キャット ファイト tm。 セクシーキャットファイト動画コレクション

キャットファイトビデオに関する掲示板様

キャット ファイト tm

特に最近はキャットファイトが非常にレベルが高くなり、今回はそのビジュアルにフォーカスしていく。 強くてもダメ。 やっぱり女性は美しくなくては。 責める女 責められる女 どちらも、興奮のファイトシーンですよね! 女子プロレスの発祥期起源がガーターベルトの奪い合いですし 江戸時代からの女相撲も卑猥ものでした。 エロ目線で見るのが普通の男の見方。 セクシーなキャットファイトでの喘ぎ声は、まさに 男性庶民の大衆娯楽になりつつある! 女子プロレスの起源とも言える女性達の性とプライドをかけた闘いで射精するなら射精しろ! セクシーなキャットファイト動画 美しくセクシーなキャットファイトをまとめています! ただの、女子プロレスではありません。 ここにあるのは、選りすぐりのキャットファイト動画です! 女子プロレスを観て股間を勃起させている貴方なら、もはやいう事はないでしょう。 セクシーファイトこそが 女子格闘技の最大の魅力。 単に強いだけでは、女子の世界では生き残れない。 アンダーグランドなキャットファイトの 世界だって同じ! レズ的な見方でみるのもいいですが、やはり女ならではの、プライドと意地にも注目のファイトです。 女子格闘技の始まりは、このようなセクシーファイトからのスタートでしょうから、セクシーキャットにこそ 女子格闘技の起源、ルーツなのだと言えるでしょう! こうして、セクシーキャットファイトを見ていると、自身もこんな技とかかけられてみたいな!とかって思ったり しませんか。 キャットファイトを見る人には、そんな欲望が生まれつつあると思います! レズでもない限り、女子との組み合いとなる格闘には興味があるし、やってみたいなと思うはずです。 こんな技かけられてみたいとか思うなら会員サイトにも多数のオリジナル動画やミックスファイト(男対女)への 参戦や各種イベントがありますので是非参加してみる事をお勧めします! それにしても、女子プロの原点とも言える、キャットファイト。 現代では、よりエロく、よりえげつなくと言ったコンセプトで 構成されているような気がしますね。

次の

キャットファイト

キャット ファイト tm

キャットファイトにおける泥レス 主に女性同士がを前に出した戦いを行うのことを指す。 戦いそのものの結果を見せることを主眼とせず、訓練されていない格闘技のがなさそうな華奢な体つきの女性同士が戦うことが多い。 この点で、としての技術を前提に求められる一般的なやとは一線を画す。 日本におけるの出発点はキャットファイトである。 ・兄弟の妹であり日本初の女子プロレスラーとがでの興行を打ったのが、日本の女子プロレスの始まりである。 また、アメリカ女子プロレスの草分けとされるもキャットファイト映像を制作したことがあった。 のでは、と呼ばれる女性達がマッチ、マッチ等のキャットファイトを思わせるを施したを行っている。 米国ではさらにやなどのキャットファイト系プロモーションも存在する。 フォクシー・ボクシングは過去に日本でも放送されたことがあり、映画化もされている。 日本に於いてキャットファイトを行う団体として、 CPE と NCL の2団体がある。 主に東京と大阪で活動しており、年に1回 NCPと題し、2団体合同の興行を行っていたが、2010年にNCLは解散。 残るCPEがもっとも古いキャットファイト団体となり、2016年に設立15周年を迎える。 2011年にはプロレス形式に特化した新団体「ファイティングガールズ」 を、長年キャットファイト作品をリリースしているブローウインドコーポレーションが旗揚げした。 活動休止を経て2016年に後継にあたるBWP(バトルワールドプロレスリング)と性的志向の強いSSS(SUPER SONIC SATELLITES)に分裂している。 興行は主にやで行われるが、大きなものはや、味園ユニバースなど一般の格闘技会場を使用する場合もあり、CPEは年に5回ほど新木場1stRINGにて興行を行っている。 にはNCPとして大阪・にてキャットファイト初上陸を果たした。 現在は難波の味園ユニバースにてCPEが年1興行を開催している。 更に、2006年にはCPEとして横浜赤レンガ倉庫大会、2015年には両国国技館にてCPE提供試合、2018年には日本武道館で行われたアイドル博内でオイルレスリングなど3試合を披露した。 キャットファイト興行やDVDには、専門のキャットファイターの他、、、、などが出演することが多い。 プロである女子や女子選手なども出演している。 一方で、キャットファイトからプロレスラーや格闘家に転向する者もいる。 キャットファイトの映像ソフト市場には、、、などのキャットファイト専門レーベルの他に、かつては、などの大手を含めたメーカーが参入した。 その後、現在でもキャットファイト作品を制作しているメーカーもある。 参入初期には、キャットファイトのサイトやファンが企画したやなどの作品も誕生している。 なお、日本にはキャットファイト専門店も存在する。 また、キャットファイト専門誌『バトルヴィーナス』 がより発行されている(現在休刊中)。 試合形式 [ ] レッスルマニア25で行われたディーヴァ・バトルロイヤル(2009年) 前述のとおりエンターテイメント性が高く、試合形式はルール、ルール、ルールなどその場その場で違う。 中には「追い剥ぎマッチ」と呼ばれる相手の衣装を脱がせたら勝利となるなどお色気面をより強調したルールも存在する。 また、CPE・海外のインディペンデント団体などでは男女含めたやハードコア戦も少なくなく、それらを売りにしているキャットファイト団体さえ存在する。 形式の戦いもあり、その際は2本先取制または、の外し合いなどのルールが採用されることが多い。 他の格闘技を擬してを使用する場合もあるが、リングを使用すると観客から細かい部分が見えにくくなるため、を外したり、あるいははじめからリングでなく青いブルーシート上や舞台上で行われることもある。 また、四角いリングではなく「レスリング」「」「プール」「」「の」などリング以外の場所に設定されることもある。 相撲形式の戦いの際には「簡易」や土の本格的な土俵が使用されることもある。 選手の服装 [ ] 特に決められたはなく、は存在しない、一般的な格闘技の様にや(上はや)などで戦うこともあるが、主にプロスタイル(プロレス形式)ルールでは90年代までのを模倣して用を着用する他、、、、、の他などのを着用して良く言えば個性的、悪く言えば客に媚びたをして戦うこともある。 また、ルールやルールなどでは選手が破れやすい素材で作ったコスチュームを着用していることがあり、この場合はコスチュームが激しい動きによって偶然に破けてしまうという演出がなされた試合が行われる。 着用の選手も多い。 芸術作品 [ ] アメリカではミュージックとの関連性も強くなり系のやダンスミュージック等のミュージッククリップにもメインテーマとしてキャットファイトを用いているビデオも存在している。 また、ここ最近ではにもシアトリカルな手法でキャットファイトをディレクションしたビデオも増えている。 市販作品 [ ] 連続する映像作品を通してストーリーを構成していくスタイルのキャットファイトを提唱した率いる「SuperSonicSatellites」 をはじめ、既出のバトル、ピンクカフェオレなどの、いくつかのキャットファイト専門レーベルが存在しているが、そのほとんどはブローウインドコーポレーション系列に分類される。 ところで、日本では1980年代の女子プロレスブームを頂点として近年ではその人気は下降傾向にあるが、その中で1980年代・黄金期の女子プロレスを映像作品として再現を試みる「ラピュタ」 という独立系メーカーも存在する。 ポルノ、アダルトビデオ [ ] 日本国内外で趣向に相違があり、国内では主にプロレス、レズバトル、、相撲、等の分野が主流である。 海外で人気が高い、どろレスリング、オイルレスリング、コント形式のショーなどの分野の人気は低い。 また、ややなどの一部作品ではの場合もある。 近年多様化が進み、猟奇趣味の作品もキャットファイトと関連付けされはじめたが、ことこのジャンルに関しての人気は海外も国内も同程度といわれている。 主なキャットファイト関係者 [ ] 出身の女子プロレスラーであり、CPE創始者として「キャットファイトの母」と呼ばれる。 CPEでは「Aky」名義で活動。 CPE傘下としてを立ち上げた。 ミスモンゴルとしても活動。 お笑い芸人「東京03」豊本と結婚した。 本職は漫画家。 に「ひろひろ」名義で参戦。 後にとして復活させた。 NCLのキャットファイターからでプロレスデビュー。 現在はフリーのプロレスラーとして活動中。 SMクラブの女王様「千晶」として活動していた時代にキャットファイト作品出演歴あり。 総合格闘家に転進しなどで活躍した。 CPEにて「ラメイダー」として活動した後、プロレス入り。 キャット時代にも女子プロレスラーと追い剥ぎマッチやローションマッチなどの対戦歴あり。 現在はを経てフリーで活動している。 元AV女優。 インディ団体のプロレス練習生や女子プロレス団体のオーディション合格の過去あり。 「さわきりほ」や「新垣ひとみ」名義を使用して参戦。 にも出場。 AV引退後は社会人プロレス団体に参戦。 元ミニスカポリスであり、でプロレスラー経験有り。 総合格闘家、プロレスラーとして活動した後、CPEなどに参戦。 主な名義は羽柴まゆみ。 「戦うアイドル」の異名を持ちCPEなどで活動していたが、現在は引退。 アクション女優。 ボクシングジムの練習生として当時の女子世界チャンピオンとエキシビションの経験あり。 初代ミニスカポリスの一員でプロ雀士でもある。 10年以上CPEを主戦場にしている。 プロレスやキックボクシングの試合も経験している。 夏目雅子としてファイティングガールズでデビュー。 2018年5月にBWPとSSSの2ブランド王者となる。 脚注 [ ] []• ブログ MY FAVORITE LIFE. 2012年12月1日閲覧。 ファイト! ミルホンネット 2012年5月21日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

セクシーキャットファイト動画コレクション

キャット ファイト tm

女子高生・佐々木京子はある日、幼馴染の河村弥生の様子がおかしいことを聞かされる。 心配し声をかけた弥生に連れられた先は猫闘と呼ばれるキャットファイトのリングだった。 そこで、弥生がキャットファイトに興じていることを知る。 京子は弥生の身を心配するが、保護者のような態度が弥生の反発を買ってしまう。 京子は弥生と同じ目線に立つため、弥生にキャットファイトを申し込み、自分も猫闘のリングに上がることを決意する。 出典: 話も熱い友情物でよく出来ており、作画も丁寧で大変素晴らしいキャットファイト漫画にも関わらず、 で全4話が閲覧可能となってます。 キャットファイトシーン 舞台は 皆大好き地下っぽい雰囲気のキャットファイトリング。 主人公の弥生が過激なコスチュームで1話から激しい戦いを繰り広げます。 CPEとBWP以外にもその手の試合が見れる所がどこかにあれば良いのですが・・・出来れば打撃系メインだとなおよし。 2009年なので若干古い漫画ですが、今読んでみても全然楽しめました。 単行本化はされてないとはいえ、こんな素晴らしい作品をWebに上げるとは、にくぼし先生素晴らし過ぎです!! また漫画家として復活される日を心待ちにしております。 リョナ目的以外でも普通に友情物として楽しめる漫画だったので、キャットファイト漫画を読みたい方は是非見てみるべきだと思います。 他にもオススメのキャットファイト系の漫画を紹介しておりますので、もしよろしければこちらも合わせてどうぞ!!.

次の