明治 フラン。 【中評価】明治 フラン オリジナルショコラ 箱3本×3[明治][4902777062518]の口コミ・評価・カロリー情報【もぐナビ】

フラン (チョコレート菓子)

明治 フラン

1999年に発売されたフランは、今年20周年を迎えます。 20周年を記念して?パッケージがガラッと変わり、ちょっと懐かしさのある雰囲気のシンプルなパッケージにリニューアルされました。 調べてみると、発売当初のパッケージの雰囲気とよく似た色合いに変更になったという印象を受けました。 発売された当時、ちょうどフランスでは、単一通貨ユーロが誕生し、それまで使用していた法廷通貨フランがなくなりました。 その年に「明治フラン」が誕生したのは、何か縁があるのかもしれないという印象を受けましたが、法定通貨「フラン=Franc」で、明治フランは「フラン=Fran」です。 Franは、一般的に人の名前やその相性などに使われる綴りのようなので、関係があるのかどうか・・・ 「オリジナルショコラ」は1999年発売当初から販売されていて、はっきりした年度はわかりませんでしたが、2009年にはすでにあった「オリジナルホワイト」とともに、通年商品として販売されていて、当時は、発酵バター入りのビスケットでした。 「ショコラ」とネーミングが変更になったことが数度ありますが、現在は「オリジナルショコラ」というネーミングで、ココアビスケットを使っています。 ちなみに、2009年以前から「オリジナルショコラ」と「オリジナルホワイト」が通年商品として販売されていて、2009年からは、2商品にプラスして「オリジナルストロベリー」が通年商品として販売されていました。 はっきりしたことはわからなかったのですが、オリジナルホワイトは、2013年の段階ではまだ販売されていたようですが、オリジナルストロベリーが「ストロベリー」にネーミングが変更になった時にはなくなっているので、その間に終売になったのでしょう。 2017年にダブルショコラが発売になった時にストロベリーが入れ替えになり、現在は「オリジナルショコラ」と「ダブルショコラ」の2商品に落ち着いています。 【注意点】 ・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。 卵アレルギーの方はお気を付け下さい。 ・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値です。 本数が決まっているので、1本あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。 ・オリジナルショコラ 1本当たりのグラム数 13. 正直に言うと、明治さんには申し訳ない話なんですが、フランを初めて食べるわが家。 食べたことがある人も多いとは思いますが、わが家としては、初めての味わいなので、別々に感想を書いていきたいと思います。 ・オリジナルショコラ 「ココアビスケットとホイップショコラの境目がわからない!」 と、ちょっと焦ってしまいましたが、みなさん、断面写真を見てわかるでしょうか? かすかに内側と外側では、密集間に違いがあって、うっすらと線がありますよね。 食べてみると、とっても香ばしいカカオの苦味がありつつも、甘いミルクチョコレートのような風味もあって、口の中いっぱいにカカオの濃厚な旨味が広がり、心が落ち着いていくのを感じます。 とってもなめらかなホイップチョコレートのくちどけの良さに、サクサク食感のココアビスケットが混ざり合って、贅沢な一時を楽しむことができます。 ただ、どちらかというと甘味のあるチョコレート感なので、子どもから大人まで、おいしく食べることができるのではないでしょうか。 ・ダブルショコラ ホイップチョコの上からさらにチョコレートをかけてコーティングされているので、もともと太めのスティックチョコなのに、さらにチョコ部分が太さがあり、並べる時に、なかなか会いうことを聞いてくれませんでした。 オリジナルショコラのカカオ感をさらにパワーアップさせた香りで、食べてみると、なかなかなビターなカカオ感を楽しめて、思っていた以上に大人の味わいですね。 でも、苦味と甘味のバランスがちょうどよくて、わが家は、子ども達もおいしく食べることができました。 よく考えると、すべてカカオの味わいなんですもんね。 ホイップチョコの上からさらにチョコレートをかけていることによって、3種塁に形を変えたカカオ感を楽しめるという優れものなんですよね。 パリッとなるような少し固めのチョコレートになめらかな口どけのホイップチョコ、そしてサクサク食感のココアビスケット・・・ 正直に言うと、クランチビスケットinチョコレートを食べているんじゃないかと勘違いしてしまいそうな感じですが、濃厚でありつつビターのようなさらっとしたすっきりしたカカオ感で、何本でも食べられそうです。

次の

フランス語

明治 フラン

スイーツ・お菓子ジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

【2019】装い新たに20周年!明治「フラン<オリジナルショコラ><ダブルショコラ>」紹介とわが家の感想

明治 フラン

1999年に発売されたフランは、今年20周年を迎えます。 20周年を記念して?パッケージがガラッと変わり、ちょっと懐かしさのある雰囲気のシンプルなパッケージにリニューアルされました。 調べてみると、発売当初のパッケージの雰囲気とよく似た色合いに変更になったという印象を受けました。 発売された当時、ちょうどフランスでは、単一通貨ユーロが誕生し、それまで使用していた法廷通貨フランがなくなりました。 その年に「明治フラン」が誕生したのは、何か縁があるのかもしれないという印象を受けましたが、法定通貨「フラン=Franc」で、明治フランは「フラン=Fran」です。 Franは、一般的に人の名前やその相性などに使われる綴りのようなので、関係があるのかどうか・・・ 「オリジナルショコラ」は1999年発売当初から販売されていて、はっきりした年度はわかりませんでしたが、2009年にはすでにあった「オリジナルホワイト」とともに、通年商品として販売されていて、当時は、発酵バター入りのビスケットでした。 「ショコラ」とネーミングが変更になったことが数度ありますが、現在は「オリジナルショコラ」というネーミングで、ココアビスケットを使っています。 ちなみに、2009年以前から「オリジナルショコラ」と「オリジナルホワイト」が通年商品として販売されていて、2009年からは、2商品にプラスして「オリジナルストロベリー」が通年商品として販売されていました。 はっきりしたことはわからなかったのですが、オリジナルホワイトは、2013年の段階ではまだ販売されていたようですが、オリジナルストロベリーが「ストロベリー」にネーミングが変更になった時にはなくなっているので、その間に終売になったのでしょう。 2017年にダブルショコラが発売になった時にストロベリーが入れ替えになり、現在は「オリジナルショコラ」と「ダブルショコラ」の2商品に落ち着いています。 【注意点】 ・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。 卵アレルギーの方はお気を付け下さい。 ・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値です。 本数が決まっているので、1本あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。 ・オリジナルショコラ 1本当たりのグラム数 13. 正直に言うと、明治さんには申し訳ない話なんですが、フランを初めて食べるわが家。 食べたことがある人も多いとは思いますが、わが家としては、初めての味わいなので、別々に感想を書いていきたいと思います。 ・オリジナルショコラ 「ココアビスケットとホイップショコラの境目がわからない!」 と、ちょっと焦ってしまいましたが、みなさん、断面写真を見てわかるでしょうか? かすかに内側と外側では、密集間に違いがあって、うっすらと線がありますよね。 食べてみると、とっても香ばしいカカオの苦味がありつつも、甘いミルクチョコレートのような風味もあって、口の中いっぱいにカカオの濃厚な旨味が広がり、心が落ち着いていくのを感じます。 とってもなめらかなホイップチョコレートのくちどけの良さに、サクサク食感のココアビスケットが混ざり合って、贅沢な一時を楽しむことができます。 ただ、どちらかというと甘味のあるチョコレート感なので、子どもから大人まで、おいしく食べることができるのではないでしょうか。 ・ダブルショコラ ホイップチョコの上からさらにチョコレートをかけてコーティングされているので、もともと太めのスティックチョコなのに、さらにチョコ部分が太さがあり、並べる時に、なかなか会いうことを聞いてくれませんでした。 オリジナルショコラのカカオ感をさらにパワーアップさせた香りで、食べてみると、なかなかなビターなカカオ感を楽しめて、思っていた以上に大人の味わいですね。 でも、苦味と甘味のバランスがちょうどよくて、わが家は、子ども達もおいしく食べることができました。 よく考えると、すべてカカオの味わいなんですもんね。 ホイップチョコの上からさらにチョコレートをかけていることによって、3種塁に形を変えたカカオ感を楽しめるという優れものなんですよね。 パリッとなるような少し固めのチョコレートになめらかな口どけのホイップチョコ、そしてサクサク食感のココアビスケット・・・ 正直に言うと、クランチビスケットinチョコレートを食べているんじゃないかと勘違いしてしまいそうな感じですが、濃厚でありつつビターのようなさらっとしたすっきりしたカカオ感で、何本でも食べられそうです。

次の