関西 大学 lms。 関西大学で「なんでもオンライン相談」スタート 学生からのガチ相談にSAが回答

関西大学がコロナ対策新基準 秋学期は対面型とオンライン授業併用へ

関西 大学 lms

関西大学千里山キャンパス 関西大学の芝井敬司学長(64)は7日までに、9月21日に始まる秋学期の授業について「現状のコロナの小康状態が続くのであれば、対面型授業を基本に置きながら授業を再開したい」とした。 新型コロナウイルス感染拡大の第2波に備え、関西大学は学内での活動指針となる「新型コロナウイルス感染症に対する事業活動等の基準」を発表し、公式ウェブサイトなどで学生に周知した。 現在、授業については5段階に分類された警戒レベルのうち、学部の授業は原則遠隔授業となる「レベル2」。 授業以外の課外活動などについては、感染拡大に留意しながら活動できる「レベル1」とした。 関西大学で開かれる大学の新型コロナウイルス対策本部会議において、国内コロナ感染者数や緊急事態宣言発令の有無などで警戒レベルを判断。 学内活動は、その基準に沿ったものとなる。 警戒レベルでいちばん低いレベル1では「学部、大学院とも、感染防止に留意しつつ、対面型授業を基本とするが、遠隔授業も行うこともできる」とし、授業担当者の判断によってはオンライン授業ができるようにした。 東京都で感染者数が再び増加する傾向がみられ、第2波の到来が懸念される。 秋学期からの対面型授業再開に、慎重姿勢をとる教授も多い。 レベル1の「大阪府または近隣府県からは外出自粛等を促す注意喚起がなされていないが、国内で感染者が発生し、感染拡大への注意が必要な状況」が続いた場合、秋学期は対面型とオンライン授業を併用する形になりそうだ。 【関連記事】.

次の

関大オンライン授業で障害 授業参加できず…「関大LMS」怒りのトレンド入り

関西 大学 lms

Microsoft Office365 ProPlus サービス Microsoft Office365 ProPlus 本学とMicrosoft社で締結している包括契約に基づき、本学の学生および教職員(下記「利用対象者」参照)が、個人購入機器(パソコンなど)にMicrosoft Office を無料でインストールし、利用することができます。 利用方法 利用申請は不要です。 Office365サイトにサインインし、Officeアプリケーション(Wordなど)をインストールします。 詳細な利用方法は下記マニュアルを参照してください。 参照するためには、インフォメーションシステムの「利用者ID」と「パスワード」の入力が必要です。 利用マニュアル• (PDF:2. 43MB) 利用対象者 学部・大学院の正規学生、留学生別科学生 専任教育職員、専任に準ずる教育職員(大学、高等学校、中学校、小学校及び幼稚園) 関西大学例規集「職員任免規則」第4条に基づく(平成28年4月1日現在)• 専任 ・大学においては、教授、准教授、専任講師及び助教 ・高等学校、中学校、小学校及び幼稚園においては、教諭及び助教諭• 専任に準ずる者 ・大学においては、特別契約教授、特別任用教授、特別任用准教授、特別任用助教、特別任命教授、 特別任命准教授、特別任命助教、RISS助教、特任外国語講師、 特任体育講師及び留学生別科特任常勤講師 ・高等学校、中学校及び小学校においては、特別契約教諭及び常勤講師 ・幼稚園においては、嘱託教諭 専任事務職員、専任に準ずる事務職員(嘱託、特任嘱託及び契約職員) 関西大学例規集「職員任免規則」第5条に基づく 利用できるアプリケーションと台数• Word、Excel、PowerPointなどが利用可能。 Windows、Mac OS Xとも2016バージョンが利用可能です(平成28年3月1日現在)。 1人当たり 5台の パソコン(Windows、Mac) ・ 5台のタブレット・ 5台のスマートフォン(合計15台)にインストール可能です。 内線電話:4467• 外線電話:06-6368-1121(大代表)で、内線 4467 とお伝えください。 ITセンターではOffice365サイトへのサインインに関する問い合わせにのみ対応いたします。 Office365はMicrosoft社が運営するサービスのため、インストール方法や使用方法などサインイン以外のことについては、お応えできませんのでご了承ください。

次の

インフォメーションシステム

関西 大学 lms

緊急事態宣言の延長で、閉鎖が続く関西大学千里山キャンパス 関西大学は13日までに、オンライン授業開始日の4月20日、授業で使用する関大LMSやインフォメーションシステムがつながりにくい状態が続いたことについて「システム障害ではなく、想定を超えるアクセス集中が原因」とした。 ブームスポーツの取材に、関西大学のシステム担当者らが広報課を通じて回答した。 大学の説明によると、約3万人の学生が自身の履修科目に応じた授業時間割に合わせ、関大LMSにアクセスすることを想定。 授業開始に先立ち、通常運用時の5倍程度のログイン数に耐えられるよう増強していた。 4月20日午前中から想定を超えるアクセス集中や、関大LMSに保存した動画を繰り返しダウンロードするなどの負荷がかかり、レスポンスに遅延が発生。 21日朝にはCPUコア数を増強したが、さらに前日を上回るログイン数があり、午後以降の動作が重くなったという。 22日朝にはCPUとメモリの増強を行うとともに、関大LMSの負荷を軽減する方法を利用者に周知。 動画を関大LMSに直接アップロードするのではなく、別の外部システムから動画配信するなどした。 インフォメーションシステムについては21日午後にシステムを増強し、その後は安定運用しているとした。 オンライン会議システム「Zoom」を使った授業で、担当者が定員上限100人の無料版を使用し、授業に参加できないという学生が多く出たことに関しては「Zoomの人数制限はZoom社の仕様で、契約手続きの問題もあり当初は100人まででした」と説明。 現在は上限300人で、300人以上の授業も開講可能なウェビナー機能の契約準備を進めていることを明かした。 関西大学はアクセスの問題で、授業が欠席扱いになった学生に関しては教員に説明して判断を仰ぐよう求めているとした。 【関連記事】.

次の