アフィニティ デザイナー。 Online Courses

Affinity Designer を購入

アフィニティ デザイナー

Affinity Designer アフィニティデザイナー はノンデザイナーにこそおすすめ! さて、これまでデザインのコツを色々見てきましたが、 ツールもないのにできないよ…とお思いではなかったですか? 実はどのツールがいいか、いくつか試していました。 しかしどうも実務レベルで使うには無理があるものが多く、なかなか紹介できなかったのです。 私はAdobePhotoshopやIllustratorを20年以上使っています。 どちらも年額数万円以上するデザイナー御用達、高額高機能ツールです。 全部とは言わなくても、PhotoshopやIllustratorに近い機能がないものは実用にはもの足りない…と探しました。 そんな私がおすすめする素晴らしいツールはこちらです! Affinity Designer アフィニティデザイナー です。 ipod用ではありませんのでご注意ください。 \ただいまセール中!/ ところがこのソフト、とっても直観的で使いやすいんだな~ Photoshop、Illustraterに遜色のない高機能 高額なプロツールとして定番中の定番、Adobe PhotoshopやIllustraterに遜色のない機能を持っています。 もちろんいくつかできないこともありますが、年額数万円~の高額なソフトに匹敵する機能です。 当然プロツールとしての機能は十分です。 しかもAffinity Designerひとつで、二つのソフトのいいとこどりの部分も多いです。 部分的にはAdobe以上に使いやすいところもあります。 1 直観的で分かりやすいインターフェース シームレスな図形と描画 AffinityDesignerには、 ペルソナといって、モードが3つあります。 これが左上にあるボタンひとつで切り替えられます。 AffinityDesigner3つのペルソナ 描画ペルソナ 図形や文字などベクター描画をするモード Illustrator 的な機能 ピクセルペルソナ ブラシなどビットマップでお絵かきしたり色調整するモード Photoshop 的な機能 書き出しペルソナ 画面を切り抜きをして書き出すモード Photoshopの Web及びデバイス用に保存 的な機能 この、描画とピクセルは、いわばIllustraterとPhotoshopのように全く違うものなのですが、これがシームレスにつながっています。 同じ画像でシームレスでストレスなく行ったり来たり出来るのは驚きですし、どちらの長所も生かして使えます。 良く使う機能は表に出ていて、またかゆいところに手が届く機能もたくさんあります。 AffinityDesignerを使ってからPhotoshopを使うと、あれ、使いづらいな…と思うことも多いです。 特に私が使いやすかった機能は以下の通りです。 2 Photoshop、Illustraterのデータも開ける Photoshop、Illustraterのデータも開けますし、色々な画像形式でエクスポート(書き出し)できます。 背景なしの選択にすると、透明部分以外だけを書き出しもできて便利です。 ファイルサイズによって、品質を上げたり下げたりできるのも分かりやすいですね。 また、書き出しペルソナでは、カットした部分だけを書き出すことができます。 さらに、よく使うショートカットがPhotoshopと同じです。 仕事でAdobeを使い、家ではAffinityDesignerを使う場合でも、あまり違和感なく操作できますね。 3 作品をシェアできる 作った作品をフォーラムでシェアできます。 なんとプロが作った作品をダウンロードしてつぶさに観察もできます。 AffinityDesignerでは、illustratorのように、好きな設定をしたスタイルを保存しておけます。 驚いたことに、プロが作ったスタイルをそのままコピーして持ってこれます。 色など変えて、自分のスタイルとして保存でき、いつでも使うことができます。 これだけで無機質な図形が絵画っぽくなるよ 7 グリッドやスナップなど位置合わせがとても便利 グリッドの設定がとても細かくできます。 標準の縦横格子の他に、等角投影、斜方投影など斜めのグリッドも引けます。 立体的なアイコンなどを描く時にとても便利そうですね。 また、自動のスナップで、どのオブジェクトにも位置合わせしてくれます。 どんなオブジェクトにも、はしや中央でスナップが利いて、ほぼ自動で合わせられます。 すごく便利です。 8 iOS10に対応したアセットが入っている mac対応のツールやWEBデザインが簡単にできる図形がもともと入っています。 実際には使わないかも知れませんが、プロ向けツールだというのが十分分かりますね~ 9 お絵かき機能が充実している 豊富なブラシ もちろんお絵かきに必要な、ブラシ、スプレー、塗りつぶし、選択範囲、マスク、消しゴム、焼きこみ、覆い焼き、ゆびぼかし、などなど豊富にそろっています。 特に驚くのは、消しゴムで消した範囲を移動できることです(マスク) 上の図の中央右上の消しゴムで白くなっている部分は移動、回転、拡大縮小でき、どの部分も消すことができます。 10 買い切り!破格の安さ 6000円 これだけのプロ向けツールが、なんと たったの6000円です。 どう考えても一桁安いですし、月額ではなく、一回の買い切りです。 つまり一度買ったら、何年でも使えるということです。 私は運よくセール中に買えたので、なんと4200円でした! AffinityDesignerのイマイチなところ ほとんど大満足の神ツールですが、弱点も多少あります。 縦書きができない もともと日本で開発されたツールではなく、文字の縦書きができません。 これはかなり致命的な弱点ではありますが、裏技を使えば縦書きもできます。 縦書きの方法は下の記事を見てください。 英字フォントも日本語フォントもごちゃまぜで、ABC順に並ぶ これまた日本で作られたツールでないので仕方がないですが、混在しているのは使いづらいですね。 ただ、フォローする機能がついています。 良く使うフォントにはハートマークでチェックすることができます。 チェックしたフォントを「お気に入り」で呼び出すことができます。 また、「最近使用したもの」だけを呼び出せます。 これらを使って、使いやすく並び替えることができますね。 しかしバージョンアップで、いつか実装されるのではないかと期待しています。 バージョンアップのお知らせが来ます。 たいてい再起動で治りますが、どうしても困ったらフォーラムに相談するといいでしょう。 トリムマーク(トンボ)は西洋式のみ トンボは日本式が未対応です。 illustratorで日本式トンボを作り、AffinityDesignerで開く方法もあります。 印刷屋さんのトンボ付きテンプレートをダウンロードして、そのまま使うのも簡単です。 ここはアップデートで対応してほしいですね。 大型出力屋さんで、AffinityのPDF入稿を受け付けてくれるとの情報を頂きました! 引き続き、受け付けてくれる印刷屋さんの情報をお待ちしております。 AffinityDesignerをおすすめする理由 まとめ デザインツールとしても、お絵かきツールとしても使える 今回は神ツール、 AffinityDesignerを紹介しました。 本当に便利なツールですので、専業ではないけど、お絵かきやチラシ作りをしたいというあなたにぴったりです。 買い切りなので固定費がかかりませんし、デザイン専門ではない会社で使うにもいいですね。 月額のAdobeを高いとお思いのあなた、いかがですか? 個人的には、お絵かきがとてもしやすいIllustrater、図形などがとても書きやすいPhotoshopという感じで、2つのソフトのいいとこどりだと思いました。 使っていてとても楽しいツールです。 はじめまして。 実践的な情報ありがとうございます。 参考にさせていただいております。 私もAffinity Designerを購入して、サークルのチラシ制作などに使い始めました。 UIに慣れたら結構使いやすいですね。 しばらくはpdfx1aで出力して印刷屋さん 某T社 に受け付けてもらえていたのですが、今月から急に印刷会社からaffinityシリーズのPDFはお断りといわれました。 入稿トラブルが増えてきたので、一切受け付けないことにした、との事でした。 仕方なく画像系をビットマップで書き出して、officeで文字を載せてPDF入稿しましたが、なんだかなぁ、というかんじです。 次回からは上記コメントで紹介されてるイロドリさんなど、別の印刷屋さんを当たってみようと思っていますが、Affinityで入稿実績のある業者さんをご存じでしたら、教えていただけると幸いです。 (Affinity Publisherも出たので、日本でも普及して対応業者が増えるといいな、と思っております).

次の

PhotoShopを超えられるか?「Affinity Photo」を使ってみた|ゆめいろデザイン|ブランドマネージャー・Web/UX/UIデザイナー・デザインコンサルタント ヒガシナオヤ

アフィニティ デザイナー

どーん! とプロフィールアイコンを変更しました。 いかがでしょうか? 以前から、「 アイコンの画像は人間のほうがいいよ」との記事を読んで悩んでいたこともあり、今回思い切って変えてみました。 心を動かされた記事はコチラ やっぱり人が書いてるんだから、風景や動物よりも人のアイコンのほうが、現実味あるしって話でした。 ちなみに私が今まで使っていたアイコンはコチラです。 はーい! 結構気に入っていました。 可愛いでしょ。 ただ、人じゃなくってイカだし、何より ブログ界の某スーパースターをパクったみたいな感じに。 同じ魚介系って。 んで、Affinity Designerって使いみちのないポスト イラストレーターと言われている超高機能のソフトを衝動買いしたこともあって、今回プロフィールアイコンを作り変える運びとなりました。 参考 今回は、使い方が全く分からない中、簡単な方法で作っているので、もっといい方法があるかもしれませんが、ご了承ください。 1.紙にペンで下書きする ペンタブとか持ってれば話は別でしょうが、私はとりあえず紙にペンで下書きしました。 アナログ作業。 それをiPhoneで写真に撮ってパソコンに取り込みます。 よくかぶっているニット帽と、簡単なつくりな顔。 髪の毛って書くの難しいし帽子はオススメです。 下書き完成後、奥さんに聞いたら似てるとの事だったので採用決定。 2.Affinity Designerで画像を取り込んでレイヤを追加 Affinity Designerを開いてドラッグ・アンド・ドロップで画像が取り込めます。 作業をするためのレイヤを追加しましょう。 3.見やすくするために取り込んだ画像を薄くする 取り込んだ画像を鉛筆ツールで謎ってアイコンを作っていきます。 濃いと見にくく作業がやり辛いので、不透明度を50%に変更しました。 4.鉛筆ツールで図形を重ねていく 最初は鉛筆ツールを使って、ただ下書きをなぞってみたんですが、問題が発生。 色が塗れないんです。 んで一からやり直して、上の画像のように、顔の部分は楕円の円形の図形を書いて塗りつぶしています。 図形の前後関係は、上のアイコンで簡単に変更できます。 フリーハンドで書いた図形も、線の微調整が後からできるので、思ったより綺麗にかけました。 5.塗りつぶしの際の小ワザ このAffinity Designerというソフトで絵を書く時は、図形を重ねて作っていきます。 (多分、もっと簡単な方法があるはずです。 ) んで顔と耳と体は同じ色で塗りつぶしますよね。 その時は、スポイトを最初に塗った部分(私の場合は顔)にドラッグ・アンド・ドロップすると、同じ色を吸い取ることができます。 6.完成したらエクスポートで書き出し 完成したら書き出しをして終了です。 終了前に、奥さんに肌色のチェックをお願いしました。 書き出す場合、普通は、オフィス系のソフトなどでは「別名で保存」を選択して保存する拡張子を選択することが多いと思うのですが、Affinity Designerの場合は、 エクスポートを選択して書き出す拡張子を選択します。 SNS用のJPGと、本ブログサイドバー用に、背景を削除したPNGを書き出して完了です。 プロフィールアイコン でこだわった部分 1.似せて、できるだけ簡素化したかった シンプルなのに、なんか似てるねって感じのアイコンになるように心がけました。 まあ、以前使っていたイカのアイコンの顔と同じですが…。 2.猫背感を出したかった ここに一番下書きの時間がかかった気がします。 私の特徴である猫背感出ていますでしょうか? 3.背景色を強めの色にしたかった 先人たちのプロフィール作成記事にも、 色で印象に残ってもらうのが大切との記載があったので、素直に取り入れました。 もともとイカの時は、水色でしたが、キャンプが好きなので緑をイメージカラーに変更しました。 4.以前使っていたアイコンを取り入れたかった もともと使っていたアイコンを取り入れたかったので、裸で乳首に丸いイカのアイコンをつけようとしました。 しかし、最終の奥さんの肌色チェックの際に、ありえないと却下。 タンクトップのワッペン風に、以前使っていたアイコンを取り入れました。 まとめ 以前から変えたいと思っていたプロフィールアイコンを、ようやく変えることができました。 なんか前のイカのアイコンの方がインパクトあったなとも思うんですが、あくまで人型にしたかったという目的を達成できたので満足です。 プロフィールアイコンを変更すると、SNSやブログランキングのアイコンなど結構変えなきゃいけない部分が多いので、注意が必要だな。 と思ったのと同時に、早めにやってよかったな。 と思いました。 そして、 買ったのに眠っていたAffinity Designerを使うことができました。 思ったより簡単に、そして、そこそこのクオリティーのアイコンができたと思っております。 Affinity Designerを使えば、LINEスタンプをつくって大金持ちに!フフフ そう思えば安い投資だったなと! イラレと違って買い切りなんで、早めに買ってみてはいかがでしょうか。

次の

Affinity Designer チュートリアル「ビニールクッション風のロゴを作る」|ウレログ

アフィニティ デザイナー

テキストツールをフレームテキストツールに変更した前提で進めます。 フレームテキストツールを選択します。 任意の場所で、ドラッグしてテキストボックスを作成します。 テキストボックスの八方の点をドラッグすると黒矢印の方向へテキストボックスが伸縮します。 中のテキストはサイズが変わりません。 赤矢印の部分の点をドラッグすると中のテキストと一緒にサイズが変わります。 回転や歪みは、前回のアーティスティックテキストツールと同じです。 黒矢印の場合 横に広げてみてください。 テキストはテキストボックスのサイズに合わせて並び変わりました。 赤い矢印の場合 右下の一個だけ出ている点をドラッグしてください。 そのままの比率でテキストもサイズが変わります。 画面上部の【文字】ボタンをクリックします。 文字パレットが表示されます。 日本語にすると、右側のフォントリストが日本語フォントだけになります。 画面上部の赤線部分で文字のコントロールが可能です。 左から、左寄せ、中央寄せ、右寄せ、均等揃え(右の三角印を押すと、左均等揃え、中央均等揃え、右均等揃え、すべて均等揃えの中から選べます).

次の