プルーム・テックプラス 充電できない。 新型プルームテックプラスの充電時間と頻度をバッテリー容量から比べてみる

【使いこなす】プルームテックプラスの使い方を動画+画像で徹底解説!

プルーム・テックプラス 充電できない

メンソール特化型の実力!• プルームテックプラスの本音に迫る!• メガヒット商品の理由を徹底検証• 全フレーバーを吸い比べ!• 新しい生活様式は喫煙ライフも変える? こんばんは、今週は体力に余裕がある管理人のげんちゃんです。 さすがに年末ということで忙しいことは忙しいのですが、今週は忘年会がほとんどなかったので先週より体調も良いため、更新頑張れてます。 さて、前回に引き続き、今回も読者様「かずな」さんからの情報提供になりますが、私も知らなかったコトを教えて頂けましたので共有したいと思います。 豆知識の1つではありますが、これを知ってることで不具合が発生しているかどうかの判断も出来ますので、覚えておいて損はないと思いますよ。 この記事の目次• カウントの鍵は秒数だった! この話は私も知っていましたが、プルームテックは吸引した際の秒数でカウントしています。 ちょっとわかりにくいと思いますが、実際の数字でご説明しますと、 吸引した秒数の合計が120秒になると交換のサインが出る仕組みになっています。 つまり、 120秒で1カプセル吸い終える計算なので、 1パフは2. 4秒と定義されていることがわかります。 重要なのは1パフ2. 4秒という部分で、これがJTの言う正しい吸い方(時間)ということになります。 4秒までしかカウントしない設計になっているそうです。 そのため、1回の吸引でどんなに長く吸っても50パフ出来るようになっており、逆に1パフが短い人だと多く吸えるんだとか。 ですが、この構造からもわかるように、 1パフが長い人は1カプセルを吸いきるのに余計に多くリキッドを消費してしまう為、カプセル余りを引き起こしてしまうんです。 3つのパターンを例にしましたのでリキッドの消費量を考えると一目瞭然です。 カウント・リセットのタイミング これも知らなかったのですが、 バッテリーのカウントは、充電やカートリッジを交換してもリセットされることはないそうです。 基本的に リセットされるのは120秒吸引したそのときだけ。 ですので、複数のバッテリーを使っている人は注意が必要なんです。 充電が終わったと思って使い始めると、前回までが48パフしていたりすると、2パフしただけで交換の合図が出ちゃうんですね。 故障と間違えそうですが、このようなケースだと正常に動作している証拠になります。 先程も記載した通り、 バッテリーが残っている状態では1カプセルで50パフできるはずなので、これが出来ない場合はバッテリーになんらかの不具合が発生している可能性があります。 ただし、前回までのカウントがリセットされないという性質から、バッテリーを変えたばかりだとパフ数が安定しないので、 交換のサインが出てから計測すると良いです。 明らかに30パフしか出来ない・・・赤ランプが点灯しなくてもこれは故障ですので、すぐにカスタマーセンターに連絡しましょう。 プルームテックのカウント方法まとめ 1カプセルを120秒で消費することはわかっていましたが、今回のカスタマーセンターの方からの回答で、なぜカプセルが余るのかが良くわかりました。 カウント方法が思ったよりもアナログだったことにも驚きましたが、こういう細かいことを知っていることで、お手元のプルームテックが正しい動作をしているのかどうかの判断材料にもなると思いますので、それとなく覚えておいて頂けると幸いです。 「かすな」さん、情報提供ありがとうございます! あとがき 実は今、プルームショップ銀座で執筆しております(笑) 2階のカフェでカチカチしているのですが、プルームテックを吸いながら、コーヒーを飲みながら、なかなか良いものです。 皆さんも銀座に寄った際は、プルームショップ銀座でコーヒーブレイクしてみてはいかがですか?.

次の

プルームテックプラスを充電するタイミングは赤点灯?紫色?青色?

プルーム・テックプラス 充電できない

初代プルームテックよりはマシだけどプルームテックプラスのキック感に満足していない方は是非お試ししていただきたい事があります。 まず始めに私は現在、プルームテックプラスをメインに吸っているプルームテッカーです。 元々紙巻たばこやアイコスを1日に2箱吸うような割とヘビースモーカーでしたので正直最初からプルームテックプラスに満足していた訳ではありません。 しかし今ではプルームテックプラスにはすっかり慣れたもので正直ホッとしています。 この記事にたどり着いた方は恐らくプルームテックプラスはどうなのか?移行出来るのか?慣れるのか?といったような疑問を持っている方が多いと思います。 そんな悩みを持つ方の参考になればいいなと思い記事を書きました。 初めてプルームテックプラスを使った時の感想 プルームテックプラスを購入して間もなく、過去にで詳しい感想を記事にしていますが、プラスを初めて試した時の評価は低いものでした。 なぜ個人的な評価が低かったというと、当時メインで吸っていたのがアイコスと初代プルームテックの互換機だったから単純に煙(水蒸気)が少なかったからだというのが大きな理由です。 また、プルームテックプラスそのものに期待がかなり大きかった分、拍子抜けしてしまった事も理由に挙げられます。 一通り4種類のフレーバーを味見した後、いくらも使わないうちに実はヤフオクで売ってしまったのです。 これがプルームテックプラスを初めて吸った時の正直な感想と結果です。 最近プルームテックプラスを再度購入 そういえば収納箱が変わりましたね。 私が前に買った時の発売当初はこんな感じの箱に入っていましたけど、やはり四角い箱の方がしまうときに収まりがいいものです。 発売当初の収納箱 デバイスカラーはブラックです。 ホワイトも良かったんですけど前回がホワイトだったので今回はデバイスカラーをブラックに変えてみました。 さて、なぜ評価の低かったプルームテックプラスをまた購入したかというと理由は単純で、 プルームテックプラスに慣れるためです。 思えば今まで加熱式電子たばこやVAPEを手当たり次第試してきました。 その結果、総合的に考えて自分にとって最高のデバイスはプルームテックプラスだったという事に気付いたのです。 人によって 電子たばこに何を求めるかによって人それぞれ自分に合う電子たばこは違ってきますが少なくとも私がプルームテックプラスが一番だという理由を少し書いてみたいと思います。 プルームテックプラスは無臭だから 加熱式電子たばこの3大ブランドといえばアイコス・グロー・プルームテックです。 中でもアイコスが最も「吸った感」を提供してくれるデバイスだという事は周知の通りです。 しかし周囲の人に対する「においの不快感を与える順」ではアイコスが一番臭く、プルームテックはほぼ無臭で周りの人にニオイで迷惑をかけません。 紙巻たばこの副流煙の害が問題視された時、紙巻たばこ喫煙者が肩身を狭い思いをしたあげく多くの人がアイコスなどといった加熱式電子たばこに移行しました。 しかし今はどうでしょう。 今度はアイコスの副流煙が臭い・口が臭い・副流煙にも害があるとか言われる始末です。 結局、アイコスやグローにしたって副流煙が臭いから周囲には煙たがられるのです。 なので副流煙のニオイもほぼ無く、吸った直後の口臭もないプルームテックじゃないと駄目なんだと思ったのです。 「ニオイが無い」というのがこれからの時代、喫煙者が生き残る唯一の道だと気付いたのです。 周囲の人の為に生きている訳ではありませんが、これも時代の流れで周囲の人に嫌な顔をされない為には「無臭」が一番なのです。 プルームテックプラスはカスやゴミがなく衛生的 アイコスを吸っていた時は車内も家も使用済みヒートスティックから出るたばこ葉の黒いカスがあっちこっちに落ちていました。 またホルダーをいじったりしてると手が黒くなったり臭くなったりと結構不快でした。 一方、プルームテックプラスはゴミ・カスは一切出ません。 出るとしたら使用済のカプセルだけですよね。 プルームテックプラスは使っていてストレスが一切無いところが他のデバイスよりも優れているところ。 それにアイコスみたいに面倒なホルダー内部や加熱ブレードの掃除といったメンテナンスをしなくていいのがとてもいい。 もうあのサイクルには戻れません。 今(プルームテック)のメンテナンスは吸い口を除菌シートでサッと拭上げるくらい。 掃除をしないと吸い心地が悪くなるとか今考えると本当に面倒な事をしていたな~と思いますね。 プルームテックプラスに慣れたきっかけ このようにプルームテックプラスがいいと頭では分かっていてもなかなか移行出来ない方って多いと思うんですよね。 移行コツを簡単に言うととことんニコチン切れした状態からプルームテックを吸うこと。 ちなみに2度目のプルームテックプラス購入してから今、プルームテックプラスをメインに変えられたのはある出来事がきっかけなのです。 それは 丸一日、プルームテックプラスしか吸えない状況を過ごしたこと。 詳しくは言えませんが、ちょっと病院で一日過ごす機会がありまして、アイコスは吸えないけどプルームテックプラスなら吸えるような環境だったんです。 9:00~18:00くらいでしたかね、時間にして約9時間ですがその間一服はプルームテックプラスのみだったのですが全然イライラしませんでしたね。 人間の対応力って凄いなって思います。 これが仮にアイコスを吸える状況になってアイコスを吸ってしまえば、自分のからだはその瞬間からアイコスのニコチン量じゃないと満足出来ない体質に戻ってしまったでしょう。 これが私のプルームテックプラスに慣れた体験談ですね。 プルームテックプラスに慣れる為の準備 この記事を読んでもしプルームテックプラス移行にチャレンジしたいと思ったなら個人的なアドバイスを送りたいと思いますのでご参考にしてみてください。 まず先ほども言った通り、プルームテックプラスに移行する前は 限界までからだをニコチン切れ状態にすること。 究極に吸いたくなるまでニコチンは摂取しない事です。 フレーバーはこちらのメンソール・クリヤーミントの1択です。 これが一番吸った感がありますし、ニコチンが足りない時でもメンソールが喉を刺激してくれるのである程度自分の脳をごまかす事が出来ます。 そしてもし吸い口キャップを持っていたらセットした方がいいでしょう。 よく売っているシリコン製は柔らかくて頼りないしほこりやごみが付着しやすくて駄目です。 プルームテックの純正品のように固いハードタイプがおすすめです。 マウスピースもシリコンタイプとハードタイプが販売されていますが、私は純正寄りの堅めのマウスピースがしっくりときます。 私も最初は満足のいくキック感を得られずイライラしていた時期もありましたが、自分なりに色んな吸い方を試し続けた結果、 普通に吸うよりキック感を倍増する吸い方のコツを見つけました。 するとどうでしょう、1口分のニコチン量が少ないプルームテック+でも2口分のニコチン量が肺に入るのでキック感は倍増します。 この方法は理にかなっている方法で且つ簡単なので私は毎回この方法で吸って満足しています。 この 吸い方、名付けて「ダブル吸い」です。 プルームテック+を上手に使うコツ とはいえ、プルームテックプラスはカプセル交換後初回5口目くらいまではダブル吸いしなくても十分な満足感を得られます。 毎回このダブル吸いをすると通常のプルームテックプラスに慣れないのでなるべく普通に吸って慣らしていくことをおすすめします。 カプセルが残り少なくなったり、ちょっとキック感を得たい時だけ先ほど説明した「ダブル吸い」をするといいのではないでしょうか。 最後になりましたがプルームテックプラスに慣れた生活はとても心地がいいものです。 アイコス時代はカスで部屋や車内は汚くなるし、手は黒くなるうえやっぱり臭い。 それに加えてヒートスティックのハズレ問題もあるしアイコスを使っているとストレスが溜まってましたからね。 プルームテックプラスはアイコスやグローとは違い次世代型の電子たばこだと思っています。 プルームテック+に移行したいと考えている方にはこの記事でお教えした「ダブル吸い」を活用しながらプルームテックプラスに慣れる事を心よりお祈りしています。 お読みいただきまして、ありがとうございました。

次の

プルームテックが故障?煙出ない・赤青点滅・点灯しない・充電できない各対処法

プルーム・テックプラス 充電できない

左:プルーム・テック・プラス 右:プルーム・エス(クリックで拡大)出典:JT プルーム・テック・プラスは同社独自の低温加熱方式を採用した加熱式たばこ。 同社はプルーム・テックから低温加熱型を採用しており、蒸気によってたばこ葉を熱する。 紙巻きたばこと比較して、においを1%未満に抑えるとともに有害物質を99%以上カットするプルーム・テックの利点を残しながらも吸いごたえを増やした。 一方でプルーム・エスは、フィリップモリスの「IQOS(アイコス)」やブリティッシュ・アメリカン・タバコの「glo(グロー)」と同方式となるたばこ葉を直接加熱する高温加熱式の加熱式たばこ。 高温加熱型特有のにおいを低減しつつ、紙巻きたばこに近い味わいを実現した。 においと有害物質の低減はそのままに、吸いごたえを増やした「プラス」 JTは2018年6月からプルーム・テックの本格展開を開始。 それまで外資たばこ企業が席巻していた日本の加熱式たばこ市場で最後発の立ち位置だったが、IQOSに続いて業界2位に浮上したという。 そのカギとなったのは、同社が独自に開発した低温加熱方式によるたばこ臭と有害物質の大幅低減、そして多彩なフレーバー展開だ *)。 同社副社長 たばこ事業本部長の岩井睦雄氏は「プルーム・テックはタール数が1〜3mg程度の紙巻きたばこがターゲットだった」と話す。 プルーム・テック・プラスではプルーム・テックのたばこ臭と有害物質の大幅低減という利点を維持しつつ、吸いごたえの強化を図ったことが一番の特徴となる。 プルーム・テックからバッテリー出力(プルーム・テック:190mAh、プルーム・テック・プラス:610mAh)を向上させるとともにプルーム・テック・プラス専用のカートリッジを採用し、蒸気量を増加させた。 また、専用たばこカプセルに含まれるたばこ葉を増量することで「タール数が3〜5mg程度の紙巻きたばこと同等の吸いごたえ」(岩井氏)を実現。 同社が200人のユーザーに調査した結果、90%が吸いごたえに満足したとする。 プルーム・テック・プラスの評価(クリックで拡大) 出典:JT 開発に携わった同社担当者は「単純にたばこ葉に通す蒸気量を増やすだけではだめだった」と付け加える。 「単に蒸気量を増やせばたばこを吸える回数(パフ)が少なくなる。 また、たばこ葉の量とたばこ葉に通す蒸気量をベストバランスで調整することで、吸いごたえを強化することができた」と開発の工夫を明かした。 また、デバイスの使い勝手の面でも改善がみられる。 プルーム・テック・プラスはフル充電時の使用可能パフ数が250(カプセル5本分)と変更はないが、バッテリーの充電コネクターがプルーム・テックでは専用であったのがプルーム・テック・プラスではUSB Micro-Bタイプとなり充電の自由度が増している。 プルーム・テックとプルーム・テック・プラスのスペック比較(クリックで拡大) 出典:JT 充電残量通知についてもプルーム・テックが青から赤(0%)による2段階であったものが、プルーム・テック・プラスでは、青(100〜20%)、紫(20〜0%)、赤(0%)と残量がある程度判別しやすくなった。 また、プルーム・テック・プラスにはカートリッジカバーが新たに付属しており、リキッドの残量が視認できる窓が設けられている。 電源のオンオフ、カプセル交換通知を解除する物理ボタンも新たに配置した。 充電時間は約90分だ。 本体バッテリーと充電機器などが入るスターターキットの価格は4980円(税込)。 発売時は黒と白のカラー展開で、今後新たなカラーバリエーションも予定する。

次の