女 読み方。 スケ(すけ)

タロットカード 「女教皇」の読み方

女 読み方

興味のあるところから読んでね• 「女教皇」の基本的な意味と絵柄 まず、女教皇の絵柄から見ていきましょう。 彼女が手に持っているものは旧約聖書、モーゼの十戒や立法の書とされる「TORA」。 彼女は自分の考えや思想が正しいのか正しくないのか、つねにこれに照らし合わせながら判断しています。 タロットカードの背景に描かれているのは、果物の「ざくろ」です。 ざくろは女性器の象徴とされており、「セックス」や「女性性」の象徴。 また、垂れ幕は「処女膜」を意味するといわれており、非常に女性らしさが強くあらわれているといえます。 「十字架」には「確固たる意志」や「忠誠心」というイメージがあり、女教皇のカードは、強い意志をもった女性であることがうかがえます。 さらに、「月」は不安定さをあらわし、洋服のすそが波打っているのは、変化を示しています。 女教皇は「知識」が豊富ですが、裏をかえせば「行動力」には欠ける面があるといえます。 「女教皇」の正位置が示すキーワード 正位置が出た場合、連想されるキーワードは以下のようなものです。 隠された物事• 好転 「女教皇」の正位置の意味・読み方~恋愛~ 上記のキーワードから、恋愛の場合に考えられる状況例としては、以下のとおりです。 もちろん、ほかの解釈の仕方もあり、どれが正解ということではありません。 片想いの相手とのプラトニックな関係• 意外なつながりができる• 変化する状況を冷静に見つめる 「女教皇」の正位置が出たときのアドバイス この状況でのアドバイスとしては、• 相手への感謝を忘れず、かつ、自分の素直な気持ちを大切にする• どれだけ不安やいらだちを感じても、ひと呼吸置いて、客観視する ということがあげられます。 あまりにも自分の内面に目がいきすぎて、戸惑ってしまうこともあるかもしれません。 「今の状況は好転する前触れである」と考えて過ごすとよいでしょう。 「女教皇」の正位置の意味・読み方~仕事~ 上記のキーワードから、仕事の場合に考えられる状況例としては、以下のとおりです。 味方が増える• 見通しがよくなる• 専門分野での成功 よい意味での変化が期待できるときです。 今まであなたが蓄えてきた知識が、大きな結果や評価をもたらす予感があります。 「女教皇」の正位置が出たときのアドバイス よい状況を最大限に活かすためにも、• 「ありがとう」を積極的にいう• 相手のいいところを声に出して本人に伝える ことを心がけるとよいでしょう。 仕事においてかかわる人たちとの精神的なつながりを大切にしてはいかがでしょうか。 「女教皇」の正位置の意味・読み方~未来~ 未来を占ったときにこのカードが出たのであれば、今は自分の欲求にしたがい、知識を蓄えていくべきときだといえるでしょう。 「女教皇」の正位置が出たときのアドバイス 冷静沈着、頭脳明晰、といった印象の「女性」との関係を深めていくのがオススメです。 未来におけるあなたへの的確なアドバイスをしてくれるでしょう。 「女教皇」の逆位置が示すキーワード 正位置が出た場合、連想されるキーワードは以下のようなものです。 思慮が浅い• 取り越し苦労• 表面的• 自己中心的• 自意識過剰• ヒステリー 「女教皇」の逆位置の意味・読み方~恋愛~ 上記のキーワードから、恋愛の場合に考えられる状況例としては、以下のとおりです。 片想いの継続• 連絡がとどこおる• 相手の浮気を疑ったり、不誠実さを責めたりする• 軽率な行動をとる 「女教皇」の逆位置が出たときのアドバイス 相手のことよりも、自分のことにばかり目がいっているといえるでしょう。 この状況でのアドバイスとしては、• 自分の気持ちはいったんおいて、客観視する• 相手の気持ちを尊重する• 相手を信頼する ということがあげられます。 「女教皇」の逆位置の意味・読み方~仕事~ 仕事面で考えられる状況としては、• 計画どおりに進まない• 周囲の人たちとの摩擦・亀裂• 過信、傲慢さがあだになる などが考えられます。 「女教皇」の逆位置が出たときのアドバイス 自分の知識や経験を過信しすぎて、周囲から敬遠されてしまう可能性があります。 それを回避するためにも、• 周囲の状況を観察する• 意識的に笑顔をつくる ことを心がけてみるとよいでしょう。 「女教皇」の逆位置の意味・読み方~未来~ このカードが出た場合は「知識におぼれてはいないか? 」という、未来の自分からの問いかけだと考えるとよいでしょう。 「女教皇」の逆位置が出たときのアドバイス• 「静」と「動」のバランスを見つめなおす 理性は大切ですが、立ち止まることを忘れてどんどん前に進んでいくときも、重要だといえます。 まとめ 女教皇のカードの解釈の仕方を解説しました。 正位置であれば「素直な心」を大切にし、逆位置であれば「冷静になる」ことを意識してみてはいかがでしょうか。 もちろん、ここで示した状況やアドバイスがすべてではありません。 これらを参考にして、今後のタロット占いの参考にしていただければ幸いです。

次の

「娃」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

女 読み方

このカードの絵柄は、エジプトの女神イシスが描かれていると言われています。 絵柄のカードにブルーが多く使われているのは、女教皇の冷静さを表します。 女司祭ともいいます。 ブルーは情報や知性の象徴です。 知的で感情よりも理性を優先させている状態です。 女教皇では、処女性を強く表し、月の絵のとおり受容的で規律に従い需要的な巫女さんや尼さんのようなイメージでしょうか。 愛情問題では、もっぱらプラトニックラブの象徴となります。 女性的な方は次のカードのになります。 この女帝のカードと比較したときも女性の繊細さや、神秘性を示しており女性のカードとは対照的な女性の一面を表すカードでもあります。 手に持つのはいわゆるトーラの書であり、モーゼの5書を示しているというのが有力です。 左右のBとJの二つの柱はソロモン神殿の柱に対応しており、BはBoaz ボアズ で受動性と神秘性、JはJachin ヤキン で能動性と意識をあらわしています。 ソロモン神殿の絵。 赤丸が柱。 なお歴史的な古いカードであるヴィスコンティ家が依頼して製作された15世紀のタロットで女教皇はすでにその姿を見せています。 ヴィスコンティ家の登場などのタロットの歴史については下記記事を参考にしてください。 「女教皇」の位置づけと基本的な読み方 見た通り「女性」の象徴ですが、次の女帝のカードとは似て非なるものとなります。 色恋からは若干距離のある女性です。 転じて、パーフェクトな仕事ができる女性(特に雇用関係における部下や秘書、参謀のポジションにて)、きめ細かく行き届いた業務内容の仕事ぶりも示します。 位置別の「女教皇」の読み方 女性の中でも、理知的な女性的感情を表します。 社会性やパブリックな面を優先させる女性の象徴です。 礼儀正しく、色気からは遠く、高潔な心を表します。 女教皇は、コードカードではないものの、どの位置に現れても、登場する女性、そしてその意思、または心情を表すことが非常に多くなります。 控え目で目立たないポジションから、パーフェクトクトなサポートのできる仕事ぶりなどもこのカードが現れることもあります。 正位置の場合 その絵柄通りの女性らしい直観力や洞察力が大きなポイントとなりますが、その元となるのはやはりバランスの取れた知性を持つゆえです。 知性を持つ自身から毅然とした態度。 実際にはわかっていながらの沈黙であったりします。 自身が導く立場でこのカードが出た場合は、自分を無理やり押し付けるのではなく、誘導するタイプのリーダーシップです。 恋愛面で出たときは神秘性を示しもします。 逆位置の場合 少し女性的な部分が悪い方向に出たときに神経質や場の雰囲気にあわせない、思い込みの激しさ、うぬぼれ、精神的不安定、ヒステリックなどのことを示すことがあります。 自信がない状況のときは、不満げな表情を周囲に出してしまい雰囲気を壊すことも、また誰かからのプレッシャーが原因となっていることもあります。 「女教皇」が「過去」で出た場合 正位置 清純なプラトニックラブを表します。 仕事をきっちりしながら、信頼関係を築いてきました。 相手の社会的立場を重んじた立ち振る舞いができていました。 まだ情熱的な恋愛には至っていません。 消極的でも、奥ゆかしい大和撫子な佇まいであったようです。 「女教皇」が逆位置 社会性に欠けた言動から、感情的で相手の立場を慮る事ができませんでした。 過剰に他人を批判したり、重箱の隅をつつくような言動が目立っていたのではありませんか。 利己的な欲望が前に出てしまい、思いやりが足りませんでした。 「女教皇」が「現在」で出た場合 「女教皇」が正位置 控え目でも、きちんと気持ちが伝わっています。 清潔感が突き抜けた印象を持たれているようです。 相手の立場を考え、さりげない気配りができています。 大和撫子の典型で、誠実で信頼のおける真面目な様子を示します。 「女教皇」が逆位置 知性欠けた印象で、気品が感じられません。 女性を敵対視しています。 仕事が乱雑で、ミスが多く、荒んだ印象です。 ヒステリックで批判的になり過ぎていませんか。 男性に対して潔癖すぎて冷酷な振る舞いになっています。 「女教皇」が「未来」で出た場合 正位置 相手に清い気持ちが通じます。 社会性を弁え、相手に配慮したアプローチできるでしょう。 主張の強過ぎず、一歩下がった謙虚な愛情表現が信頼を得るでしょう。 スマートな対応ができます。 一つ一つ段階を踏んで交際へ発展してゆく予兆です。 逆位置 ヒステリックになってしまいます。 ややキツく、ちょっと距離を置きたいと思われるかもしれません。 感情的で恋愛対象になれません。 我儘で気品が感じられず貧相で清潔感のない言動に、ギスギスしているように思われるかもしれません。 完璧を求めてくるような印象を与えてしまっているようです。 相手から見ると。 高貴な雰囲気から腰が引けてしまっているようです。 逆位置 社会性が低く協調性に欠けた立ち振る舞いが目立っているようです。 荒んだ言動が前に出てしまい、女性らしさに欠けています。 拒絶されそうなキツそうな姿に見えているかもしれません。 自己中心的で悪目立ちしています。 「女教皇」が「結果」で出た場合 正位置 自分自身・相手の置かれている状況をきちんと考えた上で、相手に愛情が届くでしょう。 本格的な交際へ一歩近づけるでしょう。 受け身的で一歩下がって付いて行く謙虚な姿勢が好感を持たれます。 社会性に長けた行動に高い評価が集まります。 逆位置 周囲の目を憚らない利己的な行動に、心が離れてゆくかもしれません。 神経質になり過ぎて相手を受け入れる事ができません。 気品の感じられない様子に幻滅されてしまうでしょう。 仕事に熱中するあまり、パートナーを蔑にしてしまいそうです。 慎重で控え目に、大和撫子を意識して距離を縮めると良いでしょう。 相手の状況を十分に考慮したうえで、アプローチすることが大切です。 目立たず、主張を抑えた立ち振る舞いが吉でしょう。 逆位置 あまり仕事を優先し過ぎず、もう少し相手にアピールしてみましょう。 もう少し明るく積極的な言動でも問題ありません。 少々目立っても問題ありません。 協調性を重んじ過ぎたり、周囲の目を気にし過ぎず、自己主張も時には必要です。 まとめ 比較的、解釈の幅が限られています。 絵柄のとおり女性のカードの中でも、気品や知性を兼ね備えた、社会性の高い女性を表しており、理性の有無や公的な立場でのアクションを表すことが多くなります。 正位置では、パブリックな立ち位置において、公私混同しないしっかりした態度、女性の品行方正な立ち振る舞い。 感情に支配されず、冷静沈着で尚且つ配慮に長けた女性です。 逆位置では潔癖でヒステリック、女教皇の長所が過剰に出たり裏目に出ている状況です。 感情的で理性が無く、知性にも欠けています。 寛容になれず、攻撃的な感情を人に当てつけてしまったり、余裕の無い状態です。

次の

【タロット占い】女教皇の意味・読み方

女 読み方

興味のあるところから読んでね• 「女教皇」の基本的な意味と絵柄 まず、女教皇の絵柄から見ていきましょう。 彼女が手に持っているものは旧約聖書、モーゼの十戒や立法の書とされる「TORA」。 彼女は自分の考えや思想が正しいのか正しくないのか、つねにこれに照らし合わせながら判断しています。 タロットカードの背景に描かれているのは、果物の「ざくろ」です。 ざくろは女性器の象徴とされており、「セックス」や「女性性」の象徴。 また、垂れ幕は「処女膜」を意味するといわれており、非常に女性らしさが強くあらわれているといえます。 「十字架」には「確固たる意志」や「忠誠心」というイメージがあり、女教皇のカードは、強い意志をもった女性であることがうかがえます。 さらに、「月」は不安定さをあらわし、洋服のすそが波打っているのは、変化を示しています。 女教皇は「知識」が豊富ですが、裏をかえせば「行動力」には欠ける面があるといえます。 「女教皇」の正位置が示すキーワード 正位置が出た場合、連想されるキーワードは以下のようなものです。 隠された物事• 好転 「女教皇」の正位置の意味・読み方~恋愛~ 上記のキーワードから、恋愛の場合に考えられる状況例としては、以下のとおりです。 もちろん、ほかの解釈の仕方もあり、どれが正解ということではありません。 片想いの相手とのプラトニックな関係• 意外なつながりができる• 変化する状況を冷静に見つめる 「女教皇」の正位置が出たときのアドバイス この状況でのアドバイスとしては、• 相手への感謝を忘れず、かつ、自分の素直な気持ちを大切にする• どれだけ不安やいらだちを感じても、ひと呼吸置いて、客観視する ということがあげられます。 あまりにも自分の内面に目がいきすぎて、戸惑ってしまうこともあるかもしれません。 「今の状況は好転する前触れである」と考えて過ごすとよいでしょう。 「女教皇」の正位置の意味・読み方~仕事~ 上記のキーワードから、仕事の場合に考えられる状況例としては、以下のとおりです。 味方が増える• 見通しがよくなる• 専門分野での成功 よい意味での変化が期待できるときです。 今まであなたが蓄えてきた知識が、大きな結果や評価をもたらす予感があります。 「女教皇」の正位置が出たときのアドバイス よい状況を最大限に活かすためにも、• 「ありがとう」を積極的にいう• 相手のいいところを声に出して本人に伝える ことを心がけるとよいでしょう。 仕事においてかかわる人たちとの精神的なつながりを大切にしてはいかがでしょうか。 「女教皇」の正位置の意味・読み方~未来~ 未来を占ったときにこのカードが出たのであれば、今は自分の欲求にしたがい、知識を蓄えていくべきときだといえるでしょう。 「女教皇」の正位置が出たときのアドバイス 冷静沈着、頭脳明晰、といった印象の「女性」との関係を深めていくのがオススメです。 未来におけるあなたへの的確なアドバイスをしてくれるでしょう。 「女教皇」の逆位置が示すキーワード 正位置が出た場合、連想されるキーワードは以下のようなものです。 思慮が浅い• 取り越し苦労• 表面的• 自己中心的• 自意識過剰• ヒステリー 「女教皇」の逆位置の意味・読み方~恋愛~ 上記のキーワードから、恋愛の場合に考えられる状況例としては、以下のとおりです。 片想いの継続• 連絡がとどこおる• 相手の浮気を疑ったり、不誠実さを責めたりする• 軽率な行動をとる 「女教皇」の逆位置が出たときのアドバイス 相手のことよりも、自分のことにばかり目がいっているといえるでしょう。 この状況でのアドバイスとしては、• 自分の気持ちはいったんおいて、客観視する• 相手の気持ちを尊重する• 相手を信頼する ということがあげられます。 「女教皇」の逆位置の意味・読み方~仕事~ 仕事面で考えられる状況としては、• 計画どおりに進まない• 周囲の人たちとの摩擦・亀裂• 過信、傲慢さがあだになる などが考えられます。 「女教皇」の逆位置が出たときのアドバイス 自分の知識や経験を過信しすぎて、周囲から敬遠されてしまう可能性があります。 それを回避するためにも、• 周囲の状況を観察する• 意識的に笑顔をつくる ことを心がけてみるとよいでしょう。 「女教皇」の逆位置の意味・読み方~未来~ このカードが出た場合は「知識におぼれてはいないか? 」という、未来の自分からの問いかけだと考えるとよいでしょう。 「女教皇」の逆位置が出たときのアドバイス• 「静」と「動」のバランスを見つめなおす 理性は大切ですが、立ち止まることを忘れてどんどん前に進んでいくときも、重要だといえます。 まとめ 女教皇のカードの解釈の仕方を解説しました。 正位置であれば「素直な心」を大切にし、逆位置であれば「冷静になる」ことを意識してみてはいかがでしょうか。 もちろん、ここで示した状況やアドバイスがすべてではありません。 これらを参考にして、今後のタロット占いの参考にしていただければ幸いです。

次の