仕事 辞めたい 理由 ランキング。 仕事を辞めたい!と思ったらやるべき9つの行動やその後の生活・転職活動を解説!

「仕事を辞めたい」と思ったら読んでほしい!理由や状況別の解決策

仕事 辞めたい 理由 ランキング

この記事の目次• TOP1位「家庭の事情」 まずは「家庭の事情」です。 辞める理由によく挙げられるもので、いわば定番とも言えるものです。 この「家庭の事情」には様々なケースがあります。 例えば 子供の習い事のために送り迎えをすることになり、勤務時間帯的に働くことが難しくなったというケースや夫の勤務体系が変わり家を空けられなくなったケース、家事がおろそかになり夫の反対が強くなったケース等です。 パート先には単に「家庭の事情でパートを辞めさせていただきたいです。 」というだけでスムーズに退職できる場合もあります。 ただし、パート先の担当者によっては、できるだけ長く働いてもらいたい、あるいは少しでも働ける場を提供したいという思いから、引き留めたり、何とか調整できないかどうかを考えるために詳しい理由を聞いてくる人もいるでしょう。 ただし、 法律上はどのような理由であれ、辞めたい理由を詳細に話す義務はありません。 詳細な事情を話したくない場合は、「すみません、細々とした事情はプライベートなお話になるのでお伝えすることができません。 」「気にしていただいているのは大変ありがたいのですが、細々としたことは話すなと家族に言われており、一身上の都合ということでお願いしたいと思います。 」というような伝え方で丸く収めることをおすすめします。 TOP2位「(自分や家族の)体調不良」 パートで働いている間に 自分の体調を崩してしまったり、家族の体調不良による介護・看病が辞める理由になる場合もあります。 体調が良くないのでパートを続けることができない、というのはストレートでわかりやすい理由ですし、相手方にも納得しやすいものであると言えます。 例えば立ち仕事や力仕事のあるパート職だと「足の痛みがひどく、我慢していたが続けられなくなってしまいました。 」「大丈夫だろうと思っていたのですが、ひどい腰痛になってしまいました。 」というようなケースが考えられます。 介護・看病については、夫や子供、両親や義両親の体調不良や病気などが原因で起こることがあります。 どのような状況なのかはケースバイケースですが、やむを得ない事情でパートを続けることが難しい、ということが大きなポイントであると言えます。 TOP3位「転職(条件違い・もっと稼ぎたい)」 他のパート、あるいは正社員に転職する、ということも今のパートを辞める理由としてよくあるものです。 具体的には、例えば 「子供の塾・進学費用を貯めるためにもっとお金を稼ぐ必要が出てきたので、よりシフトに入れるパートに移りたいと考えています。 」や「現在の仕事の条件が面接時に聞いていた内容と違い、想定していた収入を下回るため続けて行くのが難しくなりました。 」といったものです。 他にも「他のパートとの掛け持ちは難しく、将来のことも考えて正社員を目指して転職活動することにした。 」ということも立派な理由です。 なお、転職先が決まっていない場合には、パート先の状況が改善される、あるいはシフト増加、時給アップにより収入の増加が約束された場合には、辞めずに勤務を続けるということもありえます。 収入を理由にパートを辞めるかどうかを考えている人は、まず条件や賃金アップが可能かどうか交渉するところから始めるというのも一つの方法です。 TOP4位「資格・趣味の勉強」 「資格・趣味の勉強」も転職などと同様に、具体的で納得してもらいやすい理由だと言えます。 例えば 「資格を取るための勉強をする」、「習い事を始めて時間の都合がつきにくくなった」等の理由が挙げられます。 TOP3位の「転職(条件違い・もっと稼ぎたい)」と合わせて「資格を取って転職したいと考えており、勉強に集中したい。 」という理由でパートを辞める人もいます。 いずれにせよ「パートの時間を勉強(もしくは習い事・趣味など)に充てたい」という趣旨を伝えることがポイントと言えます。 TOP5位「引っ越し」 夫の転勤や家族の介護、マイホーム購入など、様々な理由で「引っ越し」をすることもありえます。 遠くてパート先に通えない距離のところに引っ越すようであれば当然、パートは辞めざるを得ませんから理由としても真っ当なものであると言えます。 パート先の担当者も特に問題なく了承してくれることでしょう。 近隣への引っ越しの場合でも、生活環境の変化が生じるので、辞める理由としては十分です。 嘘はばれると良くないのでカドが立たない理由を伝える 辞めたい思いが強くて、嘘をついてでも辞めたい、という場合もありえるでしょう。 例えば「職場の人間関係が嫌」「仕事は大変なのに時給が安すぎる」「(勤務日・時間などに)無理を言われるので辛い」など、自分にとっては本当のことであるものの、担当者には言いにくい事情やとにかく仕事が嫌になって何でもいいから辞めたい、という場合は嘘をついてでも辞めたいと思うのも無理はありません。 ただし、だからといって 嘘をついてしまうと、ばれたときに気まずい思いをしたり、トラブルになる可能性もあります。 パート先が自宅から近いところであれば、生活していて顔を合わせることもあるかもしれません。 本当のことを言いたくない場合や、本当のことを伝えると相手を不快にさせるからといって、 ばれたときに良くない嘘は言わない方が良いでしょう。 そんな場合には、カドが立たない理由を伝えることをおすすめします。 カドが立たない理由としては、今回紹介したような「家庭の事情」や「体調不良」を主な理由として伝えるという方法があります。 また、「一身上の都合」として詳細な理由を話さないという方法もあります。 スムーズで円満な退職のためにも、カドが立たない理由を伝える方が良いでしょう。 事情があって緊急で辞めたい方は、こちらの記事も併せて参考にしてみてください。 今すぐにでも辞めたい場合はどうする?.

次の

新卒が三年以内で退職する理由ランキング

仕事 辞めたい 理由 ランキング

Contents• 仕事辞めたい理由ランキングベスト8 1位 仕事に疲れて辞めたい 多少の疲れというのは、仕事をしていれば誰にでもあります。 しかし残業や時間外勤務が多ければ肉体的疲労が、人間関係が悪ければ精神的疲労が溜まっていきます。 一時的な疲れなら耐えられるかもしれませんが、それが毎日となると話は違いますよね。 いくら疲れを感じても、その仕事にやりがいがあれば仕事を辞めたいとは思わないでしょう。 つまり、仕事を辞めたいと思うのは疲れだけが理由ではないのです。 仕事がつまらない、労働条件に不満があることが多いのです。 近年、日本では過労死が問題となっています。 過酷な条件で仕事をする、拘束時間が恐ろしく長いような場合、過労死も他人事ではないのかもしれません。 あなたが勤めている企業がブラック企業だとわかったら、転職を視野に入れることをおすすめします。 2位 ストレスで仕事を辞めたい 今の日本はストレス社会と呼ばれていて、多くの人が何かしらのストレスと日々戦っています。 誰にでもあるものなので軽く考えられがちですが、ストレスは大きな病気の引き金にもなる恐ろしいものです。 ストレスを自覚しているのならいいですが、中には自覚のない人もたくさんいます。 実は、仕事のストレスで自殺を考えた人は約19%もいるそうです。 5人に1人が、死にたくなるほどのストレスを感じているなんて…驚きですよね。 うつ病などを患ってからでは遅いです。 たかがストレスだと思わず、つらいと感じたら誰かに相談しましょう。 多大なるストレスは、心も体も壊します。 この場合は、早急な転職も視野に入れて考える必要があるでしょう。 ただ、転職先でも同じことを繰り返さないよう、今感じているストレスの原因が何なのかは突き止めておくべきだと思います。 3位 上司が嫌で仕事を辞めたい 上司が嫌だ、合わないという人は意外と多いものです。 セクハラやパワハラを受けるなど、精神的苦痛を伴うことも多くなります。 ・どんなに頑張っても評価されない ・お気に入りの子をエコヒイキする ・機嫌次第で言うことがコロコロ変わる 上司への不満は、皆さん少なからずあることでしょう。 この人の下では働けないと思ったら、部署異動願いを出してみるなど、まずはその上司と直接的に関わらなくてすむ方法を探してみましょう。 機嫌によって言動が変わる上司にまともに付き合っていては、こちらの身が持ちません。 適当に受け流すスキルも必要なのかもしれませんね。 4位 向いてないから仕事辞めたい 仕事を辞めたいと思う理由には、「自分にはこの仕事は向いていない」というのがあります。 向いているか向いていないかというのは、正直なところあなた自身にしか分かりません。 しかし、入社して1ヶ月かそこらで「向いてないので辞めます」というのは、はたして正しい行動なのでしょうか。 ある程度勤めてみなければ分からないこと、というのもあります。 仕事内容もろくに分からない段階で、向き不向きを判断してしまうのはもったいないです。 ・やりがいを感じているか ・前向きに取り組めているか ・自分自身の成長を実感できているか まずはこれらを自分自身に問いかけてみましょう。 そして、自分で「この仕事だけは絶対にしたくない!」というものと、今の仕事を比較してみてください。 絶対にやりたくない仕事のほうがマシかも…と思ったら、今の仕事は向いていないのかもしれませんね。 5位 病気を理由に仕事を辞めたい もし持病の悪化などが原因で仕事を辞めたいのなら、スムーズに退社するためにも病院から診断書をもらうことをおすすめします。 「嘘ついてるんじゃないの?」と疑われるのを防ぐためにも、医師の書いた診断書というのは有効です。 また、常に「仕事を辞めたいなぁ」と思っている人、仕事に対するモチベーションが常に低いままではきがない人は、仕事辞めたい病という病気かもしれません。 仕事辞めたい病のうちはまだいいのですが、これが悪化するとうつ病などの精神疾患にまで発展しかねません。 実際に病気になってしまってからでは遅いです。 仕事辞めたい病を含め、これらになるのには必ず理由や原因があります。 漠然としたストレスを感じているとしたら、それが病気に発展する前に何かしらの対策をとることをおすすめします。 誰か信頼できる人に相談する、自分なりのストレス解消法を得る、もしくは思いきって仕事を辞めてしまうのも1つの方法です。 6位 結婚を理由に仕事を辞めたい 今ではあまり使われなくなりましたが、寿退社という言葉があります。 文字通り、結婚を理由に仕事を辞めることをいいます。 平成23年の調査では、約27%の人が結婚をきっかけに離職しているのだとか。 結婚が理由なら世間体も気にしなくていいですし、仕事を辞めても収入面での不安はありません。 ただ、近年では共働きの夫婦のほうが多いくらいだという事実もあります。 結婚を理由に仕事を辞める場合は、しっかりと夫婦で話し合うことが大切です。 そして、結婚後の生活イメージを明確に作ってみてください。 仕事を辞めたいからと勢いで結婚相手を探すのは、やはり何か違う気がしますね。 しっかりと未来を見据えておくことを忘れないでください。 7位 2年目だから仕事をやめたい 実は仕事を始めて2年目というのは、もっとも「仕事を辞めたい」と思う人が増える時期でもあります。 基本的な業務は覚え、多少責任のある仕事を任されるようになったことがストレスになるのです。 短期間で仕事を辞めてしまう若者が多いことが、社会現象にもなっていますよね。 大変だった就活を経て入社したにも関わらず、なんと3割の人が3年以内に仕事を辞めてしまうのだとか。 ある程度仕事の要領がつかめたことで、働く意欲が減少してしまうのが2年目の仕事辞めたい病の特徴だと言えます。 勢いに任せて仕事を辞めてしまうのではなく、一度冷静になって「本当に仕事を辞めたいのか」を自分に問いかけてみてください。 辞めてから後悔しても遅いので、仕事を辞めたいという感情が一時的なものなのかそうでないのかは、きちんと見極めてください。 8位 40代になったから仕事を辞めたい 40代というのは、人生のちょうど折り返し地点でもあります。 日本人の平均寿命からしても、だいたい40代は折り返しですよね。 仕事に関してもそうです。 仕事を始めて20年、残り20年というちょうど折り返し地点にいるのが40代です。 40代であっても、仕事を辞めたいと思うのは珍しいことではありません。 理由も他の世代と大差はなく、人間関係や給料が上がらないことなどがあげられます。 ただ、20代と比べて圧倒的に違うのは、「この仕事を辞めたら、次の仕事は見つかるのだろうか」という不安でしょう。 年齢的なものからして、転職への不安は計り知れないものだと言えます。 しかし最近では、40代女性の転職というのは増えているんですよ。 特に経理や人事の専門スキルを持っている人は、正社員としての転職成功率も高いです。 まとめ 仕事辞めたい病についてご紹介してきました。 いかがでしたか?仕事を辞めたいという気持ちが一時的なものなのか、もう耐えられないレベルのものなのかによって、対策や対応も変わってきます。 仕事を辞めてから後悔しないように、もう一度自分と向き合って考えてみましょう。

次の

仕事辞めたい理由ランキングと辞める前に知るべき大切こと5つ│転職セイコー

仕事 辞めたい 理由 ランキング

仕事を辞めたい!そう思ってもそれを伝えるのはかなり緊張するし億劫ですよね。 もしあなたが今入ったばかりで期待されている時期ならば申し訳ない気持ちが出てくるし、 重要な立場にいて、明らかに今辞めたら困るだろうと分かっているのなら気まずいだろうし、 仕事が出来なかったり馴染めてなかったりしているなら「あらやっぱり」と思われて悔しい想いをします。 そして、さらにあなたはこの「仕事を辞める理由ランキング」を見てるくらいですから、本当の理由は甘え的なものだったり、決して言えるような理由ではないのかもしれません。 しかしせっかく働いてきた会社だからこそ出来たら円満に退社したいですよね。 というわけで、職歴が10を超える僕が(笑)今まで円満に退社出来た経験や、しがらみを残してしまった失敗を活かして、より上手く辞める理由をランキングにしてみました。 使えそうなのがあれば参考にしてみてください。 それでは行ってみましょう(・_・)/ 目次• 5位、何も言わずに立ち去る 「仕事を上手く辞める理由ランキング」と言っておきながらいきなりバックれがランクインしてしまいました。 ムダにいい訳を考えてこじれるくらいなら、男は黙って立ち去るのみ。 今まで築いた物も人間関係も全てを捨てて消え去ります。 思いたってからがスピーディーなところも特徴ですね。 しかし、家が近かったりすると後日道端でバッタリなんてこともありますし、今ではFacebookでカンタンに追跡されるのでリスクが高いです。 また自分自信も気分が良くはなりませんよね。 人を裏切ることによる罪悪感もあるし、家にまで来られたらどうしようという恐怖感、そして、周りにバレた時に恥をさらす事にもなり、辞めてからも相当引きずることになるでしょう。 一時のめんどうを避けることによってずっと後悔を背負うことになります。 ならば何を言われようが、しっかりと退職の意思を伝えた方が精神的にも実は俄然楽です。 4位、親の介護 親を出すのは必殺技ですね。 仕事を休む口実ランキングでは常に上位にいる理由の一つです。 なぜなら、例えそれが疑わしくても、疑うこと自体不謹慎のように思えるはずだからです。 もしかしたら本当に大変なのかもしれない人に向かって「本当に介護なのかよ!」なんてふつうの人は問い詰められませんよね。 そして、肉体的にも精神的にも仕事と両立させることが難しいことは周知されていますし、それをなかなか他人が引き止めることは難しいでしょう。 もうどうしようもない事として受けられやすい理由だと言えます。 しかし、もしそれがウソでバレたとしたら最低の人間と確定されます。 さらに親をこういった理由に出すのは気持ちもノリませんよね。 心とか痛まない強い精神を持った人にはオススメ出来そうですが、そもそも強い精神があるなら仕事も続けられそうですよね・・・。 3位、転職 一番ポピュラーな理由ですね。 キャリアアップや別業種に転職などは正当な理由ですし引き止められることもなくすんなり了承されやすい理由の一つと言えます。 ですが、注意点としてはもう次の場所が決まっている必要があります。 「もう来月から始める予定なんです」などと、日にちまで決まっていればベストですよね。 また、もし実際は決まっていなかったとしてウソをついても、ご近所さんじゃない限りニートかどうかなんてバレづらいですよね。 思考を凝らして理由を考えすぎても逆に墓穴を掘ることもあるでしょうから、シンプルに「転職する」と言うのはオススメです。 2位、うつ病になった 病気を理由に退職を伝える方法です。 「精神的に限界がきていまして・・・」 「ちょっと、体を壊していまして・・・」 などと、具体的な病名は濁して伝えますが、基本的には「うつ」ですと遠回しに伝えます。 病気なら辞める必要はないし治ったらまた出社出来ますよね。 また、治らないような病気なら顔色でバレるでしょう。 しかし、うつなら仕事を辞めるほどの病気という風にある程度の理解を持ってくれる人も多いですし、一時的な慰めをされても治るものではありませんし、「普段元気な人でも実は・・・」なんてことは良くあるので、比較的すんなり通る理由だと思います。 また、あとからバレるリスクも少ないですよね。 のちに元気そうな姿を見られても、「こう見えて実はうつなんです」と思わせられるので、確認のしようがありません。 しかし、突然ウツですと言っても笑われるだけなので、それなりの雰囲気作りをしたり、演技力も重要になります。 また、正直ウツアピールして心配されたい人間にムカっとくる時がある人なので、個人的にうつを理由にするのはどうかなとは思いますが、あとでバレづらく、説得されたり引き止められたりもされずらいので最終手段として使えるかもしれません。 1位、夢を語る 仕事を上手く円満に辞めるために、色々と理由やいい訳を考えますが、そんな時は大抵失敗に終わります。 言葉が多ければ多いほど。 説明をすればするほど、本心はバレてしまいます。 なので、一番円満に退社するには言葉は一切いりません。 では何が必要なのか。 それは、誰も止めることの出来ないような、逆に応援したくなるほどの夢。 これしかありません。 「仕事も楽しいし、みんなともっと働いていたい。 しかし、それを全て捨ててでも叶えたい夢があるんです。 」 それを止める権利は誰にもありませんよね。 そして、このようにして辞めた場合、きっと送迎会もしてくれるし、その後にまた飲みにいったりなどの交流が残ることも多くあります。 会社を辞めたい。 そのほとんどはネガティブな理由からきた想いだと思います。 しかし、どんなに円満に退社が出来たとしても、結局そんなネガティブな気持ちで辞めたら、辞めれたところで幸せにはなれません。 仕事を辞めたいのは今が辛いからですか?逃げ道を探しているだけではありませんか? もし仕事を辞められたらどんな未来が待っていますか?今とは違う新しい道は輝いていますか?熱い気持ちが湧き出てくるものですか? 会社からみたらあなたの退社はゴールですが、あなたにとって退社は同時に新たな道へのスタートでもあるはずです。 その退社というスタートを前にあなたはどんな顔をしていますか?俯いてますか?それとも前を見て目を輝かせていますか? あなたがもし後者ならばきっと周りも応援して送り出してくれることでしょう。 まとめ ということで仕事を上手く辞める理由ランキングTOP5でした。 基本的には、• 深くツッコまれないようなこと• 「しかたないね」と同情すらされるようなこと を理由にしたいので、それを踏まえたらこのような結果になりました。 しかし、1位にも書きましたが、一番いいのはウソをつかずに想いを伝えること。 「そこまで言うお前をおれは止められねぇよ・・・」 と思わせられるのが一番の円満退社のコツですし、そんな人達は応援してくれたり、良い関係を続けることも出来るでしょう。 転職するならリクナビNEXTがおすすめ! 新しい職場はもう決まっていますか? 実は今の時代、求人誌や求人サイトだけを見て転職先を探す人は減ってきているんです。 もっと給料が高い求人を後から見つけた• いざ入社したら人間関係が合わなかった• 辞める時や面接時の不安を誰にも相談できない そこで今では「転職エージェント」を使うのが主流になっています。 これは求人を代わりに探してきてもらえるサービスで、あなたの希望に合うような求人を、求人サイトに載っていない所から探せるので、より条件がよく給料が良いところが見つかります。 また、入ってみないと分からないような社風や職場の雰囲気までも調査できますし、面接はもちろん今の仕事の上手い辞め方のアドバイスまでも行ってもらうことが出来ます。 リクナビNEXTなら求人サイトだけでなく、同時にこの転職エージェントも使うことができるので、「どうやって仕事を辞めようかな?」「もっと条件の良い職場はないのかな?」と悩んでいるあなたも相談しながら転職を進めることができます。 登録・利用は無料で自分で探すよりも確実で簡単ですので、是非活用してみましょう!.

次の