ご返信ありがとうございます 英語。 ビジネス英語でありがとうございますを表現!返事やお礼メールの伝え方とは?

ビジネス英語でありがとうございますを表現!返事やお礼メールの伝え方とは?

ご返信ありがとうございます 英語

2つの単語の違いは下記です。 reply・・・一般的なメールの返信や返事など• response・・・「reply」と少しニュアンスが違い、お願いしたことに対する回答など(返事が来ることが前もってわかっている場合) よって今回のビジネスメールなどでの「返信ありがとうございます」の場合は、基本は「reply」を使いますが、お願いごとに対する回答だった場合は「response」を使っても問題ありません。 」となります。 3.ビジネスメールなどで使う丁寧な「返信ありがとうございます」の英語 ビジネスでは多少フォーマルな言い方がベターです。 カジュアルで紹介した例文に少し加える、または「thank you」以外の単語で感謝を表現するというパターンです。 Thank you very much for kind reply. あってもなくても構いませんが、「very much」で「とても感謝している」というニュアンスを相手に伝えます。 I really apprecaite your reply. 敬語的なニュアンスです。 Your reply is much appreciated. 直訳は「あなたの返信はとても感謝されています」となります。 また、「reply」や「response」を使わずに、「Thank you for getting back to me us. 」という言い方もできます。 「get back to ~」で「~に戻ってくる」=「返信する」という意味になります。 これはカジュアルでもビジネスでも使えるので覚えておきましょう。 「返信ありがとうございます。 承知しました」 返信を受け取って内容を確認して了解しました、という場合に使う表現ですね。 この場合は、『』の記事でも書いていますが、「Thank you for your reply. 」のみで構いません。 しかし、「I have recieved your reply and I think it is no problem with it. 」などと英文にしても問題ではありません。 「早速の返信ありがとうございます」 このようにメールを書く場合もありますね。 思ってたより早く返信をくれた場合などにはしっかりと感謝するには下記のような表現がいいです。 Thank you very much for your prompt reply. 代わりに「quick reply」とするとカジュアルな表現になります。 I appreciate your prompt reply. 4.その他の丁寧な「~ありがとうございます」の英語・例文 ここまでは「返信ありがごうございます」という表現を学びましたが、それで終わっていてはもったいない! この機会に他の「~ありがごうございます」に触れることで語彙力もUPしていきます。 ご連絡ありがとうございます:Thank you for contacting us. 」など。 情報ありがとうございます:Thank you for the your information. また、メールでのお礼は「返信ありがとうございます」や上記だけではないですよね。 そして、メールの件名や文中の書き出しや締めなども重要になります。 相手に失礼にならないように、『』も時間のある時にでも確認してみて下さい。 一つの言い方をマスターすれば、次や他の言い方は何?など疑問に思って、ドンドン英語力を高めていきましょう!• 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

英語で「誕生日おめでとう」と言われたらなんて返す?喜ばれるお礼の伝え方

ご返信ありがとうございます 英語

Contents• ビジネス英語でのありがとうの表現まとめ 「ありがとう」といってもいろいろな表現がありますよね。 特に日本語では挨拶並みによく使われている表現のひとつで、 「どうも」のようなカジュアルなものから、 「ありがとうございます」などの丁寧な言い方まで様々あります。 シーンや相手によって使い分けしたりしますよね。 それは英語でも同じことで、仲のいい友人同士の場合、少しかしこまったシーン、またビジネスのシーンで、と使い分けしています。 もちろんお礼の度合いよっても変わってきますね。 そこで今回は、 ビジネスの場面で使いたい、様々なありがとうの表現をご紹介いたします。 Thank you very much. だけではない表現をチェックしておきましよう。 ビジネスの基本のありがとう表現 では最初に、 ビジネスのシーンでの基本のありがとうの表現についてみていきます。 基本ではありますが、ここを抑えておかなければビジネスで大きな失敗にも繋がりますので、しっかりと覚えておきましょう! ありがとうございます Thank you very much. 基本ですね。 ビジネスのシーンでもカジュアルなシーンでも使える表現になります。 このThank you very muchの表現から、様々な言い方を作ることがきます。 I appreciate your kindness. 「あなたの親切に感謝します」 こちらも丁寧なありがとうの表現として使われます。 いつもありがとうございます Thank you for always. 「いつもありがとうございます」 も使いたい表現です。 alwaysをつければ、「いつも」という意味になりますが、 Thank you for always being so helpful. 「いつも助けてくれてありがとう、」 という、 「いつも〜してくれてありがとう」という使い方をします。 相手と会話した時などに用いる御礼の言葉 何かをしてくれたことのお礼の「ありがとう」という以外にも、 会話をしている時に使いたいお礼の表現もあります。 ビジネスのシーンでは、取引先の方と会ったりする時に、言いたい表現。 さらっとカッコよく言えるようにチェックしておきましょう。 お会いいただきましてありがとうございます Thank you so much for taking the time today. meeting 会う、というよりは、talking を使って「会っていただきありがとうございます」と表現します。 お時間頂きありがとうございました Thank you very much for your time today. という表現となります。 英文はもちろんですが、しっかりと心をこめて言うのが大事ですね。 ご参加いただきありがとうございます 「ご参加いただきありがとうございます」ですが、いくつか表現はありますね。 Thank you so much for coming today. Thank you attending. Thank you for your attendance. などがあります。 また、 Thank you を使わない言い方で、 I appreciate your attendance today. という丁寧な表現もあります。 先日はありがとうございました Thank you for coming yesterday. 「昨日は来てくれてありがとうございます。 」 という感じで、 何について感謝しているか、ということを表現します。 It was nice meeting you and thank you for speaking with me yesterday. 「昨日はお越し下さってありがとうございます。 」 (プレゼンなどで)ご清聴ありがとうございました Thank you for your attention. 「ご清聴ありがとうございました」 電話などでお礼を伝える場合 電話でもお礼を伝えたいシーンはありますよね。 顔が見れないからこそ、きちんと挨拶できるようにしておきましょう。 電話をいただきありがとうございます Thank you very much for calling. 「お電話いただきありがとうございます」 とおなじ解釈でOKです! 助けてもらった時に伝えたい言葉 何かを手伝ってくれた時、仕事を助けてもらったときは本当にありがたく感じるものですよね。 上手にお礼を伝えて感謝の気持ちを表現しましょう。 手伝ってくださりありがとうございます• Thank you for your help. Many thanks for your assistance in the meeting. 「会議で助けていただきありがとうございます。 」 こちらも、 具体的にどんなシーンで手伝っていただいたかを伝えるといいでしょう。 お気遣いありがとうございます• Thank you for being so considerate. I appreciate your concern. considerate(思いやりがある)、concern 心配する) などを使って表現されます。 ご協力ありがとうございます• Thank you for your cooporation. Thank you for your understanding and cooperation. 「ご理解とご協力ありがとうございます」 という表現もより丁寧で、気持ちが伝わりやすいですね。 ビジネスメールでのありがとう 日頃、メールを受け取ったり送ったりする機会が多いかたは、お礼の表現のバリエーションをいくつか覚えておくといいですね。 メールの返事へのお礼• We appreciate your e-mail. 「メールをいただきありがとうございます。 Thank you so much for your prompt response. 「すぐにお返事いただきましてありがとうございます」• I was so glad to hear from you. 「ご連絡いただけてとても嬉しいです。 」 など、 すぐにお返事をいただけて嬉しいです、という内容にするといいでしょう。 会議の後のお礼 Thank you for taking the time to come and visit us. 「私達との会話のために来てくれて本当にありがとう」 こちらは、 「来てくださってありがとう」 という気持ちがこもった表現です。 上司の指導に対するお礼• I am thankful to be a part of your team. 「あなたのチームの一員であることに感謝しています」• Thank you for providing us with such great working enviroment. 「このような素晴らしい仕事環境を作っていただき感謝しております。 Thank you very much for your support, guidance and encouragement. 「サポート、導きそして励ましていただきありがとうございます。 Thank you for the opportunities you provide, and for having faith in me. 「私に機会を与ていただきそして信頼していただいてありがとうございます。 」 具体的に どんな点に、どのように感謝しているかを述べると。 より不快感者の気持ちを表現することができます。 会食のお礼• Thank you for your invitation to the party. 「パーティーにお招きいただきありがとうございます。 It was very kind of you to invite me. 「ご招待いただき嬉しいです。 Thank you very much for the wonderful dinner last night. 「昨日は素晴らしいお食事へご招待いただきありがとうございます。 )」 お礼は早めにするように心がけましょう。 面接のお礼• Thank you very much for having me today. 「本日はお呼び頂き有難うございました。 It was my pleasure meeting with you. 「お会いできて光栄でした。 I look forward to talking with you soon. 「また近いうちにお会いできるのを楽しみにしています。 」 面接のお礼のメールも 早急に送るのが鉄則です。 また、面接後のお礼なら、いい印象を残せるように、しっかりと目を見てはっきりとアピールできるように練習しておくといいですね。 まとめ ビジネスのシーンで使えるありがとうの表現をまとめてみました。 様々ない言い方があるので、シーンにふさわしい表現で気持ちを伝えましょう。 すんなり言えたり表現できることで、ビジネスも好印象。

次の

英語でありがとう|丁寧やフランクな言い方とスラングや略語45選

ご返信ありがとうございます 英語

「早速のご対応」のメールでの使い方と例文 「早速のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早速」は、「 早速のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早速のご対応ありがとうございます」は、「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、 「〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早速のご対応を頂き」とも書かれることがありますが、 「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 「早速のご返信」もよく使う 「早速のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 自分が目上に対応するときは「早速ご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「早速ご対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の 「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早速ご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 「早速のご対応」の使用上の注意点 「早速の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早速の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早速のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早速のご対応いただき」は誤った日本語 「早速のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早速のご対応をいただき」または「 早速ご対応いただき」になります。 「早速[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早速のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早速のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早速のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早速のご対応」の類語・言い換え 迅速なご対応 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 「早速のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただいたのに後で今週中にお返事いたします」 「お忙しい中早速のご返信ありがとうございます」 「ご多忙の折、早速ご対応いただきありがとうございます大変助かりました」 「お忙しいところ早速が対応いただき誠にありがとうございます」 「早速のご返信ありがとうございます」 「早速のご返信誠にありがとうございます」 「お忙しいところ早速のご返信ありがとうございます」 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することができます。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早々のご対応 「早々(そうそう)のご対応」に使用されている「早々」は「ご対応を」修飾している副詞で、「 できるだけ早く物事を行なおうとする気持ち」を言い表す言葉です。 「早々」は「できるだけ早く」を意味しているので基本的に自分の行動、もしくは目下の人か同等に使う言葉とされていますが、 目上の相手がすでに完了した行為に対して感謝の意を述べるときは使用することができます。 例文 「突然のお願いにも関わらず、早々のご対応ありがとうございました」 「お忙しいところ早々のご対応誠に感謝申し上げます」 「この度は早々のご対応ありがとうございました。 送付していただきました資料は参考資料として使用させてもらいます」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「早急のご対応」は「 非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早速のご対応」の英語 「早速のご対応」は「prompt response」「quick reply」 「早速のご対応」は英語で「prompt response」「quick reply」などです。 「prompt」「quick」は「迅速な、素早い」という意味の形容詞です。 「ご対応」は「response」「reply」などとします。 動名詞を使い、「handling」などとしてもよいでしょう。 「fast」は「(一定して持続的に)速い」を意味するので不適 「quick」と「fast」を混同してしまう人がいますが、ニュアンスに違いがあるので注意です。 「quick」は「瞬間的に速い」という意味であるのに対し、「fast」は「一定して持続的に速い」という意味になります。 「早速のご対応」は、一度の速い対応に対して使うので「quick」が適当となります。 例文です。

次の