え なこ wiki。 ネコぱら

HKT48

え なこ wiki

お知らせ 【拡散希望】「新学期のクラス別講師陣情報を集めています」 wikiの編集が難しい場合はリンク先から時間割表を送付してください。 また当アカウントのDMに送って頂いても助かります。 生徒目線で実際に受講した立場から多くの感想・情報などをまとめたwikiです。 そのため誰でも編集ができるようになっております。 かならずをお読みください。 編集に際してはもお読みください。 書き込みに関しては様々なルールがあります。 一部ページは編集ロックされていますので、該当ページに情報追加したい際はwiki自治会に書き込む等してください。 一部を除く、編集に「権限を要する」ページはユーザー登録することで となり、誰でも編集が可能です。 管理人は書き込みを監視し、全てのログは保存されています。 しかし、見落とし等も発生することがあります。 万が一、不適切な書き込みを発見した場合はwiki自治会等を通じて管理人まで連絡を下さい。

次の

矢吹奈子

え なこ wiki

AKB48劇場 AKB48は、・()に専用のである「(エーケービーフォーティエイトシアター)」を持つ。 「会いに行ける」 をに日替わりのメンバーで、ほぼ毎日公演を行うことを特徴としている。 を通した遠い存在ではなく、がメンバーを身近な存在として感情移入し応援して、その成長過程を共有するスタイルがファンの支持を得ている。 「AKB 48」というグループ名から、メンバー数は48人であると誤解されることがあるが、正規メンバーと研究生を合わせて100人を超えるメンバーが在籍している(現在のメンバー数はを参照)。 2010年11月には正規メンバー48人、2013年3月には全メンバー88人でに認定された。 姉妹グループとして日本国内に・・・・が、日本国外に・・・・・・・がある。 さらににおいてのプロジェクトが進行中である。 AKB48に姉妹グループを含めた場合には「」・「48グループ」と総称されている。 「派生ユニットの略歴」については「」を参照 2005年12月8日、AKB48劇場で初公演を行い(初公演の一般入場者は7名)、2006年2月1日に「」でデビュー。 同年10月25日にシングル「」でから。 2007年にはいわゆる「アキバ枠 」で「」に出場するものの、当時は「秋葉原の向けアイドル」というイメージが強かったこともあり、世間の関心は薄かった。 2008年1月に地上波テレビ初の冠番組『』の放送が開始される。 レーベルを移籍して、同年10月に()から発売した10thシングル「」から徐々にCD売り上げが増え始める。 2009年には、14thシングル「」で初の1位を獲得すると、その後発表する曲で次々と1位を獲得し、マスメディアから「AKB現象」「国民的アイドル」と呼ばれるようになる。 2010年8月の17thシングル「」は、シングルの連続初動売上50万枚突破やオリコン登場週数120週、オリコン週間チャート48週連続1位など の記録を残している。 2011年には22ndシングル「」で、2012年には26thシングル「」でを受賞している。 またでも、2011年(2010年対象)から7年連続で「シングル・オブ・ザ・イヤー」(邦楽部門)を 、2012年から3年連続で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽部門)を受賞している。 CDシングル売り上げは、2011年10月に23rdシングル「」で1000万枚 、2013年3月に28thシングル「」(発売は2012年10月)で2000万枚 、2014年12月に38thシングル「」で3000万枚 、2015年12月8日に42ndシングル「」では3615万8000枚を超え、アーティスト別のCDシングルの総売り上げ日本一を記録し 、2016年9月に45thシングル「」で、オリコンが1968年より集計を開始して以来初めて4000万枚を突破した。 また、アルバムも含めたCD総売り上げは2014年3月に35thシングル「」で女性グループ初、ソロを含めた女性アーティストでは5組目となる3000万枚を突破した。 2005年のチームAのデビュー公演では、入場者72人のうち一般の観客は7人だった(65人が関係者)が、約2か月後の2月4日には初の満員(定員250名)を記録している。 同年4月にはチームKの初公演が行われ満員となるが、3日目には半減するなど、紆余曲折を経ることとなる。 2009年1月には、劇場公演の配信を開始している。 劇場公演で最も高い応募倍率は、2012年8月27日に行われた卒業公演の916倍となっている。 劇場外では、2006年11月にで初のコンサートを開催。 2007年3月 - 4月には東京・・・を巡る全国ツアーを開催。 2008年9月には中華人民共和国・で行われた文化交流行事のなかで、チームBが日本国外初のライブを行っている。 2009年6月 - 7月には、シングル選抜メンバーを決めるを実施、以降2019年を除き毎年開催している。 2012年からは、地上波でのテレビ中継が行われている。 翌2010年9月には、同じくシングル選抜メンバーを決めるを実施、以降このイベントも2019年を除き毎年開催しているが、第5回からはAKB48のシングル選抜を決めるものではなくなっている。 さらに2011年1月には、AKB48初のドキュンタリー映画『』が公開となった。 一方、同年3月の東日本大震災後に、チャリティー活動としてを開始している。 2008年のSKE48(名古屋・)を皮切りに、日本国内外に姉妹グループが結成されている(「」参照)。 2011年6月にはチーム4が、チームB 以来4年半ぶりの新チームとして発足した。 2014年4月にはチーム8が発足した。 他のチームと異なりのサポートを受け、メンバーは各都道府県別のオーディションにより、それぞれの代表という形式をとっている。 大規模コンサートについては、2011年7月にでAKB48グループで開催して以降、2012年3月には、同年8月には、2013年6月には横浜、2013年7月 - 8月には全国5大ドームツアーコンサートを開催している。 また2014年3月にはでAKB48単独コンサートを開催 、同年6月にはでAKB48グループコンサートを開催、同年8月には東京ドームで初のAKB48単独コンサートも行っている。 は、不定期で行われるオーディションで研究生として加入し、適時正規チームへの昇格人事が行われる一方で、不定期に卒業者も出るなど大人数グループであるため流動的である。 チームの体制は、2010年に初めて「組閣」と呼ばれるAKB48内で大規模なが行われて以降、2012年の2回目はAKB48と姉妹グループとの間で数名の兼任と海外移籍を含む再編、2014年の3回目は姉妹グループ全体での兼任・移籍とからの兼任を含む再編(「」参照)、2015年の4回目は姉妹グループの兼任解除を含む変更およびNGT48新設に伴う移籍・兼任、2017年の5回目は姉妹グループからの兼任の解除およびチーム8メンバー全員の兼任が行われている。 活動方針と特色 活動方針 AKB48は、「テレビやコンサート会場でしか会うことができない」という従来のアイドルの固定観念を根底から覆し、結成以来「会いにいけるアイドル」のコンセプトのもと、専用劇場(後述)での高頻度の公演・徹底したファンサービス(握手会・写真会等)でアイドルとファンとの距離を縮め、アイドルをより身近な存在にする取り組みを継続して行っている。 専用劇場で行われるコンサートは全て「公演」と銘打っており(「ライブ」「コンサート」と呼称されることはない)、2014年現在でもグループ活動の中心となっている。 公演は全てオリジナル曲で行われ、オリジナル曲の数は2013年11月22日時点で、AKB48単独で401曲、AKB48グループ全体では914曲となる。 一部の楽曲を除き、総合プロデューサーの秋元康が作詞を行っている。 秋元康は1回の公演につき1,000曲以上のを集め、何日もかけてそれを聴きながら使用する曲を選んでいる。 グループ名 「AKB48」は芸能人で戦略が成功した稀有な例。 グループ名「AKB48」の AKBは、ホームグラウンドが位置する 秋葉原(あきはばら、 AKIHA BARA)、または秋葉原の俗称の 秋葉(あきば、 AKI BA)に由来する。 当初募集告知をした際には、「秋葉原48プロジェクト」と銘打っており 、とのメンバー募集CMなどを始め、インディーズデビュー当時の各種メディアでは「Akihabara48」とされていたこともあるが、「AKB48」とだけ表記された簡素なロゴマークに自らがを拘束される形となり、後にグループ名も「AKB(エーケービー)48(フォーティーエイト)」に統一された。 グループのメンバーやマスメディアが、「AKB48」を省略して AKBと呼称・表記することもある。 なお、「AKB48」はの登録商標である。 48の由来は、秋元康いわく「『おニャン子』とか、何か単語が入ると、古くなるので、商品開発番号みたいな無機質なものにしたい」。 その名の通り正規メンバーが48人程度(メンバーの加入・脱退などの都合により多少の変動はある)で活動していた時期が長くあった。 戸賀崎智信は、結成当初の所属事務所であるの社長()の好きな数字が48(シバ、本人の名字である「芝」に由来する)であったため、50人程度のグループをつくるなら48人にしてくださいと言われたと述べている。 「AKB48」という名称の使用 「AKB48」という名称は、プロジェクトの拡大に伴いなどを含める場合もある。 「AKB48」は、主に以下の3つの意味で用いられる。 秋葉原を拠点に活動するAKB48のみを指し、姉妹グループと併記されて用いられる。 1に加えて、国内の姉妹グループであるSKE48、(SDN48)、NMB48、HKT48、NGT48、STU48やを含める。 2に加えて、日本国外の姉妹グループであるJKT48、BNK48、(SNH48)などを含める。 2および3の括りは、「」、「AKBグループ」、または「48グループ」と呼ばれている。 1の意味でのオリジナルグループ「AKB48」のシングルや派生ユニットに姉妹グループのメンバーが参加して活動している。 歴代の兼任・移籍経験者については「」を参照 AKB48には日本国内に5つ、日本国外に8つの姉妹グループがあり、AKB48グループの各グループ間には「兼任・移籍制度」がある。 兼任とは、所属元グループに在籍して活動しながら、兼任先グループのメンバーとしても活動することである。 したがって、会社の人事異動でいうとは異なる形態といえる。 一方で移籍とは、所属元グループの籍を離れ、移籍先グループに所属して活動することであり、会社の人事異動でいう関連会社への転籍に近い形態である。 AKB48グループ内での異動となる。 特殊な形態ではあるが、2014年には、AKB48グループと乃木坂46相互間の「」と称した兼任も(当時SKE48)と(当時乃木坂46)の2人を対象に行われた。 2015年に兼任が解除されている。 また組閣等により、兼任の解除や兼任先の変更のほか、兼任先グループにそのまま移籍となったメンバーもいる。 目標 メンバーには、特に初期に加入した者を中心に「AKB48は一つの通過点」という認識を持つ者が多い。 そのすべてが歌手を目指しているわけではなく、・など志望する職業は様々である。 一方で歌手や女優などへのステップではなく、(4期生・元メンバー)以降には「AKB48での活動」自体を明確に目標としている者も現れる。 AKB48としては、公式ブログの前タイトルが示していたように、東京ドームでのコンサート実現を目標に置いていたが、この目標は、2012年8月24日から8月26日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』で達成された。 発足当初は、メジャーデビューを目標にしていた。 目標達成により公式ブログも『〜1830mから〜』にタイトルが変更された。 所属事務所 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年11月) 結成当初はメンバー全員が「」に所属していたが、や露出展開の強化を図るために、また卒業後も継続して芸能活動ができるように、2007年に・・が「」にしたのをきっかけに一部メンバーが他のへ移籍することが発表された。 また、一部のメンバーを除いて、「office48」から「」に所属変更がなされた。 これ以降は、新たに研究生として加入したメンバーも、最初は「AKS」に所属するようになり、他の事務所からのオファーがあったメンバーが移籍するようになった。 なお、「office48」に残ったメンバーは移籍組として扱われている。 グループ自体が「AKS」に所属しているため、移籍組メンバーもAKB48としての公演や活動を行う場合は「AKS」の管轄となる。 2010年3月25日のコンサート『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』において、AKS所属で残っていた7期生までの全てのメンバーの芸能事務所への移籍打診がアナウンスされた。 2012年3月24日のコンサート『業務連絡。 頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ』最終日には、初日公演の時点ですでに正規メンバーとして活動していた9・10期生のメンバーの芸能事務所への移籍打診がアナウンスされた。 2020年1月20日、AKSは社名を「Vernalossom(ヴァーナロッサム)」に変更するとともにAKB48のマネジメント業務を行わず、運営会社として4月予定で設立する「株式会社AKB(仮)」に移行・独立させることを発表した。 同年4月1日、AKSは同日付で「」(ヴァーナロッサム)に社名を変更するとともに、新会社「株式会社DH」(ディーエイチ) にAKB48の事業を譲渡することを発表した。 AKB48劇場 AKB48の活動の始まりの地であるドン・キホーテ秋葉原店の8階にある専用劇場。 この「AKB48劇場」をホームグラウンドとして活動している。 また、同店5階にはDVDやグッズを販売する「」が併設されていたが、2015年12月に閉店している。 なお、2009年6月から10月まで()をセカンドフランチャイズとして、不定期で公演を行っていた。 2009年11月以降も公演を行う計画はあり、AKB48公式サイトにもシアターGロッソが案内されていたが、2011年10月のサイトリニューアルに伴い記述は消滅した。 詳細は「」を参照 ファンコミュニティ AKB48は専用劇場を設置して公演を行う方法でアイドルとファンの距離を縮めることに成功しているが、同時にファン同士の結びつけを強めることにもなった。 特に劇場前のロビーは見知らぬファン同士が知り合うきっかけとなる空間として機能している。 上でも、が台頭したことからそれらを利用して交流を深める動きが見られる。 運営側は、ファンの意見を積極的に取り入れている。 劇場が混雑していなかった頃はプロデューサーの秋元康が直接劇場でファンから意見を聞いていたこともあり、ヒットしてからもスタッフから間接的に伝えてもらっている。 特に初期段階は運営スタッフ側に芸能関係の経験が少なかったため、の販売・抽選や整列の具体的な方法などについてファンからアドバイスを受けていた。 がアシスタントプロデューサーをしていた頃は、彼がネットに強かったことから電子掲示板やに書き込まれた公演についてのファンの反応をまとめて秋元康に伝えていた。 また、公式ファンクラブ「柱の会」の運営を2006年8月22日より開始した。 しかし、1人複数口の会員登録が可能な会員登録制度や、これが起因となった公演チケットのでの転売などが問題となり、2011年9月30日をもって廃止した。 同年12月8日よりこれに代わる新たな公式ファンクラブ「二本柱の会」が発足することとなった。 握手会と購入特典 AKB48ではCD購入者を対象にした握手会を実施しており、ファンがメンバーと直接握手や会話ができる機会として「会いにいけるアイドル」のコンセプトを果たす役割を担っている。 2005年12月16日、機材故障により中止された劇場公演の代替として行われた握手イベントがきっかけとなり 、その後はCDのリリースに合わせて定期的に実施されるようになった。 AKB48の握手会には、「全国握手会」と「大握手会」の2種類がある。 「全国握手会」は、シングルCDのリリースに合わせて日本全国のエリア(北海道・東北・関東・中部・関西・中国・九州)単位で開催されている握手会である。 どのエリアでも事前予約なしに自由に参加でき、参加するにはシングルCD(初回限定盤)に封入されている「イベント参加券」が必要である。 全メンバーではなく一部のメンバー(20人程度)が参加し、1レーン1メンバーではなく複数のメンバーがいるレーンもある。 開催日ごとに使用できる「イベント参加券」のシングルタイトルが指定される。 当日はライブやイベントも行われる。 「大握手会」は、「基本的に」(一部、大阪市など)で実施されている握手会で 、CDのリリースごとに開催されている。 姉妹グループの劇場盤CDの握手会と同様に「個別握手会」とも呼ばれる。 参加するには、劇場盤CDに添付されている参加券が必要であり、リリース前に所定のウェブサイトから「日程」「メンバー」「時間帯」を指定して申し込み、劇場盤CDを抽選により予約購入する。 原則としてAKB48メンバーだけではなく国内のAKB48グループメンバー全員が参加して 、各メンバーが1人で1レーンずつを担当する。 メンバーによって割り当てられる時間の長さ(90分単位の部数)が異なる。 メンバーは私服での参加が原則となっている。 なお「大握手会」では、握手会だけではなく「写真会」と呼ばれる携帯電話の写真撮影機能を使ったメンバーとのツーショット写真撮影や「サイン会」が行われることもある。 またCDには「購入特典」として、「握手券」や「イベント参加券」だけではなく「選抜総選挙」や「リクエストアワーセットリストベスト100」などのファン参加型イベントの投票券が添付される場合がある。 また、多くの作品に「生写真」と呼ばれるランダム絵柄のメンバーの写真が添付されている。 一方で、同一タイトルのCDでType-A、Type-Bなど複数のバリエーションを設けたり、購入特典を添付したりする手法はAKB48特有のものではないが、姉妹グループを含めて日本の音楽セールス市場で影響力を持つことから俗に「AKB商法」とも呼ばれ、批判もなされている(後節の「」参照)。 衣装 「ギンガムチェック」MV撮影時の衣装 メンバーが着用する衣装のデザインは、結成当初のとから始まり、初期はシンプルなチェック柄のの制服をモチーフとした形が多かった。 2009年の『第1回AKB48選抜総選挙』の頃から、世間にもメンバーのキャラクターが浸透し始めて衣装も変化していく。 「」の衣装がAKB48のイメージを形成するものとなったこともあり(後述)、次のシングル「」においてメンバーの個性が世間に伝わるようにメンバー別に衣装をデザインするようになり、今日に続く制作工程が形成された。 衣装は、株式会社オサレカンパニー所属の茅野しのぶ (AKB48グループ衣装総責任者およびクリエイティブ・ディレクター)を中心とする専門の衣装スタッフが一手に担当している。 衣装デザインには各楽曲が持つコンセプトに基づいた統一性があるが、一着一着が各メンバーのキャラクター・イメージや体形に合わせて調整を加えているため、その総数は5万着を超える。 シングル曲のミュージック・ビデオ MV 衣装においては、完成した新曲の音源が秋元康のオーダーとともに茅野の元に届けられ、秋元の意向をつかめるまでデザイン画を描き、提出するという工程となっている。 秋元康が副学長を務めたの秋元ゼミ学生のデザインが、「」や「」などの衣装に採用されたこともある。 2017年3月25日には、シングル・劇場公演衣装のほか、コンサートや歌番組で着用した特別衣装など1,102着の衣装を掲載した『AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット〜あの頃、彼女がいたら〜』がより発売された。 「言い訳Maybe」の衣装に使用された赤チェック柄は、AKB48のイメージを定着させた衣装であり 、前田敦子のものまねで知られるお笑いタレントのが主に着用する衣装のモチーフとなっている。 AKB48グループの衣装を手がけてきたオサレカンパニーは、のコラボレーションによる学校制服ブランド『O. (オーシーエスディー)』を2016年に立ち上げた。 イメージモデルにはAKB48グループの若手メンバーが起用されており、2017年度に中学校・高等学校5校で採用されて以降 、採用校を増やしている。 岡島紳士・岡田康宏による書籍『グループアイドル進化論』での記述によれば、女性目線の歌詞から男性目線の歌詞への変遷には、ファン層自体の変化が関連しているという。 すなわち、従来の日本の女性アイドル文化におけるアイドルファンといえば「ファッションなどに興味の無い男性のアイドルオタク」といった印象になりがちであるが、AKB48では握手会や劇場公演などアイドルとファンが直接的に接触する機会が多いこともあって「アイドルからみられる」ことをファンも意識するようになり、見た目にも気をつかう若い男性ファンや女性ファンの割合も増えている。 それに呼応するように、擬似恋愛的な歌詞はあまり必要とされなくなり、青春観を疑似体験したり掛け声を通じてステージ上のアイドルと感情を共有できるような楽曲 が増えているのだという。 宇野常寛は、「私」をとした女性目線の歌詞から「僕」を一人称とした男性目線の歌詞への変遷について、アイドルがファンに対して「ここではない、どこか」への憧れを一方的に提示するという超越的アイドルではなく、ファンとアイドルが協力して「いま、ここ」を肯定して実り豊かなものに彩っていくことを志向する内在的アイドルというコンセプトがはっきりと歌詞が反映されはじめたということであると説明している。 さらに、男性目線の歌詞の曲と同様に後期になって増え始めた「自己言及的な歌詞」の曲については、AKB48自体が一種のといえるほどヒットしていったのに伴ってAKB48自身を歌うことがそのまま社会を歌うことにつながり、そしてそのことに対して作詞者である秋元康が自覚的であるがゆえだろうと述べている。 は、秋元康によるAKB48の楽曲の歌詞を「絶望荒野と化したJ-POP業界においてひときわ輝いている」と評価し 、「ヤンキー性」の要素が歌詞に織り込まれていることに注目している。 それによると、AKB48のメンバー自体に注目してもオタク受けする渡辺麻友とヤンキー受けする板野友美の両者が存在するというようにバランスがとられているが、秋元自身がオタク性とヤンキー性の両方を持った特異なタイプの人間であり、「マジスカロックンロール」「Beginner」など歌詞にはヤンキー特有の刹那主義・反知性主義的な価値観が掲げながらも、同時に自覚的にそういった振る舞いをしているという意識がみられるというバランスが絶妙なのであるという。 脚本家・作詞家のは、同じく秋元康が手がけたの楽曲では言葉遊びや内輪受けを狙った歌詞が多かったのに対し、AKB48の楽曲の歌詞は主観的・直球であると対比し、「自分がどうあるべきか」ということを鼓舞するシステムが内包された歌詞がAKB48のメンバー個人への教育になっていると評している。 日本の女性グループアイドル史におけるAKB48 AKB48の登場より前に、同じく秋元康が1人のスタッフとしてプロデュースに参加しデビューした日本の女性グループアイドルとして、に活動したおニャン子クラブがある。 おニャン子クラブの特徴である、「のをオーディションで選び、50名前後の大人数グループにする」「(・など)数名のメンバーを選んで派生ユニットとして売り出す」「メンバーと同世代ぐらいの若いファンを主なターゲットする」といった点はAKB48にも受け継がれている。 他方、おニャン子クラブは『』をはじめとするテレビ番組を活動の中心としたのに対してAKB48は専用劇場を持ち劇場公演を主な活動として立ち上げられたプロジェクトであるという点は異なり、おニャン子クラブは番組の視聴率の低下に伴ってデビューから2年ほどで解散したが 、AKB48は2005年の結成から15年目に入った2020年現在も活動を継続している。 また、おニャン子クラブはメンバーがオーディションを通過してデビューしていくさまをテレビで放送することによって「舞台裏」の様子を視聴者に公開してリアリティをアピールするという手法をとりながらも審査や放送内容を運営サイドがある程度コントロールすることが可能だったのに対して、AKB48では2009年後半頃までそれほど積極的にはテレビ番組に出演しておらず、「会いに行けるアイドル」というコンセプトの通りテレビ番組という中間項をも排除してファンとアイドルの間の距離を極限まで縮めたといえる。 おニャン子クラブの解散後、決定的な人気を得る女性アイドルがなかなか登場しないアイドル冬の時代や1997年(メジャーデビューは翌1998年)から現在まで活動を継続しているなどのヒットを経て、地下アイドル文化を背景にその手法を導入する形で2005年にAKB48が結成される。 AKB48の初期のファンにはモーニング娘。 (あるいはそれを含む)のファンが流入したとみられるという意味で、AKB48が人気を得られた理由としてモーニング娘。 が10年以上も解散せずに活動を持続していることがあるという見方もある。 2009年頃にAKB48が爆発的にヒットしたのに少し遅れて、日本ではやをはじめとするのガールズユニットが人気を得ている。 AKB48が「成長する過程をファンに見せる」ことをコンセプトの1つとしているのに対し 、K-POPの女性アイドルユニットの多くはデビューまでの間に数年単位の練習期間を設定しており、初舞台の段階から完成度の高いパフォーマンスを見せられるようになっているという点が異なる。 秋元康自身は、K-POP勢のガールズユニットが常に一定のクオリティを保ち続けられることをプロとして評価できるとしつつ、対照的にAKB48の魅力はどのタイミングでも同じAKB48は存在しないことであると述べている。 コラムニストのは、「アイドルは時代の反映ではなく、時代の先取りである」との持論がAKB48にも適用できるとしている。 すなわち、・・がそれぞれ「戦後の」「経済の低成長時代」「」を先取りしたのと同様に、AKB48は従来的なモデルでは経済復興が困難な日本でいかに楽しむか、というテーマを先取りしていたのだという。 詳細は「」を参照 じゃんけん大会 選抜総選挙に続いて2010年から毎年開催されているメンバー選抜イベントであるが、2019年は開催されなかった。 勝敗が確率的に平等であり、偶然性によって決まるの結果のみで選抜メンバーを決定する。 選抜総選挙は、メンバーに対するファンの支持によって順位や票数が決まる人気投票であるために、マスメディアに露出する機会の多い人気メンバーが有利になるという欠点がある。 選抜じゃんけん大会は、人気や知名度が低いメンバーにも平等にチャンスを与えるために考案された。 AKB48の正規メンバーと予備戦を勝ち抜いた研究生が本戦に参加できる。 第2回から日本国内の姉妹グループのメンバーにも出場権が与えられた。 勝負は1回勝負ので行われる。 第1回から第4回までは上位16人を決定し、総選挙同様1位になったメンバーがセンターポジションを務めるAKB48のシングル曲の選抜メンバーとなった。 第5回は優勝者のソロデビューに変更される など回を追うごとに優勝を含む上位入賞メンバーへの処遇は変わっている。 AKB48オフィシャルショップ台湾 (台北市・中山地下街) 2007年9月22日には初の日本国外での公演として、チームBが北京の中国芸術研究院で開催された「日中文化人懇談会2007」に参加。 2009年には・・で、2010年には・・・・など、2012年にはなどでライブを行った。 2011年5月15日より、シンガポールで日本国外で初の定期公演を開始。 メンバーが書き込んだ記事は、・・・・に翻訳されて配信される。 オフィシャルショップ• 香港 (2010年10月24日 - 2014年9月9日、2014年10月6日 - )• シンガポール(2011年5月14日 - 2012年12月)• 台湾(2011年7月23日 - )• 中華人民共和国・上海(2011年11月22日 - ) アジアで受け入れられたAKB48のビジネスモデル 30年間にわたって多国籍企業のグローバル戦略を研究してきた教授のフアン・アルカーセルは、AKB48のグローバル展開を教材にした"AKB48:Going Global? "を書き、この教材はプログラムの「国際競争戦略」という授業で使われている。 運営会社AKSがと組んで方式で日本国外に進出するフォーマットを輸出し、現地でアイドルグループをつくるというAKB48のがアジアで受け入れられた。 姉妹プロジェクト 2008年に・を拠点とする が、2009年にAKB48劇場を本拠地とする第二のグループとして20歳以上のメンバーのみを集めた が、2010年に・を拠点とする が、2011年に・を拠点とする が、2015年にを拠点とする が、2017年に7県(・・・・・・)を拠点とした が、それぞれ結成された。 また日本国外でも、2011年に・に が、2012年に・に が 、2017年に・に が 結成された。 さらに2018年には、・の 、・の 、中華人民共和国・上海の 、・の が 結成された。 2017年12月27日に・を拠点とする が2018年に誕生することが発表されたが 、プロジェクトは中止となった。 2018年7月30日には「TPE48」のライセンス契約解消が発表され、同年8月26日に として再始動した。 2019年6月19日には、インドでのあるインド北部を拠点とする とムンバイを拠点とする の2グループを同時に立ち上げるプロジェクトが発表された。 2019年10月26日には、同年6月に発表されていたタイで2グループ目となるを拠点とする が結成された。 同年12月にはDEL48が結成された。 「AKB48グループの推移」のタイムラインについては「」を参照 派生ユニット・ソロなど AKB48の所属メンバー数人で結成された派生ユニットがある。 テレビ番組の企画や企業とのやなどで結成された期間限定のものと、特定の企画に拘らず活動するものがある。 最初のユニットは、2006年11月にテレビ番組の企画で結成されたで、シングルも発売している。 また、特定の企画に拘らず活動するユニットは、2007年4月に結成された(活動休止)を皮切りに、、(2014年2月9日解散)、(2015年11月5日解散)、(大島優子卒業に伴い活動休止)、(2014年解散)が結成されており、それぞれシングルやアルバムを発売している。 所属メンバーなどの詳細については「」を参照 慈善活動 ()の被災者支援を目的としてファンに対して義援金拠出を呼びかけたり、・を企画するなどといった活動が実行・企画されている。 また、このような義援金プロジェクトが広く社会に支持されているとして、2011年5月からの活動を広く周知する「赤十字オフィシャルメッセンジャー」に起用された。 東日本大震災後の2011年5月より被災者支援のため(2015年までは毎月1回の割合で)、各地の被災地において無料のミニライブと握手会を行っている。 ただし、被災地外からファンが集まってしまうことを防ぐため直前まで告知をしておらず、観覧できるのは会場周辺の被災者に限定している。 姉妹グループも含めたメンバーの中から毎回6人程度が交代で参加している。 詳細は「」を参照 2012年から、の肝炎総合対策推進国民運動事業「知って、肝炎プロジェクト」のスペシャルサポーターを務めている。 2016年には、がプロジェクトのオリジナルテーマソング「」に歌唱メンバーとして参加した。 また、メンバーがイベントである年次ミーティングに出席するほか、厚生労働省が推進する当プロジェクトの啓蒙活動にも参加している。 下記は、活動事例である。 知って、肝炎プロジェクトミーティング2016(2016年7月26日) - 木﨑・• 集中広報県「佐賀県」活動(2016年9月4日、弘学館中学校・高等学校) - ・木﨑・• 集中広報県「愛媛県」活動(2017年11月16日、) - 大家・・川本• 知って、肝炎プロジェクトミーティング2018(2018年7月24日) - ・• 知って、肝炎プロジェクトミーティング2019(2019年8月1日) - ・ OUC48プロジェクト OUC48プロジェクト(オーユーシーフォーティーエイトプロジェクト) は、2019年12月に発生したにより、2020年4月7日に日本国内で出されたを受けて、「おうち」( OUCHI)から日本を元気にすることを目的にメンバーが主体となって2020年4月15日に発足したプロジェクト。 プロジェクトの第一弾として、メンバーがそれぞれの「おうち」(自宅)で撮影して合成した「」(おうちver. )をのAKB48公式チャンネルで公開した。 4月16日には、を使用して「OUC48おうち公演」の生配信を開始した。 またチーム8が「集まれエイトちゃん!G8首脳かいぎっ」と題し、チームメンバーの中から8人をテーマに沿って選び、テレビ会議でトークする配信を行っている。 5月7日には、YouTubeのAKB48公式チャンネルでメンバーが講師となってAKB48の楽曲の振り付けを教える「振りコピ Sounds good! OUC48 サビ振付講座」を開始した。 チーム 編組略史 AKB48の正規メンバーは、原則「チームA」「チームK」「チームB」「チーム4」「チーム8」の5つのチームのうち、どれか一つに所属することになっている。 AKB48劇場でのは、原則としてチーム単位で行われている。 この他に正規メンバーではない「研究生」と呼ばれるメンバーがいる。 研究生は、や正規メンバーのアンダーとして公演に出演する。 日によっては研究生が出演者の大半を占める場合がある。 チーム分け 各チームへの所属は、結成時からチームB発足までは、下記のとおり加入した時期ごとに決められた。 チームA:2005年12月8日結成 - オープニングメンバーオーディション合格者(オリジナルメンバー)( 1期) 篠田麻里子は追加加入のため「1. 5期」とされるが、一部メディアでは「1期」と記載される場合がある。 チームK:2006年4月1日結成 - 第2期追加メンバーオーディション合格者( 2期) チームB:2007年4月7日結成 - 第3期追加メンバーオーディション合格者( 3期)とチームAからの異動者3名 これ以降のオーディションでは、合格者はすべて研究生に所属し、その中から適宜正規メンバーへと昇格してA・K・Bの各チームに所属するようになる。 2009年8月の日本武道館公演(『AKB104選抜メンバー組閣祭り』)で「新内閣の発足」が発表され、チームA・K・Bのメンバーの組み替えと一部メンバーのSDN48への完全移籍、研究生の大量昇格が行われることになる。 当初2009年10月から実施の予定だったが、度々延期され、2010年になってチームKが3月12日から、チームBが5月21日から、チームAが7月27日からというように約半年かけて段階的に実施したため、移行期間中は新旧両チームの公演に出演する者や逆に長期間公演に出演できなかった者もいた [ ]。 新公演体制とチーム4結成 2009年頃からAKB48のメディア露出増加に伴い、正規メンバーの公演が少なくなり、研究生のみで行われる公演の比率が増える。 また数少なくなっていた正規メンバーの公演日でも、人気メンバーは休演(欠席)することが多くなっていた。 その対策として正規メンバーを従来の48人から増員して、公演に出られるメンバーと控えメンバーをその都度入れ替える計画案が浮上する。 その準備段階として2010年12月8日に8名、2011年2月12日に1名がそれぞれ研究生から正規メンバーに昇格することが発表される。 しかし計画自体が進まなかったことや所属チームについて同時に発表されなかったことから、所属チーム決定までの間、暫定的に正規メンバーながら各チームのアンダー(不足・休演時の補充メンバー)として出演する、またはチーム研究生公演を中心に出演するという状態であった。 その後計画は変更され、2011年4月8日の公演から演目自体は変わらないものの、各演目名からチーム名を外し、従来のチームごとではなく出演できる者を研究生も含めてその都度組み替えることで、SDN48も含めた4つの公演をバランスよく実施することとなる(従来のチーム公演・研究生公演という形でのスケジュール発表はなくなる)。 それまでは休演者の発表をしていたが、以後は研究生の名前も含めて出演者を発表することになり、16人のうち研究生が過半数だった場合は観覧料金を一律1,000円値下げする割引公演とした。 ただしチームの冠は取り払われたものの完全なアットランダムではなく、各演目における従来の主体チームと研究生の合同チームのような形態で実施される。 同年6月6日には前述の所属未定メンバーによるチーム4の結成が発表される。 2011年10月10日からはが開始されたが、2012年3月31日をもってSDN48のメンバーが全員卒業したため、4チームによる4公演体制となる。 また将来的にチーム8を結成する予定であることが明言される。 2012年3月24日にSKE48・とNMB48・のAKB48との初のグループ間でのチーム兼任が開始される。 2012年8月24日に行われた東京ドーム公演『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』の初日において、チーム4をなくしてチームA・チームK・チームBの3チーム体制へと再編すること、国内姉妹グループとの間で数名ずつの兼任を行うこと、そして初の海外姉妹グループへの移籍を行うことが発表される。 このチーム体制では各チーム16人制が廃止されたが、公演に出演するメンバーは毎回16名の選抜制となり、研究生による欠員補充も行われなくなる。 2012年10月7日にで開催された「『』全国握手会イベント AKB48祭り powered by ネ申テレビ」において、4チーム体制での各公演の千秋楽と新チーム公演が発表される。 また2012年10月21日に公式ブログで新チーム公演初日の日程が発表される。 2012年11月1日から新チーム体制での公演が開始されたが、公演形態は演目ごとからチームごとの公演に戻り、新チーム体制前から研究生公演としても行われていた「僕の太陽」公演が、完全に研究生公演としての位置づけとなる。 また研究生の正規メンバー公演出演も、各チームとも所属メンバーが22人(新体制開始時点)となったことから、新体制発足当初はアンダー出演がなくなり、一部チーム公演で楽曲のバックダンサーとしての出演のみとなったが、2013年5月5日にアンダー出演の復活が発表される。 公式チーム呼称の発表 2009年の「組閣祭り」以後、チームを時期によって区別する必要があるときには旧チーム・新チームと呼んで区別していた。 再度の組閣により新旧のみでは区別できなくなっていたが、2012年11月19日にチームキャプテン制を採用して以後のチームA・チームK・チームBについて、それぞれの公式チーム呼称が発表される(下表参照)。 2010年までのチームの呼称は、2012年11月19日の発表では触れられていないが、公式出版物・メディアでは「初代チームA」「初代チームK」「初代チームB」と記述されたり 、メンバーも「初代チームB」と呼んだりして 、チーム名に「初代」を冠している。 チーム4再結成 2013年8月24日に行われた東京ドーム公演『AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜』3日目に、前年の『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』1日目にチームA昇格が発表されたを除く研究生13期生9名と14期生全員および研究生に降格していた1期生のら16人の昇格が発表され、その所属先としてチーム4が再結成され、キャプテンに峯岸が就任する。 ドラフト会議の開催・ペナントレースの実施 2013年11月10日には、オーディションの新たな形態としてAKB48グループ合同で『』が開催される。 ドラフト会議前日に2014年1月からAKB48グループの各チームでペナントレースを実施することが発表される。 実際には2014年4月22日からのスタートとなり、10月31日まで行う予定であったが、9月23日で中止となる。 2014年2月24日にZepp DiverCity TOKYOで行われた『AKB48グループ 大組閣祭り 〜時代は変わる。 だけど、僕らは前しか向かねえ! 〜』において、国内48グループを中心とした新体制が発表される。 副キャプテン制度が導入され、各グループ数名の移籍・兼任者が発生したほか、AKB48グループを越えた初の兼任としてのがAKB48と兼任することが発表される。 チーム8発足 2014年1月のAKB48リクエストアワーで発表されたチーム8は、4月3日に結成、5月に活動を開始している。 これまでのAKB48とは異なる地域密着の「会いに行くアイドル」をテーマとして掲げ、の全面サポートを受けて活動する。 AKB48グループ内で唯一チーム単独の公式サイトがある。 2015年3月26日にで行われた『AKB48春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中! 〜』において、姉妹グループを含めた兼任の大量解消、チームキャプテン・副キャプテンの交代と大幅なメンバーのチーム間異動などが発表される。 2015年5月10日に開催されたは、この人事異動で発表された新チーム体制で指名が行われた。 また、2015年6月6日に開票イベントが行われた『』もこの新体制によって実施された。 2015年8月1日にさいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48真夏の単独コンサート in さいたまスーパーアリーナ〜川栄さんのことが好きでした〜』において、現チーム体制で行われている劇場公演の千秋楽と春の人事異動で発表された新チーム体制での劇場公演初日の日程が発表される。 2017年12月8日にAKB48劇場で行われた「12周年記念特別公演」において、新チーム体制(キャプテン・メンバー)が発表され、16期研究生から9名が正規メンバーに昇格(他のメンバーはチーム所属の研究生)、姉妹グループからの兼任メンバーは全て兼任解除、チーム8メンバーは他のチームとの兼任となる。 2018年1月21日実施の『』にはチーム8を除く各チームが新チーム体制で参加した。 2018年4月1日にさいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48単独コンサート〜ジャーバージャって何? 〜』において新チーム体制でパフォーマンスが行われ、翌日の4月2日にAKB48公式サイトのメンバーページも新チーム体制に更新された。 5月15日から5月28日にかけて旧チームの千秋楽公演が行われ、新チームの初日公演は6月6日から順次開始されている。 上記の 公式チーム呼称の発表および 正規チーム体制の推移表に関連して、各チームのキャプテン・副キャプテンの在任期間については、「」を参照。 「」も参照 チームAキャプテン• (2010年7月27日 - 2012年10月31日)• (2012年11月1日 - 2013年7月22日)• (2013年7月23日 - 2014年4月23日)• 高橋みなみ(2014年4月24日 - 2015年8月31日)• 横山由依(2015年9月1日 - 2018年5月16日)• (2018年4月 - ) チームKキャプテン• (2010年3月12日 - 2012年10月31日)• (2012年11月1日 - 2014年4月23日)• 横山由依(2014年4月24日 - 2015年8月31日)• (2015年9月1日 - 2018年5月15日)• (2018年4月 - ) チームBキャプテン• (2010年5月21日 - 2012年10月31日)• (2012年11月1日 - 2014年4月23日)• (2014年4月24日 - 2015年8月17日)• (2015年9月1日 - 2017年9月30日)• (2018年4月 - 2019年5月6日)• (2019年5月7日 - ) チーム4キャプテン• (2011年7月23日 - 9月2日、2012年1月4日 - 10月31日)• (2011年10月10日 - 2012年1月4日、キャプテン代行)• 峯岸みなみ(2013年8月24日 - 2015年8月31日)• 2013年8月24日 - 2014年4月23日• 2014年4月24日 - 2015年8月31日(春の人事異動体制)• 高橋朱里(2015年9月1日 - 2018年5月18日)• (2018年4月 - ) チームA副キャプテン• (2014年4月24日 - 2017年3月30日)• 2014年4月24日 - 2015年8月31日(大組閣体制)• 2015年9月1日 - 2017年3月30日(春の人事異動体制) チームK副キャプテン• (2014年4月24日 - 2015年8月26日)• 島田晴香(2015年9月1日 - 2017年11月13日) チームB副キャプテン• (2014年4月24日 - 2015年8月31日)• (2015年9月1日 - 2017年6月8日) チーム4副キャプテン• 木﨑ゆりあ(2014年4月24日 - 2015年8月31日)• ドラフト2期 DH 2017年 09月27日 第2回ドラフト会議 チーム4 1位指名 元チーム4('14峯岸・高橋朱里)研究生 元チーム4(高橋朱里) - 西川怜 にしかわ れい 2003-10-25 (16歳) 16. ドラフト2期 DH 2017年 09月27日 第2回ドラフト会議 チームB 3位指名 元チームB(倉持・木﨑)研究生 アモレカリーナの元メンバー 元グッドチョイスエンタテインメント所属 姉は() - チーム8からの兼任メンバー• 歌田初夏、大西桃香、行天優莉奈、坂口渚沙、高岡薫、髙橋彩音、髙橋彩香、永野芹佳、濵咲友菜、平野ひかる、宮里莉羅 詳細は「」を参照 エリア 都道府県 兼任チーム 名前 よみ 生年月日 加入日 所属事務所 備考 総選挙 最高 順位 01北海道 東北 01北海道 04チーム4 さかぐち なぎさ 2000-12-23 (19歳) - DH 元チームB(木﨑)兼任 047位 02青森県 02チームK 横山結衣 よこやま ゆい 2001-02-22 (19歳) - DH - 03秋田県 - 布谷梨琉 ぬのや りる 2003-02-14 (17歳) 2019年10月13日 DH - 04岩手県 - 井上美優 いのうえ みゆう 2001-09-19 (18歳) 2019年10月13日 DH - 05山形県 - 御供茉白 みとも ましろ 2005-11-25 (14歳) 2018年 08月 08日 DH - 06宮城県 03チームB 佐藤朱 さとう あかり 1996-11-09 (23歳) - DH 118位 07福島県 - 長谷川百々花 はせがわ ももか 2006-12-14 (13歳) 2019年10月13日 DH AKB48最年少 - 02関東 08茨城県 01チームA おかべ りん 1996-11-07 (23歳) - DH チームAキャプテン 058位 09栃木県 - ほんだ ひとみ 2001-10-06 (18歳) - 専任活動中 元チームB(高橋朱里)兼任 082位 10群馬県 03チームB 清水麻璃亜 しみず まりあ 1997-09-29 (22歳) - DH - 11埼玉県 04チーム4 髙橋彩音 たかはし あやね 1997-12-30 (22歳) - DH - 12千葉県 03チームB 吉川七瀬 よしかわ ななせ 1998-07-21 (21歳) - DH - 13東京都 01チームA おぐり ゆい 2001-12-26 (18歳) - DH 025位 14神奈川県 02チームK おだ えりな 1997-04-25 (23歳) - DH 060位 15新潟県 - 塩原香凜 しおばら かりん 2005-03-27 (15歳) 2019年10月14日 DH - 16山梨県 02チームK 左伴彩佳 ひだりとも あやか 1998-07-29 (21歳) - DH - 03中部 17愛知県 04チーム4 歌田初夏 うただ はつか 2002-07-08 (17歳) 2016年 06月25日 DH - 18静岡県 - 鈴木優香 すずき ゆうか 2000-08-15 (19歳) 2019年10月14日 DH - 19岐阜県 03チームB 服部有菜 はっとり ゆうな 2001-03-30 (19歳) 2014年 07月27日 DH - 20三重県 - 松村美紅 まつむら みく 2004-02-07 (16歳) 2019年10月14日 DH - 21富山県 02チームK 橋本陽菜 はしもと はるな 2000-05-25 (20歳) - DH 109位 22石川県 04チーム4 平野ひかる ひらの ひかる 2003-01-29 (17歳) 2016年12月 09日 DH - 23福井県 - 坂川陽香 さかがわ ひゆか 2006-10-07 (13歳) 2019年12月28日 DH - 24長野県 04チーム4 髙橋彩香 たかはし さやか 2001-11-22 (18歳) 2016年12月 09日 DH - 04関西 25大阪府 04チーム4 永野芹佳 ながの せりか 2001-03-27 (19歳) - DH 067位 26京都府 現在、代表メンバーがいない 27兵庫県 - 福留光帆 ふくとめ みつほ 2003-10-22 (16歳) 2019年10月 06日 DH - 28和歌山県 03チームB 山本瑠香 やまもと るか 2000-10-10 (19歳) - DH 2020年6月末卒業予定 - 29奈良県 04チーム4 おおにし ももか 1997-09-20 (22歳) - DH 038位 30滋賀県 04チーム4 濵咲友菜 はま さゆな 2001-08-20 (18歳) - DH - 05中国 四国 31鳥取県 - 徳永羚海 とくなが れみ 2006-10-01 (13歳) 2019年10月 06日 DH - 32島根県 03チームB 奥原妃奈子 おくはら ひなこ 2003-11-18 (16歳) 2017年11月19日 DH - 33岡山県 - 蒲地志奈 かまち ゆきな 2000-01-22 (20歳) 2019年10月 06日 DH - 34広島県 01チームA 奥本陽菜 おくもと ひなの 2003-10-09 (16歳) 2017年 09月 02日 DH - 35山口県 01チームA したお みう 2001-04-03 (19歳) - DH - 36徳島県 02チームK 春本ゆき はるもと ゆき 1999-12-24 (20歳) 2017年 09月10日 DH - 37香川県 04チーム4 行天優莉奈 ぎょうてん ゆりな 1999-03-14 (21歳) - DH - 38愛媛県 04チーム4 高岡薫 たかおか かおる 2000-11-29 (19歳) - DH - 39高知県 - 立仙愛理 りっせん あいり 1999-03-18 (21歳) 2018年 04月29日 DH 妹は立仙百佳(STU48) - 06九州 40福岡県 01チームA 吉田華恋 よしだ かれん 2002-08-27 (17歳) 2015年 04月 03日 DH - 41佐賀県 03チームB 川原美咲 かわはら みさき 2002-04-03 (18歳) 2017年 08月 08日 DH - 42長崎県 - 尾上美月 おのうえ みづき 2000-05-22 (20歳) 2019年11月 09日 DH - 43熊本県 02チームK くらのお なるみ 2000-11-08 (19歳) - DH 030位 44大分県 02チームK 山田杏華 やまだ きょうか 2002-11-03 (17歳) 2017年 03月20日 DH - 45宮崎県 - 上見天乃 うえみ そらの 2001-07-15 (18歳) 2019年10月14日 DH - 46鹿児島県 - 藤園麗 ふじぞの れい 2005-01-18 (15歳) 2018年10月20日 DH - 47沖縄県 04チーム4 宮里莉羅 みやざと りら 2002-03-30 (18歳) - DH - 研究生 所属チーム 名前 よみ 生年月日 加入期 所属事務所 備考 総選挙 最高 順位 古川夏凪 ふるかわ なづな 2003-08-21 (16歳) ドラフト3期 DH 第3回ドラフト会議 チームA 3位指名 - 本田そら ほんだ そら 1999-02-26 (21歳) ドラフト3期 DH 第3回ドラフト会議 チームA 2位指名 - 末永祐月 すえなが ゆづき 2005-11-03 (14歳) ドラフト3期 DH 第3回ドラフト会議 チームK 2位指名 - 永野恵 ながの めぐみ 2004-03-22 (16歳) ドラフト3期 DH 第3回ドラフト会議 チームK 6位指名 - 本間麻衣 ほんま まい 2002-09-06 (17歳) 16期 DH - 石綿星南 いしわた せな 2002-02-22 (18歳) ドラフト3期 DH 第3回ドラフト会議 チーム4 1位指名 - 蔵本美結 くらもと みゆう 2001-05-21 (19歳) ドラフト3期 DH 第3回ドラフト会議 チーム4 4位指名 - 吉橋柚花 よしはし ゆずか 1999-12-29 (20歳) ドラフト3期 DH 第3回ドラフト会議 チーム4 2位指名 - 元メンバー 元正規メンバー 名前 よみ 生年月日 加入期 最終在籍日 最終 所属 チーム 現所属事務所 備考 総選挙 最高 順位 うさみ ゆき 1984-12-06 (35歳) 1期 2006年3月31日 A うえむら あやこ 1986-02-07 (34歳) 2期 2006年6月17日 K 脱退 おりい あゆみ 1985-07-20 (34歳) 1期 2007年1月25日 A 高田彩奈 たかだ あやな 1988-07-21 (31歳) 2期 2007年6月22日 K - 妹は高田志織(元SKE48) 今井優 いまい ゆう 1985-04-17 (35歳) 2期 K - 旧芸名:優(卒業後) 元所属 ほしの みちる 1985-11-19 (34歳) 1期 2007年6月26日 A - 旧芸名:Michiru(卒業後) わたなべ しほ 1987-10-25 (32歳) 1期 2007年10月2日 B - 元チームA(初代途中) 現芸名:渡辺志穂 ますやま かやの 1994-02-10 (26歳) 1期 2007年11月30日 A 現芸名:加弥乃 井上奈瑠 いのうえ なる 1991-12-18 (28歳) 3期 2008年9月29日 B - おおえ ともみ 1989-06-15 (30歳) 1期 2008年11月23日 A - 旧芸名:夢朝千代(卒業後) こまたに ひとみ 1988-12-16 (31歳) 1期 A 後にSDN48加入 とじま はな 1988-07-11 (31歳) 1期 A 後にSDN48加入 なかにし りな 1988-06-26 (31歳) 1期 A - なりた りさ 1991-03-01 (29歳) 1期 A - 野口玲菜 のぐち れいな 1993-04-15 (27歳) 3期 2009年2月1日 B - 松岡由紀 まつおか ゆき 1987-10-07 (32歳) 3期 B - 元所属 かわさき のぞみ 1987-08-23 (32歳) 1期 2009年2月27日 A ワタナベエンターテインメント 早乙女美樹 さおとめ みき 1991-06-22 (28歳) 3期 2009年4月18日 研 - 元チームB(初代) 2009年1月25日降格 おおしま まい 1987-09-11 (32歳) 1期 2009年4月26日 A ホリプロ はやの かおる 1992-12-12 (27歳) 2期 K - 旧芸名:早乃香織(卒業後) なるせ りさ 1993-08-13 (26歳) 4期 2009年5月24日 K - さえき みか 1989-10-29 (30歳) 4期 2009年8月23日 B - 元 バイトAKB契約満了後、AKS社員となる - おおほり めぐみ 1983-08-25 (36歳) 2期 2010年2月21日 K ホリプロ SDN48へ移籍(1期生) 旧芸名:松嶋めぐみ・大堀めしべ 24位 のろ かよ 1983-10-28 (36歳) 2期 K 太田プロダクション SDN48へ移籍 旧芸名:朝倉佳代 - うらの かずみ 1985-10-23 (34歳) 1期 2010年4月16日 B HIR 元チームA(初代途中) SDN48へ移籍 別名:CinDy 17位 こはら はるか 1988-04-12 (32歳) 5期 B Officeきゅるるん SDN48へ移籍 - さとう ゆかり 1988-11-22 (31歳) 1期 2010年5月27日 A - SDN48へ移籍 15位 おの えれな 1993-11-26 (26歳) 2期 2010年9月27日 K - 元チームK(初代・秋元) 11位 おく まなみ 1995-11-22 (24歳) 2期 2011年6月19日 B - 元チームK(初代) 元チームB(柏木) - もり あんな 1994-03-21 (26歳) 9期 2011年9月2日 4 - 旧芸名:森あんな(辞退後) - ひらじま なつみ 1992-05-28 (28歳) 1期 2012年2月5日 B 元チームA(初代途中) 元チームB(柏木) 26位 よねざわ るみ 1991-06-06 (29歳) 3期 K - 元チームB(初代) 元チームK(秋元) 22位 さしはら りの 1992-11-21 (27歳) 5期 2012年6月16日 A 太田プロダクション 元チームB(初代) 元チームA('10高橋) HKT48へ移籍 4位 まえだ あつこ 1991-07-10 (28歳) 1期 2012年8月27日 A 太田プロダクション 元チームA(初代・'10高橋) 1位 みつむね かおる 1993-04-26 (27歳) 13期 2012年10月24日 フレイヴ エンターテインメント 2012年8月24日に昇格発表 - おおた あいか 1994-12-08 (25歳) 3期 2012年10月31日 A プロダクション尾木 元チームB(初代) 元チームA('10高橋) HKT48へ移籍 20位 なかがわ はるか 1992-02-10 (28歳) 3期 A 元チームB(初代) 元チームA('10高橋) JKT48へ移籍 20位 さとう なつき 1990-07-01 (29歳) 2期 2012年11月30日 A - 元チームK(初代) 元チームB(柏木) 元チームA(篠田) - ますだ ゆか 1991-08-03 (28歳) 2期 2012年12月17日 K フレイヴ エンターテインメント 元チームB(柏木) 元チームK(初代・大島) 20位 なかや さやか 1991-10-15 (28歳) 3期 2013年3月6日 K - 元チームB(初代) 元チームA('10高橋) 元チームK(大島) 36位 にとう もえの 1992-07-22 (27歳) 5期 2013年4月28日 A - 元チームB(初代) 元チームK(秋元) 元チームA(篠田) 29位 いしだ あんな 1996-05-27 (24歳) - B ホリプロ 2012年11月1日から兼任解除までSKE48チームKII兼任 元チームB(梅田)兼任 - かさい ともみ 1991-11-16 (28歳) 2期 2013年5月3日 A ホリプロ 元チームK(初代) 元チームB(柏木) 元チームA(篠田) 10位 みやざわ さえ 1990-08-13 (29歳) 2期 2013年6月24日 K ホリプロ 元チームK(初代・秋元・大島) 2012年11月1日にSNH48へ移籍 2013年4月28日から兼任解除までSNH48兼任 2014年4月24日付でSKE48チームS兼任 9位 まつばら なつみ 1990-06-19 (29歳) 2期 2013年7月7日 K 元チームA('10高橋) 元チームK(初代・大島) 30位 なかつか ともみ 1993-06-18 (26歳) 5期 A De-LIGHT 元チームB(初代) 元チームK(秋元) 元チームA(篠田) - こもり みか 1994-07-19 (25歳) 7期 B - 元チームB(柏木・梅田) 30位 しのだ まりこ 1986-03-11 (34歳) 1. して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年12月) 名前 よみ 生年月日 加入期 最終在籍日 現所属事務所 備考 総選挙 最高 順位 磯怜奈 いそ れいな 1992-08-10 (27歳) 3期 2006年12月19日 - 研究生経験なし 大塚亜季 おおつか あき 1989-02-07 (31歳) 3期 - 坂田涼 さかた りょう 1990-03-18 (30歳) 3期 - 藤島マリアチカ ふじしま マリアチカ 1990-04-28 (30歳) 3期 - 現芸名:マリアチカ のメンバー 研究生経験なし 元所属 元所属 元EAST HOUSE所属 堀江聖夏 ほりえ みな 1993-07-14 (26歳) 3期 研究生経験なし 元所属 飯沼友里奈 いいぬま ゆりな 1990-04-30 (30歳) 4期 2007年11月15日 - かねこ さとみ 1989-12-22 (30歳) 4期 PIGROOM 旧芸名:金子さとみ(卒業後) 小塚里菜 こづか りな 1993-05-22 (27歳) 4期 - 吉岡沙葵 よしおか さき 1984-09-01 (35歳) 4期 - 渡辺茉莉絵 わたなべ まりえ 1991-01-18 (29歳) 4期 - でぐち あき 1988-03-14 (32歳) 4期 2007年11月26日 フローエンタテイメント(業務提携) 後にSKE48加入 別名:aki 山田みずき やまだ みずき 1988-07-28 (31歳) 5期 2007年12月8日以前 ぶるーおーしゃん のメンバー 元カンドウ所属 の元メンバー(卒業後) 日テレジェニック2013候補生 元ワイルドビジョン所属 西澤沙羅 にしざわ さら 1992-05-14 (28歳) 6期 2008年7月31日 - なかにし ゆうか 1989-01-24 (31歳) 4期 2008年8月26日 SKE48へ移籍 片野友里恵 かたの ゆりえ 1990-04-29 (30歳) 6期 2008年8月31日 - 石黒莉美 いしぐろ れみ 1991-05-23 (29歳) 7期 2009年1月16日 - 有馬優茄 ありま ゆか 1991-02-18 (29歳) 5期 2009年1月19日 - 鈴木菜絵 すずき なえ 1992-12-18 (27歳) 4期 - 現芸名:Nae 涙-NAMIDA- の元メンバー 冨田麻友 とみた まゆ 1993-01-25 (27歳) 5期 エルネストジャパン 元所属 畑山亜梨紗 はたやま ありさ 1991-02-11 (29歳) 5期 元BABY PRODUCTION所属 元所属 元所属 瓜屋茜 うりや あかね 1992-08-24 (27歳) 4期 2009年4月26日 - 元所属 かとおの みずほ 1991-11-30 (28歳) 7期 2009年6月9日 現芸名:愛迫みゆ 小松瑞希 こまつ みずき 不明 8期 2009年7月14日 - 林彩乃 はやし あやの 1993-05-31 (27歳) 7期 2009年7月18日 プラチナムプロダクション 現芸名:林あやの - 西川七海 にしかわ ななみ 1993-07-03 (26歳) 8期 2009年7月25日 - 元読者モデル(離脱後) 元 2期生(離脱後) - あさい まどか 1991-07-28 (28歳) 8期 2009年12月4日 - - 石井彩夏 いしい あやか 1991-06-24 (28歳) 8期 - - 石部郁 いしべ あや 1991-02-06 (29歳) 8期 - 元DIMENSION所属 - 郭グレース かく グレース 1994-04-29 (26歳) 8期 - アニージョ所属の。 - 小水七海 こみず ななみ 1995-07-13 (24歳) 8期 - - 坂本莉央 さかもと りお 1995-06-06 (25歳) 8期 - 元スウィートディレクション所属 元所属 (業務提携:Yell) Barbeeの元メンバー 日テレジェニック2014候補生 - 杉山未来 すぎやま みく 1995-12-12 (24歳) 8期 - - とみて あみ 1994-03-17 (26歳) 8期 (業務提携) - 三木にこる みき にこる 1995-06-28 (24歳) 8期 - 元所属 - 村中聡美 むらなか さとみ 1988-06-05 (32歳) 8期 - 元4期生 - 伊藤彩夏 いとう あやか 1993-06-21 (26歳) 9期 2010年1月6日 - 元マーブル所属 旧芸名:南亜弥伽 - 今井悠理枝 いまい ゆりえ 1994-04-30 (26歳) 8期 2010年2月1日 - - 石黒貴己 いしぐろ あつき 1993-09-24 (26歳) 9期 2010年6月20日 - 元所属 旧芸名:石黒アツキ 40位 絹本桃子 きぬもと ももこ 1995-03-28 (25歳) 9期 - - 藤本紗羅 ふじもと さら 1997-03-23 (23歳) 9期 - 元4期生 - 高松恵理 たかまつ えり 1992-12-25 (27歳) 9期 - - 植木あさ香 うえき あさか 1995-05-17 (25歳) 8期 2010年7月6日 - - 岩崎仁美 いわさき ひとみ 1996-03-19 (24歳) 10期 2010年10月5日 - - さの ゆりこ 1992-01-22 (28歳) 8期 Arc Jewel - 豊田早姫 とよだ さき 1993-09-08 (26歳) 11期 2010年10月23日 - 元スパイラル・ミュージック所属 オレンヂ・Power Spotの元メンバー - おかざき ちなみ 1992-05-28 (28歳) 11期 2010年10月27日 旧芸名:ちなみ(辞退後) - 川上麻里奈 かわかみ まりな 1996-05-21 (24歳) 11期 2010年12月3日 - Power Spot・ねがいごとの元メンバー 元スパイラル・エンタテインメント所属 - かなざわ ゆうき 1993-05-01 (27歳) 10期 2011年2月20日 エイベックス・マネジメント 現芸名:金澤有希 - 牛窪紗良 うしくぼ さら 1995-02-15 (25歳) 11期 2011年6月19日 ワタナベエンターテインメント - 山口菜有 やまぐち なう 1994-01-19 (26歳) 11期 - - 鈴木里香 すずき りか 1997-01-10 (23歳) 12期 2012年3月31日 - - 雨宮舞夏 あめみや まいか 1997-06-29 (22歳) 13期 2012年8月5日 - - 北汐莉 きた しおり 1998-12-01 (21歳) 13期 - 元DIVE'所属 - 長谷川晴奈 はせがわ はるな 1997-07-01 (22歳) 13期 劇団員 - 森山さくら もりやま さくら 1998-04-14 (22歳) 13期 - - 渡邊寧々 わたなべ ねね 1998-01-30 (22歳) 13期 - - サイード横田絵玲奈 サイードよこた えれな 1997-04-15 (23歳) 12期 2012年10月6日 現芸名:横田絵玲奈 姉は 元CUTE所属 (業務提携:H. IDL. inc) - えぐち あいみ 1995-02-11 (25歳) 12. 5期 2013年5月8日 - CG合成によるバーチャルアイドル - 野口菜々美 のぐち ななみ 2003-09-17 (16歳) 16期 2017年3月31日 - - 高橋希良 たかはし きら 2001-01-14 (19歳) ドラフト2期 2017年4月11日 ジークルー 第2回ドラフト会議 チームB 1位指名 元チームB(倉持・木﨑)研究生 元バイトAKB 現芸名:高橋希来 元シティリズム所属 - のむら なお 1999-08-10 (20歳) ドラフト2期 2017年8月13日 - 第2回ドラフト会議 チームK 1位指名 元チームK(横山・峯岸)研究生 妹は野村実代(SKE48) - 原澤音妃 はらさわ おとひ 2001-10-12 (18歳) ドラフト3期 2018年8月22日 - 第3回ドラフト会議 チーム4 5位指名 元チーム4(高橋朱里・村山)研究生 - 神山莉穂 かみやま りほ 2003-08-20 (16歳) ドラフト3期 2018年10月20日 - 第3回ドラフト会議 チームB 3位指名 元チームB(木﨑・高橋朱里)研究生 - 庄司なぎさ しょうじ なぎさ 2000-10-29 (19歳) 16期 2018年11月4日 CLUSTAR. 元チームA(岡部)研究生 の元メンバー - 梅本和泉 うめもと いずみ 1998-10-16 (21歳) 16期 2018年11月25日 - 元チームB(高橋朱里)研究生 - 播磨七海 はりま ななみ 2004-08-02 (15歳) 16期 2019年5月11日 - 元チームB(高橋朱里・岩立)研究生 - 勝又彩央里 かつまた さおり 2000-10-31 (19歳) ドラフト3期 2019年6月28日 第3回ドラフト会議 チームK 3位指名 元チームK(峯岸・込山)研究生 元バイトAKB - 佐藤詩識 さとう しおり 2001-07-22 (18歳) ドラフト3期 2019年11月27日 - 第3回ドラフト会議 チームA 1位指名 元チームA('15横山・岡部)研究生 - 元留学生 名前 よみ 生年月日 所属事務所 在籍期間 備考 Stefi Stephanie Pricilla Indarto Putri ステフィ ステファニー・プリシラ・インダルト・プトゥリ 2000-11-19 (19歳) - 2018年9月18日 - 10月15日 JKT48チームJより短期留学 Mobile Pimrapat Phadungwatanachok モバイル ピモンパット・パドゥンワッタナチョーク 2002-06-09 (18歳) Independent Artists Management 2018年9月18日 - 10月15日 BNK48チームBIIIより短期留学 元バイトAKB 名前 よみ 生年月日 契約満了日 現所属事務所 備考 赤坂美咲 あかさか みさき 1993-10-21 (26歳) 2015年2月28日 - 阿部叶夢 あべ かなむ 1993-02-13 (27歳) - 荒木実波 あらき みなみ 1997-11-11 (22歳) - 荒木琳袈 あらき りんか 1995-08-22 (24歳) - 飯倉早織 いいくら さおり 1990-07-14 (29歳) - 元エイジアプロモーション所属 (シーズン1)参加 生田優香 いくた ゆうか 1996-12-31 (23歳) - 伊田有紀 いだ ゆき 1995-09-10 (24歳) - 元プロダクションHIT所属 SoulMateの元メンバー 一色嶺奈 いっしき れな 2002-02-15 (18歳) - 元SKE48(第2回ドラフト会議 チームS 2位指名) 梅澤愛優香 うめざわ まゆか 1996-10-20 (23歳) - 元シンデレラプロモーション所属 海老沢恵美 えびさわ めぐみ 1996-09-26 (23歳) - 大野彩乃 おおの あやの 2000-12-22 (19歳) - 尾形穂菜美 おがた ほなみ 1991-01-27 (29歳) エイベックス・マネジメント 現芸名:尾形歩南 MIMORI()は従妹 Jammyの元メンバー おぎの ゆか 1999-02-16 (21歳) ホリプロ 現・NGT48(第2回ドラフト会議 NGT48 2位指名) 方伊儀まどか かたいぎ まどか 1997-09-24 (22歳) - 勝又彩央里 かつまた さおり 2000-10-31 (19歳) スプラウト 元チームKドラフト研究生(第3回ドラフト会議 チームK 3位指名) かみたに さや 1996-11-28 (23歳) 太田プロダクション 川口真実 かわぐち まみ 1995-08-27 (24歳) - 川村真穂 かわむら まほ 1993-01-21 (27歳) - 菊地智美 きくち ともみ 1994-09-14 (25歳) - 木下涼風 きのした すずか 1994-08-02 (25歳) - 木下真佑 きのした まゆ 1996-02-12 (24歳) - OSAKA BB WAVEの元メンバー 日下部愛菜 くさかべ あいな 2002-02-06 (18歳) Flora 現・NGT48 黒沢綾佳 くろさわ あやか 1992-05-14 (28歳) - の元メンバー 小池優香 こいけ ゆうか 1997-06-09 (23歳) - 小泉里奈 こいずみ りな 1993-03-30 (27歳) - 齋藤梨奈 さいとう りな 1999-05-21 (21歳) - 佐伯美香 さえき みか 1989-10-29 (30歳) - 元4期生 契約満了後、AKS社員となる 沢木沙耶 さわき さや 1999-05-17 (21歳) - ドリィムアビリティの元メンバー 柴田優衣 しばた ゆい 1998-01-04 (22歳) - 元NMB48(第2回ドラフト会議 チームM 1位指名) 鈴木優民 すずき ゆうみん 1992-10-22 (27歳) - hanaガールのモデル 清司麗菜 せいじ れいな 2001-04-19 (19歳) Flora 現・NGT48 髙木茉白 たかぎ ましろ 2000-04-01 (20歳) - 高橋希良 たかはし きら 2001-01-14 (19歳) ジークルー 現芸名:高橋希来 元チームBドラフト研究生(第2回ドラフト会議 チームB 1位指名) 竹内美沙樹 たけうち みさき 1997-04-11 (23歳) - 千田夢乃 ちだ ゆめの 1994-12-26 (25歳) - ちよだ ゆい 1989-09-20 (30歳) オフィスコットン 中川里菜 なかがわ りな 1995-07-31 (24歳) - 中村優香 なかむら ゆうか 1994-07-10 (25歳) - 「ミス中央コンテスト2013」準グランプリ 長坂亜利沙 ながさか ありさ 1990-07-03 (29歳) - 成松美沙 なりまつ みさ 1995-11-12 (24歳) - 西潟茉莉奈 にしがた まりな 1995-10-16 (24歳) Flora 現・NGT48(第2回ドラフト会議 NGT48 1位指名) 福井有彩 ふくい ありさ 1995-08-19 (24歳) - Re:ガールズの元メンバー 元エイベックス・グループ・ホールディングス所属 藤江桃子 ふじえ ももこ 1997-12-18 (22歳) - 松浦夏穂 まつうら かほ 1992-08-11 (27歳) - まつおか はな 2000-01-19 (20歳) Mercury 現・HKT48チームTII(第2回ドラフト会議 チームH 1位指名) 松本和夏 まつもと のどか 1995-05-15 (25歳) - 宮﨑美希 みやざき みき 1998-04-27 (22歳) - 女鹿椰子 めが やこ 2001-11-05 (18歳) TWIN PLANET ENTERTAINMENT 元16期仮研究生 『』生徒 八代嘉菜 やしろ かな 1994-10-02 (25歳) - 山内亜紀 やまうち あき 1994-11-13 (25歳) - 繁藤冬佳 しげふじ ふゆか 1993-10-23 (26歳) 2016年8月10日 - ぱるる選抜 日出有香 ひので ゆか 1995-08-21 (24歳) - ぱるる選抜 その他 名前 よみ 生年月日 備考 総選挙 最高 順位 にゃんにゃんかめん 2222年2月22日(? 歳) に立候補した謎の人物。 開票イベントにおいて、本人自ら正体を小嶋陽菜であると明かした。 16位 AKB48に関する批評 コンテンツの類型化 経済学者のや評論家のらは、以降の日本の批評で用いられているコンテンツの類型化をAKB48に当てはめている。 田中は、ファンがメンバーのブログを読みコメントすることは、ファンがメンバーの「小さな私的物語」に自己を接続しようとしている、つまり「」的な行動だと指摘した。 宇野は、AKB48のメンバーが「AKB48」という大きなゲームのプレイヤーとして動員されるという意味では、AKB48は「バトルロワイヤル系」の代表例、つまり「大きな物語」(社会全体に共有される価値観)が崩壊したの社会において「大きな物語」の代替として「大きなゲーム」を利用するメカニズムに当てはまると主張している。 他方で宇野は、女性のみからなるコミュニティであるAKB48は「」の特徴も持つと主張している。 AKB48というコミュニティの内部では、メンバー間の親密な交友関係(擬似的な関係)を匂わせることがブログなどを通じて事実上の男性ファンへのサービスとして行われていたり、メンバーが出演するテレビドラマに同性愛関係を読み込んだが(女性ファンによって)で売買されていたりするが、これらは空気系作品の的な受容と類似したところがあるという。 しかし同時に、前述の競争原理の導入によって、空気系にありがちな予定調和を効果的に破壊している面もあると指摘している。 キャラクター消費 宇野やは、AKB48のメンバーの(キャラクター)がファンから消費されていて、それが運営戦略と密接にかかわっているとの見方を述べている。 各メンバーのキャラが必ずしも固定的ではないものの、おおむね役割分担がなされており、メンバーが人気を維持できるか否かは容姿・スタイル・歌唱力といった要素よりもキャラの確立の成否に依存している面があるという。 斎藤は、チーム別のサブグループ編成や選抜総選挙という序列付けによって、メンバーのキャラが固定されやすく認識されやすいシステムになっており、さらに握手会をはじめとするふれあいを重視したコンセプトによりファンはメンバーのキャラ形成に直接的に関与できるという幻想をかきたてられるようになっていると述べている。 このように小集団内部で(人気の度合いを表す)序列化とキャラの分化が同時進行するという構造は、日本の現代の学校で生徒間に自然に形成される序列であるのそれと同型だと指摘した。 宇野は、この斎藤の論を踏まえて、の「中間項としてのテレビ媒体を短絡してファンとの距離感を縮める」という手法が、ファンコミュニティと運営サイドの相互作用でメンバーのキャラを循環的に生成・強化させていると主張した。 ファン達は、劇場公演やブログでの些細な発言などから得られる、メンバー間の友人関係や性格といった様々な情報をインターネット上のコミュニティなどで共有し、それは例えば等に投稿されることによって、的に蓄積され、このようなファンコミュニティの後押しを受けて、各メンバーのキャラ設定が効率的に生成されていく。 それに加えて、今度は運営サイドがそのキャラ設定を元にした(あるいはあたかものように、それを元に少しアレンジが加えられた)キャラをメンバーが出演するの役柄などとして与え、それをファンが消費することによってもともとのキャラの認識が強められるが働いているという。 宇野はこれを「キャラクター消費の」と名付けた。 グローカル化と人気の浸透 日本国内では、AKB48の姉妹グループとして名古屋のSKE48、大阪のNMB48、福岡のHKT48、新潟のNGT48、瀬戸内のSTU48が地方に展開されている。 一方、を通じて日本国外にもファンを増やしてきたほか、日本国外の姉妹グループとしてインドネシア・ジャカルタのJKT48、タイ・バンコクのBNK48などが展開されている。 日本国内外での姉妹グループの展開について、雑誌『ウレぴあ』2011年1月号で田中秀臣は、ローカル化とグローバル化の同時進行()を行っている側面もあると指摘している。 同様にAKB48選抜総選挙のシステムを真似たり、企画名に「総選挙」を付けた類似の人気投票企画 も登場するようになった。 AKB48のビジネスモデルと日本経済 田中秀臣は著書『AKB48の経済学』(2010年)において、当時日本の音楽市場での影響力を増しつつあったAKB48のを分析し、AKB48は不況下にも強い「デフレカルチャー」 のひとつだという説を提唱した。 以降のの中、J-POPのアーティストはコンサートで収益金を確保するスタイルが主流になり、入場料金は高額になりがちであった。 これに対し、AKB48の劇場公演のチケットは一般的なアーティストのライブに比べれば、はるかに安価に設定されており、また写真集をはじめとする関連商品の価格も相場より低めに設定されている。 これは収入の低い若者のアイドルにターゲットを絞ったであるという。 また、AKB48のメンバーの多くがやを開設しており、ファンはそれをチェックするという形で、事実上出費の伴わない消費を行っているが、これもデフレ文化の典型として解釈できる。 同時に、に関する著書のある経済学者が「心の消費」と呼んだ金銭を移動させることのない非経済的活動のひとつとも捉えられるという。 は、AKB48のビジネスモデルは低価格路線の維持のために、するの経営手法と類似しており、デフレ経済を定着させるものだと批判している。 これに対して田中はそもそもアイドル市場は日本経済に影響を与えるほどのスケールではなく、結果と原因を取り違えている。 つまりAKB48の経営手法がを生むのではなく、デフレーションという経済状況に適応するために生まれたのが、AKB48の戦略であると反論している。 これに関連して、田中は『日本経済復活が引き起こすAKB48の終焉』(2013年)において、を通じた日本経済の復調により、デフレ経済が解消されになればAKB48の人気は後退する、あるいは終焉を迎えるのではないかとの見方を述べている。 商品のバリエーション展開に対する批評 AKB48やその姉妹グループ関連のビジネスにおいては、音源の提供に軸足を置いた伝統的な単体の商品の販売推進ではなく、「握手券」や希少価値のある機会提供、高価で取引されうる特典などとの複合商品としてのセット販売、それらのバリエーション展開を特徴としていて、これらは『 AKB商法』と呼ばれる様になった。 これは音楽CDとしての価値のみを主体とせず、握手券などとのセット販売に特徴があり、それらの拡張、展開は新たなビジネスモデルの開発として「画期的なもの」と評価されることもある。 しかも、それらのバリエーションは、において「同じタイトルの曲」として集計されるメリットも享受できる仕組みになっている。 一方で弊害もある。 音楽評論家のは、「CD不況の中、ビジネスのアイデアとして評価できる」とする一方、「特定のファンなど『取れる所から取る』発想が前面に出すぎると、(音楽以外の要素で)ランキングや売り上げが高まる半面、国民に広く親しまれる作品は生まれにくくなる」と指摘している。 なお握手券の偽造事件に関して、握手券は「無料の特典や」ではなく、刑法上「」にあたるとするの判例がある。 音楽CDに特典やバリエーションを付けることにより、音楽CDとしては同一タイトルと見なされる商品を、バリエーション違いで複数購入されるように展開する手法は、古くから国内外のアーティストにより行われて来たため、取り立ててAKB48特有の商法とは言えないという見方がある。 また商品の複数購入は、客の自由意志に基づくもので販売者側が強要しているわけではないと捉えることもできる。 しかしながら、複数枚購入の極端な例(特典サービスの差)も少なくなく、これらの手法に対しての批判もある。 例えば、所定のCD1枚につき投票券が1枚封入されている「」において、熱心なファンが自分の応援するメンバーの順位を上げるために、1人で大量に購入する例が複数報じられており 、「」発売時には、一部のファンが1人で数百枚から数千枚を購入していることがテレビでも報道されている。 また同様に、握手券1枚あたりの時間や人数が限られていることから、長時間の握手や複数のメンバーとの握手のために複数枚を購入する例があるほか、種類を設けたCD・DVD特典の「生写真」や待受け画像付きの配信でも、同様の例がある。 極端なものでは、以下のような例もある。 握手券や投票券だけを目当てにしてCDを大量購入し、券を抜き取り、CDのみを中古書店などに即売却したり、に原価を遥かに下回る価格で出品されていたりする例があり、極端なものではCDショップ近辺に廃棄される例も報告されている。 2013年には、関西地方の私立大学生6人のグループが、アルバイト先で入手した他人の情報を悪用し、AKB48のCDを486枚購入する事件があった。 犯行グループは、付属の握手券や投票券、生写真を抜き取った後、リーダー格の学生が握手券を独占して合計約80分間におよぶ握手をした一方、投票券や生写真をインターネットオークションで転売し、CDはそれ以前に購入した分も合わせて計681枚を不法投棄していた。 グループは、翌2014年1月ににや違反などの容疑で、・された。 2017年には、関東地方在住の男性が「」のCDを複数枚購入し、投票用の「ナンバー入力が間に合わない」と九州在住の仲間らとの協力を依頼。 男性から郵送されてきた約千枚分(約100万円相当)の入力作業を終えた後、協力者の一人である九州在住の男はCD約600枚を自宅に持ち帰ったが、CDは段ボール11箱分あり、一般のごみ処分が面倒で山中に投棄したとみられ、10月16日に同タイトルのCD585枚を山中に不法投棄したとして、廃棄物処理法違反容疑で書類送検された。 商品の転売によって利益を得ようとする者が増えているため 、「」の劇場盤握手会からによるを強化し、転売しにくい仕組みになっている。 2008年1月に『AKB48 2nd Anniversary スペシャルフォトアルバム』が、定価5万400円(税込)で2,000冊限定販売された。 特典として発売から7年10か月後の2015年12月8日開催予定の『AKB48劇場オープン10周年祭』招待券が付属されていた。 なお同イベントは、実際に2015年12月6日にで『AKB48劇場オープン10周年記念祭』として開催された。 シングル「」の劇場で販売するCDに期間限定で44種のソロポスター1枚をランダムで付け、全44種のポスターが揃えば特別イベントに参加できるという企画が、AKB48の公式ブログで2008年2月25日に告知されたが、後日、の定める「」になるおそれがあるとならびに(現:)の法務担当から指摘があり、企画は中止となって未開封の商品とポスターの持ち込みによる払い戻しが行われた。 なお1回も同じポスターが出ることなく全44種のポスターが揃う確率が、771468兆8909億1789万4000分の1であることから、インターネット上を始めとして批判が相次いだ。 さらに、ポスター付のCDがカフェのみで販売されたこと、限定とされた販売期間が2008年2月26日から3月2日までの5日間であったことも批判の対象となった。 受賞・認定記録 2009年• ASIAN RECOMMEND賞• 第42回 ゴールドアーティスト賞• グランプリ• 特別賞• 第18回文化芸術大賞 優秀賞• Best of COSU MODE POWER 2010• 2010年度 金賞 - エンターテインメントプロジェクトデザイン AKB48 AKS• 話題の人物賞• 認定「世界一人数の多いポップグループ」 - AKB48正規メンバー48人• 優秀作品賞 - 「Beginner」• 第43回 ゴールドアーティスト賞• 2010年トップ10 - 「AKB48」 2011年• 第25回日本ゴールドディスク大賞• シングル・オブ・ザ・イヤー - 「Beginner」• ベスト5シングル - 「Beginner」・「ヘビーローテーション」・「ポニーテールとシュシュ」• Billboard JAPAN Top Pop Artists 2010• 第11回 話題賞• 第16回AMDアワード 優秀賞 - 「AKB48コンセプト」• 有線音楽優秀賞・特別賞 - 「フライングゲット」• FUN OF THE YEAR 2011• 大賞・優秀作品賞 - 「フライングゲット」 2012年• 第26回日本ゴールドディスク大賞• 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー• シングル・オブ・ザ・イヤー - 「」• ベスト5シングル - 「Everyday、カチューシャ」・「風は吹いている」・「桜の木になろう」・「チャンスの順番」・「フライングゲット」• ベスト5ソング・ハイ・ダウンロード - 「Everyday、カチューシャ」• ベスト5アルバム - 『』• ベスト・ミュージック・ビデオ - 『AKBがいっぱい〜ザ・ベスト・ミュージックビデオ〜』• Billboard JAPAN MUSIC AWARDS 2011• Billboard JAPAN Artist of the Year 2011• Billboard JAPAN Top Pop Artists 2011• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2011 - 「Everyday、カチューシャ」• Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2011 - 「Everyday、カチューシャ」• ギネス・ワールド・レコーズ認定• 24時間以内に地上波放送で放送した同一商品のテレビCM最多バージョン数 - アサヒ飲料『ワンダ モーニングショット』「メッセージ」編• -音楽盛典 アジア最人気グループ賞• 第45回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 - 「」• Billboard JAPAN MUSIC AWARDS 2012• Billboard JAPAN Artist of the Year 2012• Billboard JAPAN Top Pop Artists 2012• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2012 - 「」• Billboard JAPAN Hot 100 Singles Sales of the Year 2012 - 「真夏のSounds good! Mnet Asian Music Awards ベストアジアンアーティスト・日本• 大賞・優秀作品賞 - 「真夏のSounds good! 」 2013年• 第27回日本ゴールドディスク大賞• 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー• シングル・オブ・ザ・イヤー - 「真夏のSounds good! ベスト5シングル - 「真夏のSounds good! 」・「ギンガムチェック」・「」・「」・「」• ベスト5アルバム - 『』• ギネス世界記録認定「最大のポップグループ Largest pop group 」 - AKB48メンバー88人• 第46回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 - 「」• Billboard JAPAN MUSIC AWARDS 2013• Billboard JAPAN Artist of the Year 2013• Billboard JAPAN Top Pop Artists 2013• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2013 - 「恋するフォーチュンクッキー」• Billboard JAPAN Hot Singles Sales of the Year 2013 - 「」• 優秀作品賞 - 「恋するフォーチュンクッキー」 2014年• 第28回日本ゴールドディスク大賞• 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー• シングル・オブ・ザ・イヤー - 「さよならクロール」• 邦楽部門ソング・オブ・ザ・バイ・ダウンロード - 「恋するフォーチュンクッキー」• ベスト5シングル - 「」・「恋するフォーチュンクッキー」・「さよならクロール」・「」・「」• ベスト5ソング・バイ・ダウンロード - 「恋するフォーチュンクッキー」• 第47回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 - 「」• Billboard JAPAN Hot Singles Sales of the Year 2014 - 「」• 優秀作品賞 - 「ラブラドール・レトリバー」 2015年• 第29回日本ゴールドディスク大賞• シングル・オブ・ザ・イヤー - 「ラブラドール・レトリバー」• アルバム・オブ・ザ・イヤー - 『』• ベスト5シングル - 「」・「心のプラカード」・「」・「ラブラドール・レトリバー」• ベスト5アルバム - 『次の足跡』• 第48回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 - 「」• Mnet Asian Music Awards ベストアジアンアーティスト・日本• 優秀作品賞 - 「」 2016年• ベストゲスト賞( Bintang Tamu Terdahsyat)• 第30回日本ゴールドディスク大賞• シングル・オブ・ザ・イヤー - 「僕たちは戦わない」• ベスト5シングル - 「唇にBe My Baby」・「」・「」・「僕たちは戦わない」• ベスト5アルバム - 『』・『』• 第49回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 - 「」• Billboard JAPAN MUSIC AWARDS 2016• Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2016 - 「」• Billboard JAPAN Top Singles Sales of the Year 2016 - 「翼はいらない」• 優秀作品賞 - 「365日の紙飛行機」• 年輕的選擇2016優酷盛典(2016YOUKU祭典) 10年間人気アイドルグループ賞 2017年• 第11回大正琴音楽大賞 - 「365日の紙飛行機」• 第31回日本ゴールドディスク大賞• シングル・オブ・ザ・イヤー - 「翼はいらない」• ベスト5シングル - 「」・「翼はいらない」・「」・「」• 第50回日本有線大賞 有線音楽優秀賞 - 「」• 優秀作品賞 - 「」 2018年• 第32回日本ゴールドディスク大賞• シングル・オブ・ザ・イヤー - 「願いごとの持ち腐れ」• ベスト5シングル - 「」「願いごとの持ち腐れ」「」「11月のアンクレット」• 優秀作品賞 - 「」 2019年• 第33回日本ゴールドディスク大賞• シングル・オブ・ザ・イヤー - 「Teacher Teacher」• ベスト5シングル - 「」「Teacher Teacher」「」• ベスト5アルバム - 『』• 優秀作品賞 - 「」 2020年• 第34回日本ゴールドディスク大賞• シングル・オブ・ザ・イヤー - 「サステナブル」• ベスト5シングル - 「」「サステナブル」• 商標上は「エイケイビイフォーティーエイト」で登録しており、この名称は登録商標ともなっている。 のトップページに「『会いにいける』をコンセプトに、秋葉原にてスタートしました。 」と記されている。 また同ブログの(2011年2月6日)でも「『会いに行けるアイドル』という『原点回帰』」と述べている。 ブームに端を発する文化の象徴として当時ブログの女王として名高かった・界の黒船と謳われた、そして秋葉原を拠点とするAKB48の3組をまとめてマスメディアなどが呼んでいた。 ただしNHKはこの枠の存在を認めていない。 2006年12月発足• 2012年11月から2013年8月まで一時廃止• 2日目に予定していたAKB48グループコンサートは荒天により中止となった。 SKE48・NMB48・HKT48・SDN48・派生ユニット・ソロ曲を含む、乃木坂46を含めると949曲。 bayfm meets AKB48 8th stage〜TRY〜にて、キングレコード調べの数字をDJの斉藤りさが発言。 公式ブログのURLには「akihabara48」が使われたままとなっている。 日本商標登録番号4960294号・5036134号• 2006年12月から2010年12月まで• SDN48兼任を経て完全移籍となったメンバー、SKE48兼任を経て移籍した、NMB48兼任を経て移籍した。 JKT48からAKB48への兼任を経て移籍した野澤玲奈。 社名のDHは、アルファベットの4番目のDと8番目のHに由来する。 全国主要都市での開催とされており、大部分がエリア内ので開催される。 2016年以降、政令都市以外では中国エリアの広島県、中部エリアの愛知県での開催例がある。 また、2014年の傷害事件が発生した全国握手会の会場は、岩手県であった。 当初は、AKB48劇場内のみで期間限定で直接販売されていた。 これが「劇場盤」という名称の由来となっている。 一時期AKB48グループ総支配人およびAKB48劇場支配人を兼務していた。 例えば「大声ダイヤモンド」で、歌詞の「好き」という部分に合わせてファンも掛け声をかける。 これは秋元康も想像していなかったことであるという。 宇野常寛は、の文化空間全般においてみられる、仮想的な「ここではない、どこか」を夢想する方向から「いま、ここ」という現実を豊かに読み替える方向へのパラダイムシフトを、比喩的に「(VR)から(AR)へ」と呼んでおり 、その流れにAKB48も位置づけている。 を参照。 2012年3月に当時の所属メンバー全員が卒業• SNH48に対しては、2016年6月9日に現地運営法人による契約違反を理由に運営見直しを発表するとともにWebサイト上のリンクを削除する措置を取り 、翌日には鈴木まりやの兼任を解除した。 2015年5月9日に行われた『第2回AKB48大運動会』、同年8月25日に行われた『第1回AKB48グループ大運動会』も新体制によって実施された。 2015年8月17日の倉持明日香の卒業後、キャプテンは不在。 2017年9月30日の木﨑ゆりあの卒業後、キャプテンは不在。 4月2日実施の公式発表はなく、主たる根拠は公式サイトのメンバーページの更新日であること。 一方で4月1日がコンサート当日・日曜日であったこと、4月1日のコンサートで新チーム体制でのパフォーマンスがなされたこと、2018年の選抜総選挙の速報発表でキングレコードの湯浅順司がメンバーの所属チームについては4月1日現在のものと発言したこともあり、4月1日実施である可能性も否定できない。 また、公式サイトの更新によって姉妹グループの兼任メンバーのプロフィールが削除されたが、旧チームの千秋楽公演の最終はチームBによる5月28日となった。 「最終在籍日」も参照。 AKB48に関しては、2017年12月発表の12周年特別記念公演での「組閣」人事の新チームに対応していない。 公式プロフィールに所属事務所が表示されていない。 32期生、元「」メンバー• アクターズスクール広島33期生、元「」メンバー• の元メンバー• 2012年11月1日に施行された体制でチームKに所属する予定だった。 所属チームはなかったが、劇場公演はチーム4公演に出演。 SKE48チームKIIへの異動が発表されていたが実施されず兼任解除。 移籍発表後からNGT48としての活動は始まっており、NGT48メンバー・キャプテンとして扱われ、移籍発表からAKB48における現行チーム体制での千秋楽までの間、一時的にNGT48と兼任状態となった。 AKB48メンバーとしての活動は2017年6月29日で終了。 同年7月2日付でBNK48へ移籍。 現在活動休止中。 「AKBINGO! 」2009年5月28日放送の時点で14歳であった。 公式HPのメンバー一覧からの削除日。 詳細は、を参照のこと。 宇野は、21世紀に入った頃から日本のポップカルチャー作品全域に目立ち始めたと指摘している。 の「百合」との関係も参照。 も参照。 「TSM48」: 参照。 「」: 当該項目参照。 「TNZ人気ザル選抜総選挙」: 参照。 「ウルトラ怪獣総選挙」: 参照。 『』2012年3月6・13日合併号「AKB便乗ネーミング大賞」など参照。 「デフレカルチャー」とは、ライターのが名付けた用語で、後のやの中で、などの限界費用の少ない趣味に没頭するような若者の消費様式に適応して生まれた文化を指す。 全体では以来2組目、邦楽部門では日本ゴールドディスク大賞史上初のそれぞれ3連覇となった。 商標出願・登録情報 第4960294号,第5036134号,第5739383号。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年12月23日. 2018年3月8日閲覧。 ORICON STYLE. 2010年11月12日. 2011年2月18日閲覧。 Guinness World Records. ギネスワールドレコーズジャパン 2014年6月10日. 2018年11月14日閲覧。 本城零次『泣けるAKB48メンバーヒストリー 少女たちの汗と涙の軌跡』、、2011年• ORICON STYLE. 2013年8月9日. 2013年8月9日閲覧。 MANTANWEB MANTAN. 2017年2月27日. 2017年3月1日閲覧。 2011年11月1日. の2012年10月15日時点におけるアーカイブ。 2017年3月1日閲覧。 - ORICON STYLE(2013年3月11日)• ORICON STYLE oricon ME. 2014年12月2日. 2017年3月1日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2015年12月9日. 2017年3月1日閲覧。 共同通信 47NEWS(this. kiji. is) 共同通信社,ノアドット. 2016年9月6日. の2016年9月20日時点におけるアーカイブ。 2017年3月2日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2016年9月16日. 2018年10月18日閲覧。 - ORICON STYLE(2014年3月4日)• 週刊プレイボーイ編集部『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』集英社、2011年04月、21頁・178頁。 ValuePress! (2010年1月18日)2016年5月13日閲覧。 「」オリコン、2012年8月20日• 「」オリコン、2013年5月7日• AKB48オフィシャルブログ 2006年9月3日. 2016年3月15日閲覧。 - スクランブルエッグ(2007年3月20日)• - 中國藝術研究院 日中文化人懇談会2007 実行委員会 プレスリリース(2007年9月12日)• AKB48公式サイト• - Sponichi Annex(2014年3月30日)2014年9月14日閲覧。 「ロングインタビュー秋元康」『』87号、76頁。 AKB48オフィシャルブログ(2005年8月24日)• モデルプレス ネットネイティブ. 2017年12月26日. 2018年1月14日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年1月14日. 2018年1月14日閲覧。 「」2012年9月20日号、44頁。 ORICON STYLE(2006年1月25日• 「対談で振り返る、AKB48クロニクル2005-2009 戸賀崎智信 西山恭子」『クイック・ジャパン』87号、82頁。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2014年2月25日. 2016年9月16日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2015年4月13日. 2016年9月16日閲覧。 AKB48裏ヒストリーファン公式教本. BUBKA編集部編・白夜書房. 2013. 126. 音楽ナタリー ナターシャ. 2009年7月8日. 2019年5月5日閲覧。 ORICON STYLE. 2012年8月29日. 2015年2月4日閲覧。 スクランブルエッグ 2010年3月30日. 2016年9月16日閲覧。 ORICONキャリア oricon ME. 2012年3月26日. 2016年9月16日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年4月6日. 2017年4月21日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年9月5日. 2019年12月24日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2020年1月20日 2020年1月21日閲覧。 Sponichi Annex. 2020年4月2日. 2020年4月2日閲覧。 Vernalossom公式サイト. 2020年4月1日 2020年4月1日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2020年4月1日 2020年4月1日閲覧。 AKB48公式サイト 2020年. 2020年5月14日閲覧。 『グループアイドル進化論』29-32頁。 「ロングインタビュー秋元康」『クイック・ジャパン』87号、74頁。 「対談で振り返る、AKB48クロニクル2005-2009 戸賀崎智信 西山恭子」『クイック・ジャパン』87号、84頁。 『グループアイドル進化論』25頁。 - AKB48オフィシャルブログ(2010年5月31日)• - AKB48オフィシャルブログ(2011年12月11日)• 握手友の会 Fandy• 「12月16日」『AKB48公式ダイアリー 2013-2014』ぴあ、2013年3月6日。 AKB48 KING RECORDS Official Website. キングレコード 2019年2月12日. 2019年2月12日閲覧。 握手友の会 Fandy• 握手友の会 Fandy• 握手友の会 Fandy• AKB48 2017年1月25日. AKB48 全国握手会ライブダイジェスト(『』Type A) DVD. キングレコード.. 272-273• モデルプレス ネットネイティブ. 2017年4月17日. 2017年4月21日閲覧。 , p. 150• 茅野しのぶ 2015年6月5日. インタビュー. WWD JAPAN. 2017年4月21日閲覧。 , p. 208• , p. , p. 150。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年4月4日. 2017年4月21日閲覧。 , p. 東スポWeb 東京スポーツ. 2013年12月19日. 2017年4月21日閲覧。 勝田綾 2016年9月13日. リセマム イード. 2017年4月21日閲覧。 鴨居里枝 2017年1月11日. WWD JAPAN INFASパブリケーションズ. 2017年4月21日閲覧。 佐藤仁 2018年12月25日. OKMusic JAPAN MUSIC NETWORK. 2018年12月27日閲覧。 宇野常寛「AKB48の歌詞世界 キャラクター生成の永久機関」『別冊カドカワ 総力特集 秋元康』76-79頁。 「ロングインタビュー秋元康」『クイック・ジャパン』87号、77頁。 『グループアイドル進化論』156-158頁。 『リトル・ピープルの時代』403-404頁。 宇野常寛「AKB48の歌詞世界 キャラクター生成の永久機関」『別冊カドカワ 総力特集 秋元康』77頁。 宇野常寛「AKB48の歌詞世界 キャラクター生成の永久機関」『別冊カドカワ 総力特集 秋元康』79-80頁。 「精神科医が分析する秋元康の本質」『別冊カドカワ 総力特集 秋元康』155-157頁。 「GOOD FELLOWS 01 80's期のスタッフが見てきた秋元康」『別冊カドカワ 総力特集 秋元康』143-144頁。 『AKB48の経済学』25-26頁・28頁。 『AKB48の経済学』27-29頁。 宇野常寛「AKB48の歌詞世界 キャラクター生成の永久機関」『別冊カドカワ 総力特集 秋元康』71-73頁。 『グループアイドル進化論』第2章。 中森明夫・宇野常寛「日本のアイドルシーンの次なるを探る」『ウレぴあ! 』2011年1月号。 52頁。 -ORICON STYLE. 2014年7月5日. 2014年8月11日閲覧。 「K-POP芸人vsAKB48芸人最強アイドルはどっちだ? 」『』 2011年3月号、、46-47頁。 「」BLOGOS(2011年10月27日)• 宇野常寛・・ 「AKB48こそネ申である! ZAKZAK 産経デジタル. 2013年3月27日. 2017年4月29日閲覧。 デイリースポーツ online デイリースポーツ. 2014年8月7日. 2016年8月16日閲覧。 ガチ鈴木 2011年12月8日. 週刊アスキー アスキー・メディアワークス. 2016年9月16日閲覧。 (中国語)• インタビュアー:. 日本経済新聞社・日経BP. 日本経済新聞電子版. 2019年12月17日閲覧。 (2012年4月23日、スポニチアネックス)• nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2016年6月9日. AKB48運営事務局 2016年6月9日. AKB48 オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2016年8月30日閲覧。 タイランドハイパーリンクス. 2017年2月12日. 2017年2月12日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2017年10月27日. 2017年10月29日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年7月25日. 2018年7月26日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2018年11月19日. 2018年11月19日閲覧。 2019年7月18日. 2019年7月21日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2016年3月26日. 2016年4月6日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2017年12月27日. 2017年12月27日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年6月20日. 2019年6月20日閲覧。 モデルプレス. ナターシャ 2018年8月26日. 2018年8月27日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年6月3日. 2019年6月20日閲覧。 タイランドハイパーリンクス. 2019年10月26日. 2019年10月27日閲覧。 DEL48 Official Website 2019年. 2019年12月30日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年12月28日. 2020年1月11日閲覧。 2011年5月17日• SANSPO. COM 産経デジタル. 2018年7月24日 2018年7月25日閲覧。 中日スポーツ 中日新聞社. 2016年7月27日. の2016年8月14日時点におけるアーカイブ。 2018年7月25日閲覧。 「知って、肝炎プロジェクト」活動報告、厚生労働省• 「知って、肝炎プロジェクト」活動報告、厚生労働省• スポーツ報知(2017年11月17日)2018年7月25日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年7月24日. 2018年7月25日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年8月1日. 2019年8月5日閲覧。 、 2020年4月16日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2020年4月15日. 2020年4月16日閲覧。 モデルプレス. 2020年4月15日. 2020年4月16日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2020年4月16日. 2020年4月17日閲覧。 AKB48 Team 8ホームページ 2020年4月21日 2020年4月22日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2020年5月7日. 2020年5月7日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ(2011年4月2日)2018年9月4日閲覧。 2013年10月29日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ(2012年3月24日)• AKB48オフィシャルブログ(2012年10月7日)2012年10月7日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ(2012年10月21日)2012年10月22日閲覧。 2013年5月6日閲覧。 「旧チームから新チームへ」週刊プレイボーイ編集部『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』集英社、2011年04月、pp. 133 - 144。 AKB48オフィシャルブログ(2012年11月19日)• 『 THE YELLOW ALBUM』講談社、2012年12月、p. 週刊プレイボーイ編集部『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』集英社、2011年04月、p. 138 8行目。 モデルプレス ネットネイティブ. 2017年10月31日. 2018年4月5日閲覧。 映像作品『渡辺麻友卒業コンサート』アンコール「約束よ」歌唱後、出演した3期生への渡辺からの感謝コメント• nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年8月25日. 2016年1月2日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2013年11月11日. 2016年1月2日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2013年11月9日. 2013年11月10日閲覧。 オリコンスタイル(2014年9月23日)• - GirlsNews(2014年2月26日)2016年1月2日閲覧。 オリコンスタイル(2014年5月1日)2014年5月25日閲覧。 AKB48 Team 8 公式ホームページ、2014年5月25日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2015年3月16日. 2015年6月21日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年5月10日. 2015年1月2日閲覧。 modelpress. 2015年8月1日. 2015年8月2日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2015年8月1日• 日刊スポーツ. 2017年12月8日. 2017年12月8日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2017年12月9日. 2018年1月27日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年12月8日. 2017年12月8日閲覧。 日刊SPA!. 扶桑社 2018年1月24日. 2018年1月27日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2018年5月29日. 2018年6月11日閲覧。 秋元康(監修)『AKB48グループ プロフィール名鑑2018』宝島社〈TJMOOK〉、2018年1月12日、5-23頁。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年4月1日. 2018年5月4日閲覧。 2014年6月6日時点のよりアーカイブ。 2016年12月8日閲覧。 クラージュ. 2014年8月9日時点のよりアーカイブ。 2016年12月8日閲覧。 クラージュ キッズ 2014年9月27日. クラージュ キッズのブログ. 2016年12月8日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2019年3月19日. 2019年3月19日閲覧。 amorecarina OSAKA アモレカリーナ 大阪 アイドル. グッドチョイスエンタテインメント. 2015年11月3日時点のよりアーカイブ。 2018年4月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年12月8日. 2019年12月8日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2016年12月8日. 2016年12月8日閲覧。 2014年4月14日閲覧。 amorecarina オフィシャルサイト. グッドチョイスエンタテインメント. 2014年10月9日時点のよりアーカイブ。 2018年4月20日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2015年5月10日. 2015年5月19日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2015年6月6日. 2017年5月4日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年2月23日. 2017年2月23日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年1月18日. 2020年1月18日閲覧。 2013年10月29日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2016年2月22日. 2016年2月22日閲覧。 Japan芸能カルチャー研究所 現・エンタMEGA IMW 現・ユニベルシテ. 2017年8月9日. 2019年4月26日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2018年9月24日. 2018年9月24日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2020年5月1日. 2020年5月2日閲覧。 アミューズ オフィシャル ウェブサイト. アミューズ. 2015年3月29日時点のよりアーカイブ。 2017年9月21日閲覧。 「」『東スポWeb』東京スポーツ、2019年12月25日。 2020年1月8日閲覧。 AKB48公式サイト. 2006年5月6日時点のよりアーカイブ。 2016年7月18日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ(2009年1月25日)• ORICON STYLE oricon ME. 2014年10月27日. 2014年10月27日閲覧。 755 2015年7月10日. 2016年9月18日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2013年6月24日. 2013年6月24日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ(2015年3月22日)2016年2月15日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ(2015年6月16日)2015年12月23日閲覧。 オスカープロモーション. 2020年2月10日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2014年11月28日. 2017年12月7日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ(2015年12月16日)2015年12月23日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2016年1月15日. 2016年1月15日閲覧。 AKB48 Team8公式ホームページ 2016年4月2日. 2016年4月2日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2016年4月12日. 2016年4月12日閲覧。 ブルーベアハウス公式サイト. 2017年6月15日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2016年8月8日. 2016年8月24日閲覧。 、 2019年4月19日閲覧。 AKB48 Team 8公式ホームページ 2016年9月25日. 2016年9月26日閲覧。 東スポWeb 東京スポーツ. 2017年3月15日. 2017年3月16日閲覧。 トヨタオフィス公式サイト. 2017年6月25日時点のよりアーカイブ。 2020年2月10日閲覧。 AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS 2017年1月29日. 2017年1月30日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2017年2月1日. 2017年2月1日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2016年11月10日. 2016年11月10日閲覧。 OFFICE WALKER OFFICIAL SITE. 2020年2月10日閲覧。 AKB48 Team8公式ホームページ 2017年4月4日. 2017年4月5日閲覧。 AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS 2017年5月13日. 2017年7月3日閲覧。 - NHK福岡放送局• nikkansports. com. 2017年1月6日. 2017年1月6日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2017年4月12日. 2017年4月12日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2017年3月3日. 2017年3月3日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2017年4月17日. 2017年4月17日閲覧。 2017年10月13日閲覧。 松竹芸能. 2017年10月13日閲覧。 東スポWeb 東京スポーツ新聞社. 2017年5月5日. 2017年5月5日閲覧。 AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS 2017年6月24日. 2017年7月3日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年6月29日. 2017年6月30日閲覧。 AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS 2017年6月12日. 2017年6月12日閲覧。 AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS 2017年7月2日. 2017年7月3日閲覧。 AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS 2017年7月23日. 2017年7月23日閲覧。 AKB48 Team 8公式ホームページ. AKS 2017年8月20日. 2017年8月23日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2011年10月10日. 2017年8月14日閲覧。 AKB48オフィシャルブログ 2018年1月11日. 2018年1月13日閲覧。 ワイエムエヌ公式サイト.

次の

榎本加奈子

え なこ wiki

閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 韓国のオーディション番組『』のオーディションで選ばれた韓国人9人と日本人3人の12人で結成され、10月29日から4月までの2年6か月の期間限定で活動予定。 韓国での運営は傘下のOFF THE RECORD Entertainmentで 4月からはOFF THE RECORD EntertainmentとSwing Entertainmentが共同でマネジメントを行なっており、日本での運営は 、韓国での所属レーベルは・、日本での所属レーベルは。 概要 [ ] 2018年にの音楽専門チャンネルなどで放送された日韓合同オーディション番組『』を通して、韓国の芸能事務所に所属する練習生57人 、のに所属するアイドル39人、総勢96人の練習生から、オーディションで 選ばれた12人のメンバーによって結成。 略歴 [ ] 「」も参照 2018年 [ ] 6月15日、日韓合同オーディション番組『PRODUCE 48』がなどで放送開始。 8月31日、番組の最終回において、グループ名およびメンバー12人が発表された。 9月、やなどアカウントを次々に開設し 、SNSを通して公式プロフィール写真も公開。 10月29日、プロデュースによるミニアルバム『』で正式デビュー。 ガールズグループのデビューアルバム歴代最高初週売上を記録し、世界10か国の配信チャートで1位を獲得した。 また、正式な日本デビュー前にもかかわらず、および週間デジタルランキングで初登場1位を記録。 11月10日、米ワールドアルバムチャートでも初登場9位にランクインした。 11月28日、『』において歌手部門の新人賞を受賞。 12月5日、『』()で日本の音楽番組に初出演し、日本での活動を開始。 同年末の『』では、デビュー2か月目にして韓国・日本・での授賞式すべてに招待され、女性新人賞とニュー・アジアン・アーティスト賞を受賞。 12月19日、『YouTube Rewind 2018』の「RISING STAR TOP10」で5位を記録。 2019年 [ ] 1月6日、『第33回』で新人賞を受賞。 1月15日、『第28回』で新人賞を受賞。 1月20日、日本デビューシングル予約購入者の中から抽選で当選した4,000人を対象に日本デビューショーケースを開催。 1月23日、『第8回』で新人賞を受賞し、新人賞5冠を達成。 2月6日、傘下のから、プロデュースによる日本デビューシングル「」を発売。 4月1日、2ndミニアルバム『』を発売。 ガールズグループのアルバム歴代最高初週売上を記録した。 6月26日、日本2ndシングル『』を発売。 初のオリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得した。 9月25日、日本3rdシングル『』を発売。 オリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得した。 11月8日、上記理由により、コンサートドキュメンタリー映画『EYES ON ME : THE MOVIE』の公開中止を発表。 11月26日、日本3rdシングル発売記念イベントの開催延期を発表。 12月4日、日本オフィシャルファンサイトの更新と新規入会の受付停止を発表。 2020年 [ ] 2月17日、2019年11月11日発売予定だったが、延期された1stフルアルバム『』が発売された。 発売日には18万4000枚以上売り上げ、これは歴代ガールズグループの中で初日で最も売れたアルバムとなった。 また、初週売上も35万枚以上を突破し、これもまた歴代ガールズグループの初週売上の最多記録となった。 6月10日、公開中止となっていたコンサートドキュメンタリー映画『EYES ON ME : THE MOVIE』がで公開。 6月15日、3rdミニアルバム『』が発売予定。 メンバー [ ]• 2位 229,094枚 CMAC11314ROSE ROSE Ver. CD CMDE11340COLOR COLOR Ver. Kit 5位 9,993枚 CMDE11340ROSE ROSE Ver. Kit 2nd 2019年4月1日 CMAC11398VIOLETA Violeta Ver. CD 1位 246,864枚 CMAC11398SAPPHIRE Sapphire Ver. CD CMDE11399VIOLETA Violeta Ver. Kit 6位 26,584枚 CMDE11399SAPPHIRE Sapphire Ver. Kit 3rd 2020年6月15日 CMAC11550DIA 日記 : DIARY 일기 ver. CD CMAC11550ONE 幻想 : ONEIRIC 환상 ver. CD CMDE11486 Ver. 라비앙로즈 La Vie en Rose• 라비앙로즈 La Vie en Rose Performance Ver. 라비앙로즈 La Vie en Rose Dance Practice• Dance Practice• 내꺼야 PICK ME Dance Practice 12. ver. 비올레타 Violeta• 비올레타 Violeta Flower Ver. 비올레타 Violeta Dance Practice• 비올레타 Violeta Dance Practice Close up Ver. 하늘 위로 Up Dance Practice• 피에스타 FIESTA• 피에스타 FIESTA Dance Practice• SPACESHIP Choreography Close up ver. 好きと言わせたい• ご機嫌サヨナラ• 猫になりたい Buenos Aires• Buenos Aires• 年下Boyfriend• Target Vampire• Vampire• Vampire Dance Practice 参加作品 [ ] アーティスト名 発売日 タイトル 規格品番 形態 備考 ジョナス・ブルー ( ) 2019年3月8日 Rise feat. 2019年3月13日 必然性 KIZM-90617 KIZM-617 CD 音楽配信 チャン・ウォニョン、宮脇咲良、チョ・ユリ、矢吹奈子、クォン・ウンビ、本田仁美が参加。 AKB48 55thシングル「」Type C に収録。 (2018年6月15日 - 8月31日、・)• (2018年12月5日・12日、) - 12日はとして出演• (2018年12月31日 - 2019年1月1日、)• 2019アイドル陸上大会(2019年2月5日・6日、)• (2019年7月24日、)• ENOZI Cam(2018年11月5日 - 、・)• ENOZI Cam Plus(2019年5月10日 - 、YouTube・NAVER V App)• QT SHOW(2018年11月14日・16日、YouTube)• OVERHIT(2018年、)• SALEWA Korea(2018年)• SKOOLOOKS(2018年)• (2019年)• FEVER BASKET(2019年、LONGTU KOREA)• (2019年)• (2019年、) 日本• (2019年)• (2019年) イベント [ ] 韓国• 2018 プロ野球 - 対戦(2018年10月6日、)• 2018 プロ野球 スポーツソウル 今年の賞(2018年12月6日、インペリアルパレスホテル) 日本• プレステージ・インターナショナル presents TGC TOYAMA 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION(2019年7月27日、)• takagi presents TGC KITAKYUSHU 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION(2019年10月5日、西日本総合展示場新館) 映画 [ ]• コンサートードキュメンタリー映画「EYES ON ME : THE MOVIE」(2020年6月10日公開予定(韓国)) ゲーム [ ]• - 新人賞(歌手部門)• - 女性新人賞• 2018 Mnet Asian Music Awards - ニュー・アジアン・アーティスト賞• 第3回's PICK - バラ色の花道賞 2019年• 第33回 - 新人賞(アルバム部門)• 第28回 - 新人賞• 第8回 - 今年の新人賞(アルバム部門)• - The Most Popular Artist賞、The Performing Artist Female賞 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2020年3月31日まで社名がAKSだった。 芸能事務所に所属していない個人練習生も含む。 番組内では「国民プロデューサー」と呼ぶ。 放送中に韓国の視聴者 投票で選ばれると宣伝したけれど、2019年末に順位操作を判明された。 2019年8月現在。 2018年10月現在。 2019年8月現在。 2019年4月現在。 2018年12月19日より、のK WORLDチャンネルでも日本語字幕付きで配信。 出典 [ ]• CINRA. NET CINRA. 2018年9月2日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年8月31日. 2018年9月2日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年9月24日. 2018年9月25日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年9月21日. 2018年9月25日閲覧。 OFF THE RECORD Entertainment 2018年12月5日. 2018年12月7日閲覧。 デイリースポーツ. 2020年1月20日. 2020年1月21日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年12月6日. 2018年12月7日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年5月17日. 2018年9月25日閲覧。 WoW! Korea エイアイエスイー. 2018年8月31日. 2018年9月25日閲覧。 モデルプレス 2019年12月30日. 2019年12月30日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年10月30日. 2018年11月15日閲覧。 OFF THE RECORD ENTERTAINMENT. 2018年11月15日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年10月30日. 2018年10月30日閲覧。 2019年2月18日. 2019年2月18日閲覧。 WoW! Korea エイアイエスイー. 2018年8月31日. 2018年9月25日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年9月8日. 2018年9月25日閲覧。 WoW! Korea エイアイエスイー. 2018年9月21日. 2018年9月25日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2018年9月25日. 2018年9月25日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年10月15日. 2018年10月15日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年1月11日. 2019年1月11日閲覧。 2019年1月20日. 2019年2月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年11月6日. 2018年11月6日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年11月6日. 2018年11月6日閲覧。 Billboard. 2018年11月10日. 2018年11月10日閲覧。 WoW! Korea エスアイエスイー. 2018年10月29日. 2018年10月29日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年11月29日. 2018年12月6日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年12月5日. 2018年12月5日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年12月6日. 2018年12月6日閲覧。 2018年12月6日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年12月11日. 2018年12月11日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年12月15日. 2018年12月15日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年12月20日. 2018年12月20日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年1月7日. 2019年1月7日閲覧。 もっと! コリア O2CNI. 2019年1月16日. 2019年1月16日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年1月20日. 2019年1月20日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年1月20日. 2019年1月20日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年1月24日. 2019年1月24日閲覧。 2018年12月27日. 2018年12月27日閲覧。 デイリースポーツ デイリースポーツ. 2019年3月8日. 2019年3月8日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年3月18日. 2019年3月18日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年4月8日. 2019年4月8日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年7月4日. 2019年11月19日閲覧。 ORICON NEWS 10月1日付記事• Danmee 2019年11月7日. 2019年11月19日閲覧。 映画ナタリー 2019年11月8日. 2019年11月19日閲覧。 東スポWeb 2019年11月26日. 2019年12月7日閲覧。 スポニチ 2019年12月4日. 2019年12月7日閲覧。 Kstyle 2月3日付記事• Kstyle. LINE 2020年2月18日. 2020年2月18日閲覧。 Kstyle. LINE 2020年2月24日. 2020年2月24日閲覧。 Kstyle. LINE 2020年3月10日. 2020年3月10日閲覧。 Kstyle. LINE 2020年3月10日. 2020年3月10日閲覧。 Kstyle. LINE 2020年5月19日. 2020年5月19日閲覧。 全メンバーの氏名漢字表記はを参照。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年11月9日. 2018年11月15日閲覧。 얼반웍스. 2018年11月15日閲覧。 2018年11月11日閲覧。 UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2018年12月27日. 2018年12月27日閲覧。 oricon. 2019年12月23日. 2020年2月16日閲覧。 UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2019年5月3日. 2019年5月4日閲覧。 UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2019年8月10日. 2019年8月10日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年12月12日. 2018年12月14日閲覧。 UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2018年12月27日. 2018年12月27日閲覧。 音楽ナタリー. 2019年4月10日. 2019年4月11日閲覧。 TenAsia 2019年6月10日. 2019年7月6日閲覧。 Matichon 2019年6月15日. 2019年6月20日閲覧。 Yahoo! News 2019年4月25日. 2019年6月20日閲覧。 OSEN 2019年7月15日. 2019年7月17日閲覧。 izone-official. com 2019年7月1日. 2019年12月25日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年12月11日. 2018年12月17日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年12月17日. 2018年12月17日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年1月24日. 2019年1月24日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年2月21日. 2019年2月21日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年3月18日. 2019年3月18日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年3月18日. 2019年3月18日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年3月25日. 2019年3月25日閲覧。 WoW! Korea エイアイエスイー. 2019年5月3日. 2019年5月3日閲覧。 kpopmap 2019年8月2日. 2019年12月25日閲覧。 newswatch. kr 2019年5月31日. 2019年12月25日閲覧。 kstyle 2019年8月19日. 2019年12月25日閲覧。 izone-official. com 2019年8月30日. 2019年12月25日閲覧。 kstyle 2019年10月17日. 2019年12月25日閲覧。 Mnet公式ウェブサイト. 2018年12月2日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2018年11月22日. 2018年12月7日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年10月12日. 2018年12月2日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年3月8日. 2019年3月8日閲覧。 '앚즈대 12간지 캠퍼스 여신의 강림! 10(YouTube)2020年5月20日公開。 Kstyle LINE. 2018年12月27日. 2018年12月27日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年2月7日. 2019年2月7日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年3月22日. 2019年3月22日閲覧。 KPOP monster 2019年7月11日. 2019年12月25日閲覧。 (YouTube)2019年9月17日公開。 (YouTube)2020年2月17日公開。 (YouTube)2018年11月5日公開。 (YouTube)2019年5月10日公開。 (YouTube)2019年5月8日公開。 (YouTube)2020年4月24日公開。 (YouTube)2018年11月14日公開。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年12月13日. 2018年12月14日閲覧。 Kstyle LINE. 2019年1月8日. 2019年1月8日閲覧。 PR TIMES SHOWROOM. 2019年2月1日. 2019年2月1日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年2月1日. 2019年2月1日閲覧。 official. com 2019年6月21日. 2019年12月25日閲覧。 izone-official. com 2019年9月13日. 2019年12月25日閲覧。 allkpop Theory Media. 2018年9月18日. 2018年9月21日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年10月16日. 2018年10月18日閲覧。 WoW! Korea エイアイエスイー. 2019年1月4日. 2019年1月4日閲覧。 allkpop 6Theory Media. 2019年2月27日. 2019年2月27日閲覧。 朝鮮語. OLIVE YOUNG OFFICIAL SITE CJ Olive Networks. 2019年4月1日. 2019年4月1日閲覧。 DAILY GAME 2019年8月1日. 2019年12月25日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年1月25日. 2019年1月25日閲覧。 ローソン研究所 ローソン. 2019年2月26日. 2019年2月26日閲覧。 ABC-MART(ABCマート公式). Twitter 2019年8月9日. 2019年12月25日閲覧。 ACTRESS PRESS 2019年9月17日. 2019年12月25日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年10月6日. 2018年10月6日閲覧。 Kstyle LINE. 2018年12月7日. 2018年12月7日閲覧。 girlswalker. 2019年7月29日. 2019年7月29日閲覧。 official. com 2019年9月7日. 2019年12月25日閲覧。 izone-official. com 2019年9月5日. 2019年12月25日閲覧。 プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo. 1|PR TIMES 2019年8月1日. 2019年8月1日閲覧。 PR TIMES 2020年4月23日. 2020年4月23日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS. 2019年2月28日. 2019年2月28日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE TOWER RECORDS. 2020年3月3日. 2020年3月3日閲覧。 朝鮮語. NAVER NAVER Corp. 2018年12月24日. 2019年1月8日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (韓国語) (日本語) (英語) (中国語)• (日本語) (韓国語) (英語) (中国語)• - (中国語)• - チャンネル• - V LIVE• - Daum ファンカフェ.

次の