パクソジュン 本名。 パク・ソジュンの性格や噂になった彼女は?自宅や私服についても紹介

パクソジュンの生い立ちや学歴は?父母弟など家族とのエピソードも!|Koi

パクソジュン 本名

この記事の目次• 事務所は、オーサムイエンティ所属です。 中学生までは野球選手が夢だったが、高校1年生のころから俳優を夢見るようになり、ソウル芸術大学演技科へ進学しました。 在学中に軍務を終え(2010年5月に除隊)、俳優キムスヒョンさんのマネージャーとの縁から、キーイーストと契約し、同事務所の「新人1号アーティスト」となりました。 会社との契約後、1年間は自分の期待と違い本当に大変な時期だったと、言っていました。 2011年パンヨングクさん( B. P)のミュージックビデオ「 I Remenber」に出演しデビューを果たしました。 2012年、ドラマ「ドリームハイ2」で本格的な演技活動を始めます。 趣味はパソコンゲーム、野球であって、現在、プレーボーイズという韓国芸能人野球チームにも所属をしています。 seesaa. 内容も良く、キャスト陣の魅力もあって、最高市長汁22.7%をたたき出し、韓国でも人気のあった作品となっています。 貧しいアクセサリー露天商のモンヒが富豪一家のパク家とひょんなことから縁を持ち、絡んでいく中でストーリーは進んでいきます。 基本はラブストーリーなのですが、時には泥沼のような確執を持つこともあり、結末まで視聴者を飽きさせないという魅力の詰まったドラマになっています。 bsfuji. 青春時代に出会い、熱愛を経て結婚した 30代の夫婦と、見合いで出会い、互いに合わせ尽くしてきた 40代の夫婦は、傍から見れば理想的に見える 2組の夫婦の裏切りの発覚から始まる「夫婦の亀裂と再生」を描いています。 不倫を描いたドラマは多々ありますが、本作は「不倫の終結」から物語が始まり、これまでにない切り口が話題になりました。 不倫そのものよりも、それによって互いに与えた傷やそれまで気づかなかった相手の痛みを知り、癒しあっていく過程を繊細かつリアルに描き出し、ウェルメイドドラマと高く評価された秀作となっているのでおすすめです。

次の

パク・ソジュンの完全ガイド|出演ドラマ、映画、年齢、身長、インスタグラム

パクソジュン 本名

25-2015. 過去に熱愛彼女と噂された女性は2人いますが、どちらも噂だけで実態はなかったようです。 報道ではドラマ共演後にパク・ソジュンがペク・ジニの自宅がある街「金湖洞」に引っ越したので「頻繁に、ご近所デートを重ねている」とのことでした。 しかし、この報道に双方否定しパク・ソジュン自身も「金湖洞に住んでいる芸能人は多い」とコメントして終結しました。 番組の中インタビューで「SISTAR(女性4人組)のメンバーで、一番仲良しなの誰?」との質問に「ヒョリン」と答えた場面だけを見ていた視聴者が、噂を拡散したようです。 番組を初めから終わりまで見ていれば、パク・ソジュンがヒョリンとの長い期間の友情について語っているので彼女ではないと判断できます、しかし、その発言だけを切り取ってネットで拡散したようですが、真相はすぐに判明し噂は一瞬で消えました。 パク・ソジュンとヒョリンは、2012年のドラマ「ドリームハイ2」で共演しています。 その後友人としての付き合いはありますが、恋愛関係ではないとパク・ソジュンは発言しています。 「ドリームハイ2」はパク・ソジュンのドラマデビュー作ですしヒョリンも恐らくドラマ初出演だと思いますから、当時2人が意気投合した理由もそんなことがあったのでは? 「パク・ソジュン」の兵役は? パク・ソジュンは大学を休学して兵役についています(2008年~2010年まで) パク・ソジュンが中学生時代、アニメクラブに所属し年に1回舞台に上がりパフォーマンスをしていたそうです。 舞台に上がり人々の注目を浴びる快感を知ったものの、一方でプロ野球選手を夢見ていました。 それが俳優への夢が強くなり、高校1年の2学期から演技塾に通い始め、大学進学はソウル芸術大学演技科へ進みます。 しかし、実際に本格的な演技の勉強をするうちに自分の表現力の乏しさから「一度頭の中をリセットしてみよう」と思い立ち、大学1年の1学期を終えた時点で大学を休学し入隊します。 いざ、入隊してみると「わざわざ20代前半の楽しい時期をなんで軍で過ごしているのか?」と後悔したものの、デビュー後に同年代の俳優たちがゾロゾロと入隊するのをみて「早い段階で兵役を済ましておいて良かった」と思ったそうです。 「パク・ソジュン」のファンミーテングの話 パク・ソジュンは2012年にドラマ「ドリームハイ2」でデビュー後、着実にドラマ出演での実績をあげながら2014年「魔女の恋愛」で19歳年上のオム・ジョンファと共演、年下男子を演じて世の女性たちの母性本能を見事にくすぐり、過去最高の評価を得ました。 そして翌年2015年にはMBCドラマに2本出演(「キルミーヒールミー」「彼女はキレイだった」)し、韓国内での人気もMAXに達した年末12月14日に、初めてのファンミーテングを開催します。 このチケットが発売開始わずか1分でソールドアウト!慌てた事務所は、追加日程を組み再度発売するも、これも1分でソールドアウトとなり韓国内でのパク・ソジュン人気がどれだけたかいかわかりますね。 「パク・ソジュン」についての感想 韓国人俳優パク・ソジュンっていいですよね、私も大好きな俳優です。 優しい雰囲気が漂っていて、癒し感があるところが女性たちの心に染みわたります。 役柄によってはオチャメな顔もありますし、年上女性からはモテモテでしょう。 しかし私は、「魔女の恋愛」でオム・ジョンファとのキスシーンを見た時に思わず「パク・ソジュンが可哀そう・・・」と思ってしまいました。 でも今回のプロフィール作成でパク・ソジュンが、どんな役のオファーがいつ来てもいいようにボクシングや乗馬を習得していたとは、見事な俳優魂だと感心しました。 これからも期待しています。

次の

パク・ソジュンのプロフィール

パクソジュン 本名

学歴は? 仁川にあるイムハク中学校(Imhak Middle School)、安南高等学校(Annam High School)を卒業しています。 中学までは野球選手を夢見ていたそうですが、アニメーションサークルに入ったことがきっかけで、 高校1年生の頃から俳優を夢見るようになりました。 高校卒業後、俳優を志し ソウル芸術大学演技科へ進学。 そこで、心機一転するためにも大学一年生で早くも入隊し、2010年に除隊しました。 ちなみに警備教導隊に配置され、軍服務を終えたのは全州教導所。 そして翌年、 2011年にMV出演という形でデビューを果たしました。 家族とのエピソード 父、母、弟2人の 5人家族。 2人いる弟さんは3歳下と8歳下で、なんと「弟たちの方が大きい」のだとか。 どちらの弟さんかは不明ですが、すでにご結婚されていて姪もいるそうです。 そんな父親に認めてもらうためにも、高校生の時には学業との両立を証明すべく努力し、学内成績を上げたのだとか。 そんなこともあり、次第に父も認めてくれるようになったようです。

次の