ジュビリー エース ジャパン。 ジュビリーエースの評判、運営が「返金拒否」をカマしてた件が発覚

ジュビリーエースまとめ・最新情報|投資概要・登録・出金方法も追記!

ジュビリー エース ジャパン

また、ジュビリーエースのAQNは最終的に コインマーケットキャップでトップ10入りを目指しているとのこと。 なるほど、全く分からない・・・ 要するに、ずっと1ドル保証をし続けられる自信があること、AQNに需要を集められる自信があるという事のようです。 コインマーケットキャップの現在のランキングを確認してみます。 バイナンスコインと同等の上がり方をするのも意味不明だし、バーンされて残るのは5億枚の半分だから計算は2億5000万でやらないとダメなんじゃない?と思ったり、1ドル保証ってどうやってするの?などなど。 ちょっとあまりにも数字が飛躍しすぎてて、現実味が薄れます。 ここまで誇大なことを言うのは逆にジュビリーエース側にとって損しているような気がしますが・・・ それに何より、Etherscanで確認してみても該当のトークンが出てこないのですが、これはまだ開発中ということでしょうか・・・? 今投資を検討している人や、誘われていてやろうかどうか迷っている人は、上記の「コインマーケットキャップ3位以内への道」を見て、冷静に検討してみてくださいね。 もし、ほかに稼げる案件を調べている人がいたら、海外の急騰アルトコイン投資はおすすめです。 興味がある方は下記からどうぞ。 その理由は主に次の6点です。 自社システム「AQUA」を用いての仮想通貨アービトラージや、スポーツベットなどで利益を生み出しています。 しかし、アービトラージは、 負けない投資ではありますが稼げる投資ではありません。 アービトラージは取引所間の価格差を利用して収益を出す仕組み。 そのため、理論的には「安く買って高く売る」をシステムが勝手にやってくれるので、負けることはありません。 ただし、それで 莫大な利益を得られるかと言われるとNOです。 なぜなら、取引所間でそんなに価格差が出るようなことはそうそう起こらないからです。 そんなにしょっちゅう大きな価格差が生じる取引所は、ユーザーから信頼を失って利用者が少なくなることは当たり前の話。 アービトラージシステムで稼いだ収益だけで、ユーザーに高い年利を払い続けられるとは到底思えない。 そして、ジュビリーエースは実際にどのくらいの収益を出しているのかも公表していません。 MLMとは、マルチレベルマーケティングの略。 要するに、紹介者特典が用意された案件です。 ジュビリーエースは、人をジュビリーエースに入会させればさせるだけ、自分が貰えるお金が増える仕組みになっています。 この 手法は今までの飛んでしまった案件とほぼ同じ。 これまでの案件全てに共通しているのは、MLMを用いた宣伝活動を行っていること。 そして、ポンジスキームの構造をとっていたということです。 ポンジスキームはユーザーから受け取った投資金を、他のユーザーに配当として分け与える構造をとります。 つまり、 実際には何も運用しておらず、ただただ資金を横流ししているようなもの。 仮想通貨投資では、このMLMとポンジスキームの合わせ技を使った詐欺が90%です。 その中でも、ジュビリーエースは泉忠司や玉井暁といった業界での評判が悪い人物も推している案件。 確かにポンジスキームは初期に参加していれば、先行者利益を得られることもあります。 なので、「ジュビリーエースで稼げた!」と言っている人も全てが嘘ではないでしょう。 しかし、 いまさら入っても旨味はありません。 ジュビリーエースは2018年から始まっているので、もう既に先行者利益は残っていないと見た方が良いでしょう。 引用: すでにジュビリーエースは 海外でも「詐欺認定」されるような案件です。 記事には、ジュビリーエースが支払う「ジュビリークレジットの得たいが知れないこと」「アービトラージ収益が紹介者報酬を上回れているという証拠を提出できていないこと」などの理由が挙げられており、最終的に飛ぶ可能性が高いと指摘しています。 しかし、よくよく調べてみるとジュビリーエースのForbes掲載はただの広告であり、 広告費を出せば載せられる内容であることが分かっています。 他にも「ロイズオブロンドンや、東京海上日動が保険を作ろうとしている」という勧誘文句もあるようです。 東京海上日動が提供している保険サービスの中でいうと、「」が該当するのでしょうか。 しかし、この 保険にジュビリーエースが入ることは不可能だと思います。 まず、保険会社のリスクが大きすぎる。 すでにジュビリーエースには多くの参加者がいますが、その人たちに対する補填を受け入れるでしょうか。 海外からは詐欺認定を受けていて、ユーザーからの評判も芳しくないというのに? あまりにも現実味がない話です。 日本で東京海上日動と聞くと「なんか凄そう」と思ってしまいがちですが、そこに内容が無ければ絵に描いた餅です。 運営は「なので、東京海上日動への事実確認は控えてください」と言っています。 なぜ、アカウントを売る必要があるのでしょうか? 収益が出るのであれば、アカウントを売ることなんかせずに保有しておけばいい話。 ここから伺えるのは、 収益が出なくなってきた現実と、 早く案件から身を引きたいという気持ちでしょう。 このような人物が出始めた時点で、 ジュビリーエースにはもう先が無いと自ら露呈しているようなものではないでしょうか。 そのお知らせの中に、 とんでもない内容が盛り込まれていました。 2020年1月1日以前に登録したアカウントで、 1,000ドル未満かつインアクティブなアカウントの削除をするとのこと。 削除を防ぎたかったら入金をしなければなりません。 影響力を持っている方なので、イケダハヤト氏が注意喚起をすることで、今後のジュビリーエース参加者が減っていくことが予想されます。 5倍」くらいになります。 つまり年間1. 投資の神様を超える案件とは? — マナブ バンコク manabubannai 暗に「そんな投資はあり得ない」と言っていますね。 リプライを見ても否定派の方が多い様子でした。 ジュビリーエースに今からの参入は危険 以上、上記した6つの理由からジュビリーエースは飛ぶ可能性が高い案件だと言えるでしょう。 少なくとも「 今から参入するのは危険」と判断しています。 もし、ほかに稼げる案件を調べている人がいたら、海外の急騰アルトコイン投資はおすすめです。 興味がある方は下記からどうぞ。 (引用:より) ジュビリーエースに泉忠司が参戦したことにより、ジュビリーエースが一気にきな臭くなりました。 なぜなら泉忠司は『仮想通貨バイブル』『パルテノンコース』という悪質な情報商材を売りつけた件で 訴訟を起こされている人物。 (引用:より) 過去に泉忠司が紹介していた「ビットクラブ」に至っては、運営者が詐欺で逮捕されています。 当然、泉忠司が紹介をし始めたジュビリーエースも詐欺の可能性が非常に高いです。 今、利益が出ていたとしても 運営が飛べば出金することができなくなります。 SNS上では未だにジュビリーエースの勧誘活動を行っている人もいるので注意しておきましょう。 ジュビリーエースが外国誌で詐欺だと認定されていた! 2020年1月17日 更新 月利20%をうたい文句に勧誘を続ける「ジュビリーエース」ですが、過去に 外国の詐欺調査サイトでも詐欺認定を受けていることが発覚しました。 引用: 記事を確認してみると、ジュビリーエースは「 ポンジスキーム」と呼ばれる詐欺と判定されています。 ポンジスキームは、ユーザーから集めた投資金を運用して配当を出すのではなく、集めた資金をそのまま別のユーザーへ回す詐欺手法。 あたかも「 投資金を運用して得た利益」として配当金を渡すので、ユーザーは「本当に儲けているんだ!」と誤解し、さらに資金を投資するようになります。 最後はユーザーからさんざん資金を集めたあと連絡が取れなくなり、 全てのお金を持っていきます。 ジュビリーエースは、このポンジスキーム認定を受けていたようです。 当然、今からジュビリーエースに参戦しても 稼げる確率は低いでしょう。 それよりも、海外の急騰するアルトコインを狙った取引の方が稼げる確率は高い。 そんな 海外の急騰通貨情報を発信しているサイトがあるので、よろしければご確認ください。 時間の無駄としか言いようがありません。 ちなみにジュビリーエースのトップ 玉〇さんは もう時期別案件に移動です。 お疲れ様でした。 — Kazu Kazu32570236 月利20%が実現できているならすぐにでも達成できそうな気がしますが…… 具体的にどういう計算で元本が回収できないと言っているのか、検証してみたいと思います。 元々、ジュビリーエースは最高月利20%を超えると紹介されていましたが、 実際の月利は「1. 5~1. 7の配当を数回受け取れているだけ」という人もいるようです。 では、元本回収までどれくらいかかるのかザックリですが、算出してみます。 確かに計算してみると元本回収まで1年以上かかる計算となりました。 今回は配当率をだいぶ低めに設定して計算していますが、今から参入すると悲惨な状況になる可能性はあります。 もし今から参入する人がいるとしたら、 ジュビリーエースは元本の出金不可なので、この点には気を付けておきましょう。 50万円を投資して配当が思う様に増えていかなかったとしても、途中で元本を抜くことは出来ません。 元本の出金が不可になるのはだいぶ怖いので、もし始めるなら十分検討してからやるようにしてください。 また、ジュビリーエースですが、 アービトラージシステムが機能しなくなっている恐れがあります。 そもそも、ジュビリーエースの配当は「暗号通貨」「スポーツ」「コモディティ」などのアービトラージ収益から出されます。 アービトラージシステムを司る「Aqua」は、自動でアービトラージを行います。 しかし、今になってジュビリーエースの配当率が下がってきているのは、 「Aqua」で勝てなくなってきているのが原因? もし、そうであるならジュビリーエースはかなり危険な状態だと言わざるを得ません。 なぜなら、利益を出せなくなってしまうから。 もし、配当率が下がっている原因が「Aqua」なら、ユーザーは何もすることが出来ません。 運営に配当率が下がっていることを伝えて、システムの抜本的改革を依頼するくらいでしょうか。 しかし、そんな簡単に勝てるようなシステムを構築できるわけもなく…… 配当が下がっている中で「ジュビリーエースは12月中に終了する」と言っている人も出ています。 は12月に終わるか今話し合ってるみたいだね。 早ければ12月終焉。 まあ遅かれ早かれもう少しで終わりますね。 みんな目減りしても元本抜いてみ? 今終わるよ!笑笑 ありがとうジュビリーエース。 さようならジュビリーエース。 — さすらいのポンジ判定士ジン youbankwallet1 特に根拠は見当たりませんが、噂レベルでも気になりなりますね。。 ジュビリーエースのForbes掲載は広告なので注意! ジュビリーエース JubileeAce とは、投資家から集めた仮想通貨をアービトラージで運用してくれる投資会社。 2018年 英国領ヴァージン諸島にて設立されました。 ジュビリーエースは「三角アービトラージ」という独自の投資手法を使って、仮想通貨取引所、コモディティ取引、スポーツメイカーなどにで投資金を運用しています。 日本人の利用者が多く、セミナーやSNS上で勧誘活動が広く行われています。 銀行の定期預金の年利は約「0. ただ、ここまで高いと若干怪しいと思うこともあります。 実際「高い配当を出す!」と銘打って資金を投資金を集めたあと、運営と連絡が付かなくなって飛んでしまうことも多い。 その点ジュビリーエースは未だにセミナーもありますし、長く続いている案件の1つです。 独自システム「AQUA」 ジュビリーエースが配当を出せているのは「AQUA」という独自のアービトラージシステムのおかげです。 その「AQUA」で使われているのが「三角アービトラージ」の投資方法。 これまでのアービトラージと違う点は、同じ取引所内で売買が完結しているところ。 アービトラージの基本的な考え方は「取引所と取引所の間の価格差を狙って利益を出す」。 しかし、この方法だと送金・着金を行っている間に価格が変わることがあります。 「AQUA」で行う「三角アービトラージ」は同一取引所内で出来るため、 売買に遅延が発生しにくく安定した利益を得ることが出来ます。 紹介報酬が高い ジュビリーエースはMLMの方式を取っていて、人にジュビリーエースを紹介したらした分だけ報酬を貰うことが出来ます。 これ以外にも他に3つの紹介者ボーナスの仕組みが用意されています。 うまく勧誘することが出来れば、月に数百万単位で利益を得ることが出来ます。 ジュビリーエースの口コミ評判 ジュビリーエースの評判を調べてみると、多くの人が「詐欺」ということを言っています。 中にはジュビリーエースのアカウントを売ろうとする人も。 確かに本当に良い案件ならアカウントを売る必要は無いでしょう。 それなのにアカウントを売るという事は何を意味するのか・・・? 「ジュビリーエース」は慎重に見定めた方が良い案件のようです。 ジュビリーエースのセミナーについて 以前から開催されているセミナーですが、毎日のように行われているようです。 2020年4月以降はオンラインセミナーをメインに開催しています。 ここからは、「セミナーがどんな感じなのか?」「どういう内容が話されるのか」という点について、見解を述べていきます。 中には500人くらい入って、さらに立ち見をしている人が出た会場も。 当サイトの見解 参加者の写真がアップされていることから、セミナーは間違いなく開催されています。 人数もこれだけのサクラを毎回集める費用を考えると、サクラではなさそうです。 創業者によるジュビリーエースの説明 ジュビリーエース創業者のボビー氏によるスピーチがあるみたいです。 英語で説明するとのことですが、最初の挨拶だけは日本語でするらしく、そこに誠実さを覚える人がいました。 当サイトの見解 「 創業者、日本でスピーチしすぎじゃないか?」という疑問が浮かびました。 ジュビリーエースは公式サイトを見てみると分かるとおり、日本以外にも展開されています。 しかし、セミナーが行われているのはほとんどが日本。 しかも、その全てに創業者が参加しています。 これを見ると「 ターゲットにしているのは日本のみなのか…?」と思えます。 創業者が英語しか喋れないのなら、もっと海外での講演の回数を増やせばいいのに…と感じるのは私だけでしょうか。 玉井暁の話に感動する声が多数 セミナーでは、玉井暁さんによる講演もあるようです。 過去、アムウェイやビットクラブという案件で莫大な財産を築き上げた人物です。 人生で成功するためのスピーチが好評とのことでした。 当サイトの見解 玉井氏が紹介した案件は危険かもしれません。 被害総額は驚愕の700億円以上!玉井氏がどこまで知っていたかは分かりませんが、多くの被害者を生む結果に。 アービトラージの実演を見せてくれる 取引所ごとの価格差を利用して利益を生み出すアービトラージですが、その実演があるようです。 創業者が登壇するセミナーでは、毎回のように見せてくれるそうです。 当サイトの見解 実際に取引しているのを見ると、安心できるかもしれません。 その取引内容があらかじめ用意されたものでないことは確認したいですね。 報酬制度の説明あり ジュビリーエースには、「仮想通貨」「コモディティ」「スポーツ」それぞれにアービトラージが存在しており、報酬プランが異なります。 他にも、紹介者報酬も複数存在し難解なため、セミナーではそれに対する説明があるようです。 当サイトの見解 「 紹介者報酬ありきのシステムなのでは?」と疑ってしまいました。 極論、そんなに良いシステムがあるなら自分たちだけで運用すればいいのにという話です。 「多くの人からお金を集めることでより大きな資金を動かすことが出来る」と言われればその通りなのですが… というわけで、ジュビリーエースのセミナーについて簡単にまとめてみました。 もし参加される際には、あらかじめ聞いておきたい事をまとめておくと良いかもしれませんね。 ジュビリーエースの運営者情報 ジュビリーエースのセミナーには「玉井 暁」という人物が登壇することがありますが、 この方には、過去マルチ商法で巨額の富を儲けていた実績があります。 ジュビリーエースがマルチ商法かどうかは定かではありませんが、 セミナーやSNSで「強引な勧誘を受けた」という口コミもあります。 念のため、投資をしようか迷っている際には注意をしておいた方がよいでしょう。 こちらも高月利で、三角アービトラージで利益を出しています。 プランスゴールドは「ジュビリーエース」という投資案件の上位互換と言われることがあります。 この2つの違いについて確認してみましょう。 投資手法は2つとも「三角アービトラージ」がメイン。 もし今から参入するなら、いつでも出金可能な「プランスゴールド」の方が良いでしょう。 ただ、どちらにしろ懸念点はあるので、あらかじめ注意点をよく確認してから投資を行うようにしてください。 しかし、これまで発覚した情報から考えてみると「ジュビリーエースは危険」かもしれません。 先行者利益を得られる期間はもう終わっているのでしょう。 誰かに誘われた際には、内容をしっかり吟味してから投資判断することをおすすめします。 口コミ投稿フォーム.

次の

ジュビリーエース

ジュビリー エース ジャパン

また、ジュビリーエースのAQNは最終的に コインマーケットキャップでトップ10入りを目指しているとのこと。 なるほど、全く分からない・・・ 要するに、ずっと1ドル保証をし続けられる自信があること、AQNに需要を集められる自信があるという事のようです。 コインマーケットキャップの現在のランキングを確認してみます。 バイナンスコインと同等の上がり方をするのも意味不明だし、バーンされて残るのは5億枚の半分だから計算は2億5000万でやらないとダメなんじゃない?と思ったり、1ドル保証ってどうやってするの?などなど。 ちょっとあまりにも数字が飛躍しすぎてて、現実味が薄れます。 ここまで誇大なことを言うのは逆にジュビリーエース側にとって損しているような気がしますが・・・ それに何より、Etherscanで確認してみても該当のトークンが出てこないのですが、これはまだ開発中ということでしょうか・・・? 今投資を検討している人や、誘われていてやろうかどうか迷っている人は、上記の「コインマーケットキャップ3位以内への道」を見て、冷静に検討してみてくださいね。 もし、ほかに稼げる案件を調べている人がいたら、海外の急騰アルトコイン投資はおすすめです。 興味がある方は下記からどうぞ。 その理由は主に次の6点です。 自社システム「AQUA」を用いての仮想通貨アービトラージや、スポーツベットなどで利益を生み出しています。 しかし、アービトラージは、 負けない投資ではありますが稼げる投資ではありません。 アービトラージは取引所間の価格差を利用して収益を出す仕組み。 そのため、理論的には「安く買って高く売る」をシステムが勝手にやってくれるので、負けることはありません。 ただし、それで 莫大な利益を得られるかと言われるとNOです。 なぜなら、取引所間でそんなに価格差が出るようなことはそうそう起こらないからです。 そんなにしょっちゅう大きな価格差が生じる取引所は、ユーザーから信頼を失って利用者が少なくなることは当たり前の話。 アービトラージシステムで稼いだ収益だけで、ユーザーに高い年利を払い続けられるとは到底思えない。 そして、ジュビリーエースは実際にどのくらいの収益を出しているのかも公表していません。 MLMとは、マルチレベルマーケティングの略。 要するに、紹介者特典が用意された案件です。 ジュビリーエースは、人をジュビリーエースに入会させればさせるだけ、自分が貰えるお金が増える仕組みになっています。 この 手法は今までの飛んでしまった案件とほぼ同じ。 これまでの案件全てに共通しているのは、MLMを用いた宣伝活動を行っていること。 そして、ポンジスキームの構造をとっていたということです。 ポンジスキームはユーザーから受け取った投資金を、他のユーザーに配当として分け与える構造をとります。 つまり、 実際には何も運用しておらず、ただただ資金を横流ししているようなもの。 仮想通貨投資では、このMLMとポンジスキームの合わせ技を使った詐欺が90%です。 その中でも、ジュビリーエースは泉忠司や玉井暁といった業界での評判が悪い人物も推している案件。 確かにポンジスキームは初期に参加していれば、先行者利益を得られることもあります。 なので、「ジュビリーエースで稼げた!」と言っている人も全てが嘘ではないでしょう。 しかし、 いまさら入っても旨味はありません。 ジュビリーエースは2018年から始まっているので、もう既に先行者利益は残っていないと見た方が良いでしょう。 引用: すでにジュビリーエースは 海外でも「詐欺認定」されるような案件です。 記事には、ジュビリーエースが支払う「ジュビリークレジットの得たいが知れないこと」「アービトラージ収益が紹介者報酬を上回れているという証拠を提出できていないこと」などの理由が挙げられており、最終的に飛ぶ可能性が高いと指摘しています。 しかし、よくよく調べてみるとジュビリーエースのForbes掲載はただの広告であり、 広告費を出せば載せられる内容であることが分かっています。 他にも「ロイズオブロンドンや、東京海上日動が保険を作ろうとしている」という勧誘文句もあるようです。 東京海上日動が提供している保険サービスの中でいうと、「」が該当するのでしょうか。 しかし、この 保険にジュビリーエースが入ることは不可能だと思います。 まず、保険会社のリスクが大きすぎる。 すでにジュビリーエースには多くの参加者がいますが、その人たちに対する補填を受け入れるでしょうか。 海外からは詐欺認定を受けていて、ユーザーからの評判も芳しくないというのに? あまりにも現実味がない話です。 日本で東京海上日動と聞くと「なんか凄そう」と思ってしまいがちですが、そこに内容が無ければ絵に描いた餅です。 運営は「なので、東京海上日動への事実確認は控えてください」と言っています。 なぜ、アカウントを売る必要があるのでしょうか? 収益が出るのであれば、アカウントを売ることなんかせずに保有しておけばいい話。 ここから伺えるのは、 収益が出なくなってきた現実と、 早く案件から身を引きたいという気持ちでしょう。 このような人物が出始めた時点で、 ジュビリーエースにはもう先が無いと自ら露呈しているようなものではないでしょうか。 そのお知らせの中に、 とんでもない内容が盛り込まれていました。 2020年1月1日以前に登録したアカウントで、 1,000ドル未満かつインアクティブなアカウントの削除をするとのこと。 削除を防ぎたかったら入金をしなければなりません。 影響力を持っている方なので、イケダハヤト氏が注意喚起をすることで、今後のジュビリーエース参加者が減っていくことが予想されます。 5倍」くらいになります。 つまり年間1. 投資の神様を超える案件とは? — マナブ バンコク manabubannai 暗に「そんな投資はあり得ない」と言っていますね。 リプライを見ても否定派の方が多い様子でした。 ジュビリーエースに今からの参入は危険 以上、上記した6つの理由からジュビリーエースは飛ぶ可能性が高い案件だと言えるでしょう。 少なくとも「 今から参入するのは危険」と判断しています。 もし、ほかに稼げる案件を調べている人がいたら、海外の急騰アルトコイン投資はおすすめです。 興味がある方は下記からどうぞ。 (引用:より) ジュビリーエースに泉忠司が参戦したことにより、ジュビリーエースが一気にきな臭くなりました。 なぜなら泉忠司は『仮想通貨バイブル』『パルテノンコース』という悪質な情報商材を売りつけた件で 訴訟を起こされている人物。 (引用:より) 過去に泉忠司が紹介していた「ビットクラブ」に至っては、運営者が詐欺で逮捕されています。 当然、泉忠司が紹介をし始めたジュビリーエースも詐欺の可能性が非常に高いです。 今、利益が出ていたとしても 運営が飛べば出金することができなくなります。 SNS上では未だにジュビリーエースの勧誘活動を行っている人もいるので注意しておきましょう。 ジュビリーエースが外国誌で詐欺だと認定されていた! 2020年1月17日 更新 月利20%をうたい文句に勧誘を続ける「ジュビリーエース」ですが、過去に 外国の詐欺調査サイトでも詐欺認定を受けていることが発覚しました。 引用: 記事を確認してみると、ジュビリーエースは「 ポンジスキーム」と呼ばれる詐欺と判定されています。 ポンジスキームは、ユーザーから集めた投資金を運用して配当を出すのではなく、集めた資金をそのまま別のユーザーへ回す詐欺手法。 あたかも「 投資金を運用して得た利益」として配当金を渡すので、ユーザーは「本当に儲けているんだ!」と誤解し、さらに資金を投資するようになります。 最後はユーザーからさんざん資金を集めたあと連絡が取れなくなり、 全てのお金を持っていきます。 ジュビリーエースは、このポンジスキーム認定を受けていたようです。 当然、今からジュビリーエースに参戦しても 稼げる確率は低いでしょう。 それよりも、海外の急騰するアルトコインを狙った取引の方が稼げる確率は高い。 そんな 海外の急騰通貨情報を発信しているサイトがあるので、よろしければご確認ください。 時間の無駄としか言いようがありません。 ちなみにジュビリーエースのトップ 玉〇さんは もう時期別案件に移動です。 お疲れ様でした。 — Kazu Kazu32570236 月利20%が実現できているならすぐにでも達成できそうな気がしますが…… 具体的にどういう計算で元本が回収できないと言っているのか、検証してみたいと思います。 元々、ジュビリーエースは最高月利20%を超えると紹介されていましたが、 実際の月利は「1. 5~1. 7の配当を数回受け取れているだけ」という人もいるようです。 では、元本回収までどれくらいかかるのかザックリですが、算出してみます。 確かに計算してみると元本回収まで1年以上かかる計算となりました。 今回は配当率をだいぶ低めに設定して計算していますが、今から参入すると悲惨な状況になる可能性はあります。 もし今から参入する人がいるとしたら、 ジュビリーエースは元本の出金不可なので、この点には気を付けておきましょう。 50万円を投資して配当が思う様に増えていかなかったとしても、途中で元本を抜くことは出来ません。 元本の出金が不可になるのはだいぶ怖いので、もし始めるなら十分検討してからやるようにしてください。 また、ジュビリーエースですが、 アービトラージシステムが機能しなくなっている恐れがあります。 そもそも、ジュビリーエースの配当は「暗号通貨」「スポーツ」「コモディティ」などのアービトラージ収益から出されます。 アービトラージシステムを司る「Aqua」は、自動でアービトラージを行います。 しかし、今になってジュビリーエースの配当率が下がってきているのは、 「Aqua」で勝てなくなってきているのが原因? もし、そうであるならジュビリーエースはかなり危険な状態だと言わざるを得ません。 なぜなら、利益を出せなくなってしまうから。 もし、配当率が下がっている原因が「Aqua」なら、ユーザーは何もすることが出来ません。 運営に配当率が下がっていることを伝えて、システムの抜本的改革を依頼するくらいでしょうか。 しかし、そんな簡単に勝てるようなシステムを構築できるわけもなく…… 配当が下がっている中で「ジュビリーエースは12月中に終了する」と言っている人も出ています。 は12月に終わるか今話し合ってるみたいだね。 早ければ12月終焉。 まあ遅かれ早かれもう少しで終わりますね。 みんな目減りしても元本抜いてみ? 今終わるよ!笑笑 ありがとうジュビリーエース。 さようならジュビリーエース。 — さすらいのポンジ判定士ジン youbankwallet1 特に根拠は見当たりませんが、噂レベルでも気になりなりますね。。 ジュビリーエースのForbes掲載は広告なので注意! ジュビリーエース JubileeAce とは、投資家から集めた仮想通貨をアービトラージで運用してくれる投資会社。 2018年 英国領ヴァージン諸島にて設立されました。 ジュビリーエースは「三角アービトラージ」という独自の投資手法を使って、仮想通貨取引所、コモディティ取引、スポーツメイカーなどにで投資金を運用しています。 日本人の利用者が多く、セミナーやSNS上で勧誘活動が広く行われています。 銀行の定期預金の年利は約「0. ただ、ここまで高いと若干怪しいと思うこともあります。 実際「高い配当を出す!」と銘打って資金を投資金を集めたあと、運営と連絡が付かなくなって飛んでしまうことも多い。 その点ジュビリーエースは未だにセミナーもありますし、長く続いている案件の1つです。 独自システム「AQUA」 ジュビリーエースが配当を出せているのは「AQUA」という独自のアービトラージシステムのおかげです。 その「AQUA」で使われているのが「三角アービトラージ」の投資方法。 これまでのアービトラージと違う点は、同じ取引所内で売買が完結しているところ。 アービトラージの基本的な考え方は「取引所と取引所の間の価格差を狙って利益を出す」。 しかし、この方法だと送金・着金を行っている間に価格が変わることがあります。 「AQUA」で行う「三角アービトラージ」は同一取引所内で出来るため、 売買に遅延が発生しにくく安定した利益を得ることが出来ます。 紹介報酬が高い ジュビリーエースはMLMの方式を取っていて、人にジュビリーエースを紹介したらした分だけ報酬を貰うことが出来ます。 これ以外にも他に3つの紹介者ボーナスの仕組みが用意されています。 うまく勧誘することが出来れば、月に数百万単位で利益を得ることが出来ます。 ジュビリーエースの口コミ評判 ジュビリーエースの評判を調べてみると、多くの人が「詐欺」ということを言っています。 中にはジュビリーエースのアカウントを売ろうとする人も。 確かに本当に良い案件ならアカウントを売る必要は無いでしょう。 それなのにアカウントを売るという事は何を意味するのか・・・? 「ジュビリーエース」は慎重に見定めた方が良い案件のようです。 ジュビリーエースのセミナーについて 以前から開催されているセミナーですが、毎日のように行われているようです。 2020年4月以降はオンラインセミナーをメインに開催しています。 ここからは、「セミナーがどんな感じなのか?」「どういう内容が話されるのか」という点について、見解を述べていきます。 中には500人くらい入って、さらに立ち見をしている人が出た会場も。 当サイトの見解 参加者の写真がアップされていることから、セミナーは間違いなく開催されています。 人数もこれだけのサクラを毎回集める費用を考えると、サクラではなさそうです。 創業者によるジュビリーエースの説明 ジュビリーエース創業者のボビー氏によるスピーチがあるみたいです。 英語で説明するとのことですが、最初の挨拶だけは日本語でするらしく、そこに誠実さを覚える人がいました。 当サイトの見解 「 創業者、日本でスピーチしすぎじゃないか?」という疑問が浮かびました。 ジュビリーエースは公式サイトを見てみると分かるとおり、日本以外にも展開されています。 しかし、セミナーが行われているのはほとんどが日本。 しかも、その全てに創業者が参加しています。 これを見ると「 ターゲットにしているのは日本のみなのか…?」と思えます。 創業者が英語しか喋れないのなら、もっと海外での講演の回数を増やせばいいのに…と感じるのは私だけでしょうか。 玉井暁の話に感動する声が多数 セミナーでは、玉井暁さんによる講演もあるようです。 過去、アムウェイやビットクラブという案件で莫大な財産を築き上げた人物です。 人生で成功するためのスピーチが好評とのことでした。 当サイトの見解 玉井氏が紹介した案件は危険かもしれません。 被害総額は驚愕の700億円以上!玉井氏がどこまで知っていたかは分かりませんが、多くの被害者を生む結果に。 アービトラージの実演を見せてくれる 取引所ごとの価格差を利用して利益を生み出すアービトラージですが、その実演があるようです。 創業者が登壇するセミナーでは、毎回のように見せてくれるそうです。 当サイトの見解 実際に取引しているのを見ると、安心できるかもしれません。 その取引内容があらかじめ用意されたものでないことは確認したいですね。 報酬制度の説明あり ジュビリーエースには、「仮想通貨」「コモディティ」「スポーツ」それぞれにアービトラージが存在しており、報酬プランが異なります。 他にも、紹介者報酬も複数存在し難解なため、セミナーではそれに対する説明があるようです。 当サイトの見解 「 紹介者報酬ありきのシステムなのでは?」と疑ってしまいました。 極論、そんなに良いシステムがあるなら自分たちだけで運用すればいいのにという話です。 「多くの人からお金を集めることでより大きな資金を動かすことが出来る」と言われればその通りなのですが… というわけで、ジュビリーエースのセミナーについて簡単にまとめてみました。 もし参加される際には、あらかじめ聞いておきたい事をまとめておくと良いかもしれませんね。 ジュビリーエースの運営者情報 ジュビリーエースのセミナーには「玉井 暁」という人物が登壇することがありますが、 この方には、過去マルチ商法で巨額の富を儲けていた実績があります。 ジュビリーエースがマルチ商法かどうかは定かではありませんが、 セミナーやSNSで「強引な勧誘を受けた」という口コミもあります。 念のため、投資をしようか迷っている際には注意をしておいた方がよいでしょう。 こちらも高月利で、三角アービトラージで利益を出しています。 プランスゴールドは「ジュビリーエース」という投資案件の上位互換と言われることがあります。 この2つの違いについて確認してみましょう。 投資手法は2つとも「三角アービトラージ」がメイン。 もし今から参入するなら、いつでも出金可能な「プランスゴールド」の方が良いでしょう。 ただ、どちらにしろ懸念点はあるので、あらかじめ注意点をよく確認してから投資を行うようにしてください。 しかし、これまで発覚した情報から考えてみると「ジュビリーエースは危険」かもしれません。 先行者利益を得られる期間はもう終わっているのでしょう。 誰かに誘われた際には、内容をしっかり吟味してから投資判断することをおすすめします。 口コミ投稿フォーム.

次の

ビットクラブ創始者が遂に逮捕された。2020年最新の裁判状況を紹介

ジュビリー エース ジャパン

日本人ユーザーの参入よりビットコイン BTC レートも一時期的に『200万円以上と高騰』しましたが、その後大きく価格が下落したことで損失を経験された方も多いかと思われます。 市場規模はまだまだ小さく、価格の上下が非常に激しい業界ですので、余剰資金で参加されることをオススメ致します。 com 仮想通貨を購入する為には、まず 取引所のアカウントを開設する必要があります。 下記に管理者が利用している取引所を公開しております。 親企業:東証マザーズに上場済み• 国内の取引所ではNo. 1の資本力 など、本田圭佑氏が広告塔として宣伝活動をしておりました。 国内最大手の仮想通貨の取引所• アメリカ・ヨーロッパでも運営• 2018年11月22日に「フィスコ取引所 国内 」に事業譲渡• 国内で人気かつ有名な取引所• co 海外の取引所は、日本の国内取引所で取扱いをしていない銘柄が豊富に取り揃っています。 管理者が利用しているオススメの海外取引所を解説いたします。 世界中で人気の取引所• 2017年12月世界No. 1の取引量を記録• 取り扱い銘柄が豊富• 収益分配型の取引所(独自トークンの保有者が対象)• 使い勝手が良いページ• トルコ人気No. 1のサッカーチームガラタサライが提携先(日本代表長友選手が所属)• 収益60%分配型の取引所• トルコ仮想通貨協会の委員長が運営メンバー• CROSSexchage取引所の提携先• 「ノアコイン・NANJコイン」などが上場• イギリス発の中小規模の取引所 仮想通貨による投資 2016年から仮想通貨による投資・運用がブームになっています。 これまで国内外を問わずさまざまなタイプの投資案件が公開されています。 取引所収益の分配型• アービトラージによる配当型• FXトレードによる配当型 などが主流になっています。 しかし多くの案件はポンジスキーム 運用の実態がなく自転車操業 であることが多いので、投資をされる場合は参入タイミング、余剰資金であることなど、充分にお気をつけ下さいませ。 以下では現在も継続している仮想通貨による投資案件・ならびに筆者が参加している案件を掲載致します。 プランスゴールド(PGA) 最低投資額 1,000ドル~ 月利 18%~21% オープン時期 2020年5月23日 日本上陸時期 2020年3月 各取引所・または取引所内にて発生している仮想通貨の価格差を利用したアービトラージによる収益商品です。 TLC IBH 最低投資額 1,500ドル~ 月利 10%~20% オープン時期 2019年5月 日本上陸時期 2019年8月中旬 マレーシアの投資銀行が運営・管理を行い、リスクヘッジした2口座を利用したFXトレードで損失を抑え、収益を得る手法を採用しています。 ニュージーランドのファンドAVA社と提携• 月利10%前後• 24カ月間ロック IBGroup 最低投資額 500ドル~ 月利 3%~19% オープン時期 2019年9月 日本上陸時期 2019年12月26日 IBGroupは、暗号通貨のFXトレードによる収益配当による投資案件となります。 海外FXではよく利用されるMT4アプリにてトレードの状況を確認することが可能です。 暗号通貨のトレードだけでなく、ブックメーカー スポーツベッティング ・コモディティの3種類の分野でアービトラージを実行しています。 月額料金38ドルは必要ですが、ホテル・旅行・コンシェルジュサービスを受けることが可能です。 レンディング 通貨の貸付け による毎月の月利は最大10%の金融商品となります。 WINSORmaster 旧ユーバンク 最低投資額 100ドル~ 平均月利 5%~20% グランドオープン時期 2020年3月 筆者の参加時期 2020年3月 2020年3月より独自のプラットフォーム「WINSORmaster ウィンザーマスター 」へ移行となりました。 また配当型ウォレットでは唯一生き残っている投資商品です。 Youbank ユーバンク は、2019年4月から始まったカンボジア中央銀行との合弁会社による金融グループによる配当型ウォレットです。 ASEAN諸国内でいま最も経済成長を遂げる「カンボジア」発の仮想通貨による投資案件です。 配当型の取引所一覧 2018年5月から仮想通貨の取引所の独自トークンを保有することで、 取引所収益の一部が配当として得られる、ユーザーへ配当を還元する取引所が続々と登場し、何かと話題になっています。 そこから配当型ウォレット・ユーザーへ取引所収益の分配を行うことで、エンジェリウムサービス公開に向けたユーザー数を確保しています。 現在は日本市場を始め、中国・マレーシア・韓国・アメリカと拠点を幅広く展開し、暗号通貨業界にて今後の可能性を大きく感じれる事業の一つに成長しています。 FCoin エフコイン 配当型取引所のブームの火付け役にもなった取引所です。 Huobiの元CTOが創設し、多数のベンチャーキャピタルによる出資を受けています。 取引量世界No. 1を記録した日もありました。 CoinPark コインパーク FCoin取引所に出資するベンチャーキャピタルの一部が出資したことで、話題になっている配当型の取引所です。 FCoinJP エフコインJP 人気のFCoin取引所が、日本チームと協業して創設した取引所です。 ABCC 元シンガポールの国会議員が創業した取引所で、スマホアプリに対応し、ユーザーに使い勝手がよいと評判になっています。 CrossExchange クロスエクスチェンジ 仕様 独自コイン保有量により配当 平均月利 取引量により変動 グランドオープン時期 2018年11月 筆者の参加時期 2018年11月 第二のドバイと言われる『アゼルバイジャン』初の仮想通貨取引所です。 自動マイニングシステムを搭載し、取引所トークンを保有することで毎日取引所収益の最大80%が還元されます。 コインエクスプレス取引所 運用条件 500ET 約500ドル 以上購入・申請が必要 月利 6%固定 グランドオープン時期 2019年8月 筆者の参加時期 2019年11月 旧ヨットトークンの移行先の取引所として知られています。 元NHKの記者として培った経験を活かして、マイニング業界に参入しました。 独自の製法と技術で不況にあえぐマイニング業界で、元本回収率100%の実績を記録し続けるマイニングマシンの販売・運営・委託管理をしています。 クラウドマイニング型の為、自宅にマシンが到着しご自身にて設定・設置する必要はありません。 初期価格1ドルからスタート後、約4カ月でBTCV価格は45倍以上に上昇しています。 仮想通貨の時価総額ランキング 注)USD表記.

次の