夫 の こと を 泣かせ た 話。 『夫のことを泣かせた話 第17話』~ 夫が泣いている ~【思ってたんとちがう4兄妹ライフ Vol.19】:マピオンニュース

『夫のことを泣かせた話 第10話』~ 夫からのストレス、再び ~【思ってたんとちがう4兄妹ライフ Vol.12】

夫 の こと を 泣かせ た 話

「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

『夫のことを泣かせた話 第2話』【思ってたんとちがう4兄妹ライフ Vol.4】|ウーマンエキサイト

夫 の こと を 泣かせ た 話

この記事の概要• 不倫相手とのなれそめ 私が彼(不倫相手)と出会ったのは、結婚して1年が過ぎようとしていた頃のことでした。 寿退社したものの、毎日が物足りなくて、パートを始めた先でのことでした。 私は本屋でのバイトをはじめ、その店に営業担当としてよく来る彼に出会いました。 私は仕事で、あるコーナーを担当していて、彼はそのコーナーに良く立ち寄ってくれていて、話しをするようになりました。 結婚していることは指輪ですぐに気づいてくれましたが「ちょっと残念です」などと冗談みたいなことを言ってくれたこともあります。 不倫相手に気持ちが傾いた 最初は「仕事の取引先の方」といった認識で、もちろん「男性」として認識していませんでしたが、仕事ができそうな彼に好感を持っていて、次第に彼が来るのを楽しみにしていました。 ただし、ある時、彼が私の働いているお店の担当ではなくなることを知った時、一気に彼に実は気持ちが傾いている、 もしかして恋をしているのではないかと気づいてしまいました。 自分でもどうしてなのかわからないのですが、連絡先も知らないし、このままもう会えないのかと思ったら、家でも夫といても上の空になるほどで、彼があいさつに来たときには見つめるのが精一杯でした。 不倫相手から渡されたもの すると彼から、周りのみんなには分からないように「あるメモ」を渡されました。 そこには「後で会いたい、絶対に連絡してほしい」などと書かれていたのです。 連絡すればどうなるか、冷静に考えれば分かることですが、舞い上がっていた私は仕事終わりですぐに彼に電話しました。 その夜、彼と待ち合わせをして食事をし、そのままホテルに行ってしまったのです。 夫には、お店を辞めるバイトの人の送別会が急に決まったと嘘までついて・・。 不倫にはまってしまった結果 夫は寛容な人なので、送別会に行くだけで怒る人ではありません。 すごく優しくて、気づかいもある人、楽しんできてねと返信をくれ、私はその言葉のまんま、彼と本当に「楽しんで」しまいました。 本当に、どうしてその流れを拒まなかったのかと今ではものすごく後悔しています。 当然、何事もなかったかのように帰宅し、翌日からも普通に仕事に行きました。 彼はお店に来なくなりましたが、個人的に仕事終わりで会う関係になっており、夫が残業だと昼くらいにメールをくれた日はすぐに彼に連絡して、今日は会えるから!とホテルに行く関係を何度か続けました。 夫にばれて時すでに遅し ただし、不倫はいつかばれるものです。 夫は残業だといいつつ、早くに帰宅していることが続き、私は何も知らずに遅くに帰ってぎょっとすることもありました。 このようなことが何度か続くと、さすがに夫も「妻の浮気」を疑い、「今までしなかったけど、携帯見せて」と言われ、彼とのやり取りをすべて見られてしまいました。 でも、もう終わりだ」と告げました。 この期に及んで「本気ではなかった、つい、ほんのでき心でしてしまったけど、私はあなたとずっといたい」などと謝りましたが、 もはや「後の祭り」です。 夫がそれを受け入れることはありませんでした。 浮気や不倫を嫌っていた自分がはまった 夫は結婚前から、不倫とか浮気はぜったいに許せないと言っていて、私も同じでした。 幸せにするとプロポーズしてくれた時、私は一生この人と一緒にいようと決め、本当に大事にしてもらっていたのに、こんなにあっさりと裏切ってしまいました。 不倫相手の彼に、夫にばれたこと、離婚するかもしれないと報告すると、「それは自業自得だね」などと冷たくされて、自分の元から去っていきました。 結局、自分を愛してくれていた夫と不倫相手の両方、一気に失う形になりました。 今は実家に出戻りという形で引き上げてきて半年がたちます。 でも、まだ夫のことを引きづっていて、仕事も見つけられず、不倫して離婚したことで親からも非難され、すごく惨めです。 まとめ 今回のような事例は 決して珍しいことではないと思います。 浮気や不倫は自分には関係ないし絶対に許せないこと• もともと遊ぶタイプではないし、モテるわけでもない• 真面目で冷静、おとなしいタイプ といった方ほど、 いざとなれば「はまってしまう」のです。 夫婦仲に特に問題がなかったとしても、浮気や不倫をしないとは限りません。 どのような場合であれ、浮気や不倫は相手を裏切ってしまうことになります。 今回のように 気づいた時には遅く、大切なパートナーや家庭を失うことになるかもしれません。 一時的な誘惑に負けず、浮気や不倫をしたら今後どうなるのかなど、考えたいところです。

次の

『夫のことを泣かせた話 第2話』【思ってたんとちがう4兄妹ライフ Vol.4】|ウーマンエキサイト

夫 の こと を 泣かせ た 話

この記事の概要• 不倫相手とのなれそめ 私が彼(不倫相手)と出会ったのは、結婚して1年が過ぎようとしていた頃のことでした。 寿退社したものの、毎日が物足りなくて、パートを始めた先でのことでした。 私は本屋でのバイトをはじめ、その店に営業担当としてよく来る彼に出会いました。 私は仕事で、あるコーナーを担当していて、彼はそのコーナーに良く立ち寄ってくれていて、話しをするようになりました。 結婚していることは指輪ですぐに気づいてくれましたが「ちょっと残念です」などと冗談みたいなことを言ってくれたこともあります。 不倫相手に気持ちが傾いた 最初は「仕事の取引先の方」といった認識で、もちろん「男性」として認識していませんでしたが、仕事ができそうな彼に好感を持っていて、次第に彼が来るのを楽しみにしていました。 ただし、ある時、彼が私の働いているお店の担当ではなくなることを知った時、一気に彼に実は気持ちが傾いている、 もしかして恋をしているのではないかと気づいてしまいました。 自分でもどうしてなのかわからないのですが、連絡先も知らないし、このままもう会えないのかと思ったら、家でも夫といても上の空になるほどで、彼があいさつに来たときには見つめるのが精一杯でした。 不倫相手から渡されたもの すると彼から、周りのみんなには分からないように「あるメモ」を渡されました。 そこには「後で会いたい、絶対に連絡してほしい」などと書かれていたのです。 連絡すればどうなるか、冷静に考えれば分かることですが、舞い上がっていた私は仕事終わりですぐに彼に電話しました。 その夜、彼と待ち合わせをして食事をし、そのままホテルに行ってしまったのです。 夫には、お店を辞めるバイトの人の送別会が急に決まったと嘘までついて・・。 不倫にはまってしまった結果 夫は寛容な人なので、送別会に行くだけで怒る人ではありません。 すごく優しくて、気づかいもある人、楽しんできてねと返信をくれ、私はその言葉のまんま、彼と本当に「楽しんで」しまいました。 本当に、どうしてその流れを拒まなかったのかと今ではものすごく後悔しています。 当然、何事もなかったかのように帰宅し、翌日からも普通に仕事に行きました。 彼はお店に来なくなりましたが、個人的に仕事終わりで会う関係になっており、夫が残業だと昼くらいにメールをくれた日はすぐに彼に連絡して、今日は会えるから!とホテルに行く関係を何度か続けました。 夫にばれて時すでに遅し ただし、不倫はいつかばれるものです。 夫は残業だといいつつ、早くに帰宅していることが続き、私は何も知らずに遅くに帰ってぎょっとすることもありました。 このようなことが何度か続くと、さすがに夫も「妻の浮気」を疑い、「今までしなかったけど、携帯見せて」と言われ、彼とのやり取りをすべて見られてしまいました。 でも、もう終わりだ」と告げました。 この期に及んで「本気ではなかった、つい、ほんのでき心でしてしまったけど、私はあなたとずっといたい」などと謝りましたが、 もはや「後の祭り」です。 夫がそれを受け入れることはありませんでした。 浮気や不倫を嫌っていた自分がはまった 夫は結婚前から、不倫とか浮気はぜったいに許せないと言っていて、私も同じでした。 幸せにするとプロポーズしてくれた時、私は一生この人と一緒にいようと決め、本当に大事にしてもらっていたのに、こんなにあっさりと裏切ってしまいました。 不倫相手の彼に、夫にばれたこと、離婚するかもしれないと報告すると、「それは自業自得だね」などと冷たくされて、自分の元から去っていきました。 結局、自分を愛してくれていた夫と不倫相手の両方、一気に失う形になりました。 今は実家に出戻りという形で引き上げてきて半年がたちます。 でも、まだ夫のことを引きづっていて、仕事も見つけられず、不倫して離婚したことで親からも非難され、すごく惨めです。 まとめ 今回のような事例は 決して珍しいことではないと思います。 浮気や不倫は自分には関係ないし絶対に許せないこと• もともと遊ぶタイプではないし、モテるわけでもない• 真面目で冷静、おとなしいタイプ といった方ほど、 いざとなれば「はまってしまう」のです。 夫婦仲に特に問題がなかったとしても、浮気や不倫をしないとは限りません。 どのような場合であれ、浮気や不倫は相手を裏切ってしまうことになります。 今回のように 気づいた時には遅く、大切なパートナーや家庭を失うことになるかもしれません。 一時的な誘惑に負けず、浮気や不倫をしたら今後どうなるのかなど、考えたいところです。

次の