ノゾミ プリコネ。 【プリコネR】ダンジョンコインでノゾミ入手

【プリコネ】お邪魔しまーす!とは|抜刀アイドルのぞみん【ノゾミ】

ノゾミ プリコネ

概要 ノゾミはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版のにあたる。 無印版については当該記事参照。 現時点でも人気者だが、ユニットでもデビューしたいということでギルド【】を結成した。 歌って踊って 日々の悲しい気持ちと 戦うことをモットーとしているが活動資金のために魔物の討伐を行うこともある。 抜群の身体能力を持っており、そのダンスでファンを魅了する他に戦闘で剣を振ることもなんなくこなす。 歌唱も得意であり、自分やの歌詞を作詞することもあった。 「アイドルは恋愛厳禁」という信条を持っているがが好きであり、悩むこともあるが最終的にはトップアイドルになることも主人公との恋の成就も叶うと強く信じている。 光や輝きがキーワードとなっており、体(指先)や剣先から光を放って攻撃を行い、セリフもそれに因んだものが多い。 技名や専用装備も光や輝きと言う意味の言葉を使っている。 メインストーリーでは第9章で、、と共に出演。 大陸一周ツアーの第一段階としてランドソルで路上ライブを開催した。 ライブの最中に魔物の襲撃に合うが、冷静に観客を避難させた後に、持ち前の身のこなしと他メンバーとの連携で上手く魔物をいなしていた。 しかし・・・ なおここで彼女らのプロデューサーがであることが明らかになる。 2018年のクリスマスイベント『』では、新規衣装こそ用意されなかったがイベント内にて出演してる。 同じグループメンバーのが道端で倒れてしまったため急いで看病に向かったものの、とある原因によって幼児化したチカに甘えられてしまっている。 後の2019年のクリスマスイベント『プレゼントパニック! ランドソルのサンタたち』ではメインを務める。 空からサンタクロースが現れ、同じ場にいたと共々サンタクロースの候補に任命されたため、一人しかなることができないサンタの座をかけて彼女らとプレゼント配りの競争をすることになった。 また、イベントストーリーのEDムービーではトナカイを模した別衣装を新曲「Call Me Darling! 」と共に、他のカルミナメンバーと一緒に披露してくれた。 君の笑顔が見たいから…キャラクターソング• 彼女がステージに立てば、味方の物理攻撃力が大きくアップし、さらに敵の注意を一手に惹き付ける。 前線で敵の攻撃を受けるタンクに分類される。 盾役であるため火力には一切貢献できないが、かわりに 挑発・バフなど3種類の複合効果を持つユニオンバースト、 範囲スタンによる敵前衛の拘束、 範囲回復による味方前衛の支援など、さまざまな能力を備えている。 特にユニオンバーストの防御バフの効果が凄まじく、物理向けのパラメータでありながら魔法にもしぶとく耐えてくれる。 このゲームにおいてタンクは非常に重要なポジションで、攻略上の必須職とされる。 しかし初期配布のは才能開花が必須で、は物防に不安があり、序盤の最強候補とされるやも(ガチャを除けば)中盤以降でないと解放できないと、どのタンクキャラも入手・才能開花の難度が微妙に高い。 強いタンクがおらず敵の攻撃に耐え切れない、でもガチャを引く余裕もないし、コツコツメモリーピースを溜めるのも面倒だ・・・そんな騎士クンに救いの手を差しのべてくれるのがみんなのアイドル、ノゾミンである。 というのも、彼女のメモリーピースはダンジョンコイン産で、初心者でもお手軽に量産できるのだ。 また上述の通り物理と魔法どちらにも対応できるため、敵を選ばない。 流石はみんなのアイドルである。 ただその強さは才能開花によるパラメータの高さによるものが大きく、本来の戦線維持能力はタンクの中では低い部類に入る。 具体的には、やほど物理に強くないかわりに、魔法にもそこそこ対応できるといった程度。 特にスタンが効かないボス相手には不利な戦いを強いられる。 パラメータ差が縮まってくる高難易度コンテンツでは、回復や支援なしではボスの猛攻を受けきれず倒れてしまうことも。 その段階まで来たら、やなどの専門タンクに立場を変わってもらおう。 一方、ルナの塔やハードクエストなどの一部ステージでは、範囲スタンがボスの護衛に刺さるためミヤコやクウカ以上の活躍を見せてくれることも。 アリーナではと組んで防衛に出向く姿がよく見られた。 魔法に強いジュンがノゾミがユニオンバーストを発動するまでの時間稼ぎをし、ノゾミは範囲スタンで敵前衛を妨害しつつ、範囲回復と挑発でジュンの負担を減らす、という戦術である。 また強烈なアタッカーである実装後には、スタンによりムイミに抵抗できる数少ない盾役ということで注目を集めた。 こうした経緯から、アリーナではしばらくノゾミが編成されていない防衛パーティを探すほうが難しい状況となっていた(特に高い順位の場合)。 現在のアリーナでは、範囲キャラの台頭や火力インフレにより敵の攻撃に耐え切れないケースが増えたため、単純な盾役として採用されることは減ってきている。 2018年11月26日に専用装備「ブリリアントマイク」が実装された。 しかし他のキャラ達と違い、スキルの内容はそこまで大きく変化していない。 ノゾミはただでさえ強力なスキルのラインナップなのに、これ以上強化されても逆に大変ではあるが。 どちらかと言うと装備した際のステータスアップがメインである。 クリスマス 【物理】 中衛でパーティの守りを支えるサンタアイドル。 スキルで物理攻撃を無効化し、後方の味方が多いほど物理防御力を高めるユニオンバーストで生存力を高める。 イベント『』に合わせて登場した、期間限定のクリスマスバージョンであるサンタ衣装のノゾミ。 ガチャのクリスティーナやイリヤと異なり、ノゾミはイベントミッション達成によって仲間にすることができる。 物防バフの効果が絶大で、後ろ3人以上で260以上(Lv148時点)の上昇になる。 後~中衛キャラは一部の硬いキャラを除けば物防は200~300程度なので、ほぼ倍以上の防御が得られると思ってよい。 のバリアやのバフでも耐えられない攻撃を易々と受けられるようになるため、物理範囲メタとして注目を集めていた。 しかし発動の遅さがネックで、TP支援を駆使した速攻型の編成には太刀打ちできないため環境入りするには至らなかった。 専用装備に期待したいところ。 とは言えバフの効果自体は最強クラスなので、クエストやルナの塔では物理メタとして活躍できる。 衣装のデザインはのクリスマス仕様カードのイラストがベースになっているが、服の柄などはそれと微妙に異なっている。 余談 通常版の立ち絵では常に剣を構えている。 デートの最中であってもファンから逃げている間であっても仲間の看病をしてる時であっても常にプレイヤーを狙うように剣を構えているが、ちゃんと普段使いに堪える新規立ち絵を用意しなかった開発チームのせいなので笑ってはいけない。 …と思ってたら、2019年のクリスマスイベントでは通常の立ち絵にもちゃんとしたものが用意されていた。 さすがにイベント内で剣を構えるのはまずいと判断されたのだろうか。 後に復刻開催された2018年版のクリスマスイベントの立ち絵も剣を持っていないものに修正されている。 …こちらはカリスマモデル。 の1コマ漫画内にて、ミスランドソルでリマが優勝する夢の中でノゾミと共演している。 後に実装されたルナの塔のストーリーでは実際に共演を果たしており、二人のライブシーンが見られる。 同じくアリーナの防衛パーティで人気。 …声優が一緒のコラボ実装キャラクター。

次の

【プリコネ】ノゾミの評価と使用感

ノゾミ プリコネ

ダンジョンコイン最優先はノゾミ!なんて記事は多いですね。 筆者もそれを信じて毎日ノゾミのメピースを交換していました。 実際に初心者がノゾミを交換して使ってみた感想と、他に優先して交換したいキャラを紹介します。 ノゾミを交換した感想 ダンジョンドロップ2倍で時間短縮 筆者はVHダンジョン解放時からダンジョンドロップ2倍を購入しました。 その後VHボス「アークガーディアン」を討伐できないままex1ボス前周回に移行し、 約一週間でノゾミを交換できました。 クト20章前後だったと思います。 筆者の初期パーティはネネカ アンの魔法パーティで、後衛を狙ってくる物理攻撃をUB挑発で受け止める機会は多かったです。 多少のダメージはマホ ユカリの単体ヒーラーで回復し、再度UBを発動していました。 メインクト30章まで使用し続けましたが、「 中後衛を好きな時に守れる」のは かなり役立ったと思います ボスではほとんど役に立たず、道中クトの護衛としての評価。 クト後半からは後衛魔法キャラを狩る「キラービー」がよく配置されています。 挑発はスキル1で定期的に発動するので、常に集中攻撃されて簡単に倒れてしまいます。 クウカを選択する理由は「バトルアリーナ」と「サポート」が関係してします。 ノゾミは後々使わなくなる クウカは毎日バトルアリーナで大活躍するのですが、ノゾミは耐久力が半端で突破されやすく出番が減っていきます。 なので 先にクウカを育成しておくとアリーナ進行が楽になります。 またクト進行について、ノゾミは安定感があってオススメはできるのですが、 サポートで借りることができます。 特にノゾミはボス戦で使う機会が少ないので、道中ではノゾミを、ボスでは正月ユイや高レベルアタッカーを借りるのがベストです。 それだけ ダンジョンコインは集めやすい 課金2倍ドロップもある のです。 主に前者3人がクトで活躍するので優先的に、後者4人はアリーナやダンジョン用に後で育成します。 ユカリ 中衛 スキル1で 最もHPが低いキャラを中回復します。 専用装備がないと回復量がかなり低いので、早めに作成しましょう。 タンク役の次に優先したい アカリ 中衛 スキル2で 単体の魔法防御を大ダウンさせます。 また専用装備を作成するとスキル1に「魔法防御を小ダウン」効果が追加されるので、魔法パーティでクトを進める時に役立ちます。 マホ 後衛 スキル1で 最もHPが低いキャラを中回復します。 こちらも専用装備を早めに作成しましょう。 ユカリと似ていますが、マホは後衛でex物理防御バフを持っており、クトで5番目を狙ってくる相手に役立ちます。 ミサト 後衛 UBで 全体を中回復します。 全体回復キャラは他にユイ 正月ユイ 正月スズメがいるので育成が楽な方を選択します。 ちなみに初心者はクト20章ぐらいからボス全体UBでパーティが半壊するので、正月ユイが一番出番が多いです。 リン 中衛 スキル1で味方の魔法防御を上昇しますが、範囲が狭いです。 開花の必要性はありません。 要求メピース数は専用装備で50個。 ミツキ 中衛 スキル2で敵の 中後衛の物理防御を低下させるフィールドを設置します。 前衛にはデバフが届かないので、体の大きいボスやアリーナ等で使用することになります。 才能開花、専用装備を作成する価値は低いです。 要求メピース数は合計500です。 最近の初心者ならすぐにクトをクリアできる そもそもノゾミがオススメされていたのは「専用装備もなく」「メインクト実装数もまだ少なく」「開花する余裕があった」過去の話ではないでしょうか。 最近始めた人なら 二ヵ月前後で最新メインクト30まで到達できてしまうので、ダンジョンコインに余裕がない初心者が ノゾミを交換しても開花が間に合わず戦力不足だと筆者は感じました。 どちらも特徴が異なるので、キャラ育成に余裕がない 初心者は片方を育成し、もう片方が必要な時は サポートで借りるのが楽でしょう。 追記 5月5日 ダンジョンコインで交換できるマホに星6が実装されました。 主にアリーナ防衛で活躍できますが、星6のユカリやユイと同時編成することが多く、 マホ単体ではパーティ強化にならないので注意が必要です。 ただし物理アタッカーの星6ヒヨリが非常に強力で、星6のユカリやユイといった回復キャラも増えてきたため、ダンジョンコインで育成できる 星6キャルでは突破できない編成も多くなりました。 星6を育成する場合は まずはユカリを優先し、その後はアリーナ防衛を強くしたいならマホ、シャッフル後のバトルアリーナ1000位以上を目指すならキャルを選択するのをオススメします。 himeredive.

次の

【プリコネR】ジュンとノゾミを編成に入れたらメインクエスト楽勝すぎた

ノゾミ プリコネ

自己強化と自身のサポートスキルが豊富なタンク。 初期キャラの一人でメモリーピースはハード序盤から入手ができます。 星1スタートなのでピース集めの敷居は低いけど、とても要求量が多い。 スキル1使用で低めの魔法防御を補い、UBで物理と魔法防御どちらも引き上げる事ができます。 つまり戦闘開始後に硬くなるタイプのタンクなので才能開花は必須です。 専用装備で物理魔法吸収盾が付くので、まじめに使うなら専用装備が必須になります。 しかし挑発もデバフも状態異常も味方への回復も幽霊化もできません。 メモリーピースの必要個数が非常に多く、かなりの晩成型です。 クエスト攻略において特別使えるわけでもないので、育成は後回しでも問題ないでしょう。 タンク育成のタイミングとエメラルドイヤリング 他にもリマとかルカとかオーエドクウカとか居ますが、使用用途が限定的なので今回は省きました。 この3名は必要性を感じたら育成し始めても遅くは無いです。 クエスト適正の高いミヤコとノゾミとジュンを優先して育成し、他のタンクは必要に応じて育成を始めると良いでしょう。 ペコリーヌやクウカなど、クエスト攻略で使わないようなキャラまで育成を同時並行すると、 エメラルドイヤリングの取り合いになってしまい効率が悪いです。 エメラルドイヤリングは序盤こそ不足しますが、ハード7-1でペコリーヌのピース集めを日課にすると余り始める装備なので、エメラルドイヤリングのためだけにスタミナを割くのは非常に勿体無いです。

次の