エル バッキー 宇宙 生物。 [B! UMA] アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダー

アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダー/怖い話投稿サイト 怖話(こわばな)

エル バッキー 宇宙 生物

概要 [編集 ] 主な特徴は、光るとの様に大きなである。 毛の色は赤茶色。 全体的にはに似ており、ネコそのものではないかという指摘もある。 また光る目についても、写真撮影時のフラッシュの反射によって動物の目が光ってみえるのは当然であるとの指摘もある。 発見者であるエリザベート(光本富美子)は、神奈川県を夫婦で中にこの生物を発見し、写真を撮影した。 しかし、ネガは一部が夫妻の飼い犬に食いちぎられ、特徴的な尻尾の部分の検証を行うことは不可能となった。 『異星人からのメッセージ』には、尻尾の外形を点線で補った写真が掲載されている。 エリザベートは同年8月12日、PM12・15〜12・50に、「エルバッキーの使命を司る、アルファー一等星(の) ナガンダ・ムー・アンドロメダ星(の) ピーガ・パゴイラ」と名乗るから 「新燃岳(九州宮崎県)の基地よりメッセージを送っている。 我々が地球に下ろした、アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーは、より遥かに進化した星、アンドロメダ星座よりやって来た。 地球を破壊するや、ガスなど を埋められている場所を調べにやって来ている」、「友よ、貴方たちが見た動物は、エルバッキーの霊化されたもので、絶えず貴方たちの行動・生活態度は観察され続けています」、「エルバッキーはその目からレーザー網光線を放ち、見つけた場所に埋められている恐ろしい破壊物を、その光線で弱め、中の濃度を調べているのだ。 エルバッキーは、温和しい、人間の言葉を理解する叡智を持ち備えている。 その他のきょうだい(日本に降ろされた三匹のエルバッキーのうちの後の二匹)は、いま日光の〈高原山〉と、秋田市郊外の〈湯沢台〉に行っている」 と教えられたという。 また、別の異星人から、 『地球の危機を伝え、また観察するために、雷神系の星よりの使いとして、優れた宇宙動物を地球に降ろした。 この動物は、誰の眼にも見えるものではなく、宇宙より平和のメッセンジャーとして降りてきた魂の人間にのみ、その姿とコンタクトが可能である。 その主な使命は、地球の破壊をもたらす兵器(核兵器か?)の出す有害物質の発見、監視にある』 とのコンタクトも受けたという。 反響など [編集 ] のエッセイや、『トンデモ本の世界』で紹介されたことにより、メジャーな存在となった。 の楽曲「」、「遺言動物ドルバッキー」に登場する猫・ ドルバッキーの名前のモデルであり、また、の漫画『』にも登場する。 ゲーム『』では「他星雲からやってきた宇宙生物」、「光を当てると異様に目が輝く」等 という忠実な設定で猫型のモンスターの名称に使われている。 脚注 [編集 ]• 大石隆一は具体的なガスとして及びを、わずかな量を散布することで東京都民を大量に殺戮あるいは無能力化できることを指摘しつつ挙げている。 『異星人からのメッセージ』、鷹書房、1982年、131-134頁。 『異星人からのメッセージ』、鷹書房、1982年、122-123頁。 『異星人からのメッセージ』、鷹書房、1982年、125頁。 田丸浩史『スペースアルプス伝説』、徳間書店、1999年、156頁• ワイルドアームズ アドヴァンスドサード コンプリートガイド、エンターブレイン、2002年、352頁 参考文献 [編集 ]• エリザベート(光本富美子)・大石隆一『異星人からのメッセージ』、鷹書房、1982年• と学会『トンデモ本の世界』、洋泉社、1995年、29-34頁 関連項目 [編集 ]•

次の

アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダー/怖い話投稿サイト 怖話(こわばな)

エル バッキー 宇宙 生物

アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーは日本で発見されたUMAで、特徴が非常に猫に似ていることから「猫の誤認ではないか」とも言われている。 最初に目撃したのは日本人女性のエリザベート 光本富美子 さんで、彼女はこの事件について著書も発刊している。 その本によると、光本さんはその日ドライブの予定だったそうだが、突如トランス状態に陥り、しっぽが異様に大きい猫のようなスケッチを描いた。 その後光本さんが神奈川県をドライブ中、スケッチに描かれた生き物にそっくりな生物に遭遇、写真の撮影に成功した。 しかし肝心の写真が愛犬によってかじられてしまい、アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーの尾の部分が確認できなくなってしまった。 それ以来発見されていないUMAだが、著書として発刊されたことや日本オリジナルのUMAであるためそこそこ知名度の高いUMAとなっている。 全体の特徴としては猫によく似ており、非軽めと大きな尻尾が特徴だ。 毛の色は基本的に赤茶色で光を当てると異常に光る目を持っていたという。 写真などをみると猫にそっくりではあるが輝く瞳と大きな尻尾が普通の猫と違う点だ。 その宇宙人によると、アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーとはどうやら地球人や地球人が扱う危険物質などの観察、母星への報告などを主な任務とした宇宙生物である、ということなのだ。 このあまりにもぶっ飛んだ話は光本さんの著書「異星人からのメッセージ」に収録されており、アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーの写真も掲載されている。 光本さんはその後、数回に渡り異星人とコンタクトを取り、その際に自身に対してエリザベートという名前をもらったとのことだ。 このUMAと異星人たちとの交流は当時話題となり、「ただの猫ではないか」という声や「異星人とのコンタクトと言っても証拠がない」ということから生物学会からは黙殺されてしまったようだ。 さらに異星人たちとの交流の中ではアルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーについて解説が続いており、アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーは日本に三匹おりており、宮城県の新燃岳と日光の高原山、さらに一匹が秋田県の湯沢台に生息し、地球から情報を発信しているそうだ。 このようにUMAのなかではチュパカブラのような扱うを受けているアルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーだが、チュパカブラのようにだれにでも見える存在ではなく、霊的なエネルギーとして普段は活動しており、光本さんが見えたのはその物質化した姿だという点は少し違うようだ。 またアルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーが眼球から発する光線についても解説がなされており、地球上の有害な物質の効果を弱める効果があるとされ、危険物質の濃度などの調査の際にその光線を使うとされている。 このような解説を受けた光本さん夫妻はその後も宇宙人たちとのコンタクトがあり、アルターゴゾ・エルバッキー・ムニューダーについての解説もそのひとつとして紹介されている。

次の

宇宙動物エルバッキーの真実に迫る!エルバッキーはただの猫なのか!?

エル バッキー 宇宙 生物

本名:カゼッタ・F・岡 出身:白鳥座カゼッタ星 宇宙年齢:150,000,000齢 職業:スポークスマンとして地球を調査すること 家族構成:シリウス星に娘がふたり カゼッタ岡が宇宙人との交信しはじめるきっかけは、なんと戦時中にさかのぼる。 当時のカゼッタ岡はアメリカの爆撃機B29の近くに謎の発光体を目撃!! その後、疎開先の和歌山でも同じような謎の飛行物体を目撃する。 その体験がきっかけとなり、異星人とのコンタクトが始まったという。 カゼッタ岡と宇宙人との交信記録を紹介!! 今では考えられないことだが、カゼッタ岡と宇宙人との交信は全て 電話で行われる。 その電話の驚くべき内容を紹介したい。 宇宙人「R-4」とカゼッタ氏の電話での交信記録 カゼッタ岡:もしもし R-4:応答セヨ カゼッタ岡:カゼッタです R-4:燃料ガナイ。 近クニ空港ハアルカ? カゼッタ岡:え~近くに空港ったって…羽田空港 R-4:羽田空港? カゼッタ岡:うん R-4:チョット待ッテクレ、液晶ビジョンデミテミル…東京ヲチェックシテミタガ、ヨクワカラナイ カゼッタ岡:え~…あっ自由が丘はわかる? R-4:自由が丘ハチョット厳シイ。 トナルト、今液晶ビジョンデ見テミルト玉川神社トイウノガアル、ソコハワカルカ? カゼッタ岡:玉川神社?あっ、目黒通りの? R-4:くぁwせdrftgyふじこlp…… 後3秒デ爆発スル。 ドウカ辿リ着キタイ…3…2…1… ぶわーーッ!! R-4の声はちょっと甲高く、宇宙人のものまねをする地球人そっくりである。 それにしても太陽系の外からやってきたであろう異星人のセリフの中に、なんでいきなり玉川神社が出てくるのかようわからん。 ホントにR-4は爆発に巻き込まれ死んだのだろうか? しかしながら、最後の爆発音は明らかに人の声であった。 わかったな。 カゼッタ岡:はい スズラン星人:さらば 年に一度の宇宙人同士の対決が迫っているのに、10分後の待ち合わせを快く15分に変更してくれるスズラン星人。 等々力小学校に思い入れがあるのだろうか? それにしても、指先から斧を出す宇宙人もみてみたい。 謎の宇宙人との交信 謎の宇宙人:もしもし カゼッタ岡:はい 謎の宇宙人:お前何星だ? カゼッタ岡:えー、カゼッタ星です 謎の宇宙人:どこにあるんだ? カゼッタ岡:南十字星のず~っと奥にある 謎の宇宙人:今度遊びに行ってもいいか? カゼッタ岡:今はダメだって 謎の宇宙人:宇宙船撃つぞ カゼッタ岡:えっ!? 謎の宇宙人: 宇宙レーザー撃ち込むぞ。 日本ぶっ壊してやる。 宇宙船センター街の上に飛ばしてやる。 カゼッタ岡:あっ? 日本をぶっ壊してやる!!とは物騒な宇宙人だ。 それもこれも、遊びに行きたいっていう宇宙人の誘いを無下に断ったカゼッタ岡のせいである。 だけど、いきなり宇宙レーザーって、怒りの沸点低すぎでしょ。 火星人との交信 カゼッタ岡:もしもし 火星人:カゼッタ? カゼッタ岡:はい 火星人:カゼッタ岡? カゼッタ岡:そうです 火星人:わたしは火星人です カゼッタ岡:火星人! 火星人:1時間後にあなたの家の屋上を見てください カゼッタ岡:で? 火星人:宇宙船が迎えに行きます カゼッタ岡:何時?今? 火星人:8時ちょうどにあなたを迎えに行きます カゼッタ岡:あ、そう。 8時ジャストね 火星人:はい カゼッタ岡:ちょうどね 火星人:そうです カゼッタ岡:はいわかりました 何の変哲もない火星人との日常会話。 飲み会の誘いの様でもある。 いたずら電話と思わなかったのですか?との問いにカゼッタ岡はこう答えている。 「いたずら電話とは区別できます。 切れる音と、最初の音で大体わかります」 本当に宇宙人から電話がかかってきたのだろうか? 真相は依然、わからないままだ。 カゼッタ岡の精神は宇宙を回る カゼッタ岡は毎晩UFOに乗っているという。 自分の身体ではなく意識を飛ばし、異星人の肉体を借りることでUFOに乗っているのだ。 だから地球人としての肉体は普通に地上に存在する。 そういった方法で、宇宙の様々な星々を巡り、様々な体験をしているのだ。 現在、カゼッタ岡は生きているのだろうか? 渋谷界隈での目撃情報があるようだが、詳細は不明だ。 たとえ地球人としての肉体が消滅したとしても、カゼッタ岡の精神は宇宙のありとあらゆる場所を、いろんな異星人たちと共に旅している…のかもしれない。

次の