日本 昔ばなし 声優。 常田富士男(まんが日本昔ばなし声優)が死去!死因や他の出演作品は?

まんが日本昔ばなし

日本 昔ばなし 声優

経歴 [ ] (現・)で生まれ、定職を持たぬ父とともに・、、、を転々とし 、小学3年時よりで育つ。 中学を卒業すると親元を離れ、定時制に通う。 高校卒業後、上京して養成所へ入所。 養成所を出た後は、劇団員にならず、に、らとを結成。 監督作品『』()と『』()に出演。 『』や『』への出演で知られた。 また、1970年には「私のビートルズ」を発表している。 同曲は深夜放送を中心としたラジオでもオンエアされた。 1972年には人気ドラマ「木枯し紋次郎」にゲスト出演し、中村敦夫と共演している。 また1973年には映画『股旅』で萩原健一と共演した。 からまでは『』ですべての登場人物の声をと2人のみで長年に渡って演じたことでも有名(復活を望む声が多く、からはゴールデンタイムで再放送された)。 、「 まごころの政治」を掲げて長選に立候補し、らの応援を受けるが落選した。 、第4回声優部門特別演技賞を受賞。 、第30回を受賞。 午後頃、のため内の病院で死去。 81歳没。 関係者によれば、亡くなる数か月前から入院療養していたとのことである。 テレビ、映画、演劇を通して個性派俳優として長く活躍、特に独特のセリフ回しや風貌で脇役として強い印象を与えた。 市川崑作品には10本以上出演した。 雑記 [ ] の曲「ニットキャップマン」に名前が登場する。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1958年 - 1963年、)• (1959年、)• (1961年、)• (1963年、)• 異聞はがくれ(1964年、NHK)• (NHK)• (1966年) - 喜三太• (1973年) -• (1978年) -• (1967年、NHK) - 矢七• 第5シリーズ 第25話「愛憎三猿」(1968年、CX) - 文吉• (TBS)• (1968年 - 1969年) - 国さん• (1969年) - 浅倉• ママに送る大事件(1969年、NHK)• (1969年、TBS ) 第381話 「予防殺人」• 第27話(1970年、TBS)• (1972年、TBS)• (1973年、TBS)• 第3話「はみだし者に情なし」(1973年) - 亀吉• 第31話「狂乱大決着」(1974年) - 別れ屋桃助• 第10話「女房無用」(1977年) - 政吉• (1982年) - 伊八• (1974年、CX)• (1974年、NTV) - ブリキマン• 第14話「湯女風情」(1975年、NHK)• 第2シリーズ 第31話「兇悪のプレゼント」(1975年) - 島崎正• 第2シリーズ 第81話「兇悪の暴走族」(1976年) - 長谷川吉造• (1976年、TBS) - 村田日出男• 第11話「呆然! (1977年、)• (1977年、TBS)• L) - 多田玄斎• L) - 勘次• 第56話「父ちゃんからの手紙」(1979年、TBS)• (1981年、TBS)• 第500話「涙で嫁ぐ盗賊の娘」(1981年) - 徳三郎• (NTV)• 消えた鼓動 心臓移植殺人事件(1981年)• (1985年) - 村田安二郎• 殺人回廊(1992年)• シリーズ(1988年 - 1991年、ANB)• (2012年、) - 百瀬 映画 [ ]• 警察日記 ブタ箱は満員(1961年、)• 背くらべ(1962年、)• (1963年、) -• (1964年、松竹) - 九作• (1965年、東宝)• (1965年、東宝)• (1968年、東宝) - 八• (1969年、東宝) - 代官所手代• (1970年、) - 鍛冶屋留吉• (1970年、東映) - 増田• (1971年、日活) -• (1971年、日活) - ネクロ• 驚異のドキュメント 日本浴湯物語(1971年、) - ナレーター• にっぽん三銃士 おさらば東京の巻(1972年、東宝) - 小岩社長• 股旅(1973年、)• (1974年、東宝) - 浮浪者• (1975年、東宝) - 放免• 異邦人の河(1975年、緑豆社) - 朴英一• (1975年、ATG) - 三本指の男• 任侠外伝 玄海灘(1976年、ATG) - 国鉄労組委員長• (1976年、東宝) - 西山• (1977年、東宝) - 辰蔵• (1977年、東宝) - 原口天明• (1978年、東宝) - 農夫• (1979年、東宝) - 権堂• (1979年) - 蟹五郎• (1980年、東宝) - 景雲• (1980年、東宝) - 伊崎史郎• (1980年、東宝) - 剣持• (1981年、東宝)• (1981年、東宝)• (1982年、東映セントラルフイルム)• (1983年、東映) - 仁作• (1983年、東宝) - 谷村博士• (1983年、東宝) - 五十嵐• (1984年、東宝) - 富五郎• (1985年、東映) - 福屋• (1985年、松竹=松竹富士) - 周頭取• (1985年、東映)• (1985年、東宝)• (1986年、ニュー・センチュリー・プロデューサーズ)• (1986年、ニューセレクト) - 春さん• (1986年、東宝) - 伊集院• (1987年、) - 年老いた漁師• (1987年、東宝) - 商人・宇陀• (1987年、東宝) - 佐藤籐右衛門• (1988年、松竹富士) - タカシの父• (1989年、東映)• (1989年、東宝) - 祐天寺豪造• (1990年、大映) - 正蔵• (1990年、東宝)• (1991年、東宝)• (1991年、東映) - 警官• (1993年、松竹) - 信田仙次郎• 先生あした晴れるかな(1994年、中山映画)• (1997年、松竹) - 中島次郎• 原野の子ら(1999年、中山映画)• (1999年、プロデュースセンター) - マツタケ狩り名人・辰次郎• あかね色の空を見たよ(2000年、中山映画)• かあちゃん(2001年、東宝) - 易者• ランドセルゆれて(2003年、中山映画)• 聞こゆるや(2004年、Ryun) - 会長• (2005年) - 森川さん• (2007年) - 校長先生• (2011年、ゴー・シネマ) - 自転車で旅する老人• 2つ目の窓(2014年、) - 亀次郎• 輪廻(2016年、組画) テレビアニメ [ ]• (1979年、CX) - くじら 劇場アニメ [ ]• 象のいない動物園(1982年) - 三吉• (1983年)- ククルック• (1985年) - 兵十• (1986年) - ポムじいさん• (1986年) - 灯台守• (1989年) - 北山の僧都• (1998年) - 語り 人形劇 [ ]• (1991年、NHK)• 「バラモンとトラとジャッカル」(1989年、NHK教育) ディスコグラフィ [ ]• 私のビートルズ(1970年)「私のビートルズ」を発表している• 2001年生まれのフランケンシュタイン 「」内• ゴリラの一郎 花とさけ 「ソング・オブ・カリキュラマシーン」所収(1974年)• トッピンからげて逃げられて(1983年) アルバム [ ]• 常田富士男 民話の世界 ラジオ [ ]• (・・、人権啓発センター制作)• 銀河動物園 バラエティ・情報番組 [ ]• (NTV)• (NTV)• (NTV)• 朝の詩「奥の細道」(1991年)• 「四季 里山の音景色」(2007年2月、) - ナレーション• (ナレーション) その他 [ ]• ・昔ばなし列車 (車内でのナレーション)• 観光列車・(車内でのナレーション) CM [ ]• キユーピーマヨネーズ (1976年、ナレーション)• ハウスシチュー(1978年、ナレーション)• ピコレット(1978年、歌・ナレーション)• (1979年 - 1980年、ナレーション)、(1982年 - 1983年、1984年 - 1985年ナレーション)• 公共広告機構(現:)(1982年 - 1986年、まんが日本昔ばなしとのコラボレーション)• こはる(1983年、歌・ナレーション)• ・赤いカード「わをかけて面白くなったね」(1983年、ナレーション)• ルームエアコン ビッグフロー(1991年 - 1992年、ナレーション) 関連項目 [ ]• 出典 [ ] []• 2018年7月19日. 2018年7月19日閲覧。 「晴れのち夢=俳優・常田富士男さん 郷愁かき立てる味わい深い語り [略歴]」『』2006年1月10日 朝刊• - 産経ニュース 2018年7月19日• 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月6日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月4日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• この項目は、に関連した です。 この項目は、(を含む)に関連した です。

次の

3周年突入!柄本明ら声優陣が語る「日本の昔ばなし」の魅力とは!?|ウォーカープラス

日本 昔ばなし 声優

そんな同番組が、2014年4月で3周年を迎えることを記念して、語り手を務める柄本明さん、松金よね子さんに、番組の魅力をうかがった。 全国各地に伝わる民話や、祭事の由来、神話、伝説、落語など、日本人の根柢にある様々な教訓を、現代の映像技術でアニメ化。 それを記録として残していくことこそ、地域の復興・心の復興に繋がるのではないか?という思いを受け、同番組は2012年よりスタートした。 1週につき3話が放送される形式や、1話毎に異なるアニメーション作家が制作を担当するスタイル、さらに劇中では、柄本さんと松金さんが語り部のほか、老若男女、様々な配役をこなしている点なども特徴的で、日本民間放送連盟が選ぶ「青少年に見てもらいたい番組」に、2年連続で選定された他、第56回 厚生労働省 児童福祉文化賞を受賞したことでも知られている。 そんな「ふるさと再生 日本の昔ばなし」で、声優を務めることになったときの心境について、柄本さんにお聞きすると「光栄でしたね。 『まんが日本昔ばなし』の流れを汲む、伝統ある番組に参加できることを、俳優として大変嬉しく思いました」と語ってくれた。 また、3年目に向けた意気込みについて質問すると、「日本が世界に誇れる作品に、こういった形で関わることができ、本当に幸せなことだと思っています。 3年目に突入しても今まで通り、ひとつずつの仕事に対して一所懸命に取り組むだけです」と、実に柄本さんらしい意見を聞かせてもらえた。 続いて松金さんに、同番組の魅力についてうかがってみると、「楽しい話だけでなく、ときには不条理な話や残酷で辛い話も描かれるのですが、それがすごく新鮮でしたね。 そんな番組に仕上がっていると思います」と話してくれた。 続いて、3年目に向けた意気込みについて質問すると、「あっという間の2年間だったので、もう3年目?と、驚いています。 テレビ東京系列では毎週日曜の9時より、BSジャパンでは毎週土曜の11時30分より放送中なので、名優たちの熱演が気になる人は、早速この週末に同番組をチェックしてみてはいかがだろう。 【Walkerplus】.

次の

『まんが日本昔ばなし』の声優 常田富士夫氏が歌う大麻

日本 昔ばなし 声優

市原悦子さんは1975年から94年まで、アニメ番組「まんが日本昔ばなし」の声優を担当。 常田富士男さんと2人だけで全1468話の登場人物・キャラクターの声を分担した。 15年に大阪・近畿大学で講演した際は「-昔ばなし」について「意外に子供向けには作らず、教育的になることや、上から目線で語ることは避けました」と回顧。 「入れ歯になっても、車いすに乗っても続けようと言ってたんです」と笑顔で明かした。 放送終了については「『日本昔ばなし』は絵描きさんがとても丁寧に作ってくださって、制作費もかかって、テレビ局の偉い方々が安いほうに行っちゃったみたい」と市原さんらしいトークを繰り広げた。 昭和を代表する人気番組で、75年1月7日の初回を「こぶとり爺さん」と「笠地蔵」でスタート。 全放送の視聴率平均は関東地区18・1%、関西地区20・9%。 最高視聴率は関東地区が81年1月10日の33・6%で「二つ道のおいはぎ」「宝の下駄」を放送。 関西地区は80年10月4日の39・8%で「縁持ち狸」「あずき峠」の放送回だった。 yahoo.

次の