足首 あざ。 足に異常が現れる6つの怖い病気、50代からが特に危険!

捻挫の内出血の対処方法!メチャクチャ変色しても焦らない!

足首 あざ

ケガなど身に覚えのある原因がなくても、足に内出血を起こすことがあります。 その原因の1つが、「足のむくみ」です。 そのために毛細血管や細胞が圧迫されて内出血にいたります。 強い衝撃を受けていないので出血量は少な目で、薄いアザを見つけて内出血に気づくケースが多いでしょう。 むくみが強く出るふくらはぎ、足の甲、太ももに内出血が目立ちます。 血行を阻害するようなファッションもむくみの大敵です。 具体的には足先が尖った靴、ハイヒール、スキニーパンツ、補整ガードルなどです。 下半身を締め付けると血行が悪くなり、むくみも悪化します。 生活習慣もむくみに影響します。 立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事に従事している人は、むくみに要注意です。 足を高くして休む、足湯や湯船にゆっくり浸かって温める、靴下やレッグウォーマー、湯たんぽを使うのがお勧めです。 リフレクソロジーなどマッサージも効果的ですが、むくんでいる足はささいな刺激で内出血を起こしやすいので、力加減と揉み方に気を付けてください。 むくみ解消になる着圧ソックスや着圧ストッキングも販売されていますが、長時間の着用でかえって血行が悪くなることもあります。 適正なサイズを選び、締め付けすぎないように気を付けてください。 内出血を生じるほどのむくみは、かなり重度といえます。 必要なら受診して、むくみ解消に努めましょう。 どうして下肢に血液が溜まってしまう?その理由と血液の流れについて 本来、空気より重いものは、重力によって地面へと落ちていくのが自然です。 しかし、人体は立っている状態で、心臓から流れる血液は足下へと流れ、その後重力に逆らって胴体へと戻っていきます。 これは、血管のポンプ機能によって、重力に負けずに血液を上へと押し上げることができているのです。 ですが、血行が不良となり、血液の流れが衰えれば押し上げることが十分にできず、下肢に血液が溜まることになります。 末端にまで届かなくなった血液がどこに溜まっているかというと、そのほとんどが下肢に蓄積され、下半身のむくみとなります。 1.心臓から下半身に送られる血液 心臓から全身に送られる血液は、当然下半身にも送られます。 2.足から上半身に戻れない血液 血液の流れは体内を循環するものであり、足に流れた血液は上半身に戻されなければなりません。 しかし、血行不良では上半身に十分な血液を戻すことはできません。 3.さらに下半身に送られる血液 血行不良で下半身から血液が戻ってこなくても、心臓はさらに下半身に血液を送り続けることになります。 4.足に溜まる大量の血液 血行不良によって血液は大量に足に溜まる様になってしまうのです。 大量に下肢に溜まった血液を押し出すために効果的なのが下肢の運動です。 下半身を動かすことで、足の筋肉が血液のポンプの役割を果たし、血行を促進し、下半身に溜まった血液を上半身に押しだし、全身の血行を改善してくれます。 移動中が要注意! ~旅行中のむくみケア 足がむくみやすいシチュエーションに、旅行などの長距離移動があります。 飛行機や車、新幹線内でずっと座り続けているため、血行が悪くなり、水分が溜まってしまいます。 移動中でもできる小さな工夫で、足のむくみを予防しましょう。 適度な水分補給 移動中はトイレが近くなるのを気にして水分摂取を控えがちです。 水分が足りないと血流が悪くなるため、小まめな水分補給を心がけてください。 アルコールやカフェインは利尿作用が強いので避けた方が良いでしょう。 飛行機内などは乾燥しているので、意識して水分を摂ってください。 エコノミークラス症候群の予防にもなります。 座ったままできるプチマッサージ・ストレッチ 長時間座り続けるのが、移動中に足がむくむ最大の原因です。 立ち上がらなくてもできる簡単なマッサージやストレッチで血流を良くしましょう。 効果大なのが、膝の裏側です。 リンパや血液が集まる場所なので、刺激をすると全身に効果が及びます。 方法は、指を膝の裏にあて、ゆっくり押すだけです。 同じく鼠蹊部 足の付け根 もリンパが集まる場所です。 体重をかけながら指でさすると、むくみ解消になります。 ストレッチを行うなら、足首回しが最適です。 足首を上下に動かしてから、内側と外側それぞれに回します。 可能なら、靴は脱いだ方が良いでしょう。 サンダルなど楽な履物を用意しておけば万全です。 靴を脱ぎ、足指を開いたり閉じたりするのも血行促進になります。 飛行機や新幹線なら定期的にトイレに立ち、車ならサービスエリアで休憩をとりましょう。 軽く歩き、膝の曲げ伸ばし、背伸びをするといった小さな工夫でもむくみを防止できます。 足が太いのはむくんでいるせい?足のむくみをセルフチェック 最近、足が太くなった気がする…と、気になっていませんか? それは太ったのではなく、足がむくんでいるのかもしれません。 足のむくみがどういうものか分からない人は、次に項目に当てはまっているかチェックしてください。 重力によって水分が足へ下がってくるため、時間がたつほどむくみが強くなります。 新陳代謝も活発ではありません。 そのため、足や全身の疲れや倦怠感が取れにくくなります。 ・運動をしていないのに、脚が重くてだるい。 水分に過不足があると、むくみが生じます。 塩分摂取が少ないほど、むくみにくくなります。 アルコールは水分摂取に含まれず、分解する時に水分を消費するので、かえって水分が不足します。 野菜や果物をたっぷり食べると、カリウムの働きで塩分が排出されます。 冷え症、足の筋肉量が少ない、運動不足の人は足に水分がたまりがちです。 ・立ち仕事やデスクワークなど、1日中同じ姿勢で仕事をしている ・車での移動が多く、あまり歩かない ・ほとんど運動しない ・いつも指先や足先が冷えている ・湯船に浸からず、シャワーで入浴を済ませている これらの項目に複数該当しているなら、足がむくんでいるといえます。 脚を細くするためのダイエットは、むくみには逆効果です。 適切なむくみ対策をとりましょう。 正座も効くんです!夏場のむくみ対策はこれだ!オフィスでも簡単にできるむくみ対処法 夏場の特に忙しいオフィスワーカーの中には一日中エアコンの効いた快適な空間にいて、あまり汗をかかず、水分補給もしない日々を過ごしている人がたくさんいます。 しかし、このような生活を続けているとむくみの原因となります。 どうして、むくみが発生するのか、そしてオフィスで簡単にできるむくみ対策のマッサージを紹介します。 むくみはカラダの水分の流れが悪くなった結果 むくみはカラダの中に水分が余分にあるイメージから、水分を摂りすぎるとむくむ、と考える人がいますが、実は水分不足だからこそむくみが発生するのです。 カラダには体内の水分量を一定量にキープする機能が備わっています。 寝る前に大量の水を飲む場合などを除いて、起きて活動しているときにしっかりと水分を補給しないと、逆に古い水分が老廃物と共にたまり、これがむくみの原因となってしまうのです。 オフィスでも簡単にできるむくみ対処法 立ちっぱなしの仕事をしている人に限らず、デスクワークで一日のほとんどを座ってすごす人にもむくみは存在します。 会社でサンダルなどを履いていて、帰るときに通勤靴を履こうとするときつく感じる場合は、足がむくんでいる証拠です。 では、足がむくんでしまった場合にはどのようなマッサージが効果的でしょうか。 足首から膝の裏に向けたマッサージ 1 まず片手で左右どちらからでもいいので足首を持ち、五本の指をつかって足首を押していきます。 2 指の動きを続けたまま、足首からふくらはぎへとゆっくりと上がっていきます。 3 膝まで到達したら、膝の裏を親指でゆっくりともみましょう。 むくみ対策は正座も有効! 正座はむくみ対策には簡単な方法です。 もし職場の休憩室などで正座を出来る場所があるならば、1分から2分程度でいいので、正座をしましょう。 あまり長時間正座を続けると逆効果なので、短時間で大丈夫です。 椅子に腰かけ、右脚のふくらはぎを左膝の上にのせます。 両手で右膝のあたりを押さえます。 右脚のふくらはぎが左膝に圧迫されている状態を意識してください。 椅子が動いてしまわないように、左脚はしっかり床を押さえます。 この状態で、右脚の足首を曲げたり伸ばしたりします。 「曲げる」「伸ばす」の動作は、できるだけゆっくり、大きく行いましょう。 右脚を少し移動させて、左膝で圧迫される部分を2~3回変え、そのつど足首の曲げ伸ばしをくり返します。 左脚のふくらはぎを右膝の上にのせ、左側も同様に行いましょう。 片脚につき2~3回圧迫する箇所を変えます。 (2~3箇所圧迫することになります) これを1セットとして、左右交互にくり返し、2~3セットを目安に行ってください。 さらに、膝とふくらはぎの密着がより高まるように両手で押さえても、効果は高まります。 椅子に浅く腰かけ、右脚を左脚の上に組みます。 左ひじを右膝にかけ、そこを支点とするようなイメージで、後ろを振り向き体を右にひねります。 このとき、体をひねりやすくするために、右腕で椅子の背もたれを押さえておきましょう。 椅子が動いてしまわないように、左脚はしっかり床を押さえます。 体の軸は垂直に保ってください。 大きく息を吐きながら上半身をひねり、10~20秒キープ。 そしてゆっくり元に戻します。 1つのポーズを10~20秒キープ。 左右それぞれ2~3回ずつ行ってください。 また、体をひねりながら大きく息を吐くことで、腰から肩甲骨まで背中全体の筋肉を刺激し、活性化させます。 ながら美容で、足のむくみも解消して美脚になりましょう。 Photo by:.

次の

足首のあざ

足首 あざ

2~3ヵ月程前からでしょうか?気が付いたら、足首の外くるぶしに茶色っぽい痣がありました。 心当たりはなかったですが、そんなこともあるかな~と思って全く気にしていなかったのですが、だんだん大きくなっている気がします。 痛みは全くなく、むしろ触ってもあまり感覚がありません。 これはもしかして壊死というやつですかね?だとしたらヤバいんじゃ…ということに今更ながらに気が付きました。 ネットで調べていたら、血栓症とか、糖尿病の可能性もあって場合によっては切断…とかもあるみたいなので、正直今半泣き状態です。。。 ちなみに、私は子宮内膜症でルナベルを処方してもらってます。 この薬は血栓症になることもあるようなので非常に心配です。 4~5ヶ月前からまったく同じような症状でさきほど皮膚科に行き、 帰ってきたところです。 痛くもかゆくもなく、なんかすべすべしたような かさかさしたようなあざではないですか? 「特発性色素性紫斑」ではないかと言われ、よくわからないのでネットで「足首のあざ」と検索したらこの質問にあたりました。 皮膚科の先生によると「特に原因もなく、内出血した部分が色素沈着する 症状で、内出血を防止するビタミンCを三週間分出します。 静脈瘤のときにできることもあります。 特に大きな問題はありませんが、見た目がよくないですよね。 」 との診断でしたが、なんとなく釈然としません。 私も10年前ですが静脈血栓で手術をしたことがあり その影響もあるのかもしれません。 皮膚科でも「内科的な心当たりがありのなら静脈などをしらべて もらったほうがいいですよ」と言われたので、血管の専門医を 受信してみようとおもいます。 血栓症の症状ですが、私の場合はあしの付け根にできた腫瘍が太い静脈を圧迫してその部分に血栓が発生し、血液が心臓に戻るのを邪魔していたため、左足(今回あざができた方)が右足の1. 5倍くらいの太さになりました。 痛みもだるさもありませんでしたが受診したら「頭や肺に飛んだら大変」と即刻入院・手術となりました。 すぐに「壊死・切断」はないと思いますが、 念のために血管系のお医者さんに行かれた方がいいと思いますよ。 以下の静脈瘤症状の中にあてはまるものもあります。 参考URL: Q どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の皮下出血ではないかという事でした。 おじいちゃん先生だったので正確な診断だったかは分かりませんが、 あざが出ても押して痛い訳でなく、色だけの症状だったので今まで特に気にしていませんでした。 ただ現在私には家庭もあり、変な病気になっても困るので今さら心配しています。 ちなみに私は基本的には抵抗力が弱く、数年前までは毎年絶対声が出ないほどの風邪を引いてました。 現在は過敏性腸症候群で、ストレスや睡眠不足が続くと慢性的な胃や腸の 痛みに襲われます。 (下痢タイプではないです) また、今年の5月から爪の甘皮がなくなり爪がでこぼこするという症状が出ています。 (これは5月の診察では貧血気味じゃないかと医師に言われました。 血液検査はしていません。 先日は甘皮が無いため細菌感染し膿が溜まったので、別の医師に診てもらったところ 乾燥が原因だと言われました) 青あざは一年に数回出ることもあれば一回しか出ないこともあります。 昨年10月に出産したのですが、妊娠中から先日までも出たことは無かったはずだと思います。 あ、それと先日献血に行ったのですが、後日検査表みたいなのが送られてきましたが 特に数値が異常な項目はありませんでした。 どんな事でもいいので何か教えてください。 どこにもぶつけたり当たったりしていないのに、青あざ(正確には青紫)が出来ます。 2週間前にも膝や手首にあったのですが、数日すると消えてしまい また今回手首に一つ出来ています。 これは十年程前に初めて出ました。 (ぶつけてないのに青あざ) 当時肝臓の数値が急上昇したり 結局は薬を服用していた為)、ストレスで毎夕方になると 熱が出たり、最終的には慢性扁桃腺手術しました。 その間にあざが出来たので(肩とかにも数個)かかりつけ医に診てもらったところ よく分からないけどアレルギー性の... A ベストアンサー 医師です。 青あざは皮下出血です。 通常はいわゆる打撲によるものがほとんどですが、血液凝固能(血を固まらせる機能)が低下すると、皮下出血などしやすい状況になります。 いわゆる紫斑病といわれる疾患群などがその代表ですが、紫斑病の特徴は全身性であることが多いので、ある部分だけできやすい、ということはあまり考えられません。 また、他にも歯肉出血(歯茎から血が出やすくなる)なども合併します。 検査所見上は、血液凝固時間の亢進がみられたり、血小板の減少がみられたりします。 血液凝固能についてはPTなどの検査値を見ますが、これが正常であればまず紫斑病は否定されます。 全身に複数の青あざができるようでしたら、内科の受診をお勧めしますが、症状を拝見する限りは、まず経過観察でよろしいかと存じます。 貧血が強く出たりするようであれば、すぐに内科を受診してくださいね。 A ベストアンサー 無難なところで、近くの内科でしょう。 足!の痣ですが、整形外科にいくのは遠回りだと思います。 めまいや立ちくらみ、微熱、倦怠感など、何か他に特別な変化を感じなければ、健康診断の採血の結果を待っても大丈夫かと思います。 健康診断の採血の結果として、もし血が止まりにくいようなら『plt』という検査項目を見てください。 血小板(プレート)の数が出ています。 一般に血小板が少ないと、血が止まりにくい傾向となります(ものすごく大雑把ですが)。 もし他に随伴して注意しなければいけない項目があるとしても(厳密にはpltだけが大丈夫なら良いとも言えない場合があるので)、検査結果には標準値(正常値)と比較出来る表になっているかと思います。 茶色や緑がかったものは、時間の経っている出血で、それが長く続いているものではありません。 血は止まっていて、皮膚の下に溜まった血液が自然に消えていく(吸収されて見えなくなる)のを待っている状態です。 あざの出来る頻度や数が多く感じて不安でいらっしゃるので、急ぐ必要は無いと思いますが、心配であれば内科か血液内科(加えて、小さい病院から総合病院)での受診もひとつの方法です。 おそらくどの病院・科にいっても、最初はまた血液検査です。 健康診断から日が浅ければ、結果にはそう大差無いかと思いますので、様子を見ましょうとなるかもしれません。 自覚症状が特になければ、検診の結果を待っても遅くないと思います。 他に気掛かりがあれば、大きめの病院の内科・血液内科・循環器科など(受付で症状を話すと振り分けてくれます)の受診となるでしょう。 余談まで、近くの小さな病院と大きな病院の料金の違いとして、大きな総合病院や大学病院は初診料として(小さい病院の紹介状が無い場合など)2000円取られます。 身近なかかりつけ医から受診をし、大きな病院にはさらに高度な治療を必要する場合の人だけを振り分けようという流れがあるので。。。 (ちょっと簡潔過ぎて誤解を招く言い方なのですが。 でもいきなり大きいところに行ってみてもらえないと言う訳ではないのです、行って良いんですよ) 無難なところで、近くの内科でしょう。 足!の痣ですが、整形外科にいくのは遠回りだと思います。 めまいや立ちくらみ、微熱、倦怠感など、何か他に特別な変化を感じなければ、健康診断の採血の結果を待っても大丈夫かと思います。 健康診断の採血の結果として、もし血が止まりにくいようなら『plt』という検査項目を見てください。 血小板(プレート)の数が出ています。 一般に血小板が少ないと、血が止まりにくい傾向となります(ものすごく大雑把ですが)。 もし他に随伴して注意しなければいけない項目がある... Q 2,3週間前から太ももに直径1,5センチくらいのうっすらと赤いアザ?のようなものに気付き、最初は自分でかいたりして傷が出来ていると思って気にしないでいたのですが、いまだに治らず、それどころか赤みが増し、大きくなっているように思います。 痛みはまったく無く、腫れや凹凸も無いです。 少しだけ表面がざらついているような気はします。 ぶつけたわけでもないし、ひっかいたわけでもないのに突然アザ?が出来、消えないのが段々と不安になり、ひょっとして皮膚ガンかも?と心配です。 やはり病院に行くべきでしょうか?病院に行くとしたら個人病院でもしっかり検査などをしてもらえるでしょうか? 説明がわかりにくかったらすみません。 回答をよろしくお願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 私の友人も同じようなアザができて、すぐに病院に行きました。 検査は尿検査・血液検査・一般検査とうでした。 その時の原因はビタミン不足ということでした、まぁ栄養が偏った生活をしていたからですが・・・。 よく聞く原因がビタミン不足ですが、その外に心配されたようにガンの可能性もぬぐいきれません。 不安を取り除くためにも早めに病院にいって検査してスッキリしましょう。 yahoo. 他に出血しているような事はないんでしょう? せいぜい歯磨き時に歯茎から血が出る程度でしょう。 もし、便や尿に出血傾向があるなら、病院へ行きましょう。 大人だと慢性の経過をしますが、確かにこれだと脳出血に結びつきます。 コンビニに行って、ビタミンCを重点的に、そのほかにビタミンAとB系統、それから蛋白質を多めに飲めば治ります。 量は、特にビタミンCは500ミリグラムを毎時間一つづつ飲んで、下痢する寸前量が現在の貴君の必要量ですから、それを覚えて、毎日タイムピルでなければ、分けて飲みましょう。 これが原因なら、短期日で止まるはずですから、試してください。 だめなら病院へ。 どうせ慢性経過中のはずですから。 これ以外と今でも多いのです。 Q 母のことで心配しているのですが、よく腕や足にギョっとするような 大きい青アザをつくってきます(大きかったもので7cm前後) 注射や点滴の後も、針を刺した周辺が大きく青紫に変色することがありますが、 ぶつけたわけでもなく身に覚えがないものも多いです。 普通、かなりの打撲などでないとあれほど大きなアザはできないと思うのですが・・・ 以前、医師に聞いたことがあるそうですが、分からないと返答されたそうです。 アザができる場所は手や腕、くるぶしから太ももの辺りの足で、 背中や腹部など他の所にできているのは見たことがありません。 定期的に血液検査などやってますが、特に大きな問題もなく、 本人は至って普通に仕事や家事をしています。 下記サイトで確認されてください。 mirai. htm 私のお袋も上記と同じ症状でした。 私を出産してからなったようです。 爪や先の細い物で皮膚を引っかいたりすると、真っ赤になり皮膚が盛り上がっていました。 家の場合は、全身です。 下手なマッサージをすれば、翌朝あたりからどす黒くなります。 つまり、抹消血管の血流が悪いのです。 血流が悪いため、傷や炎症の治りが遅く、いつまでも(青・赤・紫等の)アザとして残るようです。 家庭内でできる簡単な運動などをやられた方が、やらないよりは良いと思います。 対策は、下記のようにされてください。 変色している部位を手の平(又は、グーの指を軽く開いた状態)でタッピングします。 (タッピング:陸上の選手が脚を伸ばして太股を両手で叩いていますね。 あの要領です。 それから軽くマッサージとタッピングを繰り返すことでアザは薄れていきます。 (必ず、タッピングをしてください。 下記サイトで確認されてください。 mirai. htm 私のお袋も上記と同じ症状でした。 私を出産してからなったようです。 爪や先の細い物で皮膚を引っかいたりすると、真っ赤になり皮膚が盛り上がっ... Q 33歳女性です。 一ヶ月くらい前から全くぶつけたりひねったりしていないのに左の足首 が腫れてきました。 そんなに強くはないですが痛みもあります。 (軽くズキズキする感じ)皮膚の表面はかゆいです。 それとは別に、すね やふくらはぎに、ちょうどぶつけた時にできる ようなあざ(ただし赤っぽい)が複数でき始めました。 大きさも形も様々で、本当にぶつけたかのような感じのものです。 このあざのようなものはわずかにふくらんでいて、押すと少々痛く、 表面はかゆいです。 足首は腫れも痛みも強くはなかったので、なんとなく放ってきてしま いましたが、ここ一週間くらいで足首の腫れが強くなり、痛みも かゆみも増してきました。 特に腫れは昨日から急に増してきて、今までは左右を見比べたら 少々腫れているなと思う程度なのが、明らかにパンパンに腫れて います。 痛みはかかとにまで及んできました。 かゆみも強くて、表面を掻き壊してしまいました。 かなり腫れぼったいと言うか、足首から先が強くむくんでる感じという か・・・地味な症状ですが何なのか全く予想が付かず怖くなって きました。 実家の母(看護師)に見せると、「表面だけでなく腫れたり痛んだり するなら皮膚科じゃなくて内科を受診したほうがいいのでは」と 言います。 この症状から予想する病気?は何かありますか? 病院は何科を受診したらいいでしょう。 アドバイスをいただければと思います。 宜しくお願いします。 33歳女性です。 一ヶ月くらい前から全くぶつけたりひねったりしていないのに左の足首 が腫れてきました。 そんなに強くはないですが痛みもあります。 (軽くズキズキする感じ)皮膚の表面はかゆいです。 それとは別に、すね やふくらはぎに、ちょうどぶつけた時にできる ようなあざ(ただし赤っぽい)が複数でき始めました。 大きさも形も様々で、本当にぶつけたかのような感じのものです。 このあざのようなものはわずかにふくらんでいて、押すと少々痛く、 表面はかゆいです。 足首は腫れも痛み... A ベストアンサー お母さまがそういうなら総合病院にて内科を 受診されてはどうでしょうか? 確かにちょっとただ皮膚が荒れているとか アレルギーにしてはひどい気もします。 内科に受診しても分からない場合は、皮膚科や アレルギー科を受診するといいと思います。 その際は、医師に助言を求めてみてください。 ちなみに、わたしはアレルギー体質ですぐに肌が荒れたり かぶれたりするんです。 ひどい時はパンパンに腫れて、痛みも伴うことがあります。 何にかぶれたか分からないときは、いつのまにか赤く腫れて いるってこともありました。 ただ、アザというよりは赤くなっているか蚊にかまれた後 みたいになってるという感じです。 Q 友人の事なのですが、 半年ほど前に、打撲もしてないのに、ふと二の腕に内出血のアザができたそうです。 初めは、どこかでぶつけてしまった為にできたのだろうと、ホッておいたらしいのですが、 あまりにも治らなかったので、皮膚科を受診し組織を切除して組織検査など色々行ったそうですが 特に異常がないと言われたそうです。 しかし、それからもそのアザは治るどころか、どんどん広がって、 初めは5『500円玉』サイズだったのが今では手のひらほどに広がっていました。 少し盛り上がっているような感じもするらしいのです。 痛みは、細胞検査のため切除した直後に少々あったらしいのですが、 それからは特に痛みやかゆみなどの症状は無いそうです。 見せてもらった感じで言うと、打撲でできる内出血のような赤いアザで 個々が100円~500円玉サイズでまばらなものが無数にあり広がっています。 これは何でしょうか? 友人も私も、ネットで色々どこの診療科かなど調べてみましたが、 全然見つからなくて、 どうしていいか分からず、困っています。 皮膚科へ行っても異常なしとの事で、どの科目の医療機関を受診するのが、一番良いでしょうか? 急いでいます。 どうか、どなたか教えてください。 お願いします。 友人の事なのですが、 半年ほど前に、打撲もしてないのに、ふと二の腕に内出血のアザができたそうです。 初めは、どこかでぶつけてしまった為にできたのだろうと、ホッておいたらしいのですが、 あまりにも治らなかったので、皮膚科を受診し組織を切除して組織検査など色々行ったそうですが 特に異常がないと言われたそうです。 しかし、それからもそのアザは治るどころか、どんどん広がって、 初めは5『500円玉』サイズだったのが今では手のひらほどに広がっていました。 少し盛り上がっているよ...

次の

身に覚えがない『あざ』ができる原因は6大病気の警告サインかも!?

足首 あざ

セルライトを潰すって効果あり?除去して痩せるメカニズムは?なぜ? セルライトは、皮膚をつまむとボコボコした状態の肌の現象をいいます。 セルライトの原因ははっきりと解明されていませんが改善方法があって、その改善方法から原因となるものがわかっています。 また、セルライトを潰そうとして手に思いっきり力をいれてやってしまうとあざになることもあるので注意してくださいね。 セルライトを潰すというのは? セルライトは、脂肪細胞自体に、老廃物などや水分がたまって膨らみ、肌に凹凸ができます。 この現象は不健康な状態ではなく、血行不良と脂肪の代謝がうまくいかなかったことが重なって、繊維組織が過剰に作られてしまっている現象になるようです。 セルライトは、一度形成されてしまうと、元にはなかなか戻らないとはいわれています。 ただ、有力なセルライト除去の効果説としては、皮下脂肪と老廃物が一緒になっているわけなので、この部分をもみほぐして潰すことで血行不良が改善されると考えられているようです。 問題は、痩せたとしてもセルライト自体は除去できるわけではなく、血行不良を改善するか脂肪の蓄積を止めることで一定の効果があるとされています。 だから、セルライトをもみほぐすこと、いわゆる潰すという言葉が出て来たわけです。 ただし、セルライトは潰せないということも最近聞くようになってきましたが、揉むことは=潰すことと同じ意味合いになるのかここは不明のようです。 セルライト潰しって効果あり? セルライトの除去には、マッサージがかなり効果があるとされていて、マッサージによって改善したというような結果も出ています。 スポンサードリンク このマッサージでは、カフェイン配合のボディークリームが使われていて、ちゃんとした効果が出せたようです。 この際のマッサージ方法は、「下から上へ」といくのが基本になっていて、足の裏からマッサージを開始します。 そして、最後は、太ももの付け根部分のリンパ節まで流します。 そうなれば、太ももにはセルライトが除去されて、血行の流れもよくなってきます。 さらに老廃物も排出されるようになるわけです。 そうなれば、通常の状態を取り戻すことになります。 セルライト除去で痩せるメカニズム 先ほど紹介したように、セルライト潰しをやれば、その部分がほぐれるようになってきて、血行もスムーズに良くなってきます。 そうなれば、余分な老廃物が外に排出されることになって、セルライトが除去され代謝機能も発揮するようになり効果も期待できます。 そして、自然と痩せるようになっていくというメカニズムのようです。 セルライトを潰すときは注意が必要 セルライトを潰すときには、注意も必要です。 エステなどでは、セルライト除去に、特殊な超音波などを使って、直接、脂肪細胞に働きかけてセルライトを除去しています。 脂肪を取り除いたら、あとはリンパマッサージを行っています。 これを自宅でやるとなると、機械自体がないので、手で潰すという行為になりますが、あざができるほどの揉み方になってしまうと皮膚のトラブルになり兼ねません。 セルライト除去を目的に潰すときには、太ももを「もみほぐす」というイメージで、両手の手のひらを使って雑巾を絞るように揉みあげていきます。 セルライトがとくにひどい部分は、つまんで揉むということを繰り返し除去するイメージでやってみてください。 こうすることで効果が期待できます。 また、マッサージは、片脚10分ほどかけることが効果につながっていきます。 まとめ いかがでしたか。 今回はセルライト潰しいついて紹介しました。 セルライトを除去することで痩せるというメカニズムがわかっていただければ幸いです。 痩せるには、代謝を良くすることは大前提ではないでしょうか。 まずは痩せる前に、セルライトがうまく除去できるようにマッサージは不可欠かもしれません。

次の