アズレン 土佐 弾幕。 土佐(アズールレーン)とは (トサとは) [単語記事]

【アズールレーン】土佐の評価とスキル/おすすめ装備【アズレン】

アズレン 土佐 弾幕

また1戦に1度だけ瀕死時に耐久を少量自己回復できるので、多少の連戦能力も有する。 最新改造実装キャラ ヘレナ、初霜ともに攻撃面に尖った性能だったが、 改造内容は防御面を広く強化するものとなった。 高難易度帯では対空面も重要視されることから、今回の改造でそれらの弱点を克服できたのは大きい。 元々強力だった既存スキルも強化され、SGレーダーの有無により発動タイミングを調整できるようになっている。 魚雷でダメージをだすこともでき、海域攻略から演習まで幅広く活躍できる。 スキル効果によって雪風と組む事で雷装値が更に高まり、そのおかげもあって攻撃能力においても綾波改などと比較して遜色ないレベルに達している。 反対に敵の魚雷ダメージは軽減可能など、全スキルの強化は必須だが、 完成の暁には攻撃面・防御面・連携力ともに優秀な軽巡へ成長する。 雷装値の高い駆逐艦と同時編成するだけで活躍を見込める。 制空・対空が重要で 空母を多用したい後半海域で真価を発揮し、1・2回目の戦闘では空母のダメージ軽減効果も発揮できるので、主力の被弾が免れない後半海域のボス用艦隊としても重宝する。 また、軽巡としてはトップクラスの対潜値を持つ点も覚えておけば役に立つだろう。 主砲ダメージ強化スキルと優秀な全弾発射も持ち、火力面も申し分ない。 ステータスも優秀で、全体的に隙のない性能を持つ。 艦隊の先頭か否かでダメージ軽減か対空アップかを選べるが、どちらの効果もかなり高いので、 「攻撃に耐える・強力な主砲で反撃する」という副砲型重巡に要求される基本要素を高いレベルで実現できている。 全弾発射も強力で、ダメージも十分だすことができる。 魚雷の枠も削れておらず、潜水艦としての仕事もソコソコこなす万能キャラだが、水上機の運用において防空艦には注意を払いたい。 また、到着時の戦艦強化も地味だが強力。 味方潜水艦の被ダメも下げるので事故防止としても強く、通商破壊など潜水艦の被弾が多いステージが安定する。 因みにアルバコアが同行した場合の強化は浮上離脱時の弾幕に対してのみなので、無理に同時編成してなくてもOK。 ただし潜航値が下がるデメリットが辛いので、 スキル強化でデメリットを軽減して運用することが前提となる。 手動照準による確定クリティカルが強力な他、特殊弾幕の炎上効果は同時実装されたアルジェリーと相性が良い。 更に対装甲補正に優れた特殊弾を備え、装甲を問わず安定したダメージを保証。 ティルピッツとは戦艦同士のため同時編成すると本人のスキル効果は失われるが、それ以上の強化付与が可能で問題にならない。 【運用上の注意】 軽巡副砲の射程が伸びる代わりに砲門数が少なく 接近戦を苦手としている。 演習等においては鉄血前衛艦の粘り強さを活かして相手を近づけない立ち回りを行いたい。 既存スキルにもメスが入り、開幕発動が10秒に短縮された上、威力も上がった。 対潜機が搭載可能になった利点は今後の対潜水艦任務の動向で評価が左右されるだろう。 加えて、特殊弾幕スキルと高いステータスを持つ優秀なキャラ。 戦艦だがスキルで魚雷を発射することもでき、ステータスも高い。 更に 移動速度ダウンスキルを持ち自爆ボート迎撃も得意と、戦艦でトップクラスの性能を持つ。 しかし、育成にはかなりの時間がかかる。 装填値をアップする効果もついており、攻撃とサポートを同時にこなせる。 さながら長門などの旗艦キャラのような恩恵があるが、 1つを除いて配置を選ばず陣営に関係なく効果を発揮するので、あらゆる編成を検討できる。 初回の航空攻撃を行うまでの時間を短縮するスキルを持つので、先手をとることが重要な演習で強力なキャラ。 加賀とほぼ同性能だが、装備補正に若干の違いがある。 加えて特殊航空攻撃を獲得しており攻撃力自体は増しているので、 速攻力を若干下げて攻撃力を上げた赤城といえる。 魚雷でダメージを稼くこともでき、ロイヤル陣営なのでクイーンエリザベスのスキル対象にもなる。 装填値を大幅アップできるスキルも所持しており、総じて主砲での攻撃に特化した性能を持つキャラ。 自身に追従する特殊兵器が発射する弾には減速効果があり、鈍足化した敵艦の耐久を僚艦と共に確実に削り取っていく。 【注意点】 砲撃能力とは対象的に、雷撃は不得意。 「情報レポート・北極要塞」など駆逐艦でも大きく火力値を上げられる設備が同時実装されているので、雷撃は補助と割り切り、長所を更に伸ばす設備構成を行うのも悪くない。 高いクリティカル率を誇り通常の運用でも十分強力だが、駆逐艦に対して特に高い命中力と火力を発揮し、スキルで弾速の増した主砲は、 高速で動く駆逐艦を正確に射抜ける。 【注意点】 欠点らしい欠点はないが、素の回避値が少し低いので、回避系の設備で補うと高めの耐久値を更に活かせる。 砲撃能力に優れ、開幕30秒は回避と雷撃値も上昇している。 開幕強化は時間経過で徐々に薄れるが、 敵撃破や砲撃命中を重ねることで自身や味方駆逐艦を強化可能。 素早い殲滅と正確な射撃を要求する為、強力な駆逐艦だが本領は手動操作において発揮される。 この航空攻撃は空母の航空攻撃同様に弾消しが可能で、力技で敵艦の攻撃を回避できる回数が増える。 爆撃ダメージはそれなりだが、特殊航空攻撃は雷装値を参照するので、フブキの高い雷装値を活かせる点が嬉しい。 一方で、 前衛が1隻でも落ちると効果が解除される点は注意が必要。 自身が炎上している限り火力・雷装・対空・回避値が2割増しする点も強力で、攻守ともに頼りになるが、軽巡にしては速力が遅い。 主砲の選択次第で性能が大きく変化するが、今まで通りの役割を期待するなら重桜製主砲の採用を推奨。 特に 高いクリティカル率や相手の回避を下げるスキルは相手にとって驚異となり得るが、対空においてはスキル頼みであり、敵機の迎撃が安定しない場面もある。 空母の命中を上げられる点で他にないメリットを持つが、自身の強化においては条件が少々厳しい。 また同型のダイドー級を強化可能で、自身の強化効果も豊富に揃っている。 エリザベスを編成した場合はそちらのスキル効果も当然乗るので、 条件が揃った場合の強化幅は相当な数値。 改造で追加されるスキルも同様に、駆逐艦と出撃した際に攻撃能力を上昇させるものなので、よりその傾向が強まっている。 逸仙と同時編成で回避率が大きくアップし、非常に高い生存力を持つようになる。 ノーマル海域は重桜陣営の敵が多いので活躍しやすい。 編成が完成さえすれば、高難易度の連戦を楽々こなせるように。 巡洋艦は強力なキャラが多いのでスキルが活かしやすい。 旗艦の被ダメージを軽減できるスキルを持ち、主力艦隊への攻撃が多い高難易度海域で活躍しやすい。 特に高難易度の低燃費周回に適性があり、攻略時も十分活躍できる性能。 スキル構成も全艦与ダメージアップと対空値アップで無駄がない性能。 消えたデメリット分と対装甲補正が安定する特殊弾薬の採用で、砲撃性能は更に期待が持てるようになっており、副砲型の長所を活かせる調整といえる。 砲撃や特殊弾幕で敵艦を炎上させることでもダメージ強化を得られ、自己強化と合わると大幅に火力が上昇する。 また、 手動操作時に速力が上がる珍しい特徴を持ち、速力上昇時は軽巡並の速度を発揮可能。 主砲を徹甲弾に固定するので砲性能のみで主砲を選べる上、通常の徹甲弾より倍率が高めに設定されている。 また、ユニオンに限定されるが 空母の航空値に貢献できる重巡は希少で、編成の幅を広げてくれる。 また、 瀕死時に自己修理が出来るキャラなので、彼女に先頭を任せると安定感が増すだろう。 主砲で安定したダメージをだしつつ魚雷でのダメージも期待できるため、攻撃性能が非常に高い。 追加スキルも得意な主砲攻撃を強化する類で、自身も活躍しつつ砲術指揮で前衛を支援する器用な艦に仕上がった。 育成すると開幕から魚雷を2個ストックでき、演習では戦闘開始直後から敵に大ダメージを与えられる。 ステータスも高水準。 基本性能がとにかく優秀なので、スキルに頼らず活躍できるのが魅力。 入手も比較的容易で重巡を育てる際、もし手元にいれば最初に育てておけば末永く活躍してくれる。 重巡の弱点である回避値も補完され、スキルによって榴弾に耐性を持てる為、 攻守両面において重巡としての活躍が期待できる。 全弾発射自体も扱いやすい弾幕を形成するため、 全弾発射の連発を期待して軽巡主砲を装備したい。 火力と装填を強化するスキルの条件も緩く、中装甲だがスキル効果で貫通弾にも強いため、弱点らしい弱点の見当たらない優秀な重巡。 開幕からの立ち上がりが劇的に速くなっており、演習などでも副砲型の多い対戦相手なら出鼻を挫くことができる。 実はポラリスで元と比べて最も強化されたキャラかもしれない。 他者を強化する能力こそ無いが、優秀な装填と雷装を有している為、 高いダメージ上昇効果と合わせてメインアタッカーとして活躍する。 自身も優秀な装填・雷装値を確保しており強力だが、鉄血潜水艦全体の課題として潜航力が低い為、改良型シュノーケルなどで補いたい。 別働艦隊を支援できるスキルも新しい。 特殊弾幕も所持しており一定以上の攻撃力も有しているが、弾幕の威力は最高クラスの物と比べると若干控えめとなっている。 主要ステータスのほとんどを強化できるうえ、常時発動するため非常に強力。 自身の戦力は高くないが、ロイヤルの主軸となるスキルを持つため、 陣営で固める場合に彼女がいないと落ち着かないという指揮官もいるだろう。 画面全体を覆うような弾幕のため、敵を一掃することが可能。 魚雷弾幕は開幕10秒で放たれるため先制奪取に強く、後追いで主砲弾幕も襲う為攻撃において隙がない。 また、 赤城の「一航戦」の対象になっている為、空母二隻以外の編成も視野に入った。 与ダメージを倍にするスキルを持っており、このスキルがシンプルながら非常に強力。 軽装甲にはやや弱いが、ダメージUPスキルが使いやすく、自身のステータスも高水準。 クリティカル率アップに加えて威力高めの特殊弾幕を備えるなど 攻撃力に関しては申し分なく、キズナアイの編成がスキルの発動条件に含まれていない為、編成に係わらず戦力として期待できる。 更に、対空値が戦艦中では高いので、戦闘回数が多く航空機が多数飛来する 後半の海域で真価を発揮する。 逆に撃破数の稼げない演習では立ち上がりが遅くなりがち。 しかし弾幕性能自体は強力で、 前衛を魚雷から保護するスキルもあり無二の役割を持てる。 演習の開幕魚雷などは脅威度が高い為、保護スキルが特に活躍する。 ステータスも高く、キャラ単体で与えるダメージは空母でトップクラス。 スキルの発動で一定時間の無敵化までおこなうので、演習では彼女一人だけ生き残っていることもしばしばある。 また、特殊攻撃には戦艦系の装甲破壊効果も付与されているので、相性がよければ演習やボス戦でも活躍できる。 【注意点】 「恐れなきFighting I」は緊急時以外は効果を発揮できず、緊急回避用のスキルとしては効果が若干物足りない。 また、「ツイン・ドライ」も安定した戦場では実質的に攻撃強化回しか活きない。 重装甲で耐久値も高く、打たれ強いのも魅力。 爆撃機での範囲攻撃とスキルでの単体攻撃を両立しており、非常に優秀なキャラ。 効果の程は「役」という不確定要素が混ざるが、通常の航空攻撃とタイミングをずらせるので、絶え間なく航空機を飛ばしていける。 瀕死時に長時間無敵化するスキルは、特に演習で役立つだろう。 しかし、この ズレは絶え間ない航空攻撃を行う上で重要であり、海域においては航空攻撃のタイミングを細かく刻めることで戦果が安定する。 この事から長時間戦闘になり観測機が活きる 高難易度海域への適正が高い。 戦艦編成の旗艦として起用する場合の恩恵も大きいが、配置の関係上戦艦の特殊弾幕などが効果を発揮しづらい事には留意したい。 自身の攻撃は勿論、他の艦の高火力攻撃と手動で合わせる事で、それらの命中力を飛躍的に上げられる。 その他にも浸水付与や戦闘機枠に爆撃機を使用できるなど、見るべき点の多い空母。 支援寄りの空母という色が強いが自身も特殊航空攻撃を備え、スキルを強化すれば確定で発動するようになるため、 手を掛ければ火力面も決して低くないバランスの良いキャラになる。

次の

【アズールレーン】ベアルンの評価とスキル/おすすめ装備【アズレン】

アズレン 土佐 弾幕

自身の配置位置に影響されない特殊を展開する Lv. 「 自身の配置位置に影響されない特殊を展開する」とあるように、どこに配置しても投射弾と小粒弾は一定の戦果が見込める。 投射弾は演習だと敵主力艦を狙ってくれるが、使った感じいくつかパターンがあるようだ。 敵が減ってもしっかり機能するのが嬉しい。 最後の4発は旗艦めがけてまとめて発射する。 旗艦が倒れている場合でも構わず同じ場所に投射するのが難点だが、上手くやと連携すれば旗艦集中攻撃が可能になる。 演習では敵主力まで届くものの、発射角度的にほとんど当たらない模様。 魚雷 投射弾と小粒弾のハデさに隠れてしまいがちだが魚雷も発射する。 魚雷は近くの敵を狙って発射するが、弾速が遅いのでネームド艦を狙うと動かれて当たらない。 量産型を狙えば当たってくれるが、だいたい主砲や小粒弾が先に量産型を狙って倒してしまうので無駄になりやすい。 10(威力はスキルレベルによる)を展開する。 編成外のダメージは土佐の火力とレベルに依存し、別艦隊のオフニャと弾薬補正の影響を受けるらしい。 の別艦隊支援スキルと異なり、発動時に「SKILL ACTIVATION」が表示される。 発動条件の性質上、使うなら土佐はボス用艦隊に置き、道中艦隊を支援する形になる。 特殊副砲 特殊副砲 こちらは自身が所属する艦隊の戦闘中に発動する。 発動条件は自身がダメージを受けるか、敵が一定範囲内に入ること。 一度発動すると15秒間再発動できないが、開幕クールタイムは無いので演習だと即発動が可能だ。 針状弾は波線を描くように発射される固定軌道の。 限界射程は演習の敵主力に届かない程度。 砲並みの威力があり装甲補正はALL100%らしい。 2発のは近くの敵に向けて発射される。 そこそこの威力と炎上効果を持ち、軽装甲に対する補正が高いのが特徴。 (2020年6月29日) 戦艦の特殊と言えば基本的に旗艦配置で最高効率を発揮するタイプが多い。 そのあたり土佐は柔軟性に恵まれたと言え、「旗艦戦艦+僚艦土佐」の組み合わせで高い攻撃力を発揮できる点は魅力的だ。 特殊副砲 土佐は特殊だけでも十分強いが、特殊副砲も備えているので手数が多い。 威力の低い針状弾は発射数が多く敵艦が多い状況で有利、さらに威力が高いを発射するのでちょっと硬い敵にも有効打を与えられる。 土佐を道中艦隊に起用するなら前衛艦の負担を減らしてくれる良スキルになる。 ボス戦や演習においても定期的にを発射してくれるので十分使えるといった評価だ。 編成外 別艦隊を支援する珍しい効果を持っている。 発動条件を整えるのが面倒で性能も頼りないが、低燃費編成で回す時に少しでも事故率を減らすといった目的で使える。 また、このタイプのスキルを持つ艦船が今後増えてくれば、複数重ねることで大きな効果になり、低燃費編成の研究が加速するかもしれない。 装備-Equipment- 土佐のオススメ装備 候補一覧からお好みで装備を組み合わせると良いです。 自由奔放にして、本来のカンレキの関係か時々言動が皮肉屋っぽく感じさせる。 「姉上」と呼ぶ戦艦・加賀と比べて性格が丸くなっているか、それとも…? 土佐は軍がで考案したの一隻。 はの拡大改良型らしく近い関係にあると言える。 同期の艦船 土佐はイベント「縹映る深緋の残響(復刻)」で登場した艦船だ。 この時に新規実装された艦船は、がいる。

次の

アズールレーン (アズレン) 土佐さん始動! ややこしいスキル2をチェック! いつもの12

アズレン 土佐 弾幕

自身の配置位置に影響されない特殊を展開する Lv. 「 自身の配置位置に影響されない特殊を展開する」とあるように、どこに配置しても投射弾と小粒弾は一定の戦果が見込める。 投射弾は演習だと敵主力艦を狙ってくれるが、使った感じいくつかパターンがあるようだ。 敵が減ってもしっかり機能するのが嬉しい。 最後の4発は旗艦めがけてまとめて発射する。 旗艦が倒れている場合でも構わず同じ場所に投射するのが難点だが、上手くやと連携すれば旗艦集中攻撃が可能になる。 演習では敵主力まで届くものの、発射角度的にほとんど当たらない模様。 魚雷 投射弾と小粒弾のハデさに隠れてしまいがちだが魚雷も発射する。 魚雷は近くの敵を狙って発射するが、弾速が遅いのでネームド艦を狙うと動かれて当たらない。 量産型を狙えば当たってくれるが、だいたい主砲や小粒弾が先に量産型を狙って倒してしまうので無駄になりやすい。 10(威力はスキルレベルによる)を展開する。 編成外のダメージは土佐の火力とレベルに依存し、別艦隊のオフニャと弾薬補正の影響を受けるらしい。 の別艦隊支援スキルと異なり、発動時に「SKILL ACTIVATION」が表示される。 発動条件の性質上、使うなら土佐はボス用艦隊に置き、道中艦隊を支援する形になる。 特殊副砲 特殊副砲 こちらは自身が所属する艦隊の戦闘中に発動する。 発動条件は自身がダメージを受けるか、敵が一定範囲内に入ること。 一度発動すると15秒間再発動できないが、開幕クールタイムは無いので演習だと即発動が可能だ。 針状弾は波線を描くように発射される固定軌道の。 限界射程は演習の敵主力に届かない程度。 砲並みの威力があり装甲補正はALL100%らしい。 2発のは近くの敵に向けて発射される。 そこそこの威力と炎上効果を持ち、軽装甲に対する補正が高いのが特徴。 (2020年6月29日) 戦艦の特殊と言えば基本的に旗艦配置で最高効率を発揮するタイプが多い。 そのあたり土佐は柔軟性に恵まれたと言え、「旗艦戦艦+僚艦土佐」の組み合わせで高い攻撃力を発揮できる点は魅力的だ。 特殊副砲 土佐は特殊だけでも十分強いが、特殊副砲も備えているので手数が多い。 威力の低い針状弾は発射数が多く敵艦が多い状況で有利、さらに威力が高いを発射するのでちょっと硬い敵にも有効打を与えられる。 土佐を道中艦隊に起用するなら前衛艦の負担を減らしてくれる良スキルになる。 ボス戦や演習においても定期的にを発射してくれるので十分使えるといった評価だ。 編成外 別艦隊を支援する珍しい効果を持っている。 発動条件を整えるのが面倒で性能も頼りないが、低燃費編成で回す時に少しでも事故率を減らすといった目的で使える。 また、このタイプのスキルを持つ艦船が今後増えてくれば、複数重ねることで大きな効果になり、低燃費編成の研究が加速するかもしれない。 装備-Equipment- 土佐のオススメ装備 候補一覧からお好みで装備を組み合わせると良いです。 自由奔放にして、本来のカンレキの関係か時々言動が皮肉屋っぽく感じさせる。 「姉上」と呼ぶ戦艦・加賀と比べて性格が丸くなっているか、それとも…? 土佐は軍がで考案したの一隻。 はの拡大改良型らしく近い関係にあると言える。 同期の艦船 土佐はイベント「縹映る深緋の残響(復刻)」で登場した艦船だ。 この時に新規実装された艦船は、がいる。

次の