鼻くそ が 溜まる。 鼻くそがすぐたまる人の特徴、掃除の頻度や方法、鼻ほじりで鼻の穴が大きくなるのか調べてみた!

鼻くそが臭い2つの原因とは? 色が濃い人は要注意!

鼻くそ が 溜まる

なんかあのねば~っとしてて、ぬちゃ~っとしてて、小学生の男子にいたっては 丸めて付け合うというあの可愛らしい鼻くそ。 Wikipediaで調べてみましょう。 鼻糞/鼻屎(はなくそ)とは鼻水とほこりが鼻の中で固まったものである。 Wikipedia 『鼻糞』より引用 なるほど。 全く意外性はありませんでした。 鼻糞は鼻水とほこりが鼻の中で固まったものです。 そのため基本的にそんな綺麗なものではありません。 鼻くそと『色』の関係 鼻くそは基本的に汚れなのですが、 体の健康状態を知らせてくれる重要なサインだったりします。 代表的な物をいくつか取り上げてみます。 黄色い鼻水 こちらは風を引いた時に見られる色になります。 Wikipediaを見てみましょう。 風邪をひいた時の鼻糞は黄色くなるが、これは白血球が風邪ウイルスと戦って死んだ残骸が鼻水として体外に出されたものである Wikipedia 『鼻くそ』より引用 確かに、風邪をひいたときにまとまった黄色い鼻が出てくることがありますが、体が戦ってくれているサインのようです。 黄色い時は体がウィルスと戦って頑張っているのだと、体を褒めてあげましょう。 緑色の鼻水 緑色になると、 何かしらの炎症を起こしている可能性があります。 Wikipediaを見てみます。 好中球のペルオキシダーゼが産生されている証拠なので何らかの炎症を起こしている可能性が高い。 Wikipedia 『鼻くそ』より引用 コチラのケースでは、 体の異常を知らせるサインにもなっています。 色の変化は体の状態を知らせる体からのサインになります。 いつもとは違う色の鼻が出た時には、異常の可能性を視野に入れてみて下さい。 鼻ほじりは 指にとっても、 鼻にとっても良くないことがあるんです。 次で詳しく解説していきます。 鼻ほじりの危険性 鼻ほじりには実は リスクがいっぱいあるんです。 指についた細菌が鼻に付着してしまう• 爪によって鼻の内側を傷つける恐れも• 鼻くそ自体が誇りや鼻水であるので、指につくと不衛生 指についた細菌の危険性 指をそのまま鼻にもっていってしまうと、 感染症の接触感染などを引き起こす原因になります。 インフルエンザの拡大の際には、手洗い・うがいが強く推奨されるが、これは鼻ほじりが危険視されているからでもあるからです。 また、肺炎の原因ともなる『肺炎球菌』は、手と鼻の接触で感染することが確認されています。 手の細菌と鼻の接触はなるべく避けましょう。 爪で鼻を傷つける危険性 危険な点は、手と鼻の接触だけではありません。 爪や手で鼻にダメージを与えると、 鼻血の原因になり、死に至っているケースもあるんです..。 またこんな弊害もありますよ。 ほじり過ぎにより、左右の鼻腔を分ける鼻中隔に穴が開いてしまう鼻中隔穿孔を起こすこともある。 前述のウィスコンシン州での調査では、有効回答254人のうち2人が鼻中隔穿孔の発症者だった Wikipedia 『鼻ほじり』より引用 このようにほじり過ぎの場合では、副次的なダメージに繋がるケースもある。 こちらのケースでは、左右のスペースを貫通してしまっています。 じゃあ 結局どう鼻くそとればいいんでしょうか? 結論:鼻はほじりません! 次章で上手な鼻くその取り方を教えます。 風呂上がりに鼻をかむ• 綿棒で優しく鼻くそを取り除く 風呂上がりに鼻をかむ まずは 風呂上りに鼻をかむ方法から説明します。 風呂上りは粘膜が動きやすいため、 鼻をかむだけで鼻くそがとれやすい状態なんです。 この方法であれば 手と鼻の接触も防ぐことができます。 注意点として、強く鼻をかむのはNGです。 強く鼻をかんでしまうと、鼻を傷つけてしまう恐れがあるため、 『取れる分だけ取る』の考えでOKなんです。 綿棒で優しく鼻くそを取り除く 綿棒で鼻くそを取るやり方もgoodです。 こちらも 手との直接の接触を防ぐことができます。 ただし 奥まで綿棒を入れない 強い力で鼻の内部をこすらない あくまでも優しくすることを心がけて下さい。 鼻を傷つけないように気をつけましょう。 鼻くその取り方について、今一度まとめてみましょう。 鼻ほじりは手との接触や傷つける恐れがあり非推奨• 代わりに鼻をかんだり、綿棒を利用するのが吉 こちらを踏まえて回答していきますよ。 鼻ほじりは実は危険がいっぱいなんじゃ 手に着いた細菌が原因になって感染症になったり、鼻を傷つけて鼻血の原因になったりもするぞい それから鼻毛は不純物から体を守ってくれておる だから無闇に抜いたらあかんぜよ! おすすめは風呂上りに鼻をかむことじゃ 風呂上りだと水分が多くて少しの力で鼻くそを出せるじゃろう それか綿棒で優しくとってやってくれい 大事なのは、あくまでも『優しく』とってあげることじゃよ 可愛い女の子だと思って接してみるとよい まずは鼻をほじることをやめることから始めるようファイトじゃ これで今回はベストアンサー狙います! 次のグレードまで遠いのじゃ.. あと21問てどゆことですかー!! 今回は調べてて楽しかったので、次は犬の鼻くその取り方でも調べてみようかなと思います。 また次の知恵袋で会いましょう。

次の

鼻くそがすぐたまる人の特徴、掃除の頻度や方法、鼻ほじりで鼻の穴が大きくなるのか調べてみた!

鼻くそ が 溜まる

どんな人の鼻にもひっそりと存在している「鼻くそ」。 普段、鼻くその話をすることや、他人の鼻くそ処理現場を見ることなんてそうないですよね。 果たして、自分の鼻くそ掃除方法は合っているのでしょうか……? そんな、人にはちょっと聞きづらい疑問を解決すべく、耳鼻咽喉科医の渡邊千寿子先生にお話をうかがってきました。 「鼻くそ」のメカニズムと正しい掃除方法Q&A Q1.そもそも、鼻くそがたまってしまう理由とは? 鼻くその大元は、大気中のごみやほこり、ハウスダストや微生物。 これらの汚れが体内へ侵入しないように守ってくれるのが、鼻毛や粘液です。 体内への侵入を阻止された汚れは、粘液と混ざり合って鼻水に変化します。 その 鼻水が乾燥したものこそが、鼻くその正体なんです。 ちなみに、 鼻毛の多さと鼻くその多さは比例しませんので、鼻毛を剃ったから鼻くそが多くなる・少なくなるといったことはありません。 Q2.「鼻くそがたまりやすい人」、「たまりにくい人」のちがいは? 空気が汚いところに長時間いると、鼻くそがたまりやすい傾向があります。 大気中のゴミやほこりを吸わないようにマスクをするだけでも、予防効果が期待できるでしょう。 また、乾燥すると鼻の粘膜の働きが弱まるので、 乾燥した場所に長時間いることも、鼻くそがたまりやすくなる原因のひとつ。 鼻くその量は日によって変動があると思いますが、それは湿度や環境、体調などが関係しています。 Q3.正しい鼻くその掃除方法を教えてください。 まず、 指で鼻をほじるというのは論外です。 指にも細菌がついていますし、鼻くそも汚いものなので、指にとっても鼻にもとっても不衛生です。 さらに、爪で鼻が傷ついてしまう恐れもあります。 また、ティッシュでグリグリして取るのもオススメできません。 冬の乾燥している時期は、特に鼻が傷つきやすく、余分な水分まで取ってしまう場合があります。 一番いいのは、 お風呂あがりの粘膜がうるおっているときに、スッと鼻をかんで汚れを出してしまう方法です。 水分があると粘膜が働きやすくなるので、お風呂あがりだと鼻をかみやすいと思います。 無理やり出すのではなく、「取れるぶんだけ取る」といったイメージで行いましょう。 あとは、奥まで押し込まなければ、 綿棒を使用して鼻を掃除するのもいいと思います。 ティッシュほど力を入れなくてもすむのでオススメです。 とにかく、やさしく取ることを意識してください。 まとめ キレイなものではないと思っていたけれど、鼻くそは想像以上に不衛生……! 空気や湿度、体調によっても量が変わってくるようなので、マスクをする、水分を多く摂って体内をうるおわせるなど、対策をするのがよさそうです。 予めご了承ください 肩こり解消のため、整体に通ったりジムに通ったり……、さまざまな方法を試している人は多いと思います。 でも、自宅で簡単にできるストレッチが、肩こりに効果的な事を知っていますか? そこで、パーソナルトレーナーの武田敏希先生にストレッチの効果や具体的なストレッチ方法などをお聞きしました。 その理由を、肩こりの原因とあわせて、武田先生に教えていただきました。 だから根本的な解決には、肩を動かすよりも肩甲骨を動かすほうがよいのです。 肩甲骨はニュートラルポジション(外転、内転、挙上、下制いずれの状態でもない、本来の正しい位置)にあると肩の可動域が大きく、肩の動作に制限はありません。 けれど、それ以外のポジション、例えば猫背の状態から肩を上げると、肩の動作に制限が生じて可動域が本来の2~3割ほど減ってしまうのです。 こうした可動域が少ない状態から肩を上げようとすると負担が大きく、挙上(肩甲骨を上に引き上げる動作)という代償動作をするようになってしまいます。 こうした無理な動きを続けていると肩の位置が上がりやすくなったり、首の筋肉が固まりやすくなったりして、結果的に肩がこりやすい状況を作ってしまうのです。 肩こり解消のカギを握っているのは、実は「肩甲骨」だからです。 肩甲骨がニュートラルポジションにあり、肩の可動域が100%になるように、ストレッチで正しい場所に調整することが肩こりの解消に効果的なのです。 肩こりの原因と、肩こりの解消にストレッチが効果的な理由がわかりました。 では、実際に効果的なストレッチ方法を武田先生に教えていただきましょう。 ポイントは腕の動きより、肩甲骨の動きを意識することです。 即効性があるので、肩がこっていると感じたらすぐやってみましょう。 なので、ストレッチをする際に肩が上がらないようにすることがポイントです。 肩を上げずに腕を上げられるよう、鏡でチェックしながら練習するといいでしょう。 最後にストレッチをする際の注意点と、効果的なタイミングを武田先生に伺いましょう。 強度の高い運動の前には目的別に十分なストレッチが必要ですが、今回のように肩こりの解消が目的の場合は、ストレッチのための準備運動は必要ありません。 強いて言うなら、体を動かしたときにどこか痛くなったり、変な痛みはないかなどのチェックをするくらいで大丈夫です。 また、朝の運動は自律神経の活性化を促す効果があるそうです。 朝起きてすぐの運動というのはきついかもしれませんが、ストレッチなら簡単にできると思います。 いつでもどこでも手軽にできるので、肩こりになったらすぐストレッチをして、健やかで快適な日々を過ごしたいですね。

次の

鼻くそが多い(たまりやすい)原因と治し方を知ろう!

鼻くそ が 溜まる

なんかあのねば~っとしてて、ぬちゃ~っとしてて、小学生の男子にいたっては 丸めて付け合うというあの可愛らしい鼻くそ。 Wikipediaで調べてみましょう。 鼻糞/鼻屎(はなくそ)とは鼻水とほこりが鼻の中で固まったものである。 Wikipedia 『鼻糞』より引用 なるほど。 全く意外性はありませんでした。 鼻糞は鼻水とほこりが鼻の中で固まったものです。 そのため基本的にそんな綺麗なものではありません。 鼻くそと『色』の関係 鼻くそは基本的に汚れなのですが、 体の健康状態を知らせてくれる重要なサインだったりします。 代表的な物をいくつか取り上げてみます。 黄色い鼻水 こちらは風を引いた時に見られる色になります。 Wikipediaを見てみましょう。 風邪をひいた時の鼻糞は黄色くなるが、これは白血球が風邪ウイルスと戦って死んだ残骸が鼻水として体外に出されたものである Wikipedia 『鼻くそ』より引用 確かに、風邪をひいたときにまとまった黄色い鼻が出てくることがありますが、体が戦ってくれているサインのようです。 黄色い時は体がウィルスと戦って頑張っているのだと、体を褒めてあげましょう。 緑色の鼻水 緑色になると、 何かしらの炎症を起こしている可能性があります。 Wikipediaを見てみます。 好中球のペルオキシダーゼが産生されている証拠なので何らかの炎症を起こしている可能性が高い。 Wikipedia 『鼻くそ』より引用 コチラのケースでは、 体の異常を知らせるサインにもなっています。 色の変化は体の状態を知らせる体からのサインになります。 いつもとは違う色の鼻が出た時には、異常の可能性を視野に入れてみて下さい。 鼻ほじりは 指にとっても、 鼻にとっても良くないことがあるんです。 次で詳しく解説していきます。 鼻ほじりの危険性 鼻ほじりには実は リスクがいっぱいあるんです。 指についた細菌が鼻に付着してしまう• 爪によって鼻の内側を傷つける恐れも• 鼻くそ自体が誇りや鼻水であるので、指につくと不衛生 指についた細菌の危険性 指をそのまま鼻にもっていってしまうと、 感染症の接触感染などを引き起こす原因になります。 インフルエンザの拡大の際には、手洗い・うがいが強く推奨されるが、これは鼻ほじりが危険視されているからでもあるからです。 また、肺炎の原因ともなる『肺炎球菌』は、手と鼻の接触で感染することが確認されています。 手の細菌と鼻の接触はなるべく避けましょう。 爪で鼻を傷つける危険性 危険な点は、手と鼻の接触だけではありません。 爪や手で鼻にダメージを与えると、 鼻血の原因になり、死に至っているケースもあるんです..。 またこんな弊害もありますよ。 ほじり過ぎにより、左右の鼻腔を分ける鼻中隔に穴が開いてしまう鼻中隔穿孔を起こすこともある。 前述のウィスコンシン州での調査では、有効回答254人のうち2人が鼻中隔穿孔の発症者だった Wikipedia 『鼻ほじり』より引用 このようにほじり過ぎの場合では、副次的なダメージに繋がるケースもある。 こちらのケースでは、左右のスペースを貫通してしまっています。 じゃあ 結局どう鼻くそとればいいんでしょうか? 結論:鼻はほじりません! 次章で上手な鼻くその取り方を教えます。 風呂上がりに鼻をかむ• 綿棒で優しく鼻くそを取り除く 風呂上がりに鼻をかむ まずは 風呂上りに鼻をかむ方法から説明します。 風呂上りは粘膜が動きやすいため、 鼻をかむだけで鼻くそがとれやすい状態なんです。 この方法であれば 手と鼻の接触も防ぐことができます。 注意点として、強く鼻をかむのはNGです。 強く鼻をかんでしまうと、鼻を傷つけてしまう恐れがあるため、 『取れる分だけ取る』の考えでOKなんです。 綿棒で優しく鼻くそを取り除く 綿棒で鼻くそを取るやり方もgoodです。 こちらも 手との直接の接触を防ぐことができます。 ただし 奥まで綿棒を入れない 強い力で鼻の内部をこすらない あくまでも優しくすることを心がけて下さい。 鼻を傷つけないように気をつけましょう。 鼻くその取り方について、今一度まとめてみましょう。 鼻ほじりは手との接触や傷つける恐れがあり非推奨• 代わりに鼻をかんだり、綿棒を利用するのが吉 こちらを踏まえて回答していきますよ。 鼻ほじりは実は危険がいっぱいなんじゃ 手に着いた細菌が原因になって感染症になったり、鼻を傷つけて鼻血の原因になったりもするぞい それから鼻毛は不純物から体を守ってくれておる だから無闇に抜いたらあかんぜよ! おすすめは風呂上りに鼻をかむことじゃ 風呂上りだと水分が多くて少しの力で鼻くそを出せるじゃろう それか綿棒で優しくとってやってくれい 大事なのは、あくまでも『優しく』とってあげることじゃよ 可愛い女の子だと思って接してみるとよい まずは鼻をほじることをやめることから始めるようファイトじゃ これで今回はベストアンサー狙います! 次のグレードまで遠いのじゃ.. あと21問てどゆことですかー!! 今回は調べてて楽しかったので、次は犬の鼻くその取り方でも調べてみようかなと思います。 また次の知恵袋で会いましょう。

次の