絹さや 冷凍。 絹さやの冷凍保存方法♪くっつかない方法はコレ!

【楽天市場】国産キヌサヤ別称:鞘えんどう〈サヤエンドウ〉100g前後、30〜50枚前後:【築地通販】おいしいなショップ

絹さや 冷凍

生のまま冷凍できる野菜 ほとんどの野菜が生のまま冷凍できるんです。 知っていました? 野菜や大豆などの豆類、冷凍に向かないと思っていたもやしも冷凍できるんです。 冷凍したことで食感が変わってしまう者もあります。 じゃがいもは冷凍するものでないと思っていました。 でも大丈夫なんです。 ビックリですね~! 買ってきて、その日に使わないときは冷凍 冷凍すると、鮮度が落ちると思っていませんか? 大丈夫なんです。 冷凍すると鮮度が保たれるんです。 その証拠にパンなど一日たつと新鮮さが失われますが、買ってきてすぐに冷凍すると新鮮なままですよね! コツは使い切れなくなったところで冷凍するのではなく、新鮮なうちに冷凍すること。 その日に使わない分は即冷凍します。 新鮮なうちに冷凍すると、おいしく食べられます。 冷凍保存用のジッパーが便利 チャックがついたジッパーの袋は保存するのに便利です。 密閉性があるし、 透明の袋は中身が見えてスリムなので、タッパーなどより場所をとりません。 いろいろな大きさを揃えておくと便利ですよ。 使うときは空気をしっかり抜いて使いましょう。 冷凍野菜は加熱処理用に 冷凍した野菜は生食ではなく、 加熱調理用として使います。 火を使う調理、熱湯をかけての解凍、電子レンジで加熱など。 食感が変わるものもありますが、煮込み・和え物他でおいしくいただけます。 冷凍野菜の味付け 味付けはいつもより控えめにするといいです。 なぜなら、冷凍すると組織が破壊されるので、味がしみこみやすくなるためです。 味付けはマイナスするのが難しいので、最初は薄味で味付けしておいて、あとから調整してください。 野菜を生のまま冷凍 材料を洗って、切って、保存するだけです。 生のままの冷凍は手間がかからず、使うときも楽です。 野菜冷凍手順 1. 野菜は流水でざっと洗っておきます。 汚れがついているときは落とします。 ・きのこはそのままでOK。 ・もやしは袋のままでOK。 水気を拭く 水滴がたくさんついていると冷凍したとき霜がたくさんついてしまいます。 使いやすく切る、皮をむく ジャガイモやレンコンなど皮をむくものはむく。 千切り、乱切り、輪切り、ささがきなど使いやすい大きさに切っておく。 保存袋に入れる ジッパー付きのビニール袋に入れる。 ジッパーを閉めないうちに手で押して空気をできる限り抜く。 生のまま冷凍できない野菜 ・ほうれん草 ・サラダの使う野菜 ・タケノコ ・アボガド ・トマト(生で使うとき) ・きゅうり(生で使うとき) 果物の冷凍 洗ってから、皮をむいて、種をとり、 すぐに食べられる状態にして冷凍します。 果物の場合は密閉容器の方がいいかも。 食べる時は自然解凍や凍ったままミキサーでスムージーにしたり、解凍してケーキの材料にしたりします。 冷凍野菜の賞味期限 冷凍すればそのまま鮮度が保たれるのですが、およそ 1ヶ月以内を目安に使いましょう。 あまり長期間の保存は味が落ちてしまいます。 袋に日付を書いておくと便利ですね。 冷凍野菜の使い残しは? 袋に入れた冷凍野菜が残っても、大丈夫です。 またそのままジッパーを閉めて冷凍しておけばいいのです。 ジッパーを閉める時に 空気はなるべく入れないように。 早く冷凍するときは 金属トレーを使います。 アルミやお菓子の缶などでも大丈夫です。 その上に載せて冷凍します。 冷凍野菜はどんな料理に? 煮物や味噌汁などに向きます。 カレーやシチューなどの煮込み料理にぴったりです。 スポンサーリンク 主な野菜の冷凍と使い方 もやし もやしは買ってきた そのままをビニール袋ごと冷凍します。 または気になる人はもやしを洗って、水気を拭いて保存袋に入れて冷凍します。 袋のまま冷凍すると霜はどうかなと思いましたが、全然気にならないほどでした。 使うときは手でほぐすと、すぐにほぐれます。 もやしは冷凍してから加熱すると、かさが減ります。 なのでたくさん食べられますよ。 もやしは冷蔵庫に入れておくとすぐに水が出てきて、痛みますよね。 ですから購入したら、すぐ冷凍しましょう。 冷凍するとシャキッとした食感は失われてしまいます。 しかし、そのしんなりした食感はそれなりに味わいがあります。 キャベツ キャベツはそのまま1枚1枚剥がして そのまま冷凍しても、 ざく切りで冷凍してもいいです。 大きいまま冷凍冷凍すれば、使うときに好きな大きさに切って使えます。 ざく切りにしておけば、炒め物や煮込みにも鍋に放り込むだけですぐ使えて便利です。 パリパリですので、手でもむとバラバラになります。 細かくしたいときは、袋の上から手でもむとみじん切りの代用になります。 そうすると、餃子などにもすぐに混ぜ込みできますね。 タマネギ・長ネギ・小ネギ ネギ類は切って冷凍しておくと、とても便利です。 斜め切り、筒切り、薄切りなどにしておきます。 小ネギは小口切りで冷凍します。 小ネギなどは、薬味としてできたものに振りかけるだけで使えます。 ネギはゆでると、とても柔らかになり、とろける食感になります。 白菜 ざく切りに切って保存します。 煮物、鍋物、汁物に何かと便利です。 凍ったままの白菜を調理しますが、白菜から水分が出て、とても美味しくなります。 調理も簡単でうれしい素材です。 大根・カブ 大根は1本で買うと、いろいろ使い回しができますよね。 みそ汁用とか煮物用とか 用途別に切り分けて冷凍します。 半月切りはおでんや煮物に、乱切りは煮物、拍子切りは味噌汁や炒め物にと分けて冷凍します。 おでんは煮込むのに時間がかかりますが、冷凍の大根は煮込む時間が少なくて済みます。 味もしみこみやすく、美味しくなります。 カブも4個くらい束になっているので、余ることもありますから使わない分は冷凍します。 カブは4等分に切ってもいいですね。 トマト トマトはへたを取って、 ざく切りや小さいものはまるごと そのままで冷凍します。 大きなトマトをそのまま冷凍しても。 大きなトマトの時は、ラップでまるごと包んで冷凍します。 その場合は、凍ったまますりおろして使えます。 お湯をかけると、皮を簡単に湯むきできます。 冷凍すると、ふにゃふにゃになります。 トマトの形はなくなりますが、うま味は出ます 小松菜 洗って水気を拭いて、 ざく切りにして冷凍します。 4センチくらいに切っておくと、いろいろな用途に使えます。 煮物、おひたし、汁物に。 にんじん 新鮮なうちに 細切りや乱切り、輪切りにして冷凍保存します。 生から煮るより早く煮えます。 冷蔵庫に入れたままにすると、ぬめりが出てきたり、中がスカスカになります。 栄養面もいいですが、色味にもいいので、あると重宝します。 じゃがいも よく洗ってから、 生のまま冷凍します。 食感も変わりません。 ピーマン 細切り、乱切り、縦半分、4分の1などに切って冷凍します。 炒め物、焼き物、肉詰めなどに使えます。 ニラ そのままか、ざく切り、粗みじん切りで冷凍します。 長いそのままを冷凍するときは、使うときに使う分だけ切って使います。 チヂミやお好み焼き、炒め物と活躍します。 ニラは新鮮なうちに冷凍すれば、冷凍しても食感がほとんど変わらない野菜です。 冷蔵庫に入れておくと、だめにしてしまうので、早めに冷凍しましょう。 セロリ 薄切り、乱切り、ステック状に切ります。 サラダには向きませんが、煮込み料理やスープに欠かせません。 冷凍パックして好きなだけ使います。 ゴボウ 細切り、斜め薄切り、ささがきにして、水にさらしてアクをとります。 そして水気を拭いて袋に入れて冷凍します。 ゴボウは繊維がいっぱい。 冷凍しても食感が残ります。 かぼちゃ 種とワタを取り、一口大かスライスして冷凍します。 冷凍すると煮えるのが早いので、すぐに煮物ができます。 豆腐 買ってきたとき、パックに入っている豆腐を そのまま冷凍します。 使うときは、 熱湯につけて解凍します。 絹豆腐も木綿豆腐も同じです。 冷凍した豆腐は水切り不要で使えます。 豆腐を冷凍すると水気がなくなるので、炒め物に使いやすくなります。 炒め物も水っぽくなくできあがります。 絹豆腐はなめらかさが違う感じですが、それがまたいいのです。 油揚げ・厚揚げ こちらも 袋のまま冷凍でもOKですが、 細切りにして使いやすくしておいてもいいでしょう。 味のしみこみ方がいいので、調味料は控えめにします。 まとめ 忙しい毎日。 毎日買い物に行けない方も多いと思います。 そんな時、冷凍してある野菜があるというのは本当に楽です。 急な来客にも対応できます。 時短にもつながる野菜の冷凍。 上手に活用していきましょう。

次の

【楽天市場】国産キヌサヤ別称:鞘えんどう〈サヤエンドウ〉100g前後、30〜50枚前後:【築地通販】おいしいなショップ

絹さや 冷凍

目 次• 絹さやの保存方法は一週間以内なら冷蔵でOK ビニールに入れた絹さやは、冷蔵庫で2~3日しか保存できません。 しかし、ちょっと一手間で、冷蔵庫で1週間も保存できるんですよ。 それは、新聞紙を湿らせて、絹さやをつつみ、ビニールに入れて保存する方法です。 これなら、冷蔵庫に入れておいても、1週間は新鮮なままの状態を保てます。 もし、一週間以内に使う予定がない場合は、早めに下処理をして、新鮮なうちに、冷凍保存した方が安心ですね。 絹さやを冷凍するとき茹で方もレンジなら簡単 余ってしまった絹さやは、新鮮なうちに、冷凍保存しておけば、2ヶ月程度は保存できます。 お料理のちょっとした彩に、冷凍保存してある絹さやは、とっても重宝しますよね。 冷凍する絹さやの、お湯で茹でる方法とレンジでチンするポイント、食感を残して上手に解凍する方法を紹介します。 絹さやを冷凍するときのゆで方 多目のお水に一つまみの塩を入れて、沸騰したら、筋をとって下処理をした絹さやを入れます。 茹で時間は5~10秒程度です。 お湯から上げたら、すぐに冷水に入れて冷まします。 キッチンペーパーで、水分をとってから冷凍します。 絹さやをレンジで茹でて冷凍する方法 筋をとり下処理した絹さやを、水で軽く洗います。 水分をあまりきらずに、濡れたまま耐熱皿に絹さやを並べ、塩を軽く振り掛けます。 フワッとラップをかけ、600Wで1分30秒レンジをかけます。 レンジから出し、すぐに冷水に入れ、冷めたらキッチンペーパーで、水分をとって冷凍します。 スポンサーリンク 冷凍するときのポイントと調理の方法 生のままの絹さやは、冷凍に向きません。 生のまま冷凍して、使う前に加熱すると、へナっとしてしまい、食感が悪くなってしまいます。 茹でて冷凍するときは、硬めに茹でることがポイントです。 調理に使う時も、冷凍した絹さやを過熱すると、食感が悪くなります。 煮物やお味噌汁に入れるときは、出来上がり寸前に凍ったままの絹さやを入れて、絹さやが溶けたら火を止めます。 ちらし寿司の彩りなど、加熱せずに使うときは、凍っている絹さやを、流水で解凍すれば、そのまま料理に乗せて、彩りとして使うことができます。 絹さやを冷凍したときくっつかない方法 ジップロックに入れて冷凍した絹さやが、塊になって使えなくなってしまったことは、ありせんか? そうならないように、絹さやを冷凍するときは、バットに重ならないように並べて、冷凍庫に2時間ほど入れます。 凍った絹さやは、ジップロックに入れて、再度冷凍庫に入れれば、パラパラのままで冷凍することができます。 これなら、ちょっとだけ使いたいときに、塊になってしまって使えないという、心配はありませんよね。 もし、長期保存で乾燥が気になる場合は、ラップで包んでからジップロックに入れておくと、乾燥を防ぐことができます。 保存方法の工夫で絹さやは長持ち 残ってしまった絹さやは、数日で使う時は冷蔵。 すぐに使いきれない時は、新鮮なうちに冷凍と、上手に保存することで、最後まで使いきることができます。 料理の彩りに重宝する「絹さや」、常備してあると便利ですよね。 絹さやの保存方法、よかったら、参考にしてみてくださいね。

次の

絹さやの下処理、茹で方やゆで時間は?冷凍保存法や筋の取り方、栄養は?

絹さや 冷凍

料理の彩りに使うことの多い絹さや(さやえんどう)。 絹さやはあまり日持ちしない野菜で、冷蔵庫で保存しておくと2〜3日でしなっとしてしまいます。 そのため、保存するなら冷凍保存がおすすめです。 少量ずつ使えて便利な冷凍保存テクニックを紹介します。 【絹さやの冷凍】1分ゆでて保存! 絹さやは生のまま冷凍すると食感が悪くなるため、下ゆでしてから冷凍しましょう。 その後、冷水でしめることで食感をキープすることができます。 【保存方法】 1 筋とヘタを取る ヘタの部分をつまみ、さやの直線側(豆が入っている方)に折り、そのままゆっくりと引っ張って筋を取る。 途中で筋が切れてしまった場合は、絹さやの先端側から同じようにゆっくりと引っ張って筋を取る。 2 フライパンで1分ゆでる フライパンに1㎝くらいの水を入れ、1%の塩を加えて加熱する。 沸騰したら絹さやをフライパンに入れ、1分強ゆでる。 3 冷水で色止めをする 絹さやをざるにあげる。 すぐに冷水に入れ、冷たくなるまで浸しておく。 4 ラップで包み、冷凍用保存袋に入れる 絹さやが冷めたら、ペーパータオルで水けを拭き取る。 ラップを広げ、絹さやを重ならないように並べて包み、さらに冷凍用保存袋に入れて冷凍庫へ。 この方法で約1ヵ月保存可能。 【解凍方法】 料理の彩りに使う場合:凍った状態の絹さやに熱湯をかけて解凍。 お好みの大きさにカットし、そのまま料理の彩りとして使う。 煮物などの加熱調理に使う場合:鍋で一緒に煮込む場合は、他の食材がほぼ煮えた状態で、凍ったままの絹さやを加え、1分ほど煮る。 下ゆでをしているので調理時間も短くてOK。

次の