオイルを作っているから、色々な人間が巻き込まれ不幸になります。 それを 出世に利用したのが脇坂でした。 まずは邪魔な君嶋を左遷し、会議で暴露し滝川を左遷。 そうして空いた椅子に自分が納まるという策略です。 脇坂の問題はみんなのことを裏切ったことです。 味方だと信じていた君嶋、風間社長を裏切り、ゲームの駒として使います。 その恨みによってみずからの首が絞まります。 滝川は風間社長に対する復讐心が強すぎて、何も知らずに毒を飲まされるところでした。 しかし、この件があってからは君嶋とラグビーを通じて打ち解けてきます。 最終的にカザマ商事の買収は立ち消え、脇坂の処分はどうなるのか分かりませんが、君嶋は会社を出て行けと息巻きます。 登場人物のその後 全ての登場人物については語られませんが、わかった範囲でまとめます。 君嶋:本社に戻り経営戦略室長に就任。 アストロズの部長としてチームを支える• 浜畑:選手を引退し、アストロズのGMに就任• 柴門:引き続きアストロズの監督• 滝川:前回と変わらずのトキワ自動車の金融子会社• 脇坂:去就は不明• 風間:社長のままと思われる• 社長:社長のまま 君嶋は念願の本社復帰をします。 それも出世して戻ってきました。 そして浜畑はどうなるのかと思ったら、なんと アストロズGMになりました。 最後に少しだけ柴門とやり取りをした時、君嶋みたいに頑固だなと言われた浜畑が、「あの人のこと俺尊敬してますんで」と言います。 GMとしての尊敬は本当にされていたんだなと思う会話です。 脇坂はどうなったのか?それについては特に言いません。 あの状況で残ることができるのか、本人のプライド的に耐えられるのか次第でしょうか。 風間についても謎でして、恐らくどこにも会社を売り抜けないはずでしょうから、まだ社長のままではないかと思います。 それともどこかを騙して売るのか?白水商船がそれを阻止しそうですが、謎です。 島本社長についても特に代わるという話もなく、試合会場に見に来ていた時にはまだ「社長」と呼ばれていたので社長のままかと思われます。 ドラマ【ノーサイド・ゲーム】最終回10話のその他気になったこと• スパイ扱いされるブルズGM赤木• ネットニュースを確認するため、一斉にスマホを見る取締役たち• 脇坂だけ茶色いスーツ• 崩れ落ちて椅子にぶつかる脇坂• 真希はラグビーが結構好き• 凄い距離を蹴る七尾 ドラマ【ノーサイド・ゲーム】最終回10話のまとめ オチは誰もが大体想像つくオチで終わります。 毎回何かしらの問題が起き、何かしらのヤマ場を作り感動させる。 そんなドラマなのですが、日曜の夜に放送するにはピッタリだったと思います。 ラグビーチームの運営というのも大変だと、しみじみ思う内容でした。 14億円もの金をつぎ込んでは回収もできず、よく今までやってきたなと感心します。 ですが、社長も言いますが 企業とは営利目的の組織であると同時に、社会的存在でもあるわけです。 このドラマは池井戸作品好きの人は楽しめたと思います。 しかし予定調和な話が苦手な人や、ラグビーとかちょっとといった人には響かなかったかもしれません。 個人的には楽しめました。 話としては最終回がドラマチックで面白いですが、9話の浜畑が七尾に語るシーンが、全話通して一番好きなシーンでした。

次の

ドラマ【ノーサイド・ゲーム】7話ネタバレ感想|里村、アストロズやめるってよ

ノーサイドゲーム ネタバレ 最終話

放送の都度、確認してみてください。 1話のネタバレ 出典 ・ 1話のあらすじ あらすじを読む 閉じる トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。 家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。 ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。 君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。 異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。 総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。 社長である島本博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。 それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。 ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。 しかし後がないのは君嶋も同じ。 自らの再起を考えた君嶋は・・・。 tbs. html ・ 1話のあらすじネタバレはコチラ 2話のネタバレ 出典 ・ 2話のあらすじ あらすじを読む 閉じる トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面していた。 新監督人事が進まないのだ。 キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。 ない知恵を絞っても始まらない。 君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。 チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。 しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。 そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。 柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。 君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。 それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。 監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。 この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。 君嶋はどうなってしまうのか・・・。 tbs. html ・ 2話のあらすじネタバレはコチラ 3話のネタバレ 出典 ・ 3話のあらすじ あらすじを読む 閉じる トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMを務める君嶋(大泉洋)は様々な数字を分析し黒字への可能性を探る。 しかし昨年の平均観客数は非常に低く、その観客の大多数はタダ同然でバラ撒かれたチケットでの入場者だった。 人気もなくチケットも売れなければ黒字化など不可能だ。 さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは日本蹴球協会に高額の参加費を払っている。 協会はその資金を元手に試合の運営や宣伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけではない。 君嶋はGM会議の席で収益向上のために知恵を出そうと提案するが、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)に一蹴されてしまう。 他チームのGMたちも誰一人君嶋に賛同する者はなく…。 府中に戻った君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動をしようと提案する。 しかし新しいことを始めるには予算がかかる。 君嶋は追加予算を獲得するべく役員会議で滝川常務(上川隆也)と対決することになる。 数日後、新監督の柴門(大谷亮平)は過酷で高度な練習を消化させるため選手をクラブハウスに寝泊りさせ合宿を始める。 仕事以外はラグビー漬け、その合間にボランティアをさせられている選手たちはイライラを募らせる。 キャプテンの岸和田(高橋光臣)は何とかチームをまとめようとがんばるが、心身ともに疲労し練習中に怪我をしてしまう。 tbs. html ・ 3話のあらすじネタバレはコチラ 4話のネタバレ 出典 ・ 4話のあらすじ あらすじを読む 閉じる ある日、本社に呼び出された君嶋(大泉洋)はプラチナリーグ勝利を滝川常務(上川隆也)に報告するが、滝川は厳しい口調でラグビー部に否定的な言葉を重ねる。 それを聞いた君嶋は気を引き締めて更なる勝利と集客を誓う。 そして君嶋は以前のツテを使いアストロズにビジネス誌の取材を持ってきた。 レギュラー選手たちが写真を撮られている脇で、佐々(林家たま平)たち控え選手は雑用をこなしながら自分も取材されたいと闘志を燃やす。 しかし、トキワ自動車府中工場で深刻な問題が発生した。 佐々のせいで数千万円分の取引が破談になったというのだ。 彼の言動が「府中グリーンカントリークラブ」の責任者・青野(濱津隆之)の機嫌を損ねたことが原因らしい。 佐々は肩を落とし、ラグビー部員たちも白い目で見られることに…。 さらに君嶋にとってショックなことが起きた。 あのカザマ商事買収案が取締役会議を通過したのだ。 そしてこの件は何者かにリークされ、正式契約を待たずに世の知るところとなった。 さらに買収を手がけた滝川は不採算部門のリストラも考えているらしい。 君嶋は窮地に立たされる。 tbs. html ・ 4 話のあらすじネタバレはコチラ 5話のネタバレ 出典 ・ 5話のあらすじ あらすじを読む 閉じる 君嶋GM(大泉洋)の経営戦略と柴門監督(大谷亮平)の最新ラグビー理論が合致したアストロズは勝ち星を重ねていった。 今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も高い。 一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務(上川隆也)は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。 しかしこの件がリークされた裏には滝川とカザマ商事・風間社長(中村芝翫)のある関係性があった。 それに気づいた君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に調査を依頼する。 そんなある日、滝川が府中工場の視察にやってきた。 滝川は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつもりなのだ。 リストラが断行されれば廃部に追い込まれるかもしれない。 連勝に沸く選手たちにも不安が芽生え始める。 さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦る。 津田監督(渡辺裕之)は自分の手の内を知り尽くしている。 だが、君嶋の発言にヒントを得て選手たちに指示を出す。 数日後、アストロズはレスリング道場にいた。 そしてサイクロンズ戦まで数日に迫る中、柴門には津田の因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。 これを集客に結び付けるべく、君嶋はトキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を仕掛ける。 tbs. html ・ 5 話のあらすじネタバレはコチラ 6話のネタバレ 出典 ・ 6話のあらすじ あらすじを読む 閉じる サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。 選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。 優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。 来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。 島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。 数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。 脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。 GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。 自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。 やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。 君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。 tbs. html ・ 6 話のあらすじネタバレはコチラ 7話のネタバレ 出典 ・7話のあらすじ あらすじを読む 閉じる アストロズに七尾(眞栄田郷敦)が加わった。 スピードとテクニックを誇る七尾だが、絶対エース・浜畑(廣瀬俊朗)とポジションが被る。 紅白戦では控え組が勝ったとはいえ、浜畑・里村(佳久創)のレギュラーコンビの壁は厚く、七尾と佐々(林家たま平)は練習でやり込められる日々が続いていた。 そんな中、サイクロンズの津田監督(渡辺裕之)は秘密裏に浜畑に接触し…。 一方、君嶋(大泉洋)はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)の元を訪れていた。 以前に星野から聞いたタンカー座礁事件とカザマ商事のオイルの関係が気になっていたのだ。 星野がオイルと事故の因果関係を調査した森下教授(辻萬長)に改めて確認したところ、事故の原因とは関係ないとの結論が出たという。 星野は取り越し苦労だったと謝るが、津田と浜畑の密会を見た者がいるとまたもや君嶋が仰天する情報を伝える。 tbs. html ・ 7 話のあらすじネタバレはコチラ 8話のネタバレ 画像出典 8話のあらすじ あらすじを読む 閉じる 里村(佳久創)が抜けたアストロズは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていた。 中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると思われた。 しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。 そんな頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。 君嶋(大泉洋)は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開催する。 するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自らの考えを打ち明ける。 その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会話を続ける。 青野は熱い夢を語るのだが…。 tbs. html 8話のあらすじネタバレはコチラ 9話のネタバレ 出典 9話のあらすじ トキワ自動車本社では滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われていた。 経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉洋)をこの会議に臨席させる。 君嶋はある資料を用意していた。 一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控えに回った。 しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的な戦力アップがなされていた。 そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し…。 tbs. html 9話のあらすじネタバレはコチラ 最終回ネタバレ ・最終回のあらすじ カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)はこれまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。 次の取締役会でアストロズの予算削減案を提案するという。 これが可決されればアストロズは廃部に追い込まれてしまう。 君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが…。 一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。 ブレイブス戦で膝を負傷した浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。 そしてついに決戦の日を迎える。 tbs. *ドラマ最終回は、原作を読んだ上で、以下のようになると予想します。 君嶋が不正を見つけたため次期社長コースから外れ、トキワ自動車の子会社となる金融会社・社長へ。 そこで大活躍したため本社に戻るだろうという推測が結末。 ドラマの結末も、 一度左遷されたのちに重要なポストにつくかどうかで終わると予想します。 ただし、ドラマではハッキリさせた方が痛快なため、 本社へ復帰して終わる可能性も高いです。 この項目では原作を読んだ筆者が「原作の構成」、「原作ネタバレ」をまず紹介。 さらに「まとめ」として「 大泉洋の敵は上川隆也出ない件」「 多様な魅力について」言及。 最後の「ドラマと原作の違い」はドラマ本編が進み次第、追記予定。 原作の構成 ・ POINT:第一部は、 生まれ変わったアストロズが、1年目で躍進していくストーリー ・君嶋(大泉洋)が地方の工場へ左遷。 アストロズのGM(ゼネラルマネージャー)へ就任。 ・君嶋は、滝川(上川隆也)に反対されつつ、社長の後押しで、アストロズの予算16億円(全額が赤字)を今年度予算に組み込んでもらう。 ・君嶋は、大学の同級生・柴門(大谷亮平)に監督をオファー。 2年契約を結ぶ。 ・新生アストロズは地域密着型を目指す。 ぶつかり稽古も敢行。 ・君嶋は、日本蹴球協会に経営改善を提案したが却下された。 ・新生アストロズの1年目は、 総合3位! ・君嶋は脇坂(石川禅)から本社へ戻るよう要請されたが、断った。 ・ POINT:第三部は、アストロズ2年目のシーズンと君嶋の本当の敵との戦いを描くストーリー。 ・アストロズに帰国子女の七尾が入社。 紅白戦から大活躍。 ・若手の台頭でスタメン落ちの危機を感じたアストロズの二大スターのひとり、 里村(佳久 創)がライバルチームのサイクロンズへ。 移籍期限ぎりぎりなので、承諾書を出すかどうかで判断が揺れたが、チームの総意で移籍を認めた。 ・君嶋を左遷したのは元上司・脇坂だった。 そして脇坂が風間(中村芝翫)を利用して滝川失脚を計画したことを突き止めた。 ・アストロズが 優勝!そして本当の敵・ 脇坂が失脚した。 さらに君嶋は本社へ復帰、アストロズの部長となる。 GMは引退した浜畑(廣瀬俊朗)が引き継いだ。 しかも日本蹴球協会の理事に就任した君嶋、彼の改革は続く…。 原作ネタバレのまとめ:大泉洋の敵は上川隆也ではない!? 以上、原作のポイントをネタバレしてきました。 最後に2点だけ補足としてまとめます。 このドラマは崖っぷちのアストロズと君嶋が、復讐と再起をかけた ヒューマンドラマ。 ですが、経済ドラマでもあります。 経営戦略室で腕を磨いた経営のプロ・君嶋による 企業スポーツの再建物語です。 (原作では赤字の構造を数字で説明。 ドラマではややこしいので簡略化すると思われます。 ) さらにドラマでは、ラグビーシーンを映像で魅せる スポーツ青春ドラマにもなるかも? 多様な魅力のある日曜劇場【ノーサイド・ゲーム】に注目です。 ドラマ本編では改変もあり得ますので、その際はご了承ください。 原作どおりです。 原作とドラマの違い:ネタバレ 設定の違い ・君嶋の左遷先はドラマでは府中工場。 原作は横浜工場。 ・君嶋の妻(松たか子)と息子2人がドラマで登場するが、原作ではほぼ登場なし。 ・ 柴門シオリ(川田裕美)が原作では登場しない。 ・アストロズの赤字額はドラマでは14億円。 原作では予算16億円ほぼ赤字となっている。 ・サイクロンズが接触したのは浜畑(廣瀬俊朗)。 原作では里村(佳久創)がサイクロンズと交渉。 *すべての違いを網羅しているわけではないので、その点はご了承ください。 ドラマ【ノーサイド・ゲーム】の見逃し・動画配信 ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の動画は、放送後1週間は民放無料公式ポータルTVerで動画配信されます。 なお全話の配信は、パラビで放送後に配信されていきます。 見逃した方や気になる方は、新規無料期間もありますので、登録後ログインして視聴してみてください。

次の

【ノーサイド・ゲーム】の視聴率と最終回ネタバレ!原作の大泉洋の敵は上川隆也ではない!?

ノーサイドゲーム ネタバレ 最終話

ノーサイドゲーム原作ネタバレ!最終回までの結末! ドラマ『ノーサイドゲーム』の原作の中から、ラグビーチーム「アストロズ」の結末と主人公「君島隼人」の結末の2つの視点から分けてネタバレしていきます。 原作ネタバレ!アストロズの結末は? 君島は横浜工場総務部長という左遷人事となり、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーの掛け持ちすることがお決まりとなっている。 しかも、ズブの素人がゼネラルマネージャーの地位に就くことは、異例中の異例であり、部員たちからも内心とても心配になっていた。 この場所から素人の君島が、古豪復活に向けた物語がスタートする。 「アストロズ」はチームが停滞してから、昨年は2部へ降格を争いをギリギリのところで残留した弱小チームに陥っていて、古豪と言われている存在だった。 社長の島本は「アストロズ」を社会貢献として位置付けており、その意見を貫き通しているが、現在70歳を超え社長が辞任すれば、 「アストロズ」に未来はないということを指し、チームを維持することができない厳しい現状を知ることになる。 君島が就任した際に、昨シーズンの成績不振を理由に前任の監督の退任が確定されていた。 就任して短い期間で大きな岐路に立たされた君島は、優勝を争えるチームを確立させるためには勝てる監督が必要であると企む。 過去に、大学時代のクラスメイトであった 城南大学を3連覇に導いた名将・柴門を招くことにした。 柴門は3連覇を果たしていたが、革新的なアイデアを取り入れ伝統が壊れることから、OBから不信感を抱かれており、同じく名将の津田から更迭される形で辞任していた。 さらにその津田は「アストロズ」のライバルチームである「サイクロンズ」の監督を務めていたことから逆襲にも好都合のリーグだったのだ。 柴門監督が就任して承諾した時の返事では、「2年で優勝争いができるチームするが、優勝までは約束できない。 優勝を競うチームと本当に優勝するチームには歴然の違いが出てくる。 そこまで行けるかは分からない」と言った。 そして、 柴門は就任にあたり選手1人1人に手紙を渡す。 選手たちは、大学リーグと社会人リーグというカテゴリが違う就任でとても心配していたが、これを機に信頼を寄せてついていくことを決意したのだ。 シーズン1年目がスタートして、柴門が目指すチームは、今までのチームとは違い超攻撃的なラグビーだった。 開幕直前まで欲求しているものとはレベルが高すぎて、試合で消化しきれないという問題を抱えていた。 「練習で10回やって1回でも失敗するプレーは、その1回が本番に出る。 」と何度も何度も練習し続けた。 それでもスター選手の浜畑や本波は違和感を感じており、キャプテンの岸和田の信じるしかないという言葉を頼みに練習の数を重ねていた。 そんな微妙な空気を一変させたのが開幕戦だった。 トキワスタジアムで迎える開幕戦は、毎年3千人程度だった観戦客が、びっくりすることに1万2千人で埋め尽くされていたのだ。 そんな観客の熱気に圧倒された雰囲気の中で、チームは良い意味で刺激され、 第4節まで全勝しサイクロンズ戦を迎えることになる。 チケットは全席完売で2万人が押し寄せた最後の一戦は、一進一退のシーソーゲームを演じるかに思われたが、前半に圧倒され負け越す。 柴門は、ここでスター選手でチームを牽引する存在である里村を下げ新人の佐々一を投入する。 意気消沈の観客と反して、チームは息を吹き返し逆転まであと一歩まで迫るがとうとう力尽きてしまう…。 結果的に、 ホワイトカンファレンスで2位という成績を収めプレーオフに進出するも敗退してしまう。 一方の「サイクロンズ」は勢いのまま優勝するのだった。 不満が残る結果となったチームをこんな状況の中で、チーム「アストロンズ」を牽引する存在だった里村が「サイクロンズ」へ移籍を決断してしまうのだ。 チームの戦力ダウンと精神的な動揺は隠し切れないうえ、ライバルチームの戦力アップは確実のモノとなる。 そんな戦力ダウンを悔やむ君島だったが、柴門は佐々一の存在は、既に里村を超えている逸材だと評価して、里村もそれを察して移籍したと決心したのだ。 そして、柴門は優勝するための最後の思惑とされ、 浜畑と同じポジションの大学生である七尾を獲得するのだった。 シーズン2年目、勝負の時期を迎え「アストロズ」は、七尾、佐々一、友部等の若手の台頭で確実なチームアップを図れていた。 もちろん浜畑は出場のチャンスが減少したものの、相変わらずチームの大黒柱として機能していた。 ホワイトカンファレンスに所属した2年目は、全勝でグループリーグを勝ち上がりプレーオフに進出する。 1回戦も圧倒して決勝を決めた。 決勝の相手は「サイクロンズ」。 キーマンとなった七尾が徹底的にマークされ、前半は負け越すが、柴門がここにきて浜畑を投入するが、七尾を残し勝負に出る。 この采配が勝負の決め手となり、 後半戦に大逆転をして優勝を果たす。 フルタイムを迎えたグランドは歓喜の雄たけびを上げているが、勝者の背後には、地面に崩れ落ちる敗者の力尽きた姿があるはずだったが…。 しかし、そこには試合で グランドに膝をついた「サイクロンズ」の選手を立ち上がらせ握手をし、お互いに肩をたたいて言葉をかけあう姿があった。 これが、ノーサイドの精神と言われる。 ラグビーなのだと…。 原作ネタバレ!君島隼人の結末! 経営戦略室で働く君島隼人は、天敵であり常務取締役として出世街道真っ只中にある男・滝川桂一郎とカザマ商事の買い取りの案件でもめ事を招く。 営業部と滝川のメンツをかけて挑んだ買収が否決された翌週に、人事から「横浜工場総務部長」という左遷人事をくらう結果となる。 トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」を新規事業に幾つもの政策を行っていく。 ラグビーは所詮アマチュアスポーツであり、ラグビーは会社の誇るべきものではなく、お荷物的な存在だった。 毎年16億円の支出を生み出し、収益は0である。 社会人ラグビーの仕組みの上、収入を得ることが困難な状態が続いていた。 そんな、 ラグビー部に容赦なく当たるのは天敵である滝川だった。 会社に全く貢献できていないと厳しく指摘を食らう君島は、ぐうの音も出なかった。 それでも、現状のラグビー部の風習を変え改革を進展させる君島は増額の予算案を提出する。 滝川という火に油を注ぐような提案で自爆覚悟の案件だったが承認される結果に繋がる。 君島は就任1年目から好成績を収めることになる「アストロズ」だったが、依然として状況に変化はなかった。 ラグビー部「アストロズ」は、2年目に念願の優勝を果たすも、未だに廃部・縮小ムードはかわっていなかった。 弱小チームとして低迷していたチームが日々の努力を重ね、遂に優勝したチームを間近で見ていた君島は、チームの存続の為に闘うと宣言する。 君島は「ラグビーと違い、俺の戦いにルールはない。 結果が全てだと思っている。 お前らのラグビー人生がかかっているんだ。 それ故に俺は、命を懸ける。 お前らひとりひとりのために、応援してくれるファンの為に、俺も絶対に勝つ」と誓う。 来期の予算会議に挑んだ君島は、「アストロズ」の存続を勝ち取り、優勝チームまで変えた男は2年数ヶ月ぶりに経営戦略室長に返り咲くのだった。 「アストロズ」のゼネラルマネージャーではなくなった君島は、スタンドから試合を見守っていた。 その隣には元天敵の滝川の姿があった。 「中身の無いやつがひとときの栄養を誇ったとしても、所詮はうたかたの夢だ。 君も私もこのチームも、そしてトキワ自動車と言う会社も、さらに言えばこの日本と言う国も、あるいは世界のすべてがそうだ。 最終的には道を間違えずに、理にかなったものだけが残る。 もっと大きなところで、どんどん理不尽がまかり通る世界になっている。 であるがゆえに、ラグビーというスポーツが必要なんだろう。 『ノーサイド』の精神は日本ラグビーのおとぎ話かもしれないが、今のこの世界にこそ、それが必要だと思わないか。 」と…。 スポンサーリンク ノーサイドゲーム原作小説を読んだ人の感想! このドラマ『ノーサイドゲーム』の原作者は「池井戸潤」さんです。 ドラマ『ノーサイドゲーム』の原作小説を実際に読んだ人は、どのような感想又は、反応をしているのでしょうか。 池井戸潤さん「ノーサイド• ゲーム」 7月からの日曜ドラマの原作ということで先読み。 まあいつもの安心安全の池井戸さんなんやけど、会社VS会社は無く、かなりラグビーに寄った構成。 ドラマとしてはかなり盛り上がりそうな内容ではあるけど、いまいちパンチには欠ける一冊でした。 — sad day🇦🇷 sorinsorin3 大泉さんがドラマ主演することを知って、その原作である小説「ノーサイドゲーム」を読んだ(正確にはKindleの自動読み上げで聴いたw)。 テレビをあまり見なくなって久しいがこのドラマは見ようと思う!そしてドラマスタートまでにもう一度読んどこう!(今度は活字で)あと新作も早く見たい ボソッ — もうり~にょ mourinho0930 『ノーサイドゲーム』原作読み始める。 大泉洋、大谷亮平、上川隆也・・・ イメージ通り👌 朝倉あきは出ないのか😔 — Life On Mars? ドラマ楽しみ。 — 🐇saki🥕 jackysaki 原作を読んで楽しめた、満足した人など高評価の意見の方が多かったようです。 一方で、池井戸潤さんの小説は、お決まりのパターンが確立しているので、いつもの目新しさはないと言った意見もあります。 原作ネタバレ結末まとめ ドラマ『ノーサイドゲーム』から原作ネタバレとアストロズの結末、君島隼人の結末はどうなったのかについてまとめて原作を読んだ方の感想を見てみました。 ドラマ版で注目するところは、大泉洋さん演じる君島の「アストロズ」のメンバー達に一生懸命全力でぶつかっていく、そんな熱い演技やアクションに期待したいですね。 あと、原作に合わせてドラマ版は忠実に進んでいくのかも注目して見てください。 ラグビーワールドカップも近づいているので、最終回ではどのような結末を迎えるのか非常に楽しみですね。 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ•

次の